映画『LAMB/ラム』


【2022年9月23日公開,106分】

2
Rated 2 out of 5
5段階評価中 ★2つ(1レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。100%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】ヴァルディマル・ヨハンソン【脚本】ショーン・シグルドソン

【キャスト】

マリア ノオミ・ラパス
イングヴァル ヒルミル・スナイル・グドゥナソン
ペートゥル ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン
テレビに登場する男 イングヴァール・E・シーグルソン

話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が北米配給権を獲得し、カンヌ国際映画祭で上映されるやいなや観客を騒然とさせた衝撃の話題作がついに日本上陸!

ある日、アイスランドで暮らす羊飼いの夫婦が羊の出産に立ち会うと、羊ではない“何か”の誕生を目撃する。2人はその存在をアダと名付け育て始めるが——。

主演・製作総指揮を務めるのは『プロメテウス』、『ミレニアム』シリーズで知られるノオミ・ラパス。監督は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などの特殊効果を担当、本作が長編デビューとなる北欧の新たな才能ヴァルディミール・ヨハンソン。衝撃的な設定の中にもリアリティを持った世界観を構築したことで世界から称賛を浴び、第74回カンヌ国際映画祭のある視点部門で《Prize of Originality》を受賞、アカデミー賞®国際長編部門アイスランド代表作品にも選出されるなど批評家からも高い評価を受けた。

その存在はなぜ産まれてしまったのか?前代未聞の衝撃展開が、あなたの想像力を刺激するー。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリア。
ある日、二人が羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。
子供を亡くしていた二人は、"アダ"と名付けその存在を育てることにする。
奇跡がもたらした"アダ"との家族生活は大きな幸せをもたらすのだが、やがて彼らを破滅へと導いていく—。

映画『LAMB/ラム』を観た人の感想、評価、口コミ

Rated 2 out of 5
09/29/2022

最初からラスト目前まで惹き付けられたけどラストがチープすぎて微妙だった。
自然の中にポツンと取り残された一軒家に人間とアダが3人家族ごっこして暮らしているのが幸せそうで不気味で途中まで良かった

わわわw

 

◉『LAMB/ラム』
アイスランドの山間で羊飼いを営む夫婦。
ある日羊ではない何かが産まれ物語はゆっくりと
そしてじわじわと不穏さを帯徐々に侵食していく。

どこか神秘的且つ神話的でいてシュール。
革新的なアプローチ!話はシンプル、登場人物も少ない、
ラストにかけてどうもっていくかがキー。見事!

 

◉『LAMB/ラム』
観る。
懐かしき眠さ。80年代ミニシアターの眠さだ。
静謐さも極端さも審美性も質は高いが狂気にまでには至っていないこと、
カメラだけで映画を撮ろうとしていること、
羊人間の造形と動きにそこまで驚嘆がないことが原因か。
「面白い退屈」は難しい。ややイレイザーヘッド。

 

◉『LAMB/ラム』
みました
アダ、猫、犬、羊がかわいかった。
猫の喉がゴロゴロする音まで聞こえる八割くらい静かな映画でした。
んがしかし。犬!
唐突に出てきた(と感じた)あの人?は一体…

あ、好き嫌いとか評価別れるでしょうが、私は好きでした。

 

◉『LAMB/ラム』
奇妙なホラーです。
アイスランドで羊酪農を営む夫婦。
超存在が疾風のように羊小屋に迫るところから始まるのです。
生まれた羊がちょいと謎の存在。それを夫婦でわが子のように育て始める。
その正体を、観ながら色々想像。
ダンウイッチみたいなの?牧神(パン)?果たしてその正体は?

 

◉『LAMB/ラム』
観た
一見シンプルなストーリー?だなと思いながら観てたけど
終わる頃には良い意味で恐るべしA24となっていた🙄((ガクブル))

 

◉『LAMB/ラム』
観た。
圧倒的な存在感。
不穏さが終始ゆったり漂うが、ラストのあれは想像の斜め上を行く。
わからん部分も多いけど、とても印象に残る映画だった。

 

◉『LAMB/ラム』
観てきました。
羊のアダちゃんが可愛いです。
これ以外を言うとネタバレになってしまうため、とにかく見ろ、としか言えません。
そして見た人だけで「ラスト、どう思った?」と語りたい映画です。

