映画『線は、僕を描く』


【2022年10月21日公開,106分】

5
Rated 5 out of 5
5段階評価中 ★5つ(1レビュー)
最高!是非観て欲しい!100%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】小泉徳宏【原作】砥上裕將【脚本】片岡翔【主題歌】yama「くびったけ」

【キャスト】

青山霜介 横浜流星
篠田千瑛 清原果耶
古前巧 細田佳央太
川岸美嘉 河合優実
国枝豊 矢島健一
滝柳康博 夙川アトム
笹久保隆 井上想良
藤堂翠山 富田靖子
西濱湖峰 江口洋介
篠田湖山 三浦友和

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した青春芸術小説「線は、僕を描く」(砥上裕將著/講談社文庫)。
「命が芽吹く物語」「青春って素晴らしい!」「まっすぐで、せつなくて、透き通るような喪失と再生の物語」「最高かよ!水墨画最高かよ」と、全国の書店員から絶賛されている本作が実写映画化!
『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集し、【かるた】の次は【水墨画】に挑戦します。
主演は『愛唄 -約束のナクヒト-』(19)、『いなくなれ、群青』(19)、『チア男子!!』(19)の3作品で、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手トップクラスの実力を持つ横浜流星。
2020年エランドール賞新人賞受賞、第15回ソウルドラマアワードアジアスター賞受賞と、いま最も勢いと人気がある横浜さんは本作で【水墨画】に初挑戦!瑞々しい演技を魅せる一方で、見事な筆さばきを披露しています。
《白》と《黒》のみで描かれる【水墨画】を《色鮮やかな世界》としてまばゆいほど瑞々しく描く!
『ちはやふる』を超える、王道の青春映画が誕生します!-公式サイト-

あらすじ<STORY>

大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。
白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。
深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。
巨匠・篠田湖山に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。
【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。
霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく――

映画『線は、僕を描く』を観た人の感想、評価、口コミ

Rated 5 out of 5
10/25/2022

良かったなぁ〜と時間の経過と共に感動が湧き上がる感じです。
今も私の頭の中をこの映画が占めているくらい後からじわじわとくる映画だと思います。
たくさんの方に見てほしい作品でした。

こりん

 

◉『線は、僕を描く』
行ってきました。
アイドル映画と思ってあまり期待してなかったけど、相反してめっちゃ良かった。
そしてyamaさんの劇中の挿入歌シーンで涙腺崩壊😭おススメです。
私も前に進まなきゃ!!是非劇場で!!

 

◉『線は、僕を描く』
行ってきました。

一言で言うとすごく良かった!
映像が綺麗で音楽が壮大で、
見応えもありつつ、思わず涙がこぼれるシーンも。
隣りの中学生くらいの男の子がめちゃめちゃ泣いてました!

また観たいと思う映画✨
水墨画、素敵だったな~☺️

 

◉『線は、僕を描く』
美しかった!とにかく美しかった!!!
光の使い方と音楽が効果的。冒頭から涙腺が、、

 

◉『線は、僕を描く』
キャスト全員 優しい世界で 霜介をあたたかく包んでて
しかもダイナミック魅力な水墨画で また早く観たくなってる♡
キャンバスの仲間思いも
三浦さん江口さんの深い優しさも!
霜介の自分さがし

 

◉『線は、僕を描く』
観てきました!
心に響くシーンが沢山あったりしてとてもいい作品だったので
皆さん是非観に行ってもらいたいです!

