ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『MINAMATAーミナマター』の感想評価評判

投稿日:

「ジョニー・デップの思いが伝わってくる!」「日本人なのにきちんと知らなすぎて恥ずかしいなと思った!」「重い気持ちにはなったが良い映画!多くの人に観て欲しい!」


【2021年9月23日公開,115分】

 

世界的写真家ユージン・スミスが遺した写真集を原案に、ジョニー・デップが製作・主演を兼任し映画化。1971年、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれたユージンは、冷静にシャッターを切り続けるが……。共演は「モータルコンバット」の真田広之、「ミッドウェイ」の國村隼。音楽を「ラストエンペラー」の坂本龍一が担当する。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1971年、ニューヨーク。アメリカを代表するフォトジャーナリスト、ユージン・スミス(ジョニー・デップ)は、現在は酒に溺れ荒んだ生活を送る日々。ある日、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀に冒され歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側……。そんな光景に驚きながらも、ユージンは冷静にシャッターを切り続ける。しかし、ある事がきっかけで彼自身も危険な反撃に遭ってしまう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮ることに成功する……。

●キャスト●

W・ユージン・スミス ジョニー・デップ
ヤマザキ・ミツオ 真田広之
アイリーン 美波
ノジマ・ジュンイチ 國村隼
キヨシ 加瀬亮
マツムラ・タツオ 浅野忠信
マツムラ・マサコ 岩瀬晶子
ロバート・"ボブ"・ヘイズ ビル・ナイ

●スタッフ●

監督 アンドリュー・レヴィタス
脚本 デヴィッド・ケスラー
音楽 坂本龍一

映画『MINAMATAーミナマター』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『MINAMATAーミナマター』
本気のジョニー・デップが半端ない。

自ら製作を志願したジョニデの心意気に、ス
タッフも真田広之/浅野忠信/國村隼/ビル・ナイら役者も100%超の出力で応え、
辛酸舐める水俣の人々とユージン・スミスの生き様とに寄り添う
坂本龍一楽曲が抜群に利く、全方位高次元の珠玉作。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
公害を知る教育的に良い映画です。
ジョニーデップは役に溶けながらも教授の音楽に重ねながら
市民と工場との対立といった娯楽性があり、
悲惨な伝染病を知るいい機会になるように作られている。

 

◉『MINAMATAーミナマター』を鑑賞っ~♪
伝説の写真家ユージン・スミス…
己の魂を削って撮影した写真は瞳の奥に映る真実を捉えていた…

 

◉『MINAMATAーミナマター』鑑賞。
公害病に苦しむ人々と彼らの看護に追われる人々、過ちを認めない企業への憤りの日々。
それらを写真に収めて世に伝えることが、どれほど意義のあることか改めて思い知った。
苦難に見舞われながらも写真を撮り続けたユージン・スミスに敬意を表したい。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
主役の米国人カメラマンが、
1945年沖縄戦従軍撮影以来26年ぶりに1971年に水俣市を訪問するという場面での、
遠景空撮での不知火海沿いを列車(それも真っ白)走行シーンなので、唯一の興ざめ点でした。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
配給はロングライド、アルバトロス・フィルム。
ジョニー・デップ主演。

日本のムラ社会の外部で制作されていて良かった。

『Fukushima 50』みたいな映画じゃなくて本当に良かった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
事実から脚色された所はあるにしても、とても真摯に作られている印象。
映像、音楽共に美しく、日本の俳優陣も皆素晴らしかった。

これが海外での製作いうことが、
日本では未だ現在進行形の問題であり「戦いはまだ終わってない」ことを示している。

エンドロールも必見。

デップが日本の俳優陣と共演してるのを見るだけで、
なんかテンション上がったのは自分はだけでしょうか。
わー浅野くんがデップにウイスキーを!とか。たわいのないシーンに反応してた笑
美波嬢に目で制されると従っちゃうところも可愛かった。

