映画『犬王』


【2022年5月28日公開,98分】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】湯浅政明【原作】古川日出男【脚本】野木亜紀子

【キャスト】

犬王 アヴちゃん
友魚 森山未來
足利義満 柄本佑
犬王の父 津田健次郎
友魚の父 松重豊
片山九郎右衛門
谷本健吾
坂口貴信
川口晃平
石田剛太
中川晴樹
本多力
酒井善史
土佐和成

『夜は短し歩けよ乙女』「映像研には手を出すな!」の湯浅政明・最新作!
アニメーション表現の可能性を拡張し続ける湯浅監督が挑むのは、世界最古の舞台芸術《能楽》。

室町時代に実在し、人々を熱狂させた能楽師【犬王】をポップスターとして華やかに逞しく描く。
強烈な友情と《能楽》の世界を鮮烈な視点で綴る本作に、常に次作が期待されるトップクリエイターたちが集結!キャラクター原案の漫画家・松本大洋は湯浅監督と「ピンポン THE ANIMATION」以来5年ぶり、2度目のタッグを組む。脚本は「アンナチュラル」「MIU404」『罪の声』など話題作を連発する野木亜紀子が、自身初の長編アニメーションを書き下ろした。音楽には「あまちゃん」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」『花束みたいな恋をした』の大友良英が参加し、古今東西の様々な音色とともに物語の感情を増幅する。

犬王役には女王蜂としての音楽活動に加え、様々なジャンルのアーティストへの楽曲提供など、止まらない躍進を遂げるアヴちゃん。友魚役にはダンス・演劇・映像など、カテゴリーに縛られない表現者として、卓越した演技力と歌唱力を持つ森山未來。共に圧倒的な存在感でバディフィルムを彩った。

原作は「語り」の力で虚実を超えた物語世界を構築する作家・古川日出男による「平家物語 犬王の巻」。
歴史に消えた能楽師【犬王】の物語をもとに、変幻自在のイマジネーションで描かれる、ミュージカル・アニメーション。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

室町の京の都、猿楽の一座に生まれた異形の子、犬王。周囲に疎まれ、その顔は瓢箪の面で隠された。
ある日犬王は、平家の呪いで盲目になった琵琶法師の少年・友魚と出会う。名よりも先に、歌と舞を交わす二人。 友魚は琵琶の弦を弾き、犬王は足を踏み鳴らす。一瞬にして拡がる、二人だけの呼吸、二人だけの世界。
「ここから始まるんだ俺たちは!」
壮絶な運命すら楽しみ、力強い舞で自らの人生を切り拓く犬王。呪いの真相を求め、琵琶を掻き鳴らし異界と共振する友魚。乱世を生き抜くためのバディとなった二人は、お互いの才能を開花させ、唯一無二のエンターテイナーとして人々を熱狂させていく。頂点を極めた二人を待ち受けるものとは――?
歴史に隠された実在の能楽師=ポップスター・犬王と友魚から生まれた、時を超えた友情の物語。

『犬王』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

 

◉『犬王』
声当ててるのが俳優でも全然違和感ないって思った。
とても良かったので平家物語見てからまた見てみたいかも✨

 

◉『犬王』
何も知らないまま「犬王」を見に行った。美しい作品だった。
アニメーションスタイルも良くて、曲も感動させるロック。
ストーリーをあまり期待しない方がいいけど
演奏とイラストだけを楽しめる方はぜひ

 

◉『犬王』見た。
作画もすごいがセルワークがすごくて、画面が立体的に構成されて、
全体としてアニメの芝居だけによらない映像になってる。
特に後半のpvでもあるあれは個人的には良い

 

◉『犬王』
すごく良くて。
何も調べずに予備知識なしでとりあえず観てみようって行って、圧倒されてきた。
絵にも音楽にも。あれはすごいアニメ映画体験。もう一回行きたいって思っちゃう。

 

◉『犬王』
情報量が多くてどう感想を言い表したらいいのか分からない
とにかく凄い作品が世に放たれてしまった
背景、作画、演出、音楽、どれもレベルが高い
映像と音楽に気を取られて歌詞が耳に入ってこなかったからまた観ないと

あと完全にロックスターのあれでしたね色々と気になったのは
バリトン琵琶と呼ぶべきなのか分からないが、コントラバスみたいな大きさの琵琶ね
軽く検索したけど流石に実在はしなさそう

 

◉『犬王』
かなり良き!
映画というよりも100分弱のMusicVideoとして観るのがいいかも?
室町時代の設定やから歌詞が聞き取り辛いけど、音がめっちゃ良い( ᐛ👐)

 

◉『犬王』
観てきた…!!

