映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』


【2022年11月11日公開,123分】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】オリヴィア・ワイルド【原案・脚本】ケイティ・シルバーマン

【キャスト】

アリス フローレンス・ピュー
ジャック ハリー・スタイルズ
バニー オリヴィア・ワイルド
シェリー ジェンマ・チャン
マーガレット キキ・レイン
ディーン ニック・クロール
フランク クリス・パイン

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で長編監督デビューを飾った女優オリヴィア・ワイルドがメガホンを取ったスリラー。完璧な生活が保証された街を舞台に、理想の生活を送る女性の周囲で続発する不可解な現象を描く。主人公を『ミッドサマー』などのフローレンス・ピュー、彼女の夫をボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーであるハリー・スタイルズが演じ、『エターナルズ』などのジェンマ・チャン、『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインらのほか、ワイルド監督自身も出演する。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

完璧な生活が保証された理想の街ビクトリーで、愛する夫ジャック(ハリー・スタイルズ)と暮らすアリス(フローレンス・ピュー)。この街には「夫は働き、妻は専業主婦でなければならない」「街から勝手に出てはいけない」といったルールが定められていた。あるとき、隣人が見知らぬ男たちに連れ去られるのを見かけて以降、彼女の周りで不可解な出来事が頻発するようになる。精神的に不安定になり周囲から心配されるアリスだったが、あるきっかけから街の存在に疑問を抱き始める。

映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観た。
流石にこれはないよなー、と思ってたらオチがまんまでオイ!ってなったよ。いや面白かったけどね!
あとFALLOUTとバイオショックみたおだなぁと思ってたら特にFALLOUTのあのクエスト、まんまじゃねぇか!
いや面白かったけどね!

なんか皮肉っぽい言い回しな感じだが面白いのは本当に面白かったからな!
ただ、そのネタかぁ…感があっただけで!
あとフローレンス・ピューの乳首がシャツ越しに透けてたんだ100億万点ですよ!この映画は!

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
完璧な生活が約束された街で暮らす夫婦に突如異変が訪れるー。

サイコー!待ってた甲斐があった!NOPEみあったよね!?
そして、またフローレンスはミッドサマーと同じく理想郷に残るのが好き!?笑
(脱出できたのか…?笑)ラストも好きだった。BGM最高。
濃厚。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
やべー映画でした。

ところどころの不気味な映像と
ヤバすぎる超不気味な音楽

ワイン飲みながらでもトラウマになる。
うーん…題名の意味よ。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞
大傑作…あまりにも歪な楽園の裏側が紐解かれていく末にたどり着く
反吐が出そうな真実に嫌悪と歓喜が両方襲ってきて最高…
途中でピューが「やったろやないかい!」ってなるのもツボで大好き…
オリヴィア・ワイルド…恐るべし…

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
精神的な揺らぎはあっても芯の部分は強く逞しいという
フローレンス・ピューの存在感を上手く活かしたサイコスリラー。

ゴシップ的なものも含めていろいろ言われてるけど俺は好き。
オリヴィア・ワイルドの次回作(トーマシン・マッケンジー主演!)が楽しみ。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
完璧な生活が約束された街で暮らす夫婦に突如異変が訪れるー。

凄い作品でした。。圧巻。
ジョーダン・ピールの作品が好きな人は絶対に観るべきですね。音楽の使い方がものすごく秀逸でした…。
ラストも最高。解釈が分かれそう。
待ってた甲斐がある作品でした。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
終演後にご年配の方が「よくわからん」と言ってた😀
恐らくラブロマンスと勘違いしたのかもですがスリラー作品です🎥
深まる謎と流れるBGMが不気味で良かった
大まかには愛の物語と言えなくもない?🤔

V作戦て何だったんでしょう
あとご飯は無駄にしちゃダメ😡

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞。

・予想していなかった結末。
・なぜそうなる?と設定に疑問を感じた箇所が少なからずあった。
・要所要所でざわざわと不安を煽るサウンドが絶妙。

後半に関してはまだいくらか面白くなる余地があるように感じた。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
1番魅力的だった場面は彼シャツ姿かも。
仕事に行く彼を彼シャツで見送った場面。

