コメディ ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『mid90s ミッドナインティーズ』の感想評価評判

投稿日:

「90年代の青春を鮮やかに切り取ったダサかっこいい傑作!」「真っ直ぐな友情やそれぞれの思いに心打たれた!」「友情や、家族愛に溢れた作品!」


上映中【2020年9月4日(金)公開】

 

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などの俳優ジョナ・ヒルが初監督を手掛けた青春ドラマ。1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは、街のスケートボード・ショップで店に出入りする少年たちと知り合い、憧れから彼らに近づこうとする。出演は、「ルイスと不思議の時計」のサニー・スリッチ、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのキャサリン・ウォーターストン、「ある少年の告白」のルーカス・ヘッジズ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィー(サニー・スリッチ)は兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)、母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と暮らしている。力の強い兄に全く歯が立たない小柄なスティーヴィーは、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。ある日、街のスケートボード・ショップで店に出入りする少年たちと知り合ったスティーヴィーは、驚くほど自由でかっこいい彼らに魅了される。そして、憧れのような気持ちでそのグループに近づこうとするが……。

●キャスト●

スティーヴィー サニー・スリッチ
ダブニー キャサリン・ウォーターストン
イアン ルーカス・ヘッジズ
レイ ナケル・スミス
ファックシット オーラン・プレナット
ルーベン ジオ・ガリシア
フォースグレード ライダー・マクラフリン
エスティー アレクサ・デミー

●スタッフ●

監督 ジョナ・ヒル
脚本 ジョナ・ヒル
音楽 トレント・レズナー 、 アティカス・ロス
日本語字幕 岩辺いずみ

映画『mid90s ミッドナインティーズ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『mid90s ミッドナインティーズ』観た。
キラキラ映画。家が世界だった頃、あこがれルーム、
遊び疲れて寝顔まで知るよく知らない友だち。

主人公がとにかく可愛いので逃げ場のない罪悪感が
生み出す自分への罰とか恐怖シーンの怖みがすごい。
ルーカス・ヘッジズ兄貴最高。ジョナ・ヒル監督作品。

 

◉「mid90s ミッドナインティーズ」見てきた。
家族を離れて新たなコミュニティに属する「弟」の自己決定の物語として見た。
また同じ時代を同じ年頃の子供として育った自分と比較して、
自分にはなかった選択だなぁと。
(そういう意味では同じ時代同じ年頃の「はちどり」のほうが近い)。

 

◉映画『mid90s ミッドナインティーズ』
見てて9割5分辛かった....
あんな低年齢で純粋な子があの環境で生きていかざるをえないという
ストーリーに見てて9割5分辛かった....

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』鑑賞

あぁぁこれは…もう…。
今年の年間ベストはこれでいいです

90年代ど真ん中を生きてきたわけでもないけど
なんか記憶の隅にあったものをガンガン引き出され…

痛くて痒くて、でも楽しくてクールで

ファッション・選曲どれも最高
しばらくサントラ手放せない

 

◉🎬『mid90s ミッドナインティーズ』
刺さる層にはかなり刺さるであろう作品。
90年代が青春真っ盛りの方はぜひ。

主演の『聖なる鹿殺し』のあの子がとにかく青くて可愛かったです。
歳上と連んでお酒やら煙草やら背伸びする感じ、わからなくもない…!?

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
俳優ジョナ・ヒルが初監督・脚本を手掛けた本作は、
1990年代半ばのロサンゼルスを舞台に13歳の少年スティーヴィーが
痛みと共に成長する様が描かれていて、
観ていて共感と共に甘酸っぱさが込み上げます。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』を観た
90年代、子供が主人公ってだけで観ようと思ったけど結構良かった
主人公たちの将来が気になる映画だった

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』。
俳優ジョナ・ヒルが自身の少年時代を初監督&脚本で描く青春ドラマ。
小道具、音楽、映像の質感まで90年代らしさを表現。

アナログ時代の終焉とカッコイイ大人に憧れる
ティーンの不安定さが重なり、キラキラと切ない。
青春とは、一瞬にして永遠の痛みだ!

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
J.ヒルが少年時代を過ごした90年代のロスを舞台にした青春譚。
刹那の輝きと消えない痛みを分かち合う仲間達との日々の脆さが、
技術や文化の過渡期だった当時と重なる。
16㎜フィルムの質感がノスタルジー

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
少年はスケボーやちょいワルな仲間達と出会い、オトナの階段を登っていく。
ジョナヒルの監督デビュー作らしく、
13歳の男の子の心模様をつぶさに描いていて好感が持てる。

90年代の空気感と、幸せとは言えないかもだけど
青春の煌めきみたいなものがキラキラと溢れてた。

主演のサニースリッチ君の演技のなんとみずみずしいことよ!
いろいろと大変な境遇にいるんだけど、
そんな子が嬉しそうに笑ってるの見てると
もうオバチャン胸がいっぱいでよぅ!