◉『MINAMATAーミナマター』
ユージン・スミスさんが何個も首からカメラを掛けて撮っていたのが印象的。
ビル・ナイさんの演技も良かった。
あまりにもぼーっと生きてるので2013年の首相がピンとこなくて映画観賞後調べた。
日本や世界の公害の影響を知ってるはずなのになぜ…
ジョニー・デップさんのことを考えると複雑な気持ちになる。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
ユージン・スミスも取り上げられた写真集「MINAMATA」も知っているが、
本作は、どのような経緯でどのように撮影されたのかを、
多少フィクションが入り交じっていたとしても、彼の思いが強く伝わってくる。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
ジョニー・デップのDV報道、真田広之の監修ボランティア、日本ロケほぼ無し、
割と大胆な脚色、等々あまりよい前情報がなかったが中身は力作だった。
客観性や外っ面ではなく魂で撮り、
伝えるんだというユージン・スミスの信念が作品の存在にも重なる

ただ『MINAMATAーミナマター』という邦題のカタカナ表記がーー。
ヒロシマとかフクシマとか、
世界の知ることととなった地名表記だという意味合いはあるんだろうけど、
たしか劇中のクレジットはMINAMATA-水俣だったよね?
それならそのまま漢字でいいのでは、というのは気になった

 

◉『MINAMATAーミナマター』
水俣病など公害訴訟闘争は過去の事と感じていた自分を恥じる。
今に続く世界で切り捨てられた人々へ寄り添う不撓不屈
アイリーンさんの思慮深さと支え。破滅的だった写真ジャーナリストが甦える。
写真に命を吹き込んでいく気迫。一枚の写真に魂宿る、世界を変える

 

◉『MINAMATAーミナマター』
J.デップが演じる当初のユージンには、
社会の不正に立ち向かいたい写真家の正義と、
場違いな所へ来てしまって気遅れする小心が去来し妙にリアリティを感じた。

暴いてもなおシラを切られる現代社会の無力感に一石を投じる威力。
写真の見せ方、坂本龍一の劇伴も魅力大。

 

◉『MINAMATAーミナマター』鑑賞。
ジョニー・デップさんの名演が染み入る。
そして実際の光景も交えた映像には胸が苦しくなりました😰
ただ、内容としては水俣病へのアプローチやユージンの再起を描くにはボリューム不足な感じもします。
多すぎる静寂も魅せる役割として逆効果に💦
🎥ランクC

様々な人が登場するものの、ユージンにフォーカスを当て過ぎた物語が
嫌に話のスケールをこじんまりしたものに見せる。😥
その証拠に、あれだけ多くの人が登場したにも関わらず
誰がどんな役割を果たしていたかを具体的に説明できる人がほとんどいない。😞

そして、チッソの内情や住民の対立ももう少し描いてほしかった。
そこが大切なはずなのに、その部分が疎かになる事で
住民の「怒り」と企業の「闇」を描き損ねるのはもったいないと感じてしまう。。。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
教科書程度の知識しかないのに、加瀬亮さんとジョニー・デップが
共演しているからという軽い気持ちで臨んでしまった。考えさせられた。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
クレジットを見てハッとしたくらい ジョニデを感じないまま観ていた。

日本の俳優さんも、坂本教授の音楽もよかった。

これが実話だということを重く受け止めなくてはならない。まだ続いている…

そしてフィルム写真🎞で現像 またしたくなった。
手間かかるが あの感動はない。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
ユージン・スミスのフィルターを通した「ミナマタ」。
ジョニー・デップが力を入れたのがわかる。

アカデミー賞取ってもおかしくないが、ちょっと難しいかもしれない。
真田広之が助演取ったらサニー千葉も浮かばれるだろう。
出だしがロック調でNYの感じから水俣へ。

スポンサーリンク

日本だとこういう映画はシリアスに暗くなりがちだが、
最初はエネルギッシュなユージン・スミスを見せる。
そして、水俣での写真の難しさ。
水俣に行ったのを沖縄の記憶があったからでそのへんの動機づけも描いている。
水俣の悲惨な写真よりは母親が娘を風呂に入れる写真
そのへんが上手い。

あとラストは日本の問題だけではなく世界的に公害反対運動に結びつけているのもいい。
日本だけの閉じられた話ではない。
そして、今現在も各地で起きている住民運動に力を与える映画になっている。

 

◉映画『MINAMATAーミナマター』観てきました。
いや~、この映画ですね、ジョニー・デップのミ―ハ―なファンであることも含め(笑)
九州人の私としては色々と思い入れがあって、絶対に観たいと思っていました。