夫が仕事から帰ってくる時間に合わせて可愛いワンピ着てヘアセットして
お酒の入ったグラスを片手で持って「あなたおかえり〜♡」からのハグも良い

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞。
愛する夫と二人の"完璧な生活"に過ぎる恐るべき違和。
オールディーズな美術・衣装が時代感を錯誤させ、不気味な予感を漂わせる。
神経症的な描写の加速と共に表出する狂気にも戦慄させられた。良作です。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観る側の受け身によっては骨折することもあればへいちゃらの場合もありそうな無愛想さがエヘヘでした。
冒頭の繰り出しの不気味さがグッド。
"本部"という表現もグッドでした。
ちなみに本部は伝説のポケモン(レックウザあたり)が出てきそうな雰囲気でグッドです。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
最高に面白かった。大好物。
公開前にゴシップまみれになってしまいもったいない。
オリヴィアワイルドの描きたいことは「ブックスマート」と変わらず。
クリスパイン大好きだけど、男性を魅力的に撮らないのがいい。
フローレンス・ピューはいつもいいけど今回もいい。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
「ステップフォード・ワイフ」「ブラックスワン」
「ラストナイトインソーホー」「ゲットアウト」混ぜたらこうなりました、感。

スリラー映画と女性らしさからの解放、抑圧。監督の理想は伝わった。
フローレンスピューの絶叫演技は良いし♡「理想的な奥様♡」可愛いです。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞!
フローレンス・ピューの美しさとカリスマ性を存分に堪能しつつ
時代錯誤のディストピアの捻りにゾッとする。
下敷に自分のベスト映画のカッコーの巣の上でが見受けられて1人テンション爆上がり笑
不気味さと美しさのギャップが堪らなかった!

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
雑感。50年代を思わせる前半は完璧すぎる世界観。
絵に描いたような幸せな生活。
後半。ヒロインが秘密を暴き始めてから狂気的な展開。
割った卵に中身がない場面が象徴的。偽物の幸せが崩壊する結末が皮肉。
『ミッドサマー』が衝撃だったF・ピューの代表作になりそう。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観てきたのですが
またフローレンス・ピューが大変な目に遭う映画です
素敵なオールディーズが沢山流れます
ドントウォーリーな面白さです(ダサ感想)

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
ランタイムが123分もあるけど大体100分ぐらいで済む話なので
〝真相〟に辿り着くまでが長いし、私は「サバービアの光と影」みたいな話を期待して
観に行ったので若干肩透かしを喰らいました。
物凄く急ぎ足でサッサと幕を閉じてしまう感じもやや不満がある。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観てきました。
これこの前4作目が公開されたあの映画シリーズじゃん。
ただこの演出じゃパートナー間のパーソナルな話でもあると思う。
何が不満で今抱えている問題は何か、パートナー間でちゃんと話し合わないと。
許されない判断をする相手にはやるだけ無駄?

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観ました。
いやぁ、びっくりしました。「アンテベラム」みたいな驚きに近い。
かなり面白かったです。ネタバレなしで観た方がいいです。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞
F.ピューはノースリドレスと血糊がよく似合う
亀和田武のSF短編「夢みるポケット・トランジスタ」を思い出した
監督・出演のO.ワイルドもバークリー好きなのかな?
でもこちらは悪夢のような世界に仕立てていて、美しくも恐ろしかった
アリスは幸せを掴んだのか?

