【映画 口コミ レビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の感想評価評判

「やっぱボンドさんカッコいいわ…!」「カーアクション、銃撃戦、迫力ハンパない!」「アナ・デ・アルマスはセクシーでゴージャス!」


【2021年10月1日公開,164分】

 

ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして主演を務め、『007 スペクター』以来5年ぶりとなるシリーズ通算25作目。旧友が助けを求めてきたことを機に、現役を引退していたボンドが新たな任務に挑む。『ビースト・オブ・ノー・ネーション』の日系アメリカ人キャリー・フクナガが監督を務め、ラミ・マレック、ラシャーナ・リンチ、アナ・デ・アルマスらがシリーズに初参戦する。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

現役を退き、ジャマイカで穏やかな生活を送っていたジェームズ・ボンドのもとへ、CIA出身の旧友フィリックス・ライターが助けを求めてくる。ボンドは彼の頼みを聞き、誘拐された科学者を救出する任務に挑む。しかし、世界に脅威をもたらす最新技術を持つ正体不明の黒幕を追う任務は、想像以上に危険なものだった。

●キャスト●

ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ
リューツィファー・サフィン ラミ・マレック
マドレーヌ・スワン レア・セドゥ
ノーミ ラシャーナ・リンチ
パロマ アナ・デ・アルマス
M レイフ・ファインズ
Q ベン・ウィショー
イヴ・マネーペニー ナオミ・ハリス
フェリックス・ライター ジェフリー・ライト
ビル・タナー ロリー・キニア
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド クリストフ・ヴァルツ
プリモ ダリ・ベンサラ
ヴァルド・オブルチェフ デヴィッド・デンシック
ローガン・アッシュ ビリー・マグヌッセン
マチルデ リサ=ドラ・ソネット

●スタッフ●

監督、脚本、原案 キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本、原案 ニール・パーヴィス
脚本、原案 ロバート・ウェイド
脚本 スコット・バーンズ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
主題歌 ビリー・アイリッシュ “No Time To Die”

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
「死んでる場合じゃねぇ!」と、ジェームズ・ボンドの青い眼がそう訴えている様に、
サプライズだらけの展開とアクションに満ち溢れた007。

シリアスな雰囲気をそのままに、やっている内容は往年の“おバカ路線”そのモノ。
特に『007は二度死ぬ』へのアプローチが強い。

キャリー・フクナガが監督を務めて本当に良かったと思う。
サム・メンデスやりきれなかった“原点回帰”と言う作りを、
こうも派手な形で継承した手腕にウットリ。

アクションで展開を切り替える作りと、
手持ちカメラと長回しを効果的に使った演出に惚れちゃう。一生着いてく。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
まさに"NO TIME TO DIE"だった。
集大成がこんな物語とは…でも好き。愛せる。
少し古さも醸すアクションから現代の価値観の反映まで、
映画好きにも世の中にも目配せを忘れない。
世界と愛する者のために戦う1人の人間の物語、ズバリそんな印象。
偏愛映画枠入り!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』鑑賞。
待ちに待った公開日!
「ダニエル・クレイグ・ボンド、15年間お疲れでした!ありがとう!」
本当にコレに尽きます!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
シリーズ観てないと分からない部分はあれど、
007初めましてでも楽しめるクール&ダンディなアクションとストーリーに痺れる

個人的に吹き替えの水樹奈々成分もありパロマがお気に入り。
もっとボンドとのコンビを見たかった

10点中8点

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』鑑賞。
これだけの尺があるならアナ・デ・アルマスと
ラシャーナ・リンチの活躍をもっと観たかったなぁ。