その~、この映画って題材が題材じゃないですか。(歯切れ悪いな)
私はドキュメンタリー映画がちょっと苦手なんですよね。

この映画は「史実に基づいた物語」と映画の冒頭で出ていたので、
どんなト―ンで描かれているんだろうと一抹の不安はありました。

何と言っても石牟礼道子さんの『苦海浄土』が衝撃的すぎたので。
ハリウッド映画で水俣だよ?でも観たらまあ、想定内の描き方で、
物凄い衝撃作でもなければ、悪くもないかな、という感じ。

映画の最後の締め方もアメリカ映画っぽかった。
水俣市での先行上映の際に水俣市が後援を拒否したと新聞記事で読んだけど、
それもまた色々考えさせられます。

今の水俣に当時の雰囲気で撮影できるところもなかったのでしょうか、
セルビアでロケを行ったとのことですが、ちょっと突っ込み所はありました(笑)。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
日本人が作るべき題材。
知るべき作品。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
日本の水俣病の話です。
日本人として勉強不足でした。
忠実に再現した映画との事で、あんまりにも酷いな!と思う話でした。
ジョニーが演じたい意思も伝わってとても見入った作品でした。
もし機会があれば是非皆さまも観て欲しいです。
ジョニーはやはり愛が強くて優しい。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
彼は水俣病患者とその家族の姿を彼らの日常に寄り添って撮っていた。
今も水俣病に苦しむ人々がいて、世界には様々な公害に苦しむ人々がいる。
この映画で描かれている事は今もなお続いていることを忘れてはいけない。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
考えさせられる映画だった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
奇抜なメイクや濃いキャラじゃないジョニーデップも好きだから。
重い内容なのは分かっていたけど、見てよかった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
ジョニデが演じるユージン・スミスがカッコ良くて泣きそうになる。
ハリウッドでも活躍している俳優が熊本弁を話すのも新鮮で、英語を話すのもナチュラル。
撮る者の魂の一部を奪う写真は、観る者の魂をも揺らすのだな。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
教科書で見た写真はこうやって撮られていたのか…
ジョニーデップやっぱりいい。日本の俳優さんたちがいい。

皆に観てもらいたい。

 

◉映画『MINAMATAーミナマター』を見てきました。
これは絶対に観たほうが良い。

水俣病を世界に知らしめたアメリカ人写真家W
•ユージン•スミスと妻アイリーン•美緒子•スミス、
水俣病を引き起こした会社チッソと闘う人々の姿が描かれています。

主演はジョニー・デップ、
共演に真田広之、加瀬亮、美波、浅野忠信、國村隼など豪華です。

写真を通して真実を伝えたユージン。
彼を突き動かしたものは何だったのか。
ジャーナリズムとは何なのか。感動しました。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
主役のJ・デップと日本人キャストたちのアンサンブル演技のバランスに、
違和感を感じずに鑑賞出来た部分が、満足度を高めた要因だと思った。
何より日本が舞台の外国資本で製作された映画は、
今迄数々の勘違い描写日本が多かったけど、それが殆ど感じられなかった事

 

◉『MINAMATAーミナマター』鑑賞。
⁡水俣病を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスの闘い。

国内だけでだと隠蔽されて泣き寝入りのところを、
ユージンの写真で世界中に知らしめたことで勝利するが、
結局その後もその勝利が続くかが問題よね。

現に水俣病は解決したとは言えないわけだし。

怒り、悲しみ、苦しみと色んな気持ちがごっちゃになりながら泣きました😭
⁡重い気持ちにはなりましたが良い映画だったし、多くの人に観て欲しいと思った!

 

◉『MINAMATAーミナマター』
1971年、NYの写真家ユージン・スミスは水俣へ向かう

工場排水による海水汚染が引き起こした公害「水俣病」がテーマ
日本人なら誰もが知っている公害だけど、
今まで映画になったことはあるのだろうか?(自分は記憶にない)

映画の最後に「いまだに苦しむ人々がいる」とあって衝撃
50年前のことなら、存命の方もたくさんいらっしゃるだろうことに
今まで思い至っていなかった自分が恥ずかしい
これは必見です
多くの日本人に、いや世界中の人々に観て欲しい

ただ、写真家ユージンスミスと水俣の人々、
どちらもバランスよく描こうとしたためか逆にバランスが悪くなった感は否めない
編集の匙加減が難しいとは思うのですが

個人的にはビルナイが結構出番が多くてうれしかった
美波さんも美しい!
浅野くんは出番が少なかったけど、加瀬くんも真田さんもいい仕事されていたと思う
そしてジョニーデップよ
やはりこの人はこのまま消えてしまうのはもったいない、、、とつくづく思う
ハリウッドでは抹殺されそうだけど、何とか生き残る道を模索してほしい

エンドロールに流れるピアノ曲が美しい
音楽は坂本龍一
いや〜教授、やっぱさすがやわ〜
素晴らしい!