全部が終始アートでロックで
最後は胸が締め付けられた、、、

映画館で観れて良かった

ただ後ろの人達が画の使いまわし多すぎーって話てて悲しくなった…
観るとこそこじゃあないでしょ 涙

◉『犬王』
みてきたぬ
尺の使い方、だれにもなんにも言わせねーよのワールドだった

 

◉『犬王』
足利義満に気に入られ、観阿弥・世阿弥にも影響を与えたと言われる
能楽師犬王こと道阿弥をモデルにした
古川日出生の小説『平家物語犬王の巻』をアニメと音楽でさらに大胆に。

と言うかそこそこグロいところあるけどPG12じゃないのね。
しかし同じ年に3作も壇ノ浦を見ることになるとは…

 

◉『犬王』
室町時代に活躍した能楽師と琵琶法師の話でアニメ。
中盤のライブシーンが飽きるなあと思ったが現代に慣れてるだけだったわ。

けっこうロックでアヴちゃんと森山未來が歌も含めて最高(誰が声優か知らんで見た)。
見るなら劇場がよい。蛇腹の冊子の入場特典もらったヽ(o・∀・)ノ

 

◉『犬王』
素晴らしいミュージカルアニメでした。内容が素晴らしい。
鎌倉殿の後はこんな世界が広がって行ったんですね。

 

◉『犬王』
【…ルーのうた】は苦手🙏森見登美彦2作品は嫌いじゃない😅
唯一【映像研…】は100%好き🤣レベルの湯浅政明監督作♪

今作は【映像研…】の次に好き♪演出×松本大洋氏のキャラデザ…
アヴちゃん×森山未來さん…相性もクオリティも完璧!
ただ、平家のEPと楽曲のメロディパターンの少なさは残念😭

 

◉『犬王』
を観に行った。

思ってたよりもロック(!)でビックリしたけど、劇中の演出とか、
原作よりも犬王と友魚の関係性が掘り下げられてて良き映画でした。
あと一回は観に行く予定。
箔押し+糸綴じのパンフも紙もの好きとしてはとても凝ってて嬉しい。

犬王を演じたアヴちゃんも、演技や歌声の幅が広くて、
こんな良い声の人がいたんだとビックリしました。

女王蜂はなんか知らんけどずっとパンクバンドだと思ってました。ごめんなさい。
(そしてアルバムも聴いたけど良かった)

 

◉『犬王』
えーーー犬王すごい!こんなに殴られるとは思ってもなかった!!
芸術を愛するロクデナシのためのラプソディじゃないか!!
ろくでなしだから救われたし刺さるんだわ。

 

◉『犬王』
作画の良さは言わずもがな、本作はサウンドデザインがかなり良くできており
まさかの音響案件だった。これは音響の良いハコで観たら凄い事になりそう。
撮影処理も素晴らしくこれこそドルビーシネマで上映するべき映画だと断言できる。
本作がSDRで上映されているのが本当に勿体ない!!!!

 

◉『犬王』を鑑賞。
室町時代、平家物語を語る琵琶法師と能楽師。
歌と舞での躍動感は、すごいですね。熱狂的な雰囲気がよかったな。
平家物語の悲哀たっぷりの話でもありました。

 

◉『犬王』
衝撃から抜け出せない。なんてかっこいいんだ…。
超ロック!超ロックミュージカル!痺れる演奏!絢爛なステージング!

アヴちゃんと森山未來の圧倒的なボーカル!
民衆の興奮はさながらロックフェスのよう!
歌詞をしっかり予習して能への理解度をもう少し高めてまた見たい。
最高の物語だった。

 

◉『犬王』
ポスタービジュアル以外の情報を知らずに劇場に飛び込んだけど
アニメーションとして本当に素晴らしい作品だった。

 

◉『犬王』
多分ネタバレなしざっくり感想。
最高
フェス
観客(モブ)になって一緒に手拍子したい歌いたい
作画、音楽がもう変態(褒)
好き
ああ、野木脚本だった、
犬王と友魚の物語をもっともっと観ていたい。
最っ高

 

◉『犬王』
歴史から消えた盲の琵琶法師と異形の能楽師が奏でる語られぬ亡霊たちへの鎮魂歌。
雅で不埒な作画とCGによる心象の湯浅アニメ。

聴こえるはずのないエレキサウンドが時代を超えて響く
ゲリラライブにのせたロック魂、デタラメだからこそ痺れる

 