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
1990年代半ばのロサンゼルスを舞台に
“不良っぽさ”に憧れる少年の一時期を描いた。

思春期にちょっと悪い行為や不良の友達がいることへ言い知れぬ
優越感を抱いた経験はきっと多くの人が身に覚えがあるはず

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』

最近の映画における“ノスタルジー”は、
『ストレンジャー・シングス』や『カセットテープ・ダイアリーズ』然り、
80年代を舞台にして描かれることが多かった印象だが、
それが90年代に移ってきたことに、時代の移り変わりを感じる。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
冒頭から好きな予感がした。
とはいえラストシーンがなければここまで好きにならなかったかもしれない。
自分だけの世界を見つけた時の輝かしく高揚した日々。
下らないことばかりしているようにみえて
彼らの真っ直ぐな友情やそれぞれの思いに心打たれた。

スポンサーリンク

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
劇中を通してひたすら鳴り続ける当時のヒップホップや
オルタナロックを劇伴にして、
スケートボードをきっかけに主人公の12,3才くらいの少年が背伸びして
年上の不良グループの仲間入りをしていく、
子どもから青年期への通過儀礼の物語。

この映画、画面比率がスタンダードサイズ(4:3)で作られていて、
そこがレトロ感を醸し出していて良い。
凝ったお話ではないもののストリートカルチャーの雰囲気と
主役のショタ美少年っぷりだけでも楽しめるしあっさりした結末の落とし所も良い。

尺も90分くらいで短めなので、
質の良い作品をさっくり楽しめたという印象で良かったです。(完)

 

◉楽しみにしていたジョナ・ヒル初監督作
『mid90s ミッドナインティーズ』を観る。

ルーカス・ヘッジズが思いっきりイヤなヤツを演じていてこれがとにかく最高だった。
ルーカス・ヘッジズに思いっきりイヤなヤツを演じさせたジョナ・ヒルはもっと最高。

 

◉映画『mid90s ミッドナインティーズ』
俳優で脚本家のあの人がついに初監督!10代の夢と葛藤の混沌。
90年代の青春を鮮やかに切り取ったダサかっこいい傑作!

 

◉映画『mid90s ミッドナインティーズ』鑑賞。
90年代LAをスケボーで駆け抜けたクソガキどもの、
あやうくも瑞々しい、ひと夏の物語。

刹那に溺れる者、将来を見つめる者……
路上にたむろする居場所のないティーンたちを見つめる眼差しの温度がいい。
佳い映画でした。役者さんみんな若いのに巧みだなあ

あまり前情報を入れずに見にいくことをおすすめします。
映画評やレビューにラストまでネタバレしているのが多すぎる

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
いやー良かったですね。
まさに90年代のLA行って背伸びしながらの痛い青春が味わえる85分間。
主役の子が幼いから終始ハラハラしながら観てました。
ある場面である人がある人の肩を触れる所は感動。
J・ヒルこんな映画撮って格好よすぎるよ。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
スケボー少年たちと出会うことで居場所を見出して行く少年の、
沢山の「はじめて」を詰めた物語。
ワルいことに憧れ実行しちゃう辺りは共感。
自分の人生って最悪に思えるけど、周りを見てみろ。お前はまだマシだぜ。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
ジョナ・ヒルの監督デビュー作。90年代が舞台の青春モノである。
全編16mmフィルム、スタンダードサイズの画だけでとんでもなくノスタルジック。
ジョナ・ヒルが10代だった90年代の思い出が軸になっているわけですが、
このキラキラした感じは普遍的。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
音楽は言わずもがな最高すぎる…
。93 'til Infinityとか秒でブチ上がる一択ですやんという
90's HIPHOPの名曲の数々とその使い方。

画面に散りばめられたポスターやら雑誌、CD、Tシャツで、どぅふってなって。
でもその見せ方がいやらしくなくて自然で凄く良かった👏

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
主演のサニー・スリッチの屈託のない笑顔が愛くるしい。
スケーター役の俳優陣は俳優経験のないスケーターだと知ってびっくり。
ジョナ・ヒルだからこそ出せた自然な演技なのだろうな。
レイ役のNa-kel SmithはOdd Futureの創立メンバー。
レイ、カッコ良過ぎたな❣️

