映画『大河への道』


【2022年5月20日公開,107分】

5
Rated 5 out of 5
5段階評価中 ★5つ(1レビュー)
最高!是非観て欲しい!100%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】中西健二【原作】立川志の輔【脚本】森下佳子【主題歌】玉置浩二

【キャスト】

池本保治/高橋景保 中井貴一
木下浩章/又吉 松山ケンイチ
小林永美/エイ 北川景子
安野富海/トヨ 岸井ゆきの
各務修/修武格之進 和田正人
吉山朗/吉之助 田中美央
山本友輔/友蔵 溝口琢矢
梅さん/梅安 立川志の輔
山神三太郎/神田三郎 西村まさ彦
和田善久/綿貫善右衛門 平田満
千葉県知事/徳川家斉 草刈正雄
加藤浩造/源空時和尚 橋爪功

立川志の輔の創作落語「大河への道―伊能忠敬物語―」を、『記憶にございません!』などの中井貴一主演で映画化。「伊能忠敬」の大河ドラマを制作しようと奔走する千葉県の市役所職員が、史上初の日本地図を完成させた人物が伊能忠敬ではないことを知ってしまったことから始まる物語が描かれる。『二度めの夏、二度と会えない君』の中西健二が監督を務め、松山ケンイチ、北川景子らが共演。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

「伊能忠敬は地図を完成させてない。だからドラマにはならない!」
千葉県香取市。市役所の総務課に勤める池本保治(中井貴⼀)は、市の観光振興策を検討する会議で意見を求められ、苦し紛れに⼤河ドラマ制作を提案。思いがけずそれが通り、郷土の偉人、伊能忠敬を主人公とする大河ドラマの企画が立ち上がってしまう。ところが企画を進めるうちに、⽇本地図を完成させたのは伊能忠敬ではなかった!?彼は地図完成の3年前に亡くなっていた!
という驚きの事実が明らかに……。江戸と令和、2つの時代を舞台に明かされていく⽇本初の全国地図誕生秘話。
そこには地図を完成させるため、伊能忠敬の弟子たちが命を懸けて取り組んだとんでもない隠密作戦があった――。

『大河への道』を観た人の感想、評価、口コミ

Rated 5 out of 5
06/08/2022

1 伊能忠敬は家業を繁栄させ隠居後、55歳から実測による日本地図の作成に全国を歩き回った
2 完成間近で亡くなった(55歳~71歳)後、弟子たちが3年近くかかって地図を完成させた
3 1821年に完成した地図の完成度の高さはヨーロッパで高く評価された
知って良かったです。中井貴一さんは忠敬さんの意志を継いだ高橋景保(幕府天文方)役 と現代の香取市役所の職員役を見事に演じ分けていました。この映画お薦めです。

mona☆ri

 

◉『大河への道』
をみてきた。
最後まで大丈夫だったし、映画も面白くて満足。

 

◉『大河への道』
森下佳子さん脚本だったので観たのだが、
立川志の輔師匠の原作脚色ということで、彼女の持ち味は封印という印象。
松山ケンイチさんと橋爪功さんよかった。
出来れば伊能忠敬を森下さんオリジナル脚本で
「おんな城主直虎」と同じ岡本Pとの座組で大河ドラマで観たい。

 

◉『大河への道』
やっぱ映画にはクスッて笑えるシーンが必要ですね。
とても良かったです

 

◉『大河への道』を観てきました。
何やらTLを騒がせてる三角関数が出てきたぞ

 

◉『大河への道』鑑賞
日本史上初の偉業を成し遂げた伊能忠敬を大河ドラマにしようと考えた市の職員がある脚本家と出会う。
何故大河ドラマになったことがないのか等、調べるほど知らなかったことが分かっていくストーリー。
教科書に載っていない忠敬らの姿を知ることは人生を教わるようで面白かった😊✨

 

◉『大河への道』
見てきた。
本当に良かった、、、
絶対もう1回見る!!

