映画『とんび』


【2022年4月8日公開,139分】

5
Rated 5 out of 5
5段階評価中 ★5つ(2レビュー)
最高!是非観て欲しい!100%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】瀬々敬久【原作】重松清【脚本】港岳彦【主題歌】ゆず

【キャスト】

市川安男 阿部寛
市川旭 北村匠海
由美
照雲 安田顕
幸恵 大島優子
広沢 濱田岳
尾藤社長 宇梶剛士
萩本 尾美としのり
葛原 吉岡睦雄
トクさん 宇野祥平
泰子 木竜麻生
健介 井之脇海
美月 田辺桃子
島野昭之 田中哲司
編集長 豊原功補
出版社守衛 嶋田久作
村田 村上淳
海雲 麿赤兒
美佐子 麻生久美子
たえ子 薬師丸ひろ子

「ナイフ」、「エイジ」などで知られる作家、重松清の小説を映画化。『護られなかった者たちへ』の阿部寛、『東京リベンジャーズ』の北村匠海が共演する。『64-ロクヨン-』、『糸』の瀬々敬久が監督を務め、『あゝ、荒野』の港岳彦が脚本を手掛ける。また、主題歌を2022年でデビュー25周年を迎えるゆずが担当する。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

瀬戸内海沿岸の町で運送業者として働くヤス。彼は妻の美佐子との間に息子、アキラを授かり幸せの絶頂にいた。しかし、美佐子は事故でこの世を去り、ヤスは息子のアキラと2人きりで生活を始めることに。ヤスは自らを責め続ける日々を送りながらも、仲間たちからの助けを受けアキラと向き合っていく。そんななか、ヤスは母の死の真相を知りたがったアキラに、大きな嘘をついてしまう。

『とんび』を観た人の感想、評価、口コミ

Rated 5 out of 5
04/09/2022

小説を読んだことがあるので内容は知っていたのですが、演技派の俳優さんばかりだったので見応えありました。正直、北村匠海が出ていなければ見ていないジャンルの映画だったけど、今の子育て世代にも響く言葉がたくさんあるいい映画でした。映画館で見てよかったです。

べる
Rated 5 out of 5
04/09/2022

映画を見た全ての人が優しい気持ちになれます

くま

 

◉『とんび』
めちゃよかった。
さすがベストセラー作品&仕事の途切れない瀬々監督。
主演の阿部寛は今年度の映画を賞獲りまくるだろうな。何度も涙腺が…。

 

◉『とんび』
見に行ってきました🙂

原作を読んで泣いて、映画でも泣いて、
少し笑える所もあったり、涙無しでは見れない映画です😭
ヤスのアキラへの素直に表現できない不器用さ、でもそれが良いところでもあり🙂
親子で見て欲しい映画でした😍

 

◉『とんび』
阿部ちゃんカッコ良すぎたし、ヤスケンの演技もめちゃくちゃ刺さる😭😭
2時間ずっと泣きっぱなしでした。今日から公開なので、
とにかくみんな観に行ってくれ……ティッシュだけは忘れずにな……

 

◉『とんび』を観た。
ハンカチなしにはみられない…
最後は自分の親に会いたくなって号泣してしまった😭

 

◉『とんび』を観てきました!
重松清さんの原作、ドラマ版は観ていない状態の初とんびでした。
1つ前に観た「余命10年」も感動でしたが
こちらの「とんび」も感動でした。
温かい涙が流れます。

時は昭和37年。日本一不器用な男・ヤスは愛する妻の美佐子の妊娠に上手く喜びを表せない。
幼い頃に両親と離別したヤスにとっての家族。
アキラと名付けた息子のために運送業者で働くヤスだったが妻が事故死してしまう。
母親がなぜ死んでしまったのかわからないまま大人になっていくアキラ。
悲しみに沈むヤスだったが人情に厚い町の人々に支えられてアキラを育てていく。

