映画『流浪の月』


【2022年5月13日公開,150分】

5
Rated 5 out of 5
5段階評価中 ★5つ(5レビュー)
最高!是非観て欲しい!100%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】李相日【原作】凪良ゆう

【キャスト】

家内更紗 広瀬すず
佐伯文 松坂桃李
中瀬亮 横浜流星
谷あゆみ 多部未華子
安西佳菜子 趣里
湯村店長 三浦貴大
10歳時の更紗 白鳥玉季
安西梨花 増田光桜
佐伯音葉 内田也哉子
阿方 柄本明

『怒り』の李相日監督がメガホンをとり、15年前に起きた誘拐事件の被害女児と加害者の再会を描く人間ドラマ。2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説を原作とし、「孤狼の血」シリーズの松坂桃李と、「ちはやふる」シリーズの広瀬すずがダブル主演を務める。共演は横浜流星、多部未華子、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、内田也哉子、柄本明ら。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

雨の夕方の公園で出会った、19歳大学生の佐伯文と10歳の家内更紗。
引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意向を汲んで、文は自分の家で更紗を2か月間かくまうことに。
しかし、文は更紗を誘拐した罪で逮捕されてしまう。
秘密を誰にも打ち明けられず、“被害女児”とその“加害者”という烙印を押されて15年の月日を過ごした2人は再会を果たす。

『流浪の月』を観た人の感想、評価、口コミ

Rated 5 out of 5
06/22/2022

とにかく、深く心に残る作品。主役の二人はもちろんのこと、特筆すべきは亮を演じた横浜流星の素晴らしさ。彼の演技なくして文と更紗の心の底から滲み出る切なくも美しい人間愛に満ちた結末は成立しなかったと思う。いつか、広瀬すずと横浜流星の大人の恋愛映画を観てみたい気がする。

クーちゃん
Rated 5 out of 5
05/30/2022

またまた別人にしか見えない桃李さん。佇まいも醸し出す雰囲気も演技とは思えないぐらい文でした。静の演技で言葉が少なくても、瞳や目線や繊細な表情で抱えてることや様々な感情の変化、文の優しさを魅せて流石。
キャスト皆さん素晴らしい。すずちゃんの更紗と流星くんの亮は、今まで観た中で1番魅了されたし、出番は少ないけど多部ちゃんのラストシーンは心揺さぶられる。子供更紗の玉季ちゃんも凄くいい。文と子供更紗は、心に残る重要なシーンが沢山ある。その真ん中で桃李さんの文の存在が、自然に流浪の月の世界に連れて行ってくれて、どっぷり浸ることができる。
切なく悲しいだけではなく、文と更紗の固い繫がりに感動するし、希望の光も見えるので後味も悪くない。とても考えさせられます。このキャストで本当に良かった。原作を読んでまた観たくなる作品です。

りんりん
Rated 5 out of 5
05/21/2022

こんな愛の形もあるんだと。
こんな切ない愛。
文と更紗だけじゃなく亮の愛も切ない。

流星♡
Rated 5 out of 5
05/21/2022

更紗と文の二人だけの物語だった。何度も泣いた。亮も切なかった。
役者さんたちがみんな凄すぎ。
重いけど、みんな幸せになってほしいと思った。

ゆーみん
Rated 5 out of 5
05/21/2022

衝撃的で色々考えさせられる良い作品でした。
物事の見方とか考え方とか世の中の状況とかも考えさせられるけど、主要キャストがみんな難しい役なのに凄い演技で素晴らしい。
広瀬すずちゃんの子供時代の子役さんももの凄くて、二人が本当に同じに見える。
すずちゃんと桃李くんももちろん凄い。内なる感情の表現がもの凄く繊細。
そして、流星くんも凄過ぎた。本当に嫌いになる人も居たらどうしようってくらいちょっとした仕草や佇まいもダメ男具合と裏の弱さが表現されていた。
そして映像がとっても印象的で綺麗。
また、原作を読むと監督の脚本の素晴らしさと凄さも感じます。

まる

 