 

◉『MINAMATAーミナマター』
朝一の回で鑑賞。
大変素晴らしい作品でした。

主演のジョニー・デップの演技もさることながら、
アンドリュー・レヴィタス監督のアーティストとしての感覚や、
伝えたいという想いが強く感じられ、私は序盤から終始涙が止まりませんでした。
上映後、年配の男性が拍手してましたが、
昨日の初日、別の映画館でも同じように拍手が起きたそうです。

こういう事実があって、
こういう人物がいて、
いまだに完全には終わっていないこと、
これだけではなく世界には同じような問題で
苦しんでいる人がいること、
同じ轍を踏まないためにも、
多くの人に見てもらいたいものです。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
鑑賞終わり涙が止まりません。

報道写真家ユージンスミスが乗り移ったかのようなジョニー!
真実と向き合い目を背けず写真家魂で撮影し続ける姿と
彼の根性に心開いた水俣の人々。闘いは終わらない!

 

◉『MINAMATAーミナマター』
写真家ユージン・スミスを題材にした映画。
音楽が坂本龍一なのが動機で軽い気持ちで観たら
かなり痛みを伴う衝撃的な内容で深い余韻が残る。
滅多に買わないパンフレットなんぞも買ってしまった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』観てきた!
終わって場内が明るくなるまで席を発つ人がいなかったことが、
この作品を表してるかも。
多くの人に観てもらいたい作品。

いい意味でジョニー・デップがジョニー・デップに見えない枯れた演技が渋くて良い!
HBOドラマ『チェルノブイリ』を観たあとも感じたが、
人災による公害は過去のことであっても現在進行系、そして未来にも繋がること。

日本人必見!あと坂本龍一✕キャスリン・ジェンキンスによる
エンディングテーマ曲も美しく素晴らしかった!

 

◉『MINAMATAーミナマター』を鑑賞。
この作品はたくさんの方に観て欲しい。
あたしは見終わった時に、日本人なのにきちんと知らなすぎて恥ずかしいなと思った。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
水俣病、そしてチッソとの闘いを、
写真家ユージンスミスと周囲の視点から描いた映画。

子供の頃は頻繁にニュースで取り上げられた水俣病も、最近は見かけない。

しかし今も数万人が苦しむ。

この映画をきっかけに、水俣病と苦しむ人々、
そして世界中の公害がクローズアップされるきっかけになれば。

素晴らしく、多くの方に観て頂きたい映画だった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』見た。
事前情報通り時代考証やら舞台設定やらで「ん?」というところはあったけど、
変に感動を煽るでもなく、抑制が効いてて良い映画でした。
「日本は水銀による被害を克服した」とのたまった某元首相にも是非観て欲しい。
ジョニー・デップのユージン・スミス役が思った以上にハマり役だった。

 

◉『MINAMATAーミナマター』
人の世をよくしようと思う人々が本気で作った映画。

ジョニー・デップの思いが伝わってくる。
重たいテーマだけに「演者」のオリンピックやー(彦摩呂風)!皆さん金メダル。
浅野さん自然。加瀬さんは姿も精神も昭和の映画から抜けでたよう。

國村さんは恐ろしくすごい立場を背負って(なんも言えない)、美波さんといい、
どの俳優さんもキャスティングが最高。
本当はセルビアモンテネグロじゃなくて水俣でロケしてたらと思うが、複雑。沈黙。

ジョニー・デップの隠しきれない滲み出るユーモアあふれるキュートさはサンタさん認定。
むしろこういう収益関係ない映画を作れるのは神!

坂本龍一さんの音楽もいい。映画のエンドロールの写真等が実際は1番伝えたいメッセージ?この世界から公害がなくなりますように。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 68 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.