◉『LAMB/ラム』
鑑賞。
人間に置き換えたら..ってことだよね、きっと。
動物がたくさん出てきて可愛いのに動物だから余計に怖かった。

 

◉『LAMB/ラム』
観る。
A24らしいアートっぽさはあるが、美しくも切ない作品で良かった!
アダちゃんも可愛かった🐑❤️

 

◉『LAMB/ラム』
A24史上最も血迷った怪作、にも程がある。
緩やかな展開と共に訪れるあの瞬間のインパクトと
不気味ながらどこか温かい情景に目が眩み困惑する。
理解を超えた瞬間を見届けた時の困惑を味わいたいのなら是非。
本当に狂ってる。

 

◉『LAMB/ラム』
微妙というよりバカ映画。厳しく美しい自然のなかで、シリアスに映画は展開する。
子供を亡くした酪農家の夫婦が不思議な羊を育てる話だが、
羊が伝承上のアレに似ているという欧州の人らしい発想がオチになっているので、
羊は可愛いが映画としてどうなんだろうかと頭を抱えてしまう。

 

◉『LAMB/ラム』
今まで経験したことのないおもしろい映画でした。
アイスランドの美しい自然を背景に静かに、
神秘的に物語が展開し、アダの姿形を見た時、
そして全てが明らかになる衝撃のラストは全く予想もつかないインパクトがありました。
でも悲劇ではなくハッピーエンドなのかも知れません。

 

◉『LAMB/ラム』
観ました。
アダちゃんがひたすら可愛い。

 

◉『LAMB/ラム』
鑑賞。
山間の羊飼いの夫婦と羊。このアイスランドの山間の生活が興味深い。
他と切り離されている世界であるからこそ、独自の幸せ感で生活できるのよね。
ちょっと不気味な雰囲気がいいです。

 

◉『LAMB/ラム』
観ました👏
もうこれは!面白いとかつまらないとかではなくて、
LAMBとはそういう映画なんだ!と思って観るしかない!!笑
笑い止まらない部分たくさん
「なんだ、あれは!」に対して「幸せってやつさ☺️」って会話、
そういうことじゃない!!!と突っ込まざるを得なかった笑

 

◉『LAMB/ラム』
人里離れ過ぎている山間、夫婦二人きりで羊飼い🐑をして
閉塞感を感じて居る時に、アダちゃんが産まれる🐏
授かりものと我子のように育て幸せな日々を送る…
淡々と描かれる夫婦の暮らしに、アダちゃん可愛い💕
で終わるのかと思いきや…🤔

…アダちゃんグッズぬいぐるみは無かったね😔🐑

 

◉『LAMB/ラム』
鑑賞。
リアルBEASTARS。でもアダちゃんは可愛らしいよ。

 

◉『LAMB/ラム』
アイスランドの雄大な自然を舞台に紡がれる不思議な不思議な物語。
動物たちの視線と呼吸。画面全体に終始充満する不穏な空気。
抑制され、洗練された映像。圧倒的な世界観にクラクラする。
これが初長編だなんて。人間の傲慢さ。
その先にあるものとは。愛と狂気の106分。

 

◉『LAMB/ラム』
鑑賞。
ちょこざいな映画の予感はしていたが、ねーむーいー。
最後の最後でそんな感じにはなったが、
別にスリラーでもなんでもない。ホームドラマだった。
段々可愛く見えてくるし、実際劇中でもみんなメロメロ笑

 

◉『LAMB/ラム』
ずっと不穏で、静かで、でも確かな幸せはあって…
アダちゃんがとにかくかわいい🐏

 

◉『LAMB/ラム』
観てきた。
羊頭の何かが産まれて育てる話。多分ホラー。
羊頭の何かを受け入れて日常を送ろうとする姿が、
平穏そうに見えて常に何かしらの不穏な空気を感じる。
そしてラストを迎えるにいたって唸る。雰囲気ある映画。
なかなか面白かったです。

 

◉『LAMB/ラム』
唯一無二の純血種とされるアイスランドの羊に混じったナニカ…。
最初は不気味で違和感しかないけど不思議と感情が分かるようになってくる。
愛なのかエゴなのか親たちを見る瞳から伝わる感情だけが純粋に見えた。

 