破天荒なヤスを演じる阿部寛さんは品のある大人の印象があって
雰囲気合うかなと思っていたけどすごく合っていました。
阿部さんの演技すごかった…。

ヤスを支える友達の照雲を演じる安田顕さんも
その妻の幸恵を演じる大島優子さんも最高でした。

アキラを演じる北村匠海さんが色々な年代のアキラを演じていて
難しい役ですが表情豊かに演じていたのが良かったです。

家族が家族を繋いでいく進み方もよくて最初から最後まで良かったです。
主題歌のゆず「風信子」もとんびの世界観にピッタリでした。
これからドラマ版や原作もチェックしようと思います。大満足です。

 

◉『とんび』
ぼ原作通りだったので、私の頭の中でのイメージが崩れずに良かったです☺️

始まってすぐからもう涙がポロポロ、そしてラストはもうボロボロ😭

薬師丸ひろ子さんの役どころがとてもハマっているなぁと思いました🍀

 

◉『とんび』
なんか見たことあるストーリーだなぁと思ってたら…
2度もテレビドラマ化されてたんですね📺️
でも、でも泣けました😢

不器用だけど愛情いっぱいの父親ヤスが素敵でした✨

◉『とんび』を観てきました。
こういう映画を観るのは結構久しぶりな感じ。
ハンカチなしではみられないほど何度も何度も泣いてしまいました。😭
そして両親に会いたくなってしまいました。

 

◉『とんび』
超感動!⁡
⁡⁡
⁡小説も読んだし⁡
⁡ドラマも観たはず⁡⁡なのに⁡⁡
⁡始まってから号泣 号泣
⁡号泣しすぎて頭痛がするー⁡
⁡⁡⁡⁡
⁡お父さん⁡
⁡東京に行かせてくれて⁡
⁡心から感謝しています。⁡
⁡⁡⁡⁡
⁡息子が大阪に行っちゃってから⁡
⁡もう1年経つのか⁡
⁡⁡⁡⁡
⁡ヤスの気持ちがよく分かるわ⁡⁡
⁡名作は素晴らしい⁡

 

◉『とんび』
始まって間も無くから最後会場を出るまで泣けるシーンばっかりだった😭
泣いていない時は、クスッと笑えるシーン。
2時間半の間、泣くか😭笑うか😄だった(笑)

彼は幸せだったのだろうか?
と言う問いかけに私なら、
「幸せだったでしょう」と答えよう。

終盤に向かうほど、先が予測出来てしまい、その通りに進んで行った。
しかし自分も一緒に進めているような安心感がありむしろ心地よかった。

どの役者も欠かせない。
とても上手いと思った。

相変わらず阿部寛の滑舌は悪い(笑)
DCUの最終回では、大事なシーンの台詞が、
「殺したんだ」なのか「殺して無いんだ」なのか何度リプレイしても聞き取れなかった(笑)
しかし、今日の役柄にはそれも合っていた気がする。

滑舌は悪くても阿部ちゃんの出ている作品はドラマでも映画ども、いつも好きだ♥️
濃すぎるほどのイケメンなのに、なぜかイケメンに見えない阿部ちゃん(笑)
背が高くガタイが良いことで今日のような役柄でも見映えてしまう。
さすがです。

是非観て下さい。
ハンカチ2枚持ってね(笑)

 

◉『とんび』観て来ました🎬
泣いて…笑って…
ジェットコースターのように感情が
揺さぶられました😅💦
感動〜💗

 

◉『とんび』
時代が変わっても、関係が複雑になっても通底する家族やコミニティーの絆を描いた人情ドラマ。
ベタだが温かい気持ちになれるのも事実。男だらけの古くさい話の中で、
前衛的な女性の生き方も肯定。意外と「お母さん」が1番刺さる気がする。

 

◉『とんび』
さっそく観て来ました✨

阿部寛さんの演技がキラリとひかる
温かい映画でした

ゆずの主題歌 風信子も映画館で聴くと
また一段と良かった〜♡

 