◉『流浪の月』鑑賞
超絶大傑作…勝手な妄想で虚実のレッテルを貼りまくる
この底意地の悪いご時世に主人公2人の世界をとやかく言う筋合いはない…

有り余る松坂桃李の優しさに号泣し
その先のある真実にも切なくて爆泣きする松坂桃李ベストアクト映画爆誕…

 

◉『流浪の月』
複雑な事情で家に帰りたくない10歳少女更紗を19歳文は家に招き入れ2か月を過ごすが…
誘拐犯と被害児童として引き裂かれた二人…

15年後の偶然の再会、それぞれに恋人が…社会から隔絶したプラトニックな魂の結びつき…
二人の心象を繊細に描き出す映像に役者の演技、心震える傑作

 

◉『流浪の月』
傷ついた2つの心がめぐりあう、あなただから話したいあなただから話せる、
互いの深部にふれ共鳴し離れ難く強く求め合う2人、涙が止まらなかった。

文役には松坂桃李以外いない、胸を打つ過去一素晴らしい演技だ、
感情を際だたせる壮麗で繊細なホンギョンピョの至高の映像、珠玉の傑作。

 

◉『流浪の月』
を観てきました!

ひとこと感想
「とっても衝撃的でした」

この作品は複雑な物語です。
それを演じる役者の方々の凄さが分かりました。

全てのシーンに無駄がありません!
もう!本当に余韻がすごい!笑

 

◉『流浪の月』
観てきました〜

文と更紗
切ないような儚いような・・・
離れられない

 

◉『流浪の月』
深く考えさせられる映画だったけど
松坂桃李くん広瀬すずちゃん
横浜流星←カッコ良すぎや♡3人の演技が素晴らしかったにつきる😌
追記、内田也哉子さんが素敵だった😊

 

◉『流浪の月』
読みたい読みたいと思いつつも読めずにいた作品。
予備知識ゼロでいきました!

見終わり数時間たちますが、ずしりと重く、脱力感でいっぱい。
息もつけない2時半でした。

◉『流浪の月』
見応えある。
なかなか感想が難しい。
とにかく演技が素晴らしいの連続。
これは劇場で観るべき!
絶対観るべき!

 

◉『流浪の月』
初日のせいか、劇場のせいか、ガラガラだったからど、
終わって座席立ったら、後ろの方に座っていた母娘の娘がボロ泣きしてた。
映画見た後の余韻がすごかったしね。「ジョーカー」観た以来だったな。

 

◉『流浪の月』
150分の長さは、しっかりと感じるタイプの映画なので、
後半は展開が読める分やや退屈したかな。

それでも、ラストシークエンスが素晴らしいので帳消しですよ。
李相日監督作品が苦手な人は同様に否だろうけど、自分は断固支持!
あと、白鳥玉季ちゃんの声がすずさんそっくりで驚いた。

 

◉『流浪の月』観賞。
各出演者が役と葛藤したというのが伝わってくる、それぞれの新境地も垣間見える作品。
映画を観ながら、それぞれの想いが身体に染みこんでくるような、そんな印象を受けた。

テーマ的に、共感できなかったり、トゲトゲしい言葉を向ける人もいるかもしれないが、
私は、主人公2人の関係性を肯定したい。
真実味を出そうとしすぎて、「そこまでやる?」という部分もあったが、
各役者さんの中では、どう消化されたのか気になる。

横浜流星 くん、本気で怖かったなぁ。
あと、広瀬すずちゃんの子供時代を演じた
白鳥玉季ちゃんの存在感、透明感、演技力は、素晴らしい。

人時代のすずちゃんとの入れ替わりにまったく違和感がないので、
過去の場面と行き来してもスッと入ってくる。

 

◉『流浪の月』
貴方に問いたい

母が再婚した男に入れあげて娘を顧みず、
義兄から性的被害を受け、母との生活に自分の居場所を失った少女
性的な欲求は無く、自分の過去と同じ境遇に居る少女を純粋に救いたいと思った青年

真に少女を連れ去ったのは青年でしょうか、それとも母でしょうか

 

◉『流浪の月』見てきた。
心ん中で色んな感情ぐちゃぐちゃで
とてもじゃないけど言葉がまとまらない。
ただ、原作未読の私はもっと更紗と文をもっと誰よりも理解したいと今は思う。
俳優陣の素晴らしさを書き出すと朝になるし、名だたるスタッフに頭打たれた気分。