◉『LAMB/ラム』
観たー。不思議な映画だった…

羊、マリア、クリスマスという要素から聖書で読み解く物語かと思ったけど
そういうわけでもないみたい。
人物が動いてるのに背景が全然動かなくて、
最初面白いカメラワークだなーと思ったけど、
ロケーションが雄大過ぎて人間がちょっと動いたくらいじゃ背景が動かないんだと気がつきました。

その瞬間に、我々は映画の中で目にする物事のひとつひとつに
意味を求め過ぎているのかも?と思った。
不思議は不思議のままでもいい。
人間より羊の方が多く暮らす国で羊の映画を作るとこうなるんだね、というお話です。
たぶん。とにかく羊と猫の組み合わせが良過ぎる。

 

◉『LAMB/ラム』
最初は娘を亡くした精神病の話かとおもったりしたけど
弟が出てきて「それ」が実在する物だと分かって、そうなのかぁ…、と。
ラストでお父さん羊が出てきて夫の方を殺めたのは妻に対する報復なんだろうねえ。
取り敢えず猫が可愛いかった。

 

◉『LAMB/ラム』
告は割と不穏な雰囲気だったので不気味系ホラーかと思いきや
ほのぼのホームコメディでもあり神話やおとぎ話のようでもあり
想像と全然違う展開で面白かったです🐏
とにかくアダちゃんへの母性が爆発して大変だった。
ラストの余韻も良い〜

 

◉『LAMB/ラム』
何度か衝撃が走るも、もしかするとハッピーエンド!?
ともあれ今まで経験したことのない展開、アイスランドの美しい自然、
神秘的で神話的な雰囲気を持つユニークな作品で楽しめました。
実はラスト彼女が身ごもっていると。。。

 

◉『LAMB/ラム』
観てきた。
最後で急にぇっっっっ⁈な、え⁈
これで終わりなのね⁈
アダかわゆいね〜〜〜😍

ミッサマみたいにずっと不安になるBGMと映像で疲れた😂
イッヌなんも悪くないじゃん!!!
そしてなんというか、神話っぽかった…

セッシーンとワンワンタヒシーンあるから苦手な人注意💥

 

◉『LAMB/ラム』
こちら側(客)とあちら側に透明な壁があるんだけど、
その撮影っぷりが本当に好きなんですよね。

くどい感じも否めないが自分はひたすらそういう映像が観たくて
映画を観てるので本当に良かった。

下馬評程、観客のリアクションは微妙そうだけどマジで最高でした。

 

◉『LAMB/ラム』
思ってたより怖くなかった。怖かったけども……。
思っていたのとはちょっとだいぶ違った空気感の映画だったというか。
アダちゃんは可愛かった🐑

 

◉『LAMB/ラム』
怖いんだけどホラーと言って良いの?でも怖かった。
羊のアダちゃんは可愛いケド。

 

◉『LAMB/ラム』
北欧発地獄行の愛さえあればホラー面白かった!
母羊演技ウマっ⁉️ブチギレ返す人母コワっ‼️とシュールな展開多くて😂
中盤で初めて異様な状況にツッコミを入れる人が現れて超安心した🤣
鑑賞前の想像よりは邪悪じゃなかったけど
最後にキッチリと罪の円環を喉元に突き付けてくるとこが👹💕

 

◉『LAMB/ラム』
あの犬が死んだのは引いた。
不穏な雰囲気は良かったんだけど。
それがかなりマイナス。オチはもう一捻り欲しかった。

 

◉『LAMB/ラム』
観てきた。
初めの方は玄人向けかな?と思いきや、
だんだん作中の人間関係を理解できるようになる映画。
セリフよりも風景の主張が強い。不気味で不思議。
そしてコールドウェーブ的な音楽がクール。

 

◉『LAMB/ラム』
渓流、湿地帯、山岳地帯などアイスランドの自然が美しいネイチャースリラー☆
言葉少なに語られるおとぎ話の中には狂気や愛、エゴや神話も盛り込まれ、
奇妙なはずなのにどんどん引き込まれてしまいました☺
アダちゃんが猫を抱えているシーン、最高に可愛らしかったです🐱

 

◉『LAMB/ラム』
でもまあ、「あれはなんだ」と言われても、
ケンタウロスだってケンタウロスなんだし、
アダちゃんだってアダちゃんで良いじゃないか!!!!

 

◉『LAMB/ラム』
シュールでかつ、こちらを混乱させてくる。私はかなり好きです。
見終わった後は、必ず誰かと話したくなる、そんな映画!🐏

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 32 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入