ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『騙し絵の牙』の感想評価評判

投稿日:

「大泉洋、ハマり役!演技に引き込まれる!」「松岡茉優の攻めてく感じちょっとゾワッとしてそれも◎」「やっぱ騙し騙されどんでん返し系は面白い!」


上映中【2021年3月26日公開,113分】

 

「罪の声」の著者・塩田武士が大泉洋を主人公に当て書きした同名小説を、大泉の主演と『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八監督のタッグで映画化。出版不況や権力争いが深刻化する大手出版社を舞台に、廃刊の危機に立たされた雑誌の編集長が、生き残りを懸けた大逆転の奇策に打って出る。松岡茉優、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也が共演のほか、脚本を『天空の蜂』の楠野一郎と吉田監督が共同で執筆した。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

出版不況の煽りを受ける大手出版社「薫風社」では、創業一族の社長が急逝したことにより、次期社長の座を巡る権力争いが勃発。専務の東松が進める大改革で、変わり者の速水が編集長を務めるカルチャー誌「トリニティ」は、廃刊のピンチに陥ってしまう。嘘、裏切り、リークなどクセモノぞろいの上層部、作家、同僚たちの陰謀が入り乱れるなか、雑誌存続のために奔走する速水は、新人編集者の高野を巻き込んである奇策を講じる。

●キャスト●

速水輝 大泉洋
高野恵 松岡茉優
矢代聖 宮沢氷魚
城島咲 池田エライザ
郡司一 斎藤工
伊庭惟高 中村倫也
宮藤和生 佐野史郎
謎の男 リリー・フランキー
高野民夫 塚本晋也
二階堂大作 國村隼
江波百合子 木村佳乃
久谷ありさ 小林聡美
東松 佐藤浩市

●スタッフ●

監督、脚本 吉田大八
原作 塩田武士
脚本 楠野一郎

映画『騙し絵の牙』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「騙し絵の牙」観てきた!
ネタバレになっちゃうから何も語れないけど‥洋さま流石✨
倫也くんと斎藤工くんの贅沢な使い方♡
とりあえず帰り道爽快です!氷魚くんもかっこよかったなぁ
倫也くんの御曹司感ハンパない\(//∇//)\ スキ

 

◉『騙し絵の牙』鑑賞終了。
予告編がピント来なかったのでダメ元の鑑賞だったが、
優秀な原作と豪華なキャスト陣の熱演が見事に融合。

終盤に入ってややダレたように思わせておいて、
それさえも計算ずくだったとは完璧に一本取られたであります!

 

◉『騙し絵の牙』
推しキャストといえば
松岡茉優ちゃんなのは揺るがないのだけど、
役としての推しは國村隼の演じる大作家二階堂先生。
二階堂先生のあれやこれやに萌えた。
だいなさん的に裏ヒロイン認定してもいいくらい。

 

◉『騙し絵の牙』見てきた。
三国志よりはだいぶんよかった。

いろいろ思うところはあったけど、
テンポが良くて最後まで飽きずに楽しめました。

 

◉『騙し絵の牙』鑑賞。
新しいかたち?のコンゲーム!
軽妙洒脱な雰囲気と主人公演じる大泉洋さんの飄々さが
相まってどんどん面白くのめり込んでいきました。
傑作!
出版業界のことと書店業界の現実問題を少しだけ頭の中に入れてから観ると尚更面白いです!
オススメ!

◉映画「騙し絵の牙」、原作読んでた方がアレだわ・・。

 

◉『#騙し絵の牙』を鑑賞。大
泉洋を完全あてがきした小説の映画化。
不況にあえぐ出版業界、大手出版「薫風社」でもそのあおりを受けていた。

どこからが仕掛けなのか?と思ってしまう程、
登場する作家・編集者・経営陣と一筋縄ではいかない。
社内間の対立構造が、半沢〇樹を思い出した。

 

◉『騙し絵の牙』
ストーリー的には、まあなかなか面白かった。
ただ単調な流れなので、盛り上がりに欠ける作品ではある。

 

◉『騙し絵の牙』
昔、原作読んでたはずなのに全然予測がつかなくて大変面白く観れましたw
國村さんが大作家っぽくてよき。小林聡美さんも良いー。
いい男(倫也と工)がちょい役過ぎるのが逆に贅沢?
一番美味しいのは主役の洋ちゃんじゃなくて松岡茉優ちゃんだったね♪