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
個人的には今年ベスト級に好き。
演出、物語、どれを取っても最高に狂ってて奇妙でもっと見ていたかった。
主演女優の演技も神がかってて素晴らしい。
でもポスターだけ見て恋愛ものと錯覚した人にはトラウマを植え付けそう。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
怖かった…当たり前に感じてるものを疑いたくなる映画だった。
でもこれは本当に起こっていることで、それの形が違うだけなんだろうなとも思った。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
オリビア・ワイルド出てる~って思ったら監督もだった!!すげえ!!
「ブックスマート」とは全然違う感じの映画だったけどおもしろかった

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
早速観てきました。
とても面白かった。
スリラー調の物語。
しかしそこに秘められたものを感じながら観ると、さらに響いてくる。
この映画オススメです。
オリビア・ワイルド凄いわ!

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
冒頭から何かがおかしい普通の生活が描かれており、
話が進むにつれ感じる違和感や不安が膨らんでいく。
予想の斜め上を行く真実に驚き、クライマックスの疾走感が凄い。
社会風刺も含めて感情と脳内をゆっくりと掻き乱されるような感覚になる、
スリラーの良作であった。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
面白いが絶賛はしない。完璧な夫婦生活なんて甘えたことを考えるのは
男性と切って捨てるのは女性監督らしい。

だから作り物めいた雰囲気なんだろうが作品に合ってるし、
最後に子供のいない女性の悲哀や女性の敵は女性と締めてくるのは、
悪くない気がする。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
元ネタは明白だが、上質な強迫観念的スリラー
(少し引っ張り過ぎな気も😅)‼️

日常に潜む歪な違和感、男性の劣等感、
妻である事を強制する同調圧力をテーマにしています!

美術、撮影、音楽🎵と演出が冴えていました👍

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観てきた。
何不自由ない生活のようでいて、
実はまったく自由がなくどこにも行けない閉じこめられ感がおそろしい。
クリス・パイン演じるフランクがカリスマ的に演説したり哲学っぽいことを語るんだけど、
謎の真相は胸糞悪いと同時にしょぼくて、そのしょぼさがおぞましさを増幅
している。描かれる恐怖は現実にも確実に存在してて、ぜんぜん絵空事ではない。
フローレンス・ピューが出ずっぱりなので彼女の演技が堪能できる。
某メガヒット映画シリーズのパロディ的な部分もあるんだけど、さすがにシリーズ化したりはしないか。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観てきました。
フローレンス・ピュー、好き。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
表情、声のトーン、仕草
身体一つで身分や境遇を表現する
フローレンス・ピューはやっぱり素敵な役者だなと思いました。

僕は好きです。
好みはかなり分かれると思います。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
音と映像が居心地の悪さを助長してくる。
閉ざされたユートピアは本当の幸せを妻たちに与えているのか?
ん、夫が何不自由ない幸せを妻に与えることを妻は望んでたか?
人々のユートピアは同じ場所にないはず。
こちら側にいろんなことを委ねられている映画に感じた。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
不穏感溢れる世界のビジュアルに脳が焦げ付くような怖さが味わえたので
ホラーとは一味違った怖い映画を見たい人にオススメ!

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
観ましたが、心配しないで終盤めちゃ盛り上がるよ。

静かな郊外の街に佇む美しい邸宅。
夫は高級車で仕事に向い、妻は家事に習い事にショッピング。
この“理想”の生活が広がる不思議の国に落ちてきた“アリス”が見る本当の地獄。
狂ってるのは私?お前だよ!ありがとう!

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
☆☆☆(星☆3満点)
未来じゃないSF?!。バーチャルとリアルが混じった恐ろしさが感じられる映画だった。

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
終盤にとある人物が啖呵を切るので、益々面白くなるの⁉︎と期待していたら、
そのすぐ後にバッサリ終わる。終わるのは良いのだけど、あの啖呵は何だったんだ。
テーマとしては分かるけど、娯楽映画としてはマイナスだなぁ。

スポンサーリンク

 

◉『ドント・ウォーリー・ダーリン』
鑑賞。
そんな作品にしか出てないわけじゃないのに、
なんでフローレンス・ピューはこういう気持ち悪い系の作品が似合うのか。
我々の世界だ、ってそういうことよ。

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 29 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入