映画『君を愛したひとりの僕へ』


【2022年10月7日公開,98分】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】カサヰケンイチ【原作】乙野四方字【脚本】坂口理子【主題歌】Saucy Dog

【キャスト】

高崎暦 宮沢氷魚
佐藤栞 蒔田彩珠
瀧川和音 橋本愛
田村睦心
浜田賢二
園崎未恵
西村知道
平野文
佐藤絃子 水野美紀
瀧川和音 余貴美子
高崎暦 西岡徳馬

並行世界を行き来することができる〈ふたつの世界〉の〈ひとつの物語〉この秋、新しいラブストーリーが誕生!
累計発行部数31万部突破。TikTokで話題の小説が原作!!
2016年6月に刊行された乙野四方字の小説「僕が愛したすべての君へ」、「君を愛したひとりの僕へ」(ハヤカワ文庫刊)は、
“並行世界”を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブストーリー。
この2作品はそれぞれの物語が独立していますが、2作読むとふたつの世界が絡み合い交差して、
お互いがお互いの世界を支え合っていることに気づく、斬新な設定が隠されています。
この内容がTikTokで紹介され話題となったことで累計発行部数31万部を突破しました。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

小学生の日高暦は、両親が離婚した後、一緒に暮らす父親の勤務先で佐藤栞という少女に出会う。
惹かれ合うようになった暦と栞だったが、親同士が再婚することになり、きょうだいになる運命を避けるために並行世界に駆け落ちする決意をする。

映画『君を愛したひとりの僕へ』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
見てきました。
ハッキリ言います。泣けます。
泣きました。皆さん見てください。
これ以上僕の語彙力では無理です。

映画館のど真ん中で1人で18歳の大学生大号泣しました。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
純愛たまりません
予告で思ってたのより何倍も深かったし良かった

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観る順番で結末が大きく変わる映画

ざっくりと原作の小説を読んでいた視点からですと

物語の中盤全てを大胆にアレンジ。
力のアレンジ『僕が愛したすべての君へ』

多種多様の細かい変更で物語をアレンジ。
技のアレンジ『君を愛したひとりの僕へ』

...な感じの映画化でした。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
見てきた😆

自分の行った劇場では
僕愛が先に上映だったので
僕愛、君愛の順番で鑑賞してきた!
とても切なくて、君愛から見たほうが
作品の面白さが分かると私個人は思いました!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
僕愛視聴後に視聴
何がどちらから見るかで感じ方が変わるだ
絶対に君愛→僕愛の順番で見るべきだろ
こちらは一応1つの作品として成立しているが、
僕愛の方は君愛を見ていないとちゃんと理解できない作りになっている
こっちを先に見たら良かった

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
公開日に見れて良かった
感動する場面が何度もあって楽しく観れた
やっぱり幼なじみは良いね^^
想像していたストーリーとは違って斜め上をいかれた
全体的には感動できる良い作品だったね
僕愛は小説で読むかな〜

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
見に行きました。
最後は、切ない気持ちになった。
多分、「僕が愛したすべての君へ」を見て一つの作品なのかなと思いました。

◉『君を愛したひとりの僕へ』
だけ観てきたけど微妙だった
これ両方観なきゃいけないやつか

最近めっちゃ読書してるから小説読んじゃうのもアリ
とりあえずサウシーの曲はめっちゃ良かった

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
と「僕が愛したすべての君へ」を見てきたので感想
この作品は両方見ること前提の作りになってるから片方だけじゃ微妙にはなりそう
平行世界を題材としてるので2作で共通するシーンは
そこそこあるけど通常料金なので割高感は否めない
両作共に前半はセリフの間を取りすぎたり

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
2作品見ると綺麗に話が繋がるのは見事なアイデアだし面白かった。
君愛の最中も僕愛を思い出しながら色々考えて見るという不思議な体験が出来た。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
最高でした。゚(゚´ω`゚)゚。
なんかもう途中で何回もうるうるきちゃってヤバかった。゚(゚´ω`゚)゚。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
君を愛したひとりの僕へ→僕が愛したすべての君へを見終わって、
とりあえずどっちも原作本の最後を読み返してみた。
君愛の終わりが原作より映画のが分かりやすく救いがある、と思う。
良かったねぇ😭、ってなる。あぁいう終わり方好きなんだよー!!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
『僕が愛したすべての君へ』
これに2本分の時間と金を費やすって部分は最高にクソだけど
内容についてはつまらない映画止まりなので
クソ映画ではないって結論に自分の中ではなりそう

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観てきた。
7歳の時に両親が離婚し、父親を選んだその後の人生を描いた作品。
2作が対になった作品で、どちらから観ても謎は残ります。
こちらの方が重いストーリーになっており、
パラレルワールドについての概念も難しくなっている印象。
試みとしては面白い作品です。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
面白かった。
ツンデレ眼鏡女子が好きな人は、
『君が~』→『僕が~』の順で観るほうが良いんじゃないかな。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』