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
親や学校のお仕着せじゃなく「自分で」選んだ仲間や世界の眩しさ、
のめり込んでいく時の高揚感を思い出してキュンとした。

90年代が特別素敵な訳じゃないけれど
私にとっては青春を過ごした特別な時代。
もし戻れるなら90年代がいいし戻れたらスケーターの恋人が欲しい。

 

◉「mid90s ミッドナインティーズ」
16mmフィルムのザラっとした質感で捉えられる90年代のLAの風景。
そこにWu-tangやPharcydeと
オールドスクールの名曲群が鳴らされれば、最高に決まってる!
重心の低いカメラとスタンダードサイズの画角が、
スケーターとして生きる少年たちの姿に優しく寄り添う。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』鑑賞。
最高の肌触り。
90年代半ばLAカルチャー、家族との確執と愛情、男達のヒエラルキー、
乾いたタッチで並列に描きながらも少年の成長物語として泣ける。
携帯時代前はツルむしか無かった。
ナチュラルで映画であることを忘れるくらいだがラストの視点で永遠にパック。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
90年代LAの空気を真空パックしたようなザラついたフィルムの質感。
ジョナ・ヒルのスケート、HIPHOP、ファッションへの愛がぎっしり詰まっている。
だべったり悪さしたり、青春、ストリートカルチャーに
初めて触れた時の高揚を味わえる珠玉の青春映画。

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』鑑賞。
A24配給のジョナ・ヒル初監督作品。スケボーカルチャーと
不良に憧れた少年がコミュニティー内で絆を獲得するジュブナイル映画。
16㎜フィルムの質感とファッション、音楽で90年代中頃のLAを忠実に再現していた。
映画館で観れて良かった!最高!

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
ファッションも映像も音楽もイケてる!

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
前知識ほとんど無く観たら、何か画像が古く感じる。
スクリーンも幅狭い。
ア!フイルム!これってフイルムで撮ってるんだ〜
で、後で知識入れた😆
あのA24が撮ったんだ。
いろいろ話題の作品作ってますね。
お兄ちゃん役のルーカス君は最近しょっちゅう逢ってる気がするけど。
弟役のサニー・スリッチ。
お兄ちゃんにボコボコにされても、兄の誕生日に持って無いものを
プレゼントしようと、留守の間に忍びこんで今持ってる物をメモして。
90年代の雰囲気がたっぷり出ていて。
青春だ〜
若めの男性のお客さんが今日は多かった!
若い女性が途中で席立って戻って来なかったけど??
もう若くは無い私も後からジワ、ジワと来たね〜

 

◉「mid90s ミッドナインティーズ」
この映画は私の好みドストライクだった❗
撮影が全編16㎜のフィルムで撮影していて、
独特のザラザラ感が何とも言えない90年代を醸し出してて、
とにかく映像だけでも楽しめる🙆

13歳の主人公が抱えるイライラや葛藤がひしひし伝わってくるし、
彼を取り巻く友情や、家族愛に溢れた作品でした😳
主演のサニー・スリッチが最高でした💮
あと、兄役所のルーカス・ヘッジズの抜群の存在感も良かったなぁ☺

 

◉「mid90s ミッドナインティーズ 」鑑賞。

懐かしくて新しい90年代への愛情と
夢をたっぷりに描いた10代の少年たちの成長物語。

この映画好き!

家族への不満や反抗だったりと、この年頃の時は私もそうだった。
悶々と怒りをどう発散してよいかわからずでさ。
誰もがこんな時あったと思う。

腐らず夢をもつレイ役のナケルの存在はかっこいい!

今年は傑作青春映画が多いわ。

自分の人生は最悪に思えるが、
周りを見てみろお前はまだマシだぞ。ってセリフが好き🤗

 

◉『mid90s ミッドナインティーズ』
「映画」というよりは、
一つの「映像集合体」として楽しめる作品。

ポップなティストで、少年の思春期の衝動を巧く纏めてある。

下手すると作風からも、
MusicPVのコラボ集的な印象を与えてしまいかねないが、
そこは骨太の脚本と演出が根底にあるから終始見応えあり。

10代の頃に観てたら躊躇なく満点💯評価していただろうが、
40代半ばのオヤジが観ても「ノスタルジー」にドップリと浸れる。

「悪」と「cool」の狭間に憧れていた青春時代が懐かしい!

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 33 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-コメディ, ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.