能面や漁師風エプロンなど日本色取り入れてるのはよくわからなかったし、
163分は流石に長かったけどダニエル・クレイグ本当にお疲れ様でした!!!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
伝説が終わる。感無量の最終作。
ダニエル・クレイグの演技とキャリー・フクナガ監督の映像センスが見事に溶け合っている。
ファンならずとも唸るアクションとストーリー。
後悔のないよう、これ以上ない程のアイデアや情熱を傾けた作品に思える。
ダニエルお疲れ様。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
もしかしたら本編よりも予告観た時間の方が長かったかもしれない待ちに待った作品
ダニエル・クレイグさん最高のボンドをありがとう
最後の最後までかっこよかった
このボンドを映画館で見続けたことが幸せです
ボンド以外のキャラクターも全員良かったです、感無量

◉映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
コロナ禍の影響で3度の公開延期により前作から6年経っているので
前作のスペクターを観てから本作を観ることをお勧めします
綿密に計算されたライブアクションに拘りを持った作品であり、D・グレイク版007の集大成!
ただ内容的に閉店一掃セールといえる感じも😅

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
どれだけ分かりやすいかと言うと、
「鬼滅の刃 無限列車編」で批判されてた説明セリフが
30分に一回入ってこれまでのあらすじを整理してくれます。
めちゃくちゃ親切設計です。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
バリエーション豊富で見どころ沢山のアクションシーンや魅力たっぷりの新キャラ、
そして過不足ないユーモアがあり、撮影・衣装含めたルックもすごく良い。
そういった部分で個人的には基本楽しめたけども、
お話の内容に関してはいろいろ言いたいことがある感じ

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
ダニエル版は一貫してボンドの人間ドラマを描いてきた。
それならそれでいいけど演出の方は一貫性がない。

時折イメージ通りの007が顔を出す。
ダニエル立てればボンドが立たず、ボンド立てれば…
なんともバランスの悪い映画ですね。

そのチグハグさはレア・セドゥーとアナ・デ・アルマスのシークエンスの演出と
それぞれの演技のトーンの違いに如実に表れている。

ダニエルのファイナルだからいつも以上にボンドのドラマに加重が掛かっている。
それでバランスが崩れまくってる。そして悪役連中がまるで活きていない。
レミ・マレックは精彩を欠いているし悪役としては小粒過ぎでしたね。

ダニエル・ボンド・シリーズとして通して観れば納得出来ないモノでもないが
それなら007でなくともと思ってしまいました。次は完全に仕切直しですね。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』鑑賞。
『マジか、そこまでやっちゃうのか…』という驚きはデカいけど、
クレイヴ版ボンドがやっぱりこよなく好きなので色々思うところはあるけど満足した。
お疲れさまでしたという感じ。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
エモーションを如何に映画的演出で豊かに語り切るか、その力強さ。
後半で激化する脚本の破綻と金の息切れも演出力で押し切る。
レアの感情、ラシャーナのタフさ、アナの予想外のギャップによる魅力。
台詞も立ち位置も良くて、女性描写が見事に現代的に刷新された。

 

◉映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観てきた。
シリーズ25作目。

アクションよりも割とシットリとしたストーリー重視な印象。
ダニエル・クレイグ版になってからはすべて話がつながっているので、
予習しておかないと複雑な人物関係についていけないかも。
最後にジェームズ・ボンドは戻ってくると。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
これまでのシリーズ4作の物語は
全てここに繋がっており、愛や悲しみや自身の責任を背負ってきた
ジェームズ・ボンドという男が迎えるラストは圧巻で美しく寂しい…
15年間お疲れ様でした。
そして、ありがとう
ダニエルボンド

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
待ちに待った初日!
映画館はそれでも遠慮がちに席を空けての着席。

タイトルロールとお馴染みのテーマ曲が流れると、何故か安堵で涙目。
漸くボンドの居る日常が戻って来た。
それは最終章の始まりでも有る。さらば我らの007!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観た。
ブロフェルドを捕まえ引退したボンドは、
運命を共にした女性マドレーヌと蜜月の時を過ごしていた。
しかし突然、命を狙われる。
彼女が語らない過去に原因があると考えたボンドは彼女と決別。
それから5年後、ボンドはある仕事で再び彼女と再会することになり…

