アクション スリラー

【映画みんなの口コミレビュー】映画『AVA/エヴァ』の感想評価評判

投稿日:04/17/2021 更新日:

「美貌と知性、圧倒的な戦闘能力と三拍子揃った暗殺者エヴァ!」「脇もマルコビッチ、ファレルにデイビスと豪華絢爛!」「窮地に立たされる王道に家族ドラマを加える異質さ!」


上映中【2021年4月16日公開,97分】

 

「女神の見えざる手」のジェシカ・チャステインが、女暗殺者に扮したアクション。完璧な容姿と知性、そして圧倒的な戦闘能力を持つ暗殺者エヴァ。組織の言いなりに任務をこなしてきた彼女だったが、人を殺す事への葛藤に苦しみ、やがて命令に背いて反旗を翻す。共演は「ハンターキラー 潜航せよ」のコモン、「RED レッド」シリーズのジョン・マルコヴィッチ、「ダンボ(2019)」のコリン・ファレル。監督は「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

完璧な容姿と知性、そして圧倒的な戦闘能力を兼ね備えた暗殺者エヴァ(ジェシカ・チャステイン)。組織に命じられるまま完璧に任務をこなしてゆくが、常に「なぜ標的たちは殺されるのだろうか」と自問自答を繰り返していた。そんなある日、エヴァは全組織員が注目する極秘ミッションに臨む。だが、組織から事前に与えられた情報に誤りがあり、そのことでエヴァの正体に気づいた敵と銃撃戦になってしまう。辛くも生き延びたエヴァは、関係者の中に自分を陥れようとしている存在を疑い、次第に組織への激しい不信感を募らせていく。やがて、組織にとって危険因子となった彼女を秘密裏に始末しようする殺し屋サイモン(コリン・ファレル)の魔の手がエヴァに迫る。暗殺者VS暗殺者、血で血を洗う戦いの火蓋が今、切って落とされた……。

●キャスト●

エヴァ ジェシカ・チャステイン
Michael コモン
Duke ジョン・マルコヴィッチ
サイモン コリン・ファレル
Bobbi ジーナ・デイヴィス
Peter ヨアン・グリフィズ
Toni ジョアン・チェン

●スタッフ●

監督 テイト・テイラー
脚本 マシュー・ニュートン
日本語字幕 平井かおり

映画『AVA/エヴァ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『AVA/エヴァ』
ジェシカチャスティン様の無双、傷だらけの肉弾戦には惚れぼれし、
優しきジョンマルコビッチも良かった(好きなんよ)。
けど、その他はイヤな予感が的中し…。
脚本とか、各組織の設定とか、
アットホームとか…色々と問題が露呈。続きあるんかな?
★★

 

◉『AVAエヴァ』。
ジェシカ・チャスティンが抜群のプロポーションで魅せる暗殺稼業。
ワクワクを演出するパーフェクトな冒頭から一点直下…
エヴァが暗殺相手に問いかける言葉の深堀りがなされず
勿体つけるグダグダ感、重苦しいアクション、ただただ疲れる。

 

◉🎥『AVA/エヴァ』
知性派キャラでお馴染みのジェシカ・チャステインが
暗殺者の役?!と気になったので早速観ました。

スマートな暗殺かと思いきや、顔面血みどろの泥臭さい戦闘もあり、
暗殺対象者、酒、家族関係に心が揺れる人間味溢れる役どころを見事にこなしている。
続編あるのかな?

 

◉【AVA エヴァ】
暗殺者には失格要件の行動…
なぜ彼女は殺される理由を標的に聞かずにはいられないのか。

肝心の殺し合い展開に意外性はないが
彼女の出自も含め背景を絡めたドラマが異色で楽しめた。

J.チャステインの血だらけ顔とアサシン・アクションにも好感。
好きなC.ファレルも見られて良し。

 

◉「AVA エヴァ」
コモンを上手く使ってる。殺し屋仲間かと思いきや妹の恋人役。
彼のギャンブル依存症をそこから助け出さねばならないもの、
悪いのはそれを利用する者(演じるはジョアン・チェン)なのだと
描いているのにあれっと思ったものだけど、
そこから映画が見えてくる、人の弱さの話なんだって。

コモンって殺し屋などのいわゆる暴力的な役ばかりやってるけど、
少なくとも映画の中では、私には、女というか他者を抑圧するイメージが無い。
それをうまく使ってるなと思った。

◉『AVA/エヴァ』
つまらん。アクションは重い、アクションの撮り方下手くそ、
ストーリーがぐちゃぐちゃ、会話が成立しない。

何をしたいのか分からないまま作られたようなアクション映画。
いちいち人の背後に付いてくる暗殺者も笑えてくる

もう主人公の固いジョギングだけで1時間文句言えるある意味力作

 

◉「AVA/エヴァ」鑑賞。
美貌と高い戦闘能力がありながら、
標的が殺される理由を問い続ける異色かつ
繊細な暗殺者をジェシカ・チャステインが熱演。

母親、妹との確執、元カレへの未練、
涙を浮かべるシーンはノイズだが独特の味わい。
そこで終わるの?ラストカットは意外。続編あるのか?

