映画『リコリス・ピザ』


【2022年7月1日公開,134分】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督・脚本】ポール・トーマス・アンダーソン

【キャスト】

アラナ・ケイン アラナ・ハイム
ゲイリー・バレンタイン クーパー・ホフマン
ジャック・ホールデン ショーン・ペン
レックス・ブロウ トム・ウェイツ
ジョン・ピーターズ ブラッドリー・クーパー
ジョエル・ワックス ベニー・サフディ

『ブギーナイツ』、『ファントム・スレッド』などでポール・トーマス・アンダーソン監督が1970年代のアメリカ、サンフェルナンドを舞台に男女の恋模様を描いた青春映画。主演には、三人姉妹バンド「HAIM」のメンバー、アラナ・ハイムと、フィリップ・シーモア・ホフマンの息子、クーパー・ホフマン。第94回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞の3部門にノミネートされた。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

1973年、サンフェルナンド・バレーに住むゲイリーは、高校に通いながら俳優としても活動していた。
ある日ゲイリーは、10歳年上の女性と出会い恋に落ちる。

『リコリス・ピザ』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉『リコリス・ピザ』
最初から最後までただただ最高なだけの映画だった。

 

◉『リコリス・ピザ』
鑑賞。
冒頭いきなりのトイレのショットは『アメリカン・グラフィティ』の
パーティの一場面をそっくり真似たもの。
その後の話とほとんど関係がない。

これは小説の冒頭で他の本の一節を引用するのと似ていて、
こんなところにもポール・トーマス・アンダーソン監督の文学趣味が出ている

 

◉『リコリス・ピザ』
観ましたが、今私は爽やかな風に当たってる。

男が(必ず)通る、大人の女性への憧憬。
洒落たイタリアンを予約し、柄になく向日葵の花を買い、
タバコの使いぱしりを引き受け、好きだという東野圭吾を読み漁った。
私の結果はビターだったが、だからベターな今の私が生まれたと思う。

 

◉『リコリス・ピザ』
面白かった。15歳のガキと大人の男たち
(といってもやはりガキのようなのもいる)の間で揺れる25歳女。

考えたら25歳って、子どもと大人両方の気持ちがわかる、
中途半端な年頃だった気がするなあ。
70年代にタイムスリップしたようで楽しかった。特に音楽最高♪

 

◉『リコリス・ピザ』
観た。
10歳離れた男女の不器用な青春が愛らしい映画だった。
何度も劇場で笑いが起きててほっこり。

あちこち頭をぶつけながら、何度も失敗して恥描いて期待を裏切られたことで、
自分にとって大事なものや大切な人の存在に改めて気付くものだよね、往々にして。

 

◉『リコリス・ピザ』
何度何度も間違って
それでもまた走り寄って間違って…
そんな間違いを繰り返す彼らを見てると
呆れたり、喧嘩したり、見放したりしても
相手に向かって走り出したくなるような恋って
なんかいいなぁ…
って小っ恥ずかしい感想が出てきちゃいますね。

 

◉『リコリス・ピザ』
ブラッドリー・クーパーが躍動してた。
妙な緊張感が走るというか一瞬で場を制圧されてる感が凄い。

あそこだけ漂う不穏な空気感が「パルプ・フィクション」の
ハンバーガーとシェイクをせがむとこみたいだった。
でも、アメリカならこんなやつどっかにいるんじゃと思わせるキャラだった笑

あと途中、ショーン・ペンの顔が完全に逝っちゃってる時があって
役者ってすげえなって思いました。

◉『リコリス・ピザ』
何ととりとめもない映画か。
だけど、考えてみれば人生だってとりとめもない。

平凡な人生にも、ごくたまに名シーンが訪れて、
心の中ではサウンドトラックが流れたりする。
だから、「リコリス・ピザ」は正しい。傑作です。

 

◉『リコリス・ピザ』
70sBGMに彩られた"掛け違い系"青春恋愛映画の傑作。
ボーイミーツガールな青春は走ってなんぼ。
互いの気持ちが頂点に達した時、若者は走り出します。

35mmフィルムの質感と70年代の情感は相性最高。
ラストは『カップルズ』みたいでエモエモ。
俳優としてのアラナ・ハイムも良い!

