映画番付

【映画番付】『探偵はBARにいる』の感想・評価

投稿日:

「一昔前の映画の雰囲気と音楽が最高に心地よかった」「大泉洋と松田龍平のコンビも◎」

 

tanteihabarniiru(2011年9月10日(土)公開)

北海道を舞台にした東直己の小説「ススキノ探偵」シリーズ2作目「バーにかかってきた電話」を、『相棒』で多くのエピソードを演出した橋本一監督で映画化。ご当地出身の大泉洋が、酒好きで美女に弱い探偵に扮し、相棒役の松田龍平と息の合った掛け合いを展開する。スタントなしのアクションシーンも見どころだ。

 

 

2016年5月現在。最近は大泉洋ばっかりを見ています。

今回はシリーズ化もされている「探偵はBARにいる」を見ました。
前回見た「ぶどうのなみだ」と同様、舞台は北海道。しかし今回は日本最大級の歓楽街「札幌・ススキノ」を舞台としている作品です。

スポンサーリンク

 

個人的にこの作品は雰囲気と音楽。特に音楽にやられてしまいましたね!
一昔前の映画の雰囲気と音楽が最高に心地よかったです。
気になって調べてみたら、音楽は池頼広さんでした。それにしても池さんは色んな音楽を手掛けていますね。凄い。

 

正直ストーリーは特にガツンとは来ませんでした。なのでやはりこの作品は雰囲気を楽しむのがいいのではないでしょうか?

大泉洋と松田龍平のコンビも良かったので、引き続き「2」も観てみたいと思います!

 

68点/100点満点中

※MJに「是非、この映画を評価して欲しい!」という作品がある方はメールよりお気軽に送って下さい♪

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

-映画番付
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2019 AllRights Reserved.