暗殺アクション映画にウエットな家族ドラマを盛り込むのは無理があり、
中途半端感は否めない。

昨年公開のL.ベッソン監督「ANNA/アナ」の天涯孤独な暗殺者の設定の方が良かったのでは。
ジェシカさんの珍しいジーンズ&スニーカー姿は萌え。鈍臭い走り方もよかった

 

◉『AVA/エヴァ』。
ジェシカ・チャスティン主演のクライム・アクション。
家族との確執や元彼への未練など訳ありな美人暗殺者。

赤いドレスで闘うジェシカが美しくてカッコ良い!
脇のキャストが豪華なので、彼らにもっと活躍して欲しかった。
良く言えば単純明快だが、ドラマに膨らみがなくて惜しい。

 

◉『AVA/エヴァ』
セロン姉御の路線を突き進むチャステイン。
単に目を引く存在でなく、アクション含め全てをこなせる役者を目指してのものと見る。

二の腕の筋肉が作品への意欲と準備を物語る。
脇もマルコビッチ、ファレルにデイビスと豪華絢爛。
アクションものとしてそこそこ楽しめる出来。

 

◉『AVA/エヴァ』
ジェシカ・チャステイン主演のアクションもの。
軍隊上がりの暗殺者、組織と家族の間でうめき悩む。
彼女自身が製作に絡む意欲作で鍛え上げた身体によるアクションが見もの。

スポンサーリンク

 

◉『AVA/エヴァ』
情報が少ないから、なぜターゲットは殺されるのか?と
疑問を抱く殺し屋という設定は理解できるけど、
それに家族問題も絡め過ぎじゃない?という感じ。
でもそれらが昇華される後半はものすごく面白い!
続編観たいわ~!

 

◉『AVA/エヴァ』
ジェシカ・チャステイン主演新作。

『女神の見えざる手』他のひりつくような冷酷さ計算高さが研ぎ澄まされつつ、
実は真逆で感情の振り幅極大の女アサシン、という設定は新鮮。

一方コリン・ファレル、歳を経るごと腹黒男の小狡さ演技に磨きがかかり、
どこへ辿り着くのか興味深い。

 

◉『AVA/エヴァ』
超豪華キャストで血塗れのコリンファレル大変ご馳走さまって感じでした🙏
コモンもいい感じにダメ男だった

 

◉『AVA/エヴァ』
完璧な女性暗殺者が抱き始めた疑問により
窮地に立たされる王道に家族ドラマを加える異質さ。

ただ、脇役の巧さが却って仇となり詰め込み過ぎて
アクション映画のリズムを停滞させた印象。
もっと粗くて良いし、G.デイビスは勿体ない

 

◉『AVA/エヴァ』みてきた。
公開時期的に某作とタイトル被りを起こしてしまってるのがやや不幸でしたね…
んで、すごく格好いいアクション映画だし音楽もぶち上げてるんだけど、
ストーリーラインが全体的によく分かんない不思議な感じになってました
よく分かりません

これたしか、アウトポストを見に行った時の予告で
ダイアナ・シルヴァーズを見つけて絶対に見なきゃ!って思ってたやつだったんですよね。

彼女の扱い方がやや勿体ない感じはしたけど、
相変わらずわたしは彼女が好きだなぁ…ってなりました…

 

◉『AVA/エヴァ』
組織に反逆する暗殺者の話だが、
家族や元彼の問題など色んな話を混ぜすぎていて時々眠くなる。
ジェシカ・チャスティンのパワフルアクションはカッコ良かった‼️
まさかジョン・マルコヴィッチの肉弾戦アクションまで観れるとは‼️
空前絶後ではないが、アクションは楽しめる映画であった。

 

◉「AVA/エヴァ」の感想。
個人的には戦う綺麗なジェシカ・チャステインと
渋いコリン・ファレルをみれただけでもそれなりに満足かなと笑
よく言ってるけど戦ってる女の人ってめっちゃ綺麗なんよね。
エヴァも人間味あって良かった気もする。
色々言われてるストーリーは確かにちょっと雑かな笑

 

◉『AVA/エヴァ』
美貌と知性、圧倒的な戦闘能力と三拍子揃った暗殺者エヴァが、
「何故標的たちは殺されるのだろうか」と自問自答するという
禁忌を犯したことから始まるサバイバルが、
家族や元彼の問題を交えながらスリリングにパワフルに展開する。

 