 

◉『大河への道』を観た。
笑いあり涙ありの作品だった。
伊能忠敬は僕の敬愛する人物である。

◉『大河への道』観た。
高齢者夫婦が多かったけど、若者が見ても十分楽しめるコミカルなお話。
立川志の輔さんの原作らしい。★4.0。娯楽におススメ。

 

◉『大河への道』
割と良かったんだけど金払って何度も観る映画か?ってなるとNOなんだよなぁ
てかやっぱ映画ってより2時間ドラマ感が否めねぇ

 

◉『大河への道』
お話の内容はベタなところもあるけど、最後に出来上がった地図🗾を見た時にジーンときた。
移動手段も無いあの時代にあれだけの地図を作りあげた伊能組の努力に感激!

 

◉『大河への道』を見た。
伊能忠敬の大日本図にまつわる物語。
北川景子が綺麗だった。
橋爪功が相変わらずいい味出してた。
エンディングの玉置浩二の歌がとても良かった。

 

◉『大河への道』
楽しいコメディ作品でした各時代に同じキャストが出演しており、
楽しいジョークが満載で、落語の楽しさを少し垣間見れる作品でした。

 

◉『大河への道』
クスッとしたり感心したり。。。最後はホロッ😢
伊能忠敬に親近感、佐原に行きたくなりました!

 

◉『大河への道』観れました☺️
大画面で見る和服姿の北川景子さん、お美しかった✨

 

◉『大河への道』
初日鑑賞。
100人収容の部屋で8,9割は席が埋まっていたかな。

エンドロールが流れると
玉置さんの包み込むような深い声が流れる。
席を立つ人が2,3人のみで
大多数の方がエンドロールの最後まで静かに聞き入っていた気配。

映画の感動と共に玉置さんの歌声を心に留めてくれたかな🥰

 

◉『大河への道』鑑賞。
伊能忠敬の大河ドラマ作成プロジェクトの話。
この時代に作られた日本地図は、ほんとすごいと思います。
話は、歴史に埋もれた物語のようで、意思を継いだ人たちの努力の話ですね。
大河は難しそうだな。

 

◉『大河への道』観てきた。
この作品を通し学ぶこといくつがいくつありました。胸が熱くなるお話でした。
簡単にいかない世の中をなんとかして未来に繋ぐ様に涙が出ました。

 

◉『大河への道』見てきました!
中井貴一さんの公務員役は安定の面白さ👍
松山ケンイチさんとのコンビは爆笑🤣

香取市の美しい街並みや海岸沿いの撮影も良かった!
大河への道🎬期待通りでした👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻👏🏻

 

◉『大河への道』
観てきた。良かった。

GW中に香取市に行ったところだったけど伊能忠敬で有名とは知らなかった。
知ってたら記念館に行ってたのに…

パンフレットに載ってる地図を見て改めて凄いなと感動した

 

◉『大河への道』
大河ドラマで町起こし😁
伊能忠敬で大河⁉️新作落語が原作だけある笑いが随所に。
キャストも豪華配役で劇中劇の配役も妙。

笑った上に江戸時代の日本地図偉業に感激もして。
すみません、予想を裏切る最高の面白い映画です!

 

◉『大河への道』
傑作時代劇コメディ。立川志の輔の名作落語を中井貴一が企画、映画化した本作。
原作が落語のコメディであるから、笑いどころが数々ありシンプルに面白い。
かと思いきや、地図作成に携わった人々の並々ならぬ想いに涙腺を鷲掴みにされる。

本当に面白かった。時代劇、まだまだやれるぞ!

本作は、大河誘致の現代パートと、地図作成の江戸パートに分かれる。
面白いのが、現代と江戸でキャストたちが一人二役しているところ。
生まれ変わりとかタイムスリップではなく、その役割においてそれぞれがリンクしている。
なので重厚なスケール感を与えつつも、分かりやすい仕上がりになっている。

全体的にコメディの要素が散りばめられていながらも
(劇場のそこかしこから笑い声が漏れるほど)、
地図作成へ捧げられた情熱、師を想い国を想う熱い利他の心をダイレクトに描いている。
映画として、ただただ面白い。
この傑作を通して、伊能忠敬とその弟子たちの熱い想いを知ってほしい。

 

◉『大河への道』を観てきた。
小説版とは結構アレンジされていたが、概ね面白い。

草刈正雄のキャスティングが見事。映画の内容もさることながら、
平日の昼間という時間帯でご老人が多く、上映中も笑い声がよく上がっていた。
考えてみれば映画ってもっとガヤガヤ観るものだったよなぁ。