 

◉『騙し絵の牙』を見ました。
山本夏彦は出版社の主人でしたが、
職人をテーマにしてましたですけれどねえ。
職人をどうすると言いたいです。

 

◉『騙し絵の牙』原作未読。
斜陽の出版業界で社内のパワーゲームに巻き込まれながら
愛する文化の存続に奮闘するドラマ。

騙し騙されの冷徹なビジネス話に見えて、温い血の通いが、
小さな火種としてどの業界の誰にも宿る爽やかな余韻とエンタメ性の融合。

 

◉『騙し絵の牙』
テンポよく気持ちよく出し抜いたり出し抜かれたり。
最初っから最後までダレることなく面白い映画でした。

「キャストで展開が読める」という映画評もありましたが、そこは適材適所。
予想済みの展開でも「せやな」とカタルシスが得られ、観た後の心地がとてもよいです。

 

◉『騙し絵の牙』
サントラの最後の2曲ちょー好きでずっと聞いてられる👂🎶
頭から離れなくなる😂

 

◉『騙し絵の牙』 面白かったね!
アイデアのもらい方はいろいろあるなと勉強になった。

 

◉『騙し絵の牙』観てきた。
小説と結構話が違うけど
バラエティ感の強い大泉洋さんの演技姿かっこいい…。

内容は映画で分かりやすくしてる感じかな?
でも最後はモヤッとする終わり方だった…。

 

◉『騙し絵の牙』観て来ました😊
氷魚くんかっこ良かった💕

 

◉『騙し絵の牙』
面白い…!!オススメ!私もまんまと騙されました😏
大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市、木村佳乃、池田エライザ、
宮沢氷魚、小林聡美、國村隼…皆曲者。
中村倫也の出番少ないな〜と思うくらいの豪華俳優陣。

 

◉『騙し絵の牙』鑑賞
映画見る度に予告編見せられて大泉洋主演だし面白そうだなと思って見てみたら
予告編で煽っていた真の目的がハードル上げすぎていてちょっと拍子抜けしましたが、
それはそれとして面白かったです

 

◉【騙し絵の牙】観てきたー!
大泉洋ちゃん好きなんだよねー!
すっげぇ面白かった!
内容少しでも話すとネタバレに繋がりそーなのでなんも話せんw
斎藤工、中村倫也めっちゃカッコ良かったよ。
池田エライザめっちゃ可愛かった!
久しぶりの映画鑑賞、満足満足😊😊

 

◉また今年の邦画名作記録を更新してきたぞ、
『騙し絵の牙』。

予告CMを見て『騙される言い過ぎ…』とは思ったけど、
それ含めてとても良い観賞後感。
人間関係ドロドロのように予告は見えるけど、
希望に溢れた物語でした。良かった。

 

◉吉田大八監督ファンとしては初日に観たいので
『騙し絵の牙』。

大泉洋であてがきされた小説が映画になるという
捻れた構造も最高で伏線回収映画好きなので大満足。

松岡茉優を女優として最初に認識したのは
『桐島、部活やめるってよ』だったけど改めて本当に素晴らしい女優だと思った。

 

◉『騙し絵の牙』
ねぇ、めちゃくちゃ面白かった。
危なく劇場内で「おもしろ……」って呟くところだったね。
危なかったね。

 

◉『騙し絵の牙』
大泉洋主演を視野にいれて書かれた原作をまさか御本人が演じるという
出版業界の内部抗争を描いた作品

ビジネス頭脳戦‼!その笑顔は一体どんな感情なのか....
爽快に物語も進んでいくので観やすい!

 

◉『騙し絵の牙』見に行った!

小説は面白かった思い出あるけど内容全く覚えてなくて、
映画見ても思い出せなかった・・

面白い小説読みたくなったー
バイバイしたらちょっと死ぬとかね

 

◉『騙し絵の牙』
ほんと速水さんって切れ者よね。
いろんな人を転がして(笑)、うまい方向に持ってく。
ま、最終的には… だけど。

これ、演じてる上では悟られないように抑えていかなきゃいけないから、
すごく難しい演技を要求されてるのが分かるし、
それを演じる大泉洋という役者が素晴らしい!

