井上麻里奈

2022/8/30

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック vs ナックルズ』

【2022年8月19日公開,122分】 0 Rated 0 out of 5 5段階評価中 ★0つ(0レビュー) 最高!是非観て欲しい!0%良い!見る価値あり。0%普通。。0%良くない。暇があれば。0%面白くない!時間のロスかも。0%   レビューを書き込む 【監督】ジェフ・フォウラー【ストーリー・脚本】パトリック・ケイシー、ジョシュ・ミラー【脚本】ジョン・ウィッティントン 【キャスト】 トム ジェームズ・マースデン ソニック ベン・シュワルツ マディ ティカ・サンプター レイチェル ナターシャ

2022/7/1

映画『映画 ゆるキャン△』

【2022年7月1日公開,120分】 1 Rated 1 out of 5 5段階評価中 ★1つ(1レビュー) 最高!是非観て欲しい!0%良い!見る価値あり。0%普通。。0%良くない。暇があれば。0%面白くない!時間のロスかも。100%   レビューを書き込む 【監督】京極義昭【原作】あfろ【脚本】田中仁、伊藤睦美 【キャスト】 各務原なでしこ 花守ゆみり 志摩リン 東山奈央 大垣千明 原紗友里 犬山あおい 豊崎愛生 斉藤恵那 高橋李依 土岐綾乃 黒沢ともよ 各務原桜 井上麻里奈 鳥羽美波 伊藤

2022/5/13

映画『バブル』

【2022年5月13日公開,100分】 0 Rated 0 out of 5 5段階評価中 ★0つ(0レビュー) 最高!是非観て欲しい!0%良い!見る価値あり。0%普通。。0%良くない。暇があれば。0%面白くない!時間のロスかも。0%   レビューを書き込む 【監督】荒木哲郎【脚本】虚淵玄、大樹連司、佐藤直子【主題歌】Eve 【キャスト】 ヒビキ 志尊淳 ウタ りりあ。 シン 宮野真守 カイ 梶裕貴 電気ニンジャ・リーダー 畠中祐 ウサギ 千本木彩花 逢坂良太 アンダーテイカー・リーダー 井上麻

2021/3/29

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第75話の感想評価評判

「75話。文句なし。もう100点!」「ピークちゃんしか勝たん!可愛すぎる…!」「体感時間、余韻の残り方、鳥肌、全てにおいてダントツでした!」 【2021年3月29日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。

2021/3/22

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第74話の感想評価評判

「圧倒的神回だ!泣いた!そしてリヴァイぃぃいい!」「土田さんの狂った叫びですごい感情移入して涙出てきたよ…鳥肌立ったよ!」「血が運命が、全てを狂わせる、ツライ!」 上映中【2021年3月22日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだ

2021/3/15

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第73話の感想評価評判

「ジークの地ならし発動!」「エレンはガチで酷すぎた!アルミンボコボコにするわ!ミカサを大っ嫌い呼ばわりするわ!」「リヴァイvsジーク最高だった!強すぎ!」 上映中【2021年3月15日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で

2021/3/8

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第72話の感想評価評判

「モテたことがあるリヴァイきゃわ!」「難しい問題すぎる…つらい悲しい…泣!」「フロック本当嫌なやつ!」 上映中【2021年3月8日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――やがて時は流れ、一度目の「

2021/3/1

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第71話の感想評価評判

「エレン、カッコよすぎる!」「オニャンコポンは本当に癒し!」「『心臓を捧げよ』もだけど進撃は皮肉を効かせたシーンが上手い!」 上映中【2021年3月1日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――やが

2021/2/22

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第70話の感想評価評判

「ガビ、苦手!洗脳教育の被害者だとわかるけど…!」「サシャ………が生きている。カヤのなかで生きていた!」「声優さんの演技がエグい!ありがとう!」 上映中【2021年2月22日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていない

2021/2/15

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第69話の感想評価評判

「104期生の会話が尊い!」「身長差で嫉妬してるリヴァイかわいい!」「赤面エレン 可愛い!夕日が赤くて良かった!」 上映中【2021年2月15日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――やがて時は流

2021/2/8

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第68話の感想評価評判

「リヴァイ兵長をたくさん拝めて眼福でした!」「斎賀さんのイェレナの声も最高!」「ニコロがサシャの墓参りに来るシーン良かった!」 上映中【2021年2月8日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――や

2021/2/7

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第67話の感想評価評判

「サシャが…サシャァァァァァァ!」「コニーとサシャとジャン、このトリオは不滅です!」「サシャいっぱいお肉、パン、芋食べるんだよ〜!」 上映中【2021年2月1日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―