 

◉『大河への道』
観光の目玉が無く咄嗟に口にした大河ドラマ制作を担う羽目になった
中間管理職の苦悩とその題材たる伊能忠敬の死を隠蔽しつつ
命懸けで日本地図完成の遺志を遂げた人々の過酷な道程を
小ネタギャグを大量に絡めながら並行して描く大作。

 

◉『大河への道』観てきた!!
メイン2人の絡みが面白かった!
あともちろんみぞたくかっこよかった✨

 

◉『大河への道』
立川志の輔さんの創作落語原作。
なぜ伊能忠敬は大河ドラマにならないか?から始まる、
現代から過去で2役設定のドタバタコメディ。
年齢層高く、自然に笑いが··。
堅苦しい時代劇ではなく、ぶっ飛びすぎることもなく楽しめた。

 

◉『大河への道』
観客は年齢層高めでした
徐々に引き込まれ…前半はクスッと笑い、後半はポロポロと泣いてしまいました
忠敬さんとその仲間達の大河ドラマ、いつか見たいなぁ📺

 

◉『大河への道』
伊能忠敬を大河ドラマにという声は、千葉県では昔からあったが、
これが伊能忠敬を大河ドラマにできない理由?
現代パートと江戸時代パートを同じキャストで描く作りが面白い。
幾分ベタなギャグは、老若男女、家族揃って楽しめる映画。

 

◉『大河への道』
映画を観ました。

長いこと千葉で暮らしていながら知らんことばっかだから
「へぇ~」てなるのがいっぱいで、その辺はすげー楽しかった。
てゆか日本地図ちょーデカいの凄かった!

でもコメディが全然笑えなかったのと、
県民的には微妙な気持ちになるとこがあったのはちょっと…ねw

 

◉『大河への道』
めちゃくちゃよかった!
コメディ要素もありつつ、話が過去に遡って実はこうでしたっていう展開が面白かった!
ただ、主人公の人あんなに伊能忠敬の事尊敬して
大好きそうな感じだったのにあの事実知らなかったの?ってなった。

 

◉『大河への道』
を鑑賞しました❣️

200年前の話しですが、
日本はたった200年でこんなにも進化した事を改めて驚かされました❣️
あとは、北川景子ちゃんがめちゃくちゃかわいい😍
面白かったです❣️

 

◉『大河への道』
大学の頃の地形図作りでその苦労を知ってから、
好きな偉人は?が「伊能忠敬」な自分にとっては
大河にならない理由が分かるけど認めたくないような…。
ちょっぴり笑えて、すごく胸アツだった!

 

◉『大河への道』
見終わり

ちょいちょい入る間をもたせる為の茶番が合うか合わないかは
人を選ぶかもしれないが、全体としては結構緩く、まぁ悪くはなかった
映画ってより2時間ドラマな感じ
でもラストの方で上様に地図見せるシーンは結構良かったと思うます

あと松山ケンイチのアホの子役は何かハマるな

 

◉『大河への道』
平清盛も思い出しちゃうし、、
松ケンと中井貴一さん永遠に観ていたい、、、😭
それにしてもケンちゃんはあまり変わらないなぁ、
中井貴一さんのあの、どもり?もー、最高や😂
皆さんに見て欲しいなぁ、とっても素敵な映画なので。

 

◉『大河への道』観て来ました。(*^▽^*)
玉置さんの歌、ピッタリでした。
所々、笑いあり、涙ありで感動‼️
一人でグシュグシュしながら観て来ました。(笑)

 

◉『大河への道』
面白かった。
さすが落語原作。伊能忠敬の大河ドラマ実現に期待ですw
この作品内で決まってる大河ドラマのタイトルのギャグセンスが秀逸(^^)

 

◉『大河への道』
全体的に女優パートがノイズになってたけど
中井貴一と橋爪功がめちゃくちゃ演技上手くて良かった…。

詳細は伏せるけどクライマックスで予告ではあまり出なかった人が
ビシッと決めてて流石〜!!!!!!!ってなってた。

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 624 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入