・話に盛り上がりがなく味のないガムを3時間噛まされている感じ
・映像の使い回し多いし歌で尺稼ぎするし2本に分けた意味ある?
・主役の声の演技が壊滅的

全くおすすめできない映画ですがそれでも見たい場合は君愛→僕愛の順がいいかと

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
まとめて観てきた
ハッピーエンドで終われるって聞いたから原作未読の状態で君愛から観たけど、
思ってた形と全然違うながらもこの順番で観て大満足でした

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
鑑賞。
めっちゃやるせない…
これは最初に観て良かったです笑笑
この終わりで2作品同時公開を締めたら
結構ビターテイストどころではなかったような気がしました。

エンドクレジット後に流れる映像のお陰で
若干救いの兆しが見えたのが救い、なくらい重かったです笑笑

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観ました。
『僕が愛したすべての君へ』も観ました。
順番はともかく続けて両方観るべき。原作は乙野四方字さん。
「あなたこういうの好きでしょ」と言われてるような気がしました。
はい、好きです。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
『僕愛』から観させていただきました。
SFと思いきや時空を超えた愛の物語に心が揺さぶられて涙が溢れました。
次は『君愛』から観ようかな…💭
是非大切な人と劇場まで足を運んでみてください。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
二本立てというかなんというか
パラレルワールドって概念があって親が離婚するところからが始まりで
こっちは父親についていくという選択をした主人公のお話なのね
お父さんは科学者でそこでパラレルワールドを移動する機械を見つけるんだけど
それいじったせいで大変なことなる

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
見る順番によって結末が変わる2本の映画。
2作続けて見たかったんだけど、
都合が合わず今日は『君を愛したひとりの僕へ』のみ鑑賞。
切ないラブストーリーでした😢
これ、もう1本見ると、どう変わるのかな。
僕愛も見なきゃ!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観ました。
少し難しいお話でしたが、良かったです…!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
君を愛したひとりの僕へ → 僕が愛したすべての君へ

限りなく正解に近い順番で見れたのではと思う。
並行世界の常識を覆すある恋路の結末と、
その影響を受けたとある並行世界のとある人生。

終盤互いの物語を少し覗き見た時、
同じ情景を再度見てブワッと理解が深まる瞬間がとても良かった。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
「僕が愛したすべての君へ」
2本で一つのストーリーとなる映画。
涙腺の弱い自分には自然と涙が出ました😭
どっちかではなく必ず両方観て欲しい映画だね🎬

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
みたー
とりあえずピンクから
う、うーん……な雰囲気に水色ver.もこの後予約してるんだよなぁと心配になったが
中盤から楽しめたかな……わりと狂ってるけど
ママンと所長がかわいかった
それにしてもなんてリアルな郵便受け

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
"君を愛したひとりの僕へ"から見たら僕愛がつまらなかった。。
この作品は君愛がメインで僕愛はおまけな感じ。
逆から見たら君愛が気になってしまうと思うけど…

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観終わりました。

なるほど切ない、かぁ。
確かに切なかったですね。

幸せになる順で観ようかとも思ってたんですが、
結果的には僕愛から観て良かったと思ってます。

でも君愛からも捨てがたかった!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
そう言うふうに作ってあるのでしょうが、
今回わたしは単純に上映時間の順番に観たんですが、
違和感なく「この順番が正しいんじゃ?」と思わせる構造でした。
ただ、願わくば記憶を消して逆の順番でも観てみたいけど、
それはパラレルシフトしないと無理なんですよねw

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観てきた!

僕愛⇒君愛の順で観たけどどっちもよかったし感動した。。。
んーってなるとことか難しいとこもあったけど観てよかった~!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
僕が愛したすべての君へ→君を愛したひとりの僕への順番でしたが、
表裏一体のストーリー展開面白かった👏

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
異なる平行世界が交わることで紡がれる2つのラブストーリー。
それぞれの物語が掲げた愛と結末に心打たれる、
何度も繰り返し観たくなる素敵な物語でした。本当に素晴らしかったです。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観てきました!
観る順番で結末が変わると予告で言ってて気になったら最後に繋がった!
俺は僕愛から君愛の順番で観たけど君愛から僕愛の順番の方が分かりやすかった!

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観た。
面白い! 私はかなり楽しかった。
リーダビリティが高い、という感じの印象。
監督カサヰケンイチと分かって納得。『僕君』も楽しみだ。

 

◉『君を愛したひとりの僕へ』
観ました(˶˙ᵕ˙˶)

運に任せた順番になりましたが
この順番で良かったと思える結末でした。

しかも舞台が大分との事でしたので
時間を作って巡礼したいです‼️
(特に昭和通り交差点)

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 199 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入