なに言ってもネタバレになりそうだけど、
クレイグボンドの最終作として相応しかったんじゃないかと。
シリーズで一番面白かったかな。
「スカイフォールって実家の名前かよ!」とか「ラストの展開ショボくない?」みたいな
疑問符の付く展開はなかったなー。納得感ある。

アクションがどれも退屈せずに観れたのは大きいなー。
ダラダラ戦わずにメリハリ効いてて良い。
あの00ナンバーの登場とやり取りなんかのユーモアもいい塩梅だった。
シリーズそれほど観てるワケじゃないけど、それでも面白く観れたんだから凄いなー。
知ってるともっと楽しいんだろうけど。

ここらへん、元ネタたくさん知ってると
超面白いMCUにも似てるなー、とか思ってたら…や、やりやがった!!w

アナ・デ・アルマス演じるパロマがお気に入り。
胸元と背中のざっくり開いたセクシーなドレスでアクションするのも良いけど、
「3週間しっかり練習したから!」って自信満々に語るドジっ娘新米CIAエージェント好き。
君だけなんか他の作品から来てない?

スポンサーリンク

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観ました。
素晴らしい。レア・セドゥの涙には心揺さぶられました。
アナ・デ・アルマスはこれまでで最もチャーミングさに振り切ったボンドガール。
叶うことならまた出てほしい。そしてダニエル・クレイグ…。
最高のフィナーレでした。メルシーボークー‼️

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観てきた。
ジェームズ・ボンドといえばやっぱタキシード✨
この姿のアナデアルマスが跳び蹴りしたり2丁拳銃撃ちまくったり
暴れまわってんのにポロリがないのはおかしいだろてっ!!😍

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
あまりにも完璧で美しいクライマックスだった。
クレイグボンドが最後の最後で俺がボンドだ!文句はあるか!?をそのまんた成し遂げた。
アクション・ドラマ全てがクレイグボンド史上最高の大傑作だ。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
まさに"NO TIME TO DIE"だった。
集大成がこんな物語とは…でも好き。愛せる。
少し古さも醸すアクションから現代の価値観の反映まで、
映画好きにも世の中にも目配せを忘れない。
世界と愛する者のために戦う1人の人間の物語、ズバリそんな印象。
偏愛映画枠入り!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
ダニエル・クレイグ版007最終章。
COVID-19の影響で上映がかなり延期になったので
「やっと観られた」という感慨深いものが。

クレイグさんの007は個人的に「カジノ・ロワイヤル」から
ずっと映画館で観てきたので見届けた感が半端ないわ。
15年お疲れ様やで。

割と早い段階から派手なアクションが続き、
ボンドとQを始めいつものMI6面々とのやり取りも楽しい。
アナ・デ・アルマスさんが演じるキューバで協力する工作員パロマが良いキャラで、
出番があそこだけだったのはちょっと惜しい気もした。

ラミ・マレックさん演じる悪役もミステリアスで良かった。
何故能面…?枯山水やな?のような劇中では明かされてない
謎の日本趣味は一体?というところもあるけど(自分が見逃したかもしれんが)
能面についてはパンフレットで監督が言及してるが。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
面白かった。
レア・セドゥの過去から始まる物語は、
過去シリーでは禁じ手だった展開を見せ、
最終的に驚くべきところに着地する。

クレイグ以前の007は、
一話完結でボンド自身は狂言回しみたいな存在だったが、
クレイグのシリーズは基本ボンドの成長物語。

「スカイフォール」の親殺しの儀式で一人前になって、
前作の「スペクター」では往年の荒唐無稽なタッチが戻って来たかと思ったが、
クレイグボンドの最終作ではキチッと成長物語の総決算に落とし込んできた。
惜しむらくはサフィン側の描写がかなり雑な点。

ブロフェルドを超える悪のはずが、ちょっとショボく感じてしまったが、
世界をまたにかける冒険はスケールも大きく楽しめる。
新キャラではアナ・デ・アルマス演じる、一見ドジっ娘に見えて実は凄い、
CIAの新人スパイのパロマが良かった。再登場に期待。