 

◉『リコリス・ピザ』
もう2回くらい見る。見る度に良くなる映画だと思う。
どういう作りかわかったから、あとは気楽に観れるね。
インヒアレント・ヴァイスと同じ。

 

◉『リコリス・ピザ』
とにかくライティングが綺麗で、どのシーンも愛おしい。
最初の電話のシーンよかった。

 

◉『リコリス・ピザ』
可笑しなシーンがいくつかあるし、主演の2人も奇妙な魅力はあるのだけど、
2人の関係がしっくり来ませんでした。

 

◉『リコリス・ピザ』
ハチャメチャしてるブラッドリー・クーパーが最高。
ショーン・ペン叔父貴も楽しそうだった。
クーパー・ホフマンはデビュー作とは思えない堂々っぷり。さすが名優の息子。

ノスタルジックで想像してたPTA作品とは思えない可愛らしい映画でしたが、
残念ながらnot for meな一本でした。

 

◉『リコリス・ピザ』
ムカつく客(ブラッドリー・クーパー)のフェラーリを主人公が
ボコすというシーンがあるんだが、全然笑えないし、
笑い話として流されてるのも全然納得いかねーってなってほんとに駄目だった。

 

◉『リコリス・ピザ』
という映画を観ました。

めんどくせーカップルのうざってーイチャイチャだのしょーもねー痴話喧嘩を
延々ダラダラ見せられるんだけど、不思議に笑えるところが多くて、ちょっと楽しかった。
でもやっぱりすげー面倒くさかった…
地味にすげー俳優がコソッと出てるのもウケるw

 

◉『リコリス・ピザ』
走って走って走り抜ける!ぶつかる!ハグする!
そんな二人に胸が張り裂けそうです。なんて愛しい映画!!

 

◉『リコリス・ピザ』
観てきました。
ああ、PTA監督作品だ!と思うシーン満載で胸がいっぱい。
主演のふたりは文句なしにキュートだけれど、
一番ときめいたのはショーン・ペンとトム・ウェイツの共演。
そして更なる怪演のブラッドリー・クーパー。
音楽もグッド。満腹満足。

 

◉『リコリス・ピザ』
1970年代のちょっとモッタリした時代が人に優しさを与えているように見えました

 

◉『リコリス・ピザ』
観てきた。
ゲイリー役のクーパー・ホフマンは、フィリップ・シーモア・ホフマンの息子さん。
70年代の雰囲気が好き。
本日より公開!
良い映画ですよー!!

 

◉『リコリス・ピザ』
ハリエット・ハリス、ショーン・ペン、トム・ウェイツといった
ベテラン勢が自分の役割を理解した手堅い顔芸を見せる中、
全身使って一人だけほかの競技してるブラッドリー・クーパー大好き

 

◉『リコリス・ピザ』
15歳男子に求愛された28歳女性が紆余曲折あって
結ばれるという筋書きだが、主人公ふたりともモテキャラなので、
正直どうにでもなるやろ感が出てしまってるのと、
70年代風俗に特に魅力を感じなかったところ。

 

◉『リコリス・ピザ』
観た。

友達若しくは姉弟以上、恋人未満の年の差カップルが
ユニークなエピソードの数々を経てくっ付いたり突き放したりを繰り返す青春ドラマ。
予告が余りに眩しく本当にPTAの映画か?と訝しんだが
二人の意地の張り合い、マウント取りの様相はまさしくPTA映画でした。

 

