映画『死刑にいたる病』


【2022年5月6日公開,129分】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】白石和彌【原作】櫛木理宇【脚本】高田亮

【キャスト】

榛村大和 阿部サダヲ
筧井雅也 岡田健史
金山一輝 岩田剛典
加納灯里 宮崎優
筧井和夫 鈴木卓爾
根津かおる 佐藤玲
佐村弁護士 赤ペン瀧川
クラタ 大下ヒロト
地元の農夫 吉澤健
滝内 音尾琢真
赤ヤッケの女 岩井志麻子
相馬 コージ・トクダ
筧井衿子 中山美穂

櫛木理宇の同名小説を実写映画化したサイコサスペンス。連続殺人で世間を震撼させた犯人から、ひとつの冤罪証明を依頼された大学生が、真相を解明するために奔走する姿を描く。殺人鬼役の阿部サダヲと大学生役の岡田健史をW主演に迎え、白石和彌監督がメガホンを取る。共演者には岩田剛典、宮崎優、鈴木卓爾、佐藤玲、中山美穂らが名を連ねる。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

理想と程遠い大学生活を送っている雅也に、ある日1通の手紙が届く。
それは連続殺人犯・榛村からの冤罪証明の依頼だった。
中学時代に榛村のパン屋の常連だった雅也は、依頼を聞き入れ事件を調べ始める。
しかし、雅也を待っていたのは想像を超える真相だった。

『死刑にいたる病』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉『死刑にいたる病』
好人物を装いながら相手を掌握しなんなら相手が傾倒する程思いどおりに操る、
24人も殺害した凶悪犯であると知りながら悪魔的懐柔術により倫理観が崩壊する危険、
人の理解が及ばない境地へ連れていかれる恐怖、体現した阿部サダヲの怪演が良かった、
嫌悪を抱かせる成功作品だろ。

 

◉『死刑にいたる病』鑑賞。
超面白い!冒頭から強烈な拷問殺害描写で一気に心を鷲掴みにされ、
真実が段々と解き明かされていく展開にひたすら夢中になり、やがてあの結末を迎える…。
邪悪さと人懐っこさの両方を兼ね揃えた阿部サダヲの超ハマり役っぷりが凄まじく、
とくにあの目力はただただビビった。

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲ演じる連続殺人鬼が依頼する1件の冤罪証明
その殺人鬼がしかけるマインドコントロールに次第に映画が真相に近づいているのか
真相がなんなのか?複雑になっていく
ラストなんて想像外から現れて唖然となる
岡田健史さんも良くて名前覚えました

 

◉『死刑にいたる病』
観終わった後に変な気起こしそうになる余韻が凄かった
阿部サダヲが好きになる一本

 

◉『死刑にいたる病』鑑賞。
丁寧で細やかな演出と予測ができないストーリーテリングで退屈はしない。
ただ話が進むにつれてどんどん人物描写や物語が”腑に落ちる”感じになっていくのはかなり残念。
最終的には語られる事と観せられる部分の齟齬を感じる重心が定まってないような印象を受ける映画だった。

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲ×殺人鬼
この組み合わせだけで飽食気味になりそうなところ『凶悪』の白石監督の手腕により、
嫌な汗をかくような緊張感が映画を支配していた。
ただ、突っ込み所も割とあるし、何より「暴力性の遺伝」という偏見を
助長するような台詞を安易に用いている点は肯首し難い。

 

◉『死刑にいたる病』
連続殺人鬼が主張する一件の無罪
優しさの中に狂気が居座っている殺人鬼と阿部サダヲが本当に合っていて
この映画館の中にも榛村が座っているんじゃないかと恐ろしくなった
心の中で膨らんでいく余韻の残し方
絶対PG12じゃないだろっていう残酷描写も含め忘れられない作品になりそうです

◉『死刑にいたる病』鑑賞。
24人の若者を惨殺し、死刑判決を下された殺人鬼・榛村。
彼が無罪を主張するただ1件の冤罪を証明するため、大学生の筧井は独自に調査を始めるが…?

榛村の光の無い目は、時折吸い込まれそうな錯覚に陥るほど真っ黒い。
人当たりの良さと見透かしたような話術で次々に関わった若者を
毒牙にかけていく様はまるで悪魔のようだった。

気さくなパン屋さんと薄ら笑いで人を甚振る殺人鬼との二面性が、
阿部サダヲの演技と見事にハマっていて圧巻。
絶え間ない緊張感の漂う2時間でした。

 

◉『死刑にいたる病』
観てきたんですが
思ってた以上に気持ち悪くてかなり落ち込んでしまった。PG12か..