 

◉『線は、僕を描く』
流星くんが選ぶ役は流星くんに似合ってるなって改めて感じた☀️
感動もあり、笑いもあり、間も最高で最後まで飽きずに楽しめました💞
もう1回見に行きたい🙋‍♀️

 

◉『線は、僕を描く』
霜介を見てると、知らない間に心が窮屈になってたことに気づかされた。
特に始まりと終わりが印象的。音じゃなく画で鳥肌が立つってすごい。

◉『線は、僕を描く』
行ってきました✨
オフィシャルブックは読んだけど
原作よりも映画を先に…
水墨画の美しさに感動😭
絵師のカッコ良さに脱帽😭
心に残るセリフばかり…

 

◉『線は、僕を描く』
行ってきました🖌
大きな優しさに包まれているかのような
人生の糧になるような
とても暖かくて心地よくて素敵な作品でした。
映画館に墨の香りが充満しているかのような水墨画の臨場感と躍動感も素晴らしかった!
また観に行きたいな

 

◉『線は、僕を描く』
果耶ちゃん映った瞬間美過ぎたし、
あとは横山さんっっっ!!ってなったしちはやふると同じ演出沸いた。

 

◉『線は、僕を描く』
この映画の俳優ののびのびした演技が心地よい。

 

◉『線は、僕を描く』
映像が美しい映画だった…

 

◉『線は、僕を描く』
「ちはやふる」シリーズで唸らされた小泉徳宏監督だけに腰の据わった良い映画だったが、
題材が題材だけに観念性が入ってきて話が弾まないきらいも。
横浜流星に三浦友和は何を見出したのか、才能なのか虚無なのか、それが知りたい。

 

◉『線は、僕を描く』
見てきたー😆
水墨画の魅力が詰まった、まばゆい映画だった😊
横浜流星と清原果耶の演技も素晴らしかった😭
ものすごく良い青春映画だったなー😄

 

◉『線は、僕を描く』
観てきた。

映像と音楽の美しさが素晴らしかった。
特に水墨画を描くシーンは映画館の大画面で観た方がいいと思ったし、
とても良い作品だったわ〜。

 

◉『線は、僕を描く』
良かったです!
ネタバレは控えます。

カッコ良かったあ。。
どうぞ、劇場でご覧ください。

 

◉『線は、僕を描く』
観ました。
青春映画の金字塔『ちはやふる 結び』から4年、小泉徳宏監督待望の新作で、
今回描かれるのは水墨画の世界。水墨画はかるたと違って対戦ものにはならないけど、
地味な題材を瑞々しく描く小泉監督の手腕は健在でした。
清原果耶が筆を握るのは『結び』に続いて、ですね。

 

◉『線は、僕を描く』
2回も観てきました
水墨画には感動しました
癒されました

 

◉『線は、僕を描く』
原作が好きすぎてキャスでも個人的に推してたりしてたんですが、映画もよすぎた……🙏✨
原作の良さを最大限に活かしつつ大胆にカットしてる部分の調整がうますぎてすごいし、
役者さんが元キャラ大事にしてくれてるし、音楽もめちゃくちゃよかった🙏
二回目行こう😇

 

◉『線は、僕を描く』
これはびっくり傑作だった
今の日本人全員観た方がいい作品
美しく爽快で温かい鑑賞後感が最高

 

◉『線は、僕を描く』
見てきたよ〜
習字やってた人は世界観に引き込まれる映画でした☺️

 

◉『線は、僕を描く』
観てきました。
以前水墨画の曾我蕭白展に出向いたことがあるのですが、
その時から水墨画がすごく好きになり、
今回も画の美しさや物語の繊細さに感動して泣いてしまいました。
素敵な映画を観れて良かったです。

 

◉『線は、僕を描く』
雑感。主人公のクロースアップから始まる。
水墨画を見て涙する霜介。彼を弟子にするという湖山。
物語が進むにつれて霜介がなぜ水墨画に魅せられたのかがわかる丁寧な作り。
サプライズ的な展開はなく、先は読める。芸術の秋に相応しい作品。
江口洋介がかっこよかった。意外。

 

◉『線は、僕を描く』
観ました。
映画館の大画面で観て良かったぁ〜✨と思う映画でした。
水墨画、素晴らしかったです✨
流星君も果耶ちゃんも江口洋介さんも三浦友和さんも本当に良かったです。
友和さんがお爺ちゃん世代になる日がくるなんて…と思いつつ、素敵でした。