◉『リコリス・ピザ』
観てきた。
ポスターや予告観てなんとなく想像してた恋愛映画とは全然違くて
(だと思ってたが)、ポール・トーマス・アンダーソン監督はやっぱりセンスのかたまりだった。
映画オタクが好きな映画だ〜と思った。
理解できなかったところ何か所かあったんでぜひもう一回観に行きたい。

 

◉『リコリス・ピザ』
チョイ役の俳優が豪華。
でも、ポール・トーマス・アンダーソン監督、どうもよくわからない。
年の差恋愛が受け入れ難いのか?
日本人感も謎。
ドアーズの曲が流れたのはよかった。

 

◉『リコリス・ピザ』
冒頭、スプリンクラーをバックにアラナ・ハイムが歩いていく、
ただそれだけなのに甘美なシーンから流れるようなショットの連鎖が最後まで続く。
ショットとは何か?と考える前にまずは「リコリス・ピザ」を観るべきだと思う。
トラックのバック走行シーン、素晴らしすぎた…

 

◉『リコリス・ピザ』
PTAの画だね ハイム三女きた 15歳?
ハイム姉もきた 全ハイムきた 起業? LAPDよぉ よい走り
照明美麗 ショーン・ペンw ウェイツw 『甘い生活』? 火星の生活!
ブラッドリークーパーw 坂危ね クーパーwwwwwwwww 起業?
マシュー泣 何このド直球 涙出た 夏に観られてよかった

 

◉『リコリス・ピザ』
最早、巨匠の風格のPTA。
予想を上回る勢いの甘酸っぱさとダラダラぶりに当惑させておいて、
ジョンピーターズの件以降のギアの入り方が引き立つことったら。
選曲のヒネくれ方も含め、裏切らん人ですなあ。

 

◉『リコリス・ピザ』
ゲイリーとアラナ、二人ともどこにでも居そうな佇まいなのにセリフ回しや
何気ない仕草がマジックを生んでいる場面が幾つもあり、"平凡で非凡"な青春劇を楽しめた。

 

◉『リコリス・ピザ』
多幸感溢れる、後味の良い映画だった。
色々思うところもあるけど、PTAにはもっとこういうを映画撮ってもらいたいね。
できれば90分で。

人とあれが良いこれが良いって話すのが楽しい作品だと思う

 

◉『リコリス・ピザ』
を観ました。
さいっこーー!わたくしも走りたくなったー。

サプライズがあって、ほんと、サプライジンクだった😇
みんなも観るといいよ!!

 

◉『リコリス・ピザ』
クーパー・ホフマンの演技の所作に父親が見える瞬間が随所にありウルっとした。
PTAが盟友フィリップ・S・ホフマンを新しい形で蘇らせた映画と思えて、それだけで泣ける。

 

◉『リコリス・ピザ』
楽しかった〜!✨

ゲイリーのバイタリティとアラナの胆力、
爽快でめっちゃ気持ちいいです。

なんだかんだで惹かれあっていく描写が素晴らしい。
2人の疾走シーンに沸き起こる謎の感動!!

 

◉『リコリス・ピザ』
を観に来ました🐈📽

新作映画のフライヤーも何枚か回収♪

最近重い心境に陥る映画が、ちょいとしんどい^^;
興味は一番あるのだけどね。

 

◉『リコリス・ピザ』
自身の生き方に萎え諦観を纏うアラナは生意気で自信家、
成功を信じて疑わないが非常に危なっかしい光属性の塊みたいな少年ゲイリーに
どうしようもなく惹かれ、いつしか彼に引っ張られていくが
その危うさを見かねてつい人生の先輩マウントを取ってしまう。

 

◉『リコリス・ピザ』
初見よりシンプルな映画に感じた。
無論、傑作!素晴らし過ぎる。

 

◉『リコリス・ピザ』
観た!
イタくて甘くてモーレツに愛さずにいられない!
1973年のサンフェルナンド・バレーなんて知る訳ないのに、
なぜこんなに惹かれるんだろう…。
ラストシークエンスの編集ずるい!!好きすぎる!!

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 54 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入