2021/1/25

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第66話の感想評価評判

「圧倒的神回!体感5分!」「リヴァイ兵長!カッコよすぎる!!」「アルミンとオニャンコポンついに来たー!」 上映中【2021年1月25日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――やがて時は流れ、一度目

2021/1/22

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第65話の感想評価評判

「ミカサとリヴァイの登場鳥肌やばかった〜!」「戦鎚の硬質化まじレベチだった!」「漫画を読んだときのイメージを遥かに上回ってきた!」 上映中【2021年1月18日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―

2021/1/22

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第64話の感想評価評判

「神回!なんだこの緊張感と緊迫感は…!」「梶さん(エレン)の演技が凄くて引き込まれる!」「100点満点どころかそれ以上のクオリティだった!」 【2021年1月11日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。

2020/12/28

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第63話の感想評価評判

「エレンとライナーの再会!」「ピークの四つん這いで歩いてるシーン見れた!」「緊張→緩和→緊張とまんまと引き込まれた!」 【2020年12月28日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――やがて時は流

2020/12/27

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第62話の感想評価評判

「エレンくんがイケメンすぎて全部持ってかれた!」「ライナー辛い思いばっかりして…報われてほしい!」「最後がめちゃくちゃ痺れたね!」 【2020年12月21日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 ―――

2020/12/27

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第61話の感想評価評判

「ライナー回やったな!カッコいいな!」「ピークちゃん可愛いすぎ!四足歩行シーンカットが残念!」「やっぱマーレのエルディア人、切ないよ…」 【2020年12月14日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。

2020/12/27

【みんなの口コミレビュー】アニメ『進撃の巨人finalseason』第60話の感想評価評判

「OPもEDもかっこよく興奮!」「巨人達が空から降ってくるとこや鎧の巨人と装甲列車の対決シーンは魅力的!」「ライナー渋い!鎧の巨人の動きが凄い…!」 【2020年12月7日】   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。 自由のために戦った。 名は――進撃の巨人」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。 ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないの

2020/11/14

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第7話の感想評価評判

「予想を上回る神回!30分が至福すぎた!」「無量空処きたぁぁぁ!五条エグい!かっこよすぎ!」「すごいな…漫画ではよく分からなかったけど映像にするとわかりやすい!」 【2020年11月14日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、

2020/11/7

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第6話の感想評価評判

「OPどんどん人が増えてくのが嬉しいね!」「五条先生と虎杖の2人面白いな笑!」「特級呪霊らしさが出ていて凄く良かった…!」 【2020年11月7日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に

2020/10/31

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第5話の感想評価評判

「ホント戦闘シーン毎回凄いな期待を超えてきやがる!」「狗巻先輩の声の良さよ!おにぎりの具でここまで色気のある声が出せるんだ!」「伏黒のお日様の匂い発言にラスト全部持ってかれた!」 【2020年10月31日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた

2020/10/24

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第4話の感想評価評判

「伏黒恵可愛すぎる!」「続きを求めざるを得ぬ物語の求心力が圧巻!」「作画良すぎて鳥肌たった!」 【2020年10月24日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう 呪いで

2020/10/17

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第3話の感想評価評判

「野薔薇は良いキャラしてるなー!可愛いし♡」「一年生3人のバランスもめっちゃいい!」「じゅじゅさんぽ可愛すぎて最高!お得感がある!」 【2020年10月17日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰ら

2020/10/10

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第2話の感想評価評判

「五条悟カッコいいな!顔が近っ!イケボがすぎる〜!」「アクションめっちゃかっこいい!原作以上に動いてる!」「野薔薇ちゃん可愛いー最後にちょっとだけやったけど…!」 【2020年10月10日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、

2020/10/10

【みんなの口コミレビュー】アニメ『呪術廻戦』第1話の感想評価評判

「呪術廻戦、OPかっこいい!!!!!」「作画が綺麗でヤバい!呪いの表現いい!」「声完璧!戦闘シーンカッコよすぎる!」 【2020年10月3日】   少年は戦うーーー「正しい死」を求めて 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを

2020/7/18

映画『進撃の巨人~クロニクル~』

「2時間ずっと感動しっぱなし!」「大画面戦闘シーンの迫力がヤバかった!」「ハンネスが死ぬシーンは何回みても悲しい泣いてしまう!」 上映中【2020年7月17日(金)公開】   諫山創のダークファンタジー漫画を原作にしたTVアニメのSeason1~3(全59話)を、1本の映画として再編集。超大型巨人や鎧の巨人が出現し、巨人たちの侵略を防ぐ壁を破壊。目の前で母親が巨人に食べられたエレンは、一匹残らず巨人を駆逐することを誓う。本編に声優として参加している梶裕貴、石川由依、井上麻里奈がナレーションを担当