◉「AVA エヴァ」鑑賞。
殺し屋史上最弱メンタルな主人公。家族に恋に依存症に、
悩み苦しみ逃れた果てに赤の他人を殺める胸中があの決め台詞ということか。
スマートなのは序盤だけ、人生も戦いも泥臭い女のドラマ。
女殺し屋ものも増えた昨今、
こんなしがらみだらけの中もがくタイプもたまには良いよね。

 

◉ジェシカ・チャステイン製作・主演
『AVA/エヴァ』を鑑賞。

B級アクションの常連と化しつつあるコモン等、
何とも言えない味わいのキャストからバカ映画を期待してたけど、
主人公の殺し屋が諸々問題を抱えてるのが反映された、
どんよりした作風。
そんな彼女の普段着がミスフィッツのTシャツなのはワロタ

 

◉『AVA/エヴァ』
まぁ普通のアクション物だったけど脇を固めてるのが無駄に豪華だった。
噴水からザバァッて出て来て敵を待ち伏せして殺す手法はいつか使ってみたいですね(????)

 

◉『AVA/エヴァ』観てきた!
末端の暗殺者が幸せな結末を迎えることは難しいけど
抗う強さ、諦めないガッツと美しさ良かった
アクションもめっちゃいい

 

◉映画『AVA/エヴァ』鑑賞。
監督が名作『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』の
テイト・テイラーだったので観に行った。

ヘルプとはまったくジャンル違いの女暗殺者ものだけど、
こじんまりとした家族の話が絡んでくる。面白い。

 

◉「AVA/エヴァ」を観ました。

はじまりからのオープニングがめちゃくちゃかっこよくて
そこから得る情報で観ていくのが面白かったです。
めちゃくちゃだめんずうぉーかーなのでそこんとこいらいらいらなんですが、
アクションもたっぷりで観ごたえあってとっても楽しみました!

 

◉『AVA/エヴァ』
予告編からはどう見ても女殺し屋のアイデンティティークライシス物。
あーこのジャンルはもう出涸らしだから危険だぞぉ…と思いながら観始めんですが。
途中からアレ?っていうw そっちにフォーカスすんの?と。
どーすんだコレ?となってると突然始まる畳み掛け!こ、これは一体…?w

…予想通りのアイデンティティークライシス物ではあるし、アクションもまぁちゃんとしてる。
でも中盤が…問題児多過ぎだろ!そしてコリン・ファレルがマヌケ過ぎ問題…。
主人公より周りの雑音が気になる何だコレ?な一本でした。
面白いので皆様も是非。ベッソンのANNAとか観て下地作っとくとイイよねw

 

◉『AVA エヴァ』鑑賞!
シャカリキ女エージェントの一代奮闘記。
組織に命狙われるわ、家庭事情が複雑で超ギクシャクしてるわ、
おまけに自身は薬物&酒の依存症に苦しんでいるわと
心労が多いエヴァの人物像がいい。
妙に間抜けな敵や、「ん?」となる展開等ツッコミ所はありますが
それなりに楽しめました。

 

◉『AVA/エヴァ』鑑賞。
クールな女暗殺者映画化と思いきや、
ドロドロの家族+元恋人の愛憎ドラマと
アルコール依存症が描かれるとんでもない映画だった。

40を越えた演技派女優はセルフプロデュースで
本格アクションに挑戦する流れがあるのだが、
シャーリーズ・セロンへの対抗意識をムンムン感じた。

 

◉『AVA/エヴァ』観た。
みんな大好き女暗殺者モノ。
ジェシカ・チャスティン演じる主人公が一般人と変わらぬメンタルの持ち主で
家族や元恋人のことで葛藤するのが他にはない新味、
なのかもしれないがそれで映画が面白くなってるかは人それぞれかな。
自分的にはカタルシスを削いでる気がしてノレなかった。

 

◉『AVA エヴァ』鑑賞。
ジェシカ・チャステイン演じる完璧な暗殺者がとあるミスをきっかけに命を狙われることに...
肉弾戦、銃撃戦共に見応えはあるが、あまり使われてない設定がいくつもあって消化不良な感じ。
ドラマを3話分観た気分。コリン・ファレルのいい意味で気持ち悪い悪役の感じは好きでした

 

◉テイト・テイラー監督「AVA/エヴァ」観た。
他のメディア展開してるのか知らないけどエヴァ劇場版見た。
ずっと内輪揉めな訳で何だかよく分からんけど
主要キャスト4人の平均年齢が51歳のアクション映画は近接格闘シーンでの
アップどアップなカメラワークと編集でどうにかやり繰りしてる感じが凄かった?

 

◉『AVA/エヴァ』鑑賞。
“女性暗殺者モノ”は好きだけど…。

主演がジェシカ・チャステインで、ジョン・マルコヴィッチ、
コリン・ファレルにジーナ・デイヴィスまで出てる。みんな好きな俳優だけど…。

目的が分かりづらい! 謎のズームが多い!
見せ場が無いから盛り上がらない! 残念!
★★☆☆☆

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 42 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-アクション, スリラー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.