しかし、これで例の噂が一気に信憑性を帯びて来たと思ったら、
マーベルみたいな最後の字幕で混乱。
あの状況から、いったいどうやって??
世界観を踏襲せずに完全リブートするんだろうか。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
レア・セドゥ綺麗だね。
そしてダニエル・クレイグはお疲れさまでした。
最後もアクション満載で年を感じさせず楽しめた。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
そう言えばフィービー・ウォーラー=ブリッジが
脚本に参加してるんだっけなと思い出し、どの辺だったかと反芻してる。
まあ、この場面はたぶん関わってるよね。
本編中でも一番セリフとアクションの愉しさが感じられたし。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を見ました❗️
ダニエル・クレイグが、ボンドを卒業なので鑑賞です✈️

ダニエル・クレイグらしいボンドは、
ほかのボンド役と違い華やかさはないですが、哀愁を感じるのが好きでした。

ありがとうございます🌈

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
映画を観ました。

長い間予告映像を見続けてたせいで、
もう全部観たつもりになってたけど、全然勘違いでしたw
ダニエル・ボンドの完結編って感じで、良い最終回だったと思うw
飽きさせない手練手管盛り沢山で楽しかったけど、ちょっと長過ぎで尻痛い。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
「スペクター」の続きの話。
渋味の効いたクレイグ版ボンドの総括が胸熱。

バイオテクノロジーを扱った細部にやや難を感じたが、
良く練られた全体のプロットに満足。
アナ・デ・アルマスの見せ場が潔すぎて最高。
レア・セドゥーも堪らないほど魅力的に映っていた。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』鑑賞。
結構、禁じ手的なラストな気もするが、
クレイグ版ボンドは一作目からシリーズもののお決まりを壊して、
新機軸を打ち出し続けているのでアリか。
最終決戦があっさりなのも気になったけど、やっぱり007は大作で面白い。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
じいちゃんと観てきたぁー✨😊

私は『スカイフォール』の方が好きだし、
じいちゃんは『カジノ・ロワイヤル』の方が好きって言ってたけど、
それでも2人の意見は『最高に面白いッ🎵』
『ダニエルボンドは素敵✨』と褒め言葉しか出てこない😍

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観てきた!
とにかくアクションが最高。2時間43分とけっこう長丁場だけど、
Amazon prime videoとかにアップされたら、あと3回以上は間違いなく観る。
ダニエル・クレイグがカッコ良すぎ😎

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
従来のボンド像を覆したクレイグボンド最終章。
悪役全般に物足りなさを感じつつも圧倒的な迫力と
アクションに次ぐアクションと集大成的な展開が胸熱!

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
上映時間が長い作品だからなのか冗長に感じたかなぁ。
要となるアクションシーンも予告で見せちゃってるor
単純に面白くないのどちらかだったのでワクワクもしなかったし。

 

◉映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観た。

2時間40分あるけど、長くは感じなかったですよ。
前半後半に分けたらアクションシーンの分、前半の方が面白かったかな。
で、なんで能面だったんだろう?

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
クールなプレイボーイのイメージを脱却し、汗や埃に塗れ、
亡き人と最愛に心を引き裂かれる人間らしいD.クレイグ版ボンド最終章は
銃弾と血に染まる歴史から未来へ遺す愛の物語へと。
何はともあれお疲れ様でした

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
Qちゃんファンの為のシーンもてんこ盛り!
予想以上に出番があってキャーキャーで嬉しい!
相変わらずボンドに面倒臭いこと丸投げされて残業だよってボヤくシーンとか最高!
あんなQちゃん、こんなQちゃんが観れるたびに心のリミッター外れてました!

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
ダニクレ版ボンドのまさに最終回な作品で、
俺たちの観たいこれぞボンドなシーンから、見たことなかったボンドまで。
ダニクレありがとう!お疲れ様!