◉『とんび』
ご存じ重松清のベストセラーの映画化。
父と子の揺るぎない絆を丁寧に描いた王道の人情ドラマで、とても良かった❗
阿部さんのスゴい熱量、それをしっかり受け止める匠海くん。
脇の俳優陣も皆よく、こんな人たちに囲まれて暮らしてみたいなと思ったり。

 

◉『とんび』
観させてもらいましたが、
すごく感動する映画でいろんな人に観てほしい‼️って思った映画です🎬
不器用な人間が成長して行く姿に感動した‼️

 

◉『とんび』
終始ウルウルで親の愛を感じる作品だった😭😭😭
個人的には満点の映画だったわー泣きすぎて頭痛い。

 

◉『とんび』
直木賞作家・重松清のベストセラー小説を、
阿部寛と北村匠海の共演で瀬々敬久監督がオリジナルエピソードを交えながら
実写映画化した本作は、幾度途切れても必ず繋がる、
いつの世も変わることのない親子の不滅の絆を感動的に描き出す。

 

◉『とんび』
息子を授かり幸せに暮らしていたヤス(阿部寛)。
しかし事故で妻を亡くし、不器用なヤスは周囲の力を借りながらアキラを育てていく、
いつの時代も変わることのない父子の姿を描いた家族ドラマ。

原作も読んでないし、テレビドラマも観てないが大体想像はつく。
昭和の頑固おやじ、まわりのお節介、人情の厚い人達。思ったより良かったです。
安田顕、薬師丸ひろ子の演技が作品をより良くしますね
観客は年配者ばかりでした。

 

◉『とんび』
早速行ってきた✨

昭和の豪快で少々荒い
とーちゃんパワー炸裂
不器用だけど心は温かい
近所の人も親身になってくれる
阿部さんのとーちゃんが最高で
泣き笑い 忙しいわー
大好きな瀬戸内の海が眩しかったな✨

 

◉『とんび』
世代的にはハマってもおかしくないし、親として似たような経験もしてるのだけど、
この手の人情ドラマが苦手なのかもしれない。
育児や子離れに苦労した身としてはヤスの周辺の温かさにジェラシー感じたのかも。映画に罪はない。

 

◉『とんび』鑑賞
親子や仲間のとても温かい絆に感動した

瀬々監督とプロの役者さん達なので、予想通りの素敵な作品
前半から既にすすり泣くような声が何度か聴こえたので、世間の評価は高そう

阿部寛は、やはり瀬々監督の映画に合うなぁ
豪快で愛のある父親は阿部さんにピッタリだけど、何気に初めて見た気がして新鮮だった

ティーン向け映画の主人公のイメージが強い北村匠海が
このような渋い名作(の予感)で演じるのも珍しい

新しいお二人が、お二人の温かい親子の関係が見られて嬉しい

豪華スタッフ&キャストだから、配給がKADOKAWAとイオンなのが意外だったw
実は普通に東宝や松竹と同じぐらい大手だったりするのかな?

9年前に日曜劇場で内野聖陽主演でやっていたらしいので
先にそっちから観ようか、原作を読んでから行くか、色々と迷ったw

 

◉『とんび』
人情物というベタな題材に加え、
登場人物が驚きのあまり口からものを吐き出すという噴飯もののベタな描写が2回、
『駅 STATION』のベタなオマージュ...ほか
ベタベタを受入れる度量のある人向けの映画。

 

◉『とんび』
父子の感動の物語。
原作本も最初から最後まで感動の連続でした。涙腺崩壊!