 

◉『流浪の月』
二人の出会いの場面から、何故だかずっと泣いていた。
柔らかい光と悪夢のような影。

私たちは側面だけを見聞きし、本当の事は二人のものだったなと。
だからあの二人の事は私たちが踏み入れられないのだ。
俳優、脚本、映像全て素晴らしい。

 

◉『流浪の月』
真ん中?あたりの握手で嗚咽堪えてハンカチ噛み締めてる人いたな
もらい泣きしそうだった

 

◉『流浪の月』
『パラサイト』の撮影監督ホン・ギョンポのバキバキに冴えたカットには惚れ惚れする。

ただ、各人物の背景の作り込みがおざなりで
(多分原作には更紗の家庭環境などが書かれていると予想)、
行動原理に飛躍があるとしか思えない。

ただただ重苦しい空気を延々と吸わされ、肺が疲れた。

 

◉『流浪の月』
を見てきたけど、かなり重たい作品だった!!
見終わってから、なんとも言えない感じで...。

で、やっぱ、すずちゃんのあの大人なシーンは衝撃的で...😰
今までそういうシーンを演じてこなかって、
まだそのイメージにもなかったし、なんか、ショックだな😓

 

◉『流浪の月』
素晴らしい映像と演技と演出で文句のつけようがありません。

 

◉『流浪の月』
セクロスシーン皆頑張ってた!しかし女は脱がないのに男は脱ぐのか、
と後半の重要なシーンで笑いそうになったよスマンな。

文の母親が内田也哉子さん、特徴的な声と話し方なので喋ると気付くのな、
ツナグで樹木希林さんが桃李くんの祖母役だったから親子繋がった、てちょっと嬉しくなる

 

◉『流浪の月』
圧倒された。現実にしか見えない名演と、青と黒が際立つ映像美。
更紗に感情移入し過ぎて本当に震えが止まらず胃が千切れるかと思った。

物語の深くまで、自分自身まだ沈みきれていない気はするけど、
ふたりが真に邂逅する場面は涙せずにはいられなかった。傑作。

 

◉『流浪の月』
広瀬すず×松坂桃李×横浜流星というキャスティングで話題を呼んでいますが、
観るのも辛くなるほどの性暴力とDVのシーンがあります。

公式のHPにも特に注意喚起もなくR指定もないですが、
観る方にとっては傷つく危険性があります。
『悪人』『怒り』の李相日監督の作品。

 

◉『流浪の月』鑑賞。
元誘拐犯と被害者が15年後に再開。
特別な絆の二人に外野の人間がとやかく言いすぎ。烙

印を背負った二人の人生の切なさはつらすぎます。
複雑な感情が入り乱れて消化が難しい。映像と音楽も素晴らしかった。

 

◉『流浪の月』見てきました。
愛とは何かを考えさせられる作品でした。
広瀬すずの濡れ場ありです。男性はぜひ。

 

◉『流浪の月』
原作を読みたくなりました。

一言で伝えられないけど、主演男優賞(松坂)主演女優賞(広瀬)、
助演男優賞(横浜)ノミネートになりそうな熱演。
子役の白鳥玊季ちゃんも素晴らしい

 

◉『流浪の月』観てきた。
長かった。いい映画だなぁ何か賞とるんだろうなぁしかし長い、と思いながら鑑賞。
診断書とれ、被害届だせ、ネットを利用しろ、とか
現実的な対処の仕方を考えながら見てしまうとストレスだなぁ。
いい映画なんだろうけど、分かってたけどストレス溜まるわぁ。

 

◉『流浪の月』
冒頭から引き込まれる。
わかったような気になるのはこわいな。思考する。想像する。
キャストの皆様の演技と瞳が凄すぎて圧巻。
水の表現が素晴らしいです。
映画館でまた観ます。

 

◉『流浪の月』鑑賞。
冒頭の雨のブランコのシーンの綺麗さで、これはそういう事ではないのだと思った。
世間の目から見れば、犯罪行為だとしても。

その時の更紗には、寄り添ってくれる文が必要だったのだ。
印象的なのは、更紗の子役の目の演技。静かな暗い深海に潜ったような映画。

 