 

◉映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』鑑賞。
延期の連続で公開まで時間がかかったなー。
本編時間もちょっと長かったので
アクションシーンじゃないとこで気が抜けてしまった。★★★★☆
入場者特典でキーホルダー貰った。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
IMAX版で見た

前作のスペクターも充分無責任な終わり方だったが
今作はそれ以上に考えうる限り最高に無責任な終わり方でナンジャこりゃ

あとIMAX撮影のシーンは序盤の重要ではないアクションシーンのみで
中盤以降は 全編シネスコサイズでのアクションだったので
IMAXで見た意味はあまりなかったな

今作は今まで以上に女性のアクションが多く
チョイ役の女性含めほぼ全員が戦う強い女って感じで
ボンドも結構助けられていたけど
これって逆に女性はみんな強くないといけないっていう
逆マッチョイズムじゃないの?

それに集大成作品なんだし
レギュラーキャラのマニーペニーに活躍させればいいのに今作から登場した
ポッとでのキャラにばっか活躍させるのは違うよなぁ

キャリー・ジョージ・フクナガ監督は職人監督というよりこだわりのある
アーティスト作家と言えるような面白いビジュアルのシーンが多かったとは思います

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観てきた!
DVD買ったのはスペクターあたりの新参者な自分もハマった。
ハンス・ジマーのテーマ曲があらゆる場面を盛り上げてくれる。
昔ながらの電源で動かす工場の扉とかこだわり満載\(๑╹◡╹๑)ノ♬

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観てきた🎞
これぞ映画‼︎ザ・映画‼︎という感じ。
カーアクション、銃撃戦、迫力ハンパない。
2時間45分ずっと肩に力入ってて疲れたよ😂最後は‥💧おもしろかった。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
ダニエル・クレイグボンドの締め括りにふさわしい傑作

内容はシリアスですがスケールの大きさや敵の基地への侵入要素等、
シリーズのお約束はしっかりと踏襲

それでいて旧作とは違い明らかに女性キャラの扱いが改善されていて素晴らしいです
前4作は復習必須です

アクション面も素晴らしく、
今時の長回しのアクションシーンもありかなり見応えがありました

OPも最高!
スカイフォールのような作品全体の内容を暗示するような演出がよく出来ていて、
思い返すだけでグッと来るものがあります

あと諸々の設定といい、『メタルギアソリッド』を想起する内容でした

 

◉映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観賞。
足りないくらいが丁度いい、腹八分目の美学がいかに重要かを学ぶ作品。
もうちょっとで夜になるので、憂さ晴らしはバーでします。
バーテンダーも他のお客さん達も観た上で集まるでしょう。
マティーニ、ヴェスパー、ネグローニ。今夜は浴びるよ。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観た。
久しぶりに映画館で見て良かったって思うくらい良かった。
やっぱボンドさんカッコいいわ…

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
最高💕
ボンドガールのアナ・デ・アルマスも格好良かった💋
ダニエル・クレイグお疲れ様でした。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
クレイグ・ボンド最終作、
「人間」として描いていたシリーズの結末としてとても感慨深いものがある。

作品全体に「引き継ぐ」という概念が漂い、
『007』本来の魅力と新たな魅力も加わり濃い2時間43分だった。
どちらかと言うと味方側の新キャラが魅力的だった印象。

完全にIMAX事案、ガンバレルやミッション開始までは
70mm15Pと65mm5Pの組み合わせで素晴らしい色彩と解像度。

そしてキャリー・ジョージ・フクナガ監督のセンスが光り、
所々にある「日本」の要素。
設定や展開は今までも結構あったものだが、
これを『007』でやったことに意味がある、新しいボンド像。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
ゴージャス感あり!キューバの辺りはゴージャス感に新人?
女性エージェント、パロマがかなりセクシー!アクションに射撃もボンドより上。
前作をすっかり忘れていたのでMr.ホワイトって誰だっけと…。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を鑑賞。
ダニエル・クレイグのボンドは、
本作が最後というだけであって、最高だったよ。

 

◉『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』観てきた。
ダニエル・クレイグが演じたジェームズ・ボンドの作品は、
最初から映画館で観てきたから内容に感動した。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 409 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末