人気のある若手俳優さんが出てるのかな?若いお客さんも多かったけど
暴力シーンやグロに耐性の低い方は本当に無理に見ない方がいいと思う。
拷問シーンが直接的です。

ストーリーは面白かった。読んでないけども多分原作の方で出会ってたら
好きな方の作品だったんじゃないかなとは思う...多分
それにしても阿部サダヲさん、虚ろな目の表情が上手すぎる...

 

◉『死刑にいたる病』てきた!
原作読んでたから分かってたはずなのに、
あまりにもあっさり騙されていくから「え?ええ?えええ?」ってドキドキした😅

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲのサイコパスの演技と獲物をいたぶりジワジワ殺すシーン、
流石の私が目を背けた程。

免罪をもちかける岡田健史の演技も良い。
久々私がいわゆるホラー以上に胸糞だしよく出来ていた!
岩田剛典最後まで気付かず驚く

 

◉『死刑にいたる病』
観ました。

連続殺人で死刑判決を受けた男(阿部サダヲ)と、彼と対峙する大学生(岡田健史)。
2人の、穏やかだけど張り詰めたやり取りは凄まじい緊迫感。
阿部サダヲの得体の知れなさに戦慄する。顔つきも声色も穏やかで、目だけが真っ黒い。
これ思った以上に怖い映画だった。

 

◉『死刑にいたる病』観ました🎥
原作は未読です😳

サスペンスとして結構動きあるので飽きない
割とグロ描写あるので耐性無い方は注意⚠️
登場人物達の行動に途中疑問持つ箇所があるけども「あ~こういうことかな?」と納得できるかと🤔

自分だったら爪は一纏めにしないな💅

 

◉『死刑にいたる病』
原作読んだ勢としても満足です!

観るまで榛村大和=阿部サダヲがどうにもリンクしなかったけど、お見事でした。
疑ってごめんなさい。後、キラキラを一切排除した岩ちゃんにも参りました

 

◉『死刑にいたる病』鑑賞
主人公が徐々に変貌して、ノワール化していく中盤過ぎ位が特に良かった!
周りの人間を次々虜にしていくシリアルキラーの恐ろしさこそ見どころ

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲさんに期待して見ましたが、
役者さんも脚本も何で??ばかりで途中から眠くなりました。
久しぶりに期待外れでした。

 

◉『死刑にいたる病』
やっぱダメですね、犯人を知っている状態で臨むなんて。
全く知らない状態だったらどうだったのか、それでもとても楽しめました。

阿部サダヲのヘアスタイル、中山美穂の容姿に驚き。
あと彼が岩田剛典とはエンドロールまで気づきませんでした。
割とゴア描写あるので注意。反省。7.2点

 

◉『死刑にいたる病』観た。
画が強い。もっと観られていた。
よい映画にはこのような要素があると思うのだけど、二つともあった。
非常に怖ろしい映画だった。阿部サダヲの瞳に吸い込まれた。
エグ目の描写あり、人間の怖さあり。阿部サダヲが怖すぎた。
人を操ることに長けたサイコパス。術中に嵌まった。

 

◉『死刑にいたる病』
行ってきました!!

本当に恐怖でした😱
実際に映画の中にいるような臨場感と、何転もする展開にゾクゾクしました、、!!
面白さと怖さが交互する、最恐の映画です!!

 

◉『死刑にいたる病』
面白かった😨怖かった😨引き込まれた😨
けど怖かった😰けど夢中で観た😰面白かった😰

 

◉『死刑にいたる病』
素晴らしいですね。ホラーに近いサスペンス作品でした。
伏線が多々あり謎だらけの展開でかなり見ごたえがあります。
1度だけ見ても理解できない複雑な謎に、再度見たくなる奇妙な魅力を感じました。
これも一種の精神支配ですね。

 

◉『死刑にいたる病』鑑賞。
人の懐に入り込むのが上手く、殺人犯と言われても誰も信じる人はいない。
そんなシリアルキラーを演じた、阿部サダヲがぞっとする程怖かった。
日常を大事にし、丁寧に暮らしながら、拷問のように人を殺める。
自分の脳内がやられてしまった。

 

◉『死刑にいたる病』
今年一位かも。
でもこれがPG12って映倫仕事してなくない?絶対見てないと思うけど。
君の名前で僕を呼んでがPG12で
ムーンライトがR15だった時もおかしくない?って思ったけどやっぱり適当だな。
当時、映画好きの友達に同じこといったら「映倫はクソ」って返されたけどマジだな。

 

◉『死刑にいたる病』
観て来ました〜

いつかの映画の予告で気になってたので鑑賞しましたが、
話が面白いのもさることながら
やっぱり阿部サダヲってスゲェなぁと思った!
怖くて良い人で不気味で面白くて、色んな所が観れて満足です!