 

◉『とんび』を観に行きました‼︎
2013年のドラマでもやってましたが、
今回は阿部寛(ヤス)と北村匠海(アキラ)の共演で実写映画化。
ヤスとアキラの親子愛の物語でもあります‼︎
ドラマ版も良かったし、
映画もキャストも良く
とても良い作品だったと思います‼︎

 

◉『とんび』に行って来た〜
親子愛、家族愛に感動で所々で涙😭久しぶりに号泣です😂
末っ子はママ泣き過ぎと大爆笑してました🤣

 

◉『とんび』を観てきた。
昭和の時代の親子愛を描いた心温まる良い映画だった!
自身を持って人に勧められる映画だと思う👍おすすめです❣

 

◉『とんび』
昭和の男性の生き様を描いた感動作品でした。
人生に節目に悲しみが訪れ、涙が止まらないストーリーでしたが、
所かしこで笑いを混ぜた昭和の演出はとても滑稽でした。
親持つ子の思いがうまく表現されており、親子で見てもよい作品です。

 

◉『とんび』行ってきました!!
最初からひたすら泣いてたけど、
途中思わず吹き出して笑ってしまうシーンもあったりで、泣きならが笑ってました。
時代を...

 

◉『とんび』
とってもとっても良い物語でした✧︎*。 皆さんすごく素敵でした✧︎*。

 

◉『とんび』観てきました。

深い深い愛。

マスクの替えを持っていて良かった……
涙でグショグショ。

場所は違うけど、親父が生まれ育った鹿児島の海を思い出しました。
そして、このあと、息子を強く抱きしめようと思います^ ^

 

◉『とんび』
破天荒な父という触れ込みのヤスが旭が中学時代まで
真っ当なくらいに良い父親しているのが予想外で驚いたが、
そこから歳取って頑固になり、息子可愛さに面倒臭くなっていくのが何とも。
しょうもないが阿部ちゃんが滲み出す愛嬌で良い感じに

まあもうベタベタに人情モノですが、
登場人物皆が気持ち良いくらいに想いやっている世界を構築して、
ちょっとかいま見せる人間臭いとこをユーモアとしてフフフとさせてくるんだから手堅く良い作品ですよ。
ヤスケンの頼れる叔父さん感もイイ

スポンサーリンク

 

◉『とんび』
親子での銭湯入浴シーンでの阿部寛の衰えを知らない肉体に惚れ惚れしたよ!
感動した(そこじゃないだろw)

 

◉『とんび』
お母さんと見てきました!
久しぶりに映画館で号泣。
親子で見れてよかったと感じる素敵な愛の物語でした。
ぜひ多くの人に見てほしい😭😭😭

 

◉『とんび』
とても素敵な映画だった。
不器用だけれど、不器用ながらの愛の大きさがすごく伝わってきて、
その愛の大きさをちゃんと理解できるのってきっと大人になってからも時間がかかるんだろうなって。
父と子、その2人の周りに在るたくさんの愛に涙が止まりませんでした

 

◉『とんび』鑑賞。
親というものは、子供のことを本当に思っているのだなあと感じる。
父親は頑固だけど、わかりやすいなー。いい話だったよ。

 

◉『とんび』
阿部寛効果なのか分からないけど、年齢層高すぎてびっくり😲
匠海くんでてきてもない開始1/3くらいで既に涙でやばかった😭笑
笑えるポイントもあって、泣いて笑ってでほんとよかった!

 

◉『とんび』
やっぱ好きなんだよ、とんび。
素敵な映画でございました。
阿部さん演じるヤスと安田さん演じる照雲さんが
涙してると私ももらい泣きしてしまう。
上演中、何度泣いたことか😭
春に相応しい、心温まる時間でした🌸

 

◉『とんび』
北村匠海 演技がすごすぎた✨
阿部寛さんより、北村匠海くんの演技力がすごすぎた。表情とか。
しかし、最初から最後も涙が止まらなかった😭
いい作品ね。実話に近いんかな。とんびが鷹を生んだお話

 

◉『とんび』
北村匠海くん、安田顕さん、薬師丸ひろ子さん他、
登場人物たちも個性爆発していて本当に愛おしく。

特に私的には麿赤兒さんの海岸でのひと言がズドーンと胸に響きました!
気になっている方は是非観てほしいです!
ド王道!
故にごまかしが効かない!
ド直球で涙腺に届く作品。
是非!

 

---------------------------------

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 633 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入