 

◉『線は、僕を描く』
大画面で見る水墨画のライブドローイングシーンは圧巻!
墨がにじんでいくシーンがなんとも芸術的!
演技も一筆に人生を重ねるコンセプトも素晴らしい。
ただ全体を通して『ちはやふる』のような突き抜けたものが感じられず、
すごく勿体ないと思った。

 

◉『線は、僕を描く』
とてもいい映画でした
今何やってるかなぁの感覚で行ったけど久しぶりに出会えた

 

◉『線は、僕を描く』
観終わり~

『アキラとあきら』が濃縮版日曜劇場な映画なら、
これは濃縮版朝ドラな映画。

派手な作品ではないけど、最後まで真剣に見てしまえる。

東宝さんの今年の邦画はど直球にクオリティの高いベタを狙ってるようで、
今回もしっかりと涙のカツアゲをされてしまった💦

 

◉『線は、僕を描く』
観てきた📽
凄いよかった!😭
心洗われた!
色んな場面で心に響きました😌
観に行ってよかった。
前向く勇気。1歩を踏み出す勇気。
大切だね。

 

◉『線は、僕を描く』
めっちゃ良かった。今年のベストエンドロール。
yamaのくびったけもめちゃくちゃいい曲。

小泉映画における清原果耶の尊さ。横山克の音楽も最高。
敢えて描き過ぎずに106分にまとめ上げてるのも好きだ。
江口洋介にこんな持っていかれる日が来るとは。

 

◉『線は、僕を描く』
観てきました。

清涼

という単語が劇場を後にした際に思い浮かびました。
爽やかさだけというわけでは決してないけれど、心の中が澄んだ気持ちです。

水墨画はもちろん、流れる音楽も素敵でした。

 

◉『線は、僕を描く』
鑑賞。
正にタイトルが表す通りの良い映画でした。

「命」という命題を伝える中で、
しっかりと食の描写を大切にしていたのも良かったです。
終わり方とエンドクレジットも素晴らしかった。

湖山先生役の三浦友和さんは元山王会会長とは思えない風格と貫禄でしたねえ。
そして江口洋介さんは格好良すぎでしょう!

 

◉『線は、僕を描く』
観てきました
後半ボロ泣きだったんですが……
水墨画全然知らないのに最後にはいいなぁって思えるくらいのめり込みました。
素敵でした!

 

◉『線は、僕を描く』
見てきた。
ほんとに最高だった。
原作で、文字でしか表現されなかった水墨画の作品の数々が具現化されて
すごく鳥肌がたったのと、涙が止まらなかったです…いい作品に出会いました。

 

◉『線は、僕を描く』
映画観てきました
もう感動しっぱなし
予告の音楽(サントラと挿入歌)に惹かれて観ようと決意した映画で、
本当に繊細で…めっちゃすごかったです

霜介の過去にはボロ泣き
これはネタバレされる前に見て良かったくらい衝撃を受けた
個人的には食器洗ってる果耶ちゃん可愛くて好きです

 

◉『線は、僕を描く』
見てきた
水墨画がテーマの作品を見るのは初めてだったけど、
水墨画未経験の主人公が水墨画に触れ足を踏み入れていく物語で、
主人公と同じような目線で水墨画の世界にのめり込んでいける作品だった
そして水墨画を描くシーンでの、時に繊細で時にダイナミックな筆さばきが見応えあり

 

◉『線は、僕を描く』
観た。
漫画版を読んでいたので、期待していたのだが、
物語の大筋は原作通りで見易すかった。

水墨画を描くシーンはどのシーンも美しく、カッコよかった。
画面自体も『ちはやふる』の制作チームの作品なので終始美しかった。

スポンサーリンク

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 577 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入