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲの怪演に鳥肌!
二面性を持つ殺人鬼と、彼に翻弄される登場人物達の闇が滲み出る過程に震撼としました。
キーとなるのはマインドコントロール。最後にもう一捻りあり、うなってしまいました!

 

◉『死刑にいたる病』
ついに観てきました。

思っていた以上に怖すぎました…
内容はとにかく阿部さんの榛村頭から離れないです。

岩ちゃんはなぜか笑ってしまいました笑

 

◉『死刑にいたる病』鑑賞
超絶大傑作…軽々と人の心に入りこみ自分の欲望を満たすために利用する
邦画史に残る殺人鬼を演じた阿部サダヲは軽くトラウマ…

主人公がどんどん事件にドハマリしていく先にある『真実』と『その先』に鳥肌とまらんかった…
白石和彌監督、久々の超絶大傑作でした!

 

◉『死刑にいたる病』観てきた
阿部サダヲの名演技が、
目にハイライトを入れないようにする演出と相まって気味が悪くて最高でした

 

◉『死刑にいたる病』
シーン的に少ないけど容赦なく残虐な映像はインパクト大で、
岡田君の堕ちてるのか覚醒してるのか分からない危うさにもハラハラで今年イチ面白かった。
自分だけが特別じゃないという、すごいえぐり方してくる…。

 

◉『死刑にいたる病』観てきた。
ここ最近では一番怖い映画。
目を背けたくなるシーンも多く、岩田剛典目当てで観に行く女性ファンは気をつけた方がいい。
面会シーンの過剰な演出は不要だった気もするが、まぁまぁ面白かった。
劇中の阿部サダヲのサイコキラーっぷりを中和するために「いだてん」観たい

 

◉『死刑にいたる病』
白石和彌の変態性が余す事なく堪能できる鬼畜スリラー!
テイスト的にも見終わった後のザワつき感も凶悪の後継作品と言っても良いくらい!
岡田健史君が若い時の松山ケンイチみたい!
とにかく、最低で最高の作品!

 

◉『死刑にいたる病』観てきました🎥
終始背筋がゾクゾクってなりながら観てました😱

 

◉『死刑にいたる病』を鑑賞。
24件の殺人容疑の死刑囚から、1件の冤罪事件を調べてほしいと頼まれる大学生。
死刑囚の阿部サダヲさんワールドですね。
彼みたいな人に目をつけられたら、染まっちゃうよなー。ゾワゾワしくまり。

 

◉『死刑にいたる病』
観ましてね、冒頭にだいぶキツめの拷問シーンあるんで
目をつぶってしまうところもあったんですけど、
そこはまあ必要なシーンだからよかったんですけど、
食べたり飲んだりする音や口に物入ってる状態でしゃべるところの音響が不快でしたよ。
なんで入れたのああいう音。必要ある?いらん

 

◉『死刑にいたる病』
かなり良かった
どう着地するか気になる展開もオチも嫌いじゃない

阿部サダヲさんの演技力、目が怖い!
若い頃の髪型だけ笑う

刑務所の対面窓の反射や斉唱を利用して2人の心理を表現してるのは見事

殺人シーンが結構グロい(痛い)ので苦手な人注意

 

◉『死刑にいたる病』
観てきました。

殺害現場、真犯人を追う過程、そしてその後の展開まですべてが悍ましかった。
観ている自分の心まで支配されてしまいそうな作品。
白石和彌監督、日本映画の表現の限界値を更に上げてきましたよ!

 

◉『死刑にいたる病』観た❗️
おもしろかった〜😄やぱ白石和彌はおもしろいな〜〜と思ってたんだけど、
後半ちょっとだれたというか、作りのせいか役者のせいか、
中盤までの高揚が最後まで持たなかったな 爪が一番想像し易い痛みだから
情報得て観るの悩んだんだけど序盤だけでなんとか耐えれた

凶悪観た時も山田孝之もっといけただろぉ❗️❗️て思ってたら
本人もこの役は全然ダメだったって言ってて、
白石和彌の作品は役者に求められる力量がえげつないんかな サダヲはずっといい、
岡田健史くんは前作とてもよかった GUNさんは…ンン🙄

スポンサーリンク

 

◉『死刑にいたる病』
阿部サダヲさんの人たらしサイコキラー😱ジワジワ恐怖が増してきます😱
生い立ちもその後の生き様も人それぞれで…人間不信になりそうな怖ろしさだった💦
バイオレンス描写はやはり白石和彌監督作品‼️(めっちゃ褒めてます)
私は大好きです👍パンフ購入‼️

 

◉『死刑にいたる病』
観てきました。

嫌なーの観たなと思いました。
これはあれか、阿部サダヲを殺人鬼に起用したいが為に作られた作品か……??
阿部サダヲとマッチしすぎてて怖いわ……

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 462 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入