◉『犬王』みてきた。
面白かったけど、どろろ。だった

 

◉『犬王』観てきた。
予想してたとはいえ友魚の音楽と犬王の演舞ぜんっぜん合わなかった!
けど面白かった!!
序盤はアニメ表現もシアター全体に響く音もひたすら楽しかった。
犬王の声良かったわ~

 

◉『犬王』を観ました。
これはあまりに素晴らしい。また観に行きたい。
パンフレットは糸で綴じられていて大変豪華。

 

◉『犬王』
まさに湯浅ワールドの全てが凝縮された傑作。
俺を見ろと言わんばかりの、魂のこもったアニメーションの連続に、
ただ圧倒されっぱなしでした。最高かよ。

 

◉『犬王』鑑賞。
アニメーションの本懐である「動き」。
記号化されデフォルトされた人の肉が、骨が、同じく人の手により描画され躍動する。
手書きだからこそ生まれる歪みが絵に命を与え、音が血となって肉体を巡る。
古来より人が育んできた歌と踊りの狂乱ここに極まれり。

 

◉『犬王』
すっげー面白かったんですけど、
これ松本大洋絵と室町時代のグロさに耐性が必要なので、
プロメアのキレイな所が好き!って人には勧めにくいなあ。

 

◉『犬王』見た。
面白かったけど、ネタが多過ぎて消化不良起こしとる。
湯浅監督と原作者の仕込んだネタが渋滞起こしとるのよ。
しかし、凄いもの見た感はしっかりとあるので満足です。

 

◉『犬王』
山田尚子監督の『平家物語』見といて良かった。
お陰で素直に入り込めた。
「盲の琵琶法師ともののけの如き男がバンド結成」な話の中に音楽と
舞踊の快楽や世の無常や権力の不条理な介入が織り込まれ
湯浅監督のパワーに圧倒される。歌詞が聴き取り辛かったのは惜しい。

 

◉『犬王』
脚本が野木亜紀子さんの映画「犬王」みてきた!
日本史頑張って思い出しながら見た笑
アヴちゃん凄く声が良かった
大まかな内容は実話なんでしょ?
こういう時代もあったんやなって思いながら見た。
ボヘミアン・ラプソディ的な!ロックな感じ!

野木亜紀子さん何でも書けちゃうじゃん。すごい😭😭

 

◉『犬王』
見届けた。

ホントにフェスだった。
アヴちゃんの歌力にも圧倒され興奮してうっかり拳を突き上げるとこだった。
んで、画の動かし方も構図もことごとく強烈。
毎度思うが湯浅監督の空間の捉え方ヤバい。
これは可能な限り劇場で体感して欲しい。

 

◉『犬王』
最高によかった。
たとえば「夜は短し〜」のミュージカルパート偏屈王は大好きで、
一方で「ルーのうた」はなんだこりゃって感じだったんですけど、
今回は見ていて頭おかしくなるんじゃないかってレベルで突き抜けて大傑作。
絶賛以外の選択肢がみつからない。音楽と声も絶妙。

 

◉『犬王』
その時代から始まるのかというOPには映像表現込みで引き込まれ、
友有と犬王の成り立ちと出会いまではとても楽しかったが、
友有の音楽変遷の唐突さと、結局今ある音楽としか感じられない演出の平凡さに今一つ乗れず。
600年の意味も不明。全体的アニメ表現やなんとなく手塚治虫風味は好き。

 

◉『犬王』を観てきましたよ。
一言で現すならば「ヘビーロックミュージカル平家物語in室町」。
劇中の申楽ライブは圧巻で「平家物語とロックって、
こんなに親和性が高いのか!?」と衝撃を受けました。
怨念や妄執もバックにあるんだけど、
意外にカラッとしていて陰湿さを感じないんだよね。お薦めです。

スポンサーリンク

 

◉『犬王』
素晴らしくてめちゃくちゃ感動した。すごいんだが。
なんだこれ。めちゃくちゃすごい。感動だわ。すごい。

 

◉『犬王』
最初のロックミュージック流れるところ、
ドン引きしちゃってそれ以降入り込めなくなったけど、
同じ感想の人が居て安心した。

 

◉『犬王』
いやーーーーアヴちゃん格好良かったーー!!
歌声が腹に響いて痺れたわーーー!
もっともっと聞いてたかった。

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 348 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入