◉『流浪の月』
2回目鑑賞。
1回目よりも泣いたわ😭

すずちゃん、桃李くん、流星くんの演技がとにかく素晴らしくて、
だからこそ観ていて辛くて辛くてさ〜😭

とっても重い内容だけど、最後はそれぞれが
新たな一歩を踏み出していけるような希望があると思えたので凄く救われた。

 

◉『流浪の月』
極限まで絞ったであろう松坂桃李の体が露わになるシーンは、
同時に愛する者だけに胸中を明かす決定的な場面でもあり打ち震えた。
また、特筆すべきは何と言っても広瀬すずですよ...もうね、全カット凄すぎるから。

 

◉『流浪の月』
観てきました🌒

登場人物みんな不器用さがあり、苦しみありで見ててつらくなるところもありました。

当事者同士にしかわからないことはある。
目を背けたくなるシーンもあるけどそれは横浜流星さんと広瀬すずさんの演技さゆえ✨

スポンサーリンク

文と再会してからの更紗は別人!

子供時代の更紗の白鳥玉季ちゃんの色気!

人を救えるのは誰にでもできることじゃない。本人たちにしかわからない。
エンドロールのときは鳥肌たってぼーっとしてました。

 

◉『流浪の月』
つらく切ない展開が続いた後の結末に心が揺さぶられ、
今も映画の余韻が強く残っています。

広瀬すず・松阪桃李渾身の表現力に圧倒され、
撮影監督ホン・ギョンピョのカメラワークが冴え渡る、
李相日監督の強いこだわりが隅々まで感じられるこの映画に出会えたことに感謝です。

 

◉『流浪の月』
見に行って来ました。

ハンカチがいるのかな?って思ってましたが。
そんな感情よりも、胸を抉られる様な切なさでした。
心に闇を抱えながら、でも心許せる人の前でしか見せられない笑顔。

 

◉『流浪の月』
女児誘拐事件をキーに、2人とそれを取り巻く人々の目を描いた作品。
かなり精神的にツラいシーンがあって思わず飛び出したくなったけど、傑作です。
あくまで抑えたトーンで役者の演技をあそこまで引き出してる監督に脱帽。みんな素晴らしかった。

 

◉『流浪の月』
びしょ濡れの10歳の更紗に居場所くれた文、
消えない烙印を背負い過酷な運命を生きる2人の魂が選ぶ未来、
ひと晩経っても余韻が尽きません💖

欠けた心と対峙する亮を演じた横浜流星さんはまるで別人😲
皆、ここまで与えられた役に寄り添う事ができる驚異、見事な映像美も圧巻です

 

◉『流浪の月』観て来た🙌
すずちゃん好きの旦那と。

観終わった後今まで横浜流星くんに全く興味なかった旦那が、
流星くんてあんな役も出来るんだね、あの目がヤバかった。
あれ演技だよね?メンタル大丈夫かなぁ?🤔って。
わかってらっしゃる😭あんなに演技上手いと思わなかったと感心してた😭🙌わーい🙌

 

◉『流浪の月』
鳥肌鑑賞のあと李相日監督から2人の繋がりの確かさ、
神の視点のシーン、俳優への想いを伺い、皆が相当な覚悟をもって関わった様子が伝わり、
またホン撮影監督の意図や奇跡のショットetc.
ハイブリットなチーム編成に監督の人間力を感じた格別な時間に感謝です☺

 

◉『流浪の月』
余韻がずっと続いてる
俳優さん達の体当たりの演技に圧倒されました
原作で号泣したシーンがカットされてて、え?ってなったけど、敢えてかな?
ここの伏線回収がほんと衝撃的で切ないから、まだ読んでない人が羨ましい

 

◉『流浪の月』
文(松坂桃李)が「更紗(広瀬すず)は大人になったのに…」というセリフ、共感しました。
広瀬すずさん、大人の演技の出来る素敵な女優さんになりましたね。
ちょっと切なくて痛々しいシーンがあったけど素晴らしかったです。

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 876 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入