2020/1/12

映画『巨蟲列島』

「すごい迫力ぅ!虫がデカイ…ヒィィ!」「エログロ抜きにしても面白かった!」「廊下歩くシーン、もはやギャグ!」 上映中【2020年1月10日(金)公開】   月間110万PVを超えるサバイバルホラー漫画のアニメ化。修学旅行中に旅客機が墜落し、織部睦美ら私立鳳翔高等学園の生徒たちはとある島に流れ着く。浜辺で目を覚ました睦美たちは他の生存者と合流して救助を待つが、その島は巨大な昆虫に支配されていた。OVAから引き続きTVアニメ『まおゆう魔王勇者』の高橋丈夫が総監督を務める。声の出演は、「デジモンアドベ

2019/12/20

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』

「デク、爆豪も良かったけど1-AのみんなPlus ultra!!してて最高!」「日常・戦闘共に満遍なく見せ場があって最高!」「まさかの最終回みたいな展開が泣けました!」 上映中【2019年12月20日(金)公開】   TVアニメ化もされている人気漫画の劇場版第2弾。出久たち雄英高校ヒーロー科1年A組は期間限定の校外ヒーロー活動のために、離島・那歩島で駐在ヒーローとして働いていた。そこに、ナインが指揮する謎の敵ヴィランたちが襲来し、島の施設を破壊していく。声の出演は、「チェインクロニクル ヘクセイ

2019/12/13

映画『妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』

「大人でも楽しめるというか、むしろ小学生このネタ分かるの?!ってくらい本編おもしろかった!」「時々、何故か昭和っぽいギャグが入る!」「バイオリン弾きの少年が地味にカワイイ!」 上映中【2019年12月13日(金)公開】   「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメシリーズ第6作目。巨大な学園都市を舞台に、主人公・寺刃ジンペイと仲間たちが学園に存在する七不思議の解明に挑む。監督を務めるのは、「妖怪ウォッチ」の劇場版シリーズを手掛けてきた高橋滋春。ゲスト声優として、木村佳乃やアンジャッシュの渡部建、はじめしゃ

2018/11/12

映画『続・終物語』

映画『続・終物語』口コミ感想ネタバレ 映画『続・終物語』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「安定の面白さ 結構長編で実に良き!」「ヒロインたちと不思議な国に迷い混んだ感を堪能!」「物語シリーズを観続けたファンへのご褒美のような作品!」 上映中【2018年11月10日(土)公開】   西尾維新の人気小説<物語>シリーズの「続・終物語」を原作にした劇場版アニメ-Movie Walker-   あらすじ<STORY> 西尾維新のベストセラー「〈物語〉シリーズ」のファイナルシーズン完結編にあた

2020/7/17

映画『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』

映画『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』口コミ感想ネタバレ 映画『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「目を離せない展開の数々に度肝を抜かれる!」「ストーリー・戦闘シーンともにかなり最高です!」「何と言ってもミカサの圧倒的狂気のヒーロー&ヒロイン感!」 上映中【2018年1月13日(土)公開】   巨人が人類を捕食する世界で、生き残りをかけて戦う人類の姿を描いた、諫山創の人気コミック「進撃の巨人」。同作を基に、2017年4~6月に放

2015/8/22

【みんなの口コミ】劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント を観た人の感想、評価

「最初の40分位はただのハーレムもので退屈感はあるけど、90分という比較的短期戦で全員との絡みを描き、万由里や折紙、狂三ともしっかり描いてて、最後はしっかり落としてきたので高評価」 上映中【2015年8月22日(土)から公開】 シリーズ累計300万部突破の橘公司の人気ライトノベルを原作としたテレビアニメの初の劇場版。人類に災厄をもたらす少女の姿をした恐るべき存在・精霊。彼女らとデートして、デレさせる事でその力を無力化させる不思議な能力を持った高校生の少年・五河士道と、彼の前に現れる精霊たちが繰り広げる物語

2015/6/27

【みんなの口コミ】劇場版 進撃の巨人 後編〜自由の翼〜 を観た人の感想、評価

「前編は話重視に対し後編はその話の見せ場見所詰めました!って感じでした。ファンからみれば進撃の巨人ってほんと面白いんだなと再度納得させられました。最高。」「ミカサ最高!!」 上映中【2015年6月27日(土)から公開】 巨人が人類を捕食する世界で、生き残りをかけて戦う人類の姿を描いた、諫山創の人気コミック「進撃の巨人」。同作を基にしたテレビアニメを2部作として再編集した劇場版。後編となる本作では、突如現れた知性を持つ女型の巨人によって、新たな局面を迎える人類の姿が描かれる、14〜25話までの物語が繰り広げ

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入