 

◉『騙し絵の牙』
ビジネスの頭脳戦。
周りの意表を突いた戦略でビジネスを成功に導く
編集長の言動に目が離せませんでした!
大泉洋さんのキャラ演技に引き込まれます。

スポンサーリンク

 

◉『騙し絵の牙』
中盤まで面白かったけど、なんか…思ってたのと違うというか
なんだこのもやもやって感じ

 

◉『騙し絵の牙』面白かった~

最近長い映画ばっかり観てたから、2時間なんてあっという間だった!

本はやっぱり紙で読みたいよね

という訳で今更、騙し絵の牙読みます📙

 

◉『騙し絵の牙』
「騙されたいあなたへ」というよりは
「仕事で成功したいあなたへ」という映画だと感じたれど、
難しい企画を諦めて自分を守っている節があるので刺さった。

出版業界を4年かけて取材したとだけあって、
リアルな描写が描写が物語を支えていた。
豪華キャストの芝居を見せるための映画。

 

◉『騙し絵の牙』
大泉洋さんの映画は外れなしだけど、これ、超面白かった~
共演者がそれぞれワクワクさせてくれた🎵

 

◉『騙し絵の牙』
展開早過ぎてついて行くのに必死だった笑
けど、上手くできてて出演者もバランス良くて面白かったー!
我が家の坪倉さんの雰囲気や芝居が馴染み過ぎてて。
あと小林聡美ちゃんがオシャレでチャーミングでとても◎
面白い映画だった!茉優の攻めてく感じちょっとゾワッとしてそれも◎

 

◉『騙し絵の牙』
幾つもの謎があり騙されていくので、
最初に与えられるイメージが覆ります。

◉『騙し絵の牙』。
雑誌のリニューアル号ができるまでの見せ方の手際良さに引き込まれた。
終盤に浮かび上がるものの余韻が味わい深い。
あおり過ぎではと不安視していた予告編を改めて見直すと、
その出来栄えにも唸らされる。

 

◉『騙し絵の牙』
良かった!面白かった!!

 

◉今朝見てきました。『騙し絵の牙』。

痛快と言う言葉がふさわしい。
大泉洋さんがそれらしいのはもちろんなのですが、いろんな騙しの応酬で。
途中であ、この大小説家はあの人にクリソツだとか(笑)😆

大物俳優達が騙し騙されの、どこが着地点かわからない展開に最後はニンマリ(笑)😆
何度かふいた(笑)😂

 

◉『騙し絵の牙』
原作が好きなので大好きな吉田監督がどのように描くのか楽しみにしていた。
エンタメ性溢れる作品。

予告での「お前こんな事考えてたのか」は出演者全員に向けても過言ではないほど曲者揃い。
自分も思う読み物に対する希望や愛も感じた。

 

◉『騙し絵の牙
出版不況の中、創業一族の社長が急逝した大手出版社が舞台。
廃刊の危機を迎えた雑誌の新編集長は大胆な奇策に打って出るが……。
本好きには堪らないコン・ゲーム系ミステリで役者の顔ぶれも含め楽しかったけど、
このジャンルの名作に匹敵する真の驚きは感じられず💦

 

◉『騙し絵の牙』
ちょっとタイトルに引っ張られたかな。
騙し騙されどんでん返しの応酬かと思ったら意外と普通に話は進む。

もちろんその末にはひっくり返しはあるんだけども。
テンポもよく役者さん達もしっかりだったけど、
もう一山二山刺激が欲しかったような。
わかりやすいお話です。(いい意味で)

 

◉『騙し絵の牙』
出版業界における生き残り闘争。
大泉洋さん演じる編集長の掴みにくい飄々としたキャラクターがとてもはまっていた。
松岡茉優さん演じる翻弄される新人編集者とのコンビもよく、楽しめるエンタメ。

 

◉『騙し絵の牙』
ストーリーも良くて伏線回収も良くて面白かった
このキャストで主演すごいなー
大泉酔う😁
さすがです

 

◉『騙し絵の牙』観てきた!
原作とは別物。テンポ良くて、あっという間に時間が経ちもっと観てたかった。
原作は原作で面白かったけど映画はやはりエンタメ感強めで面白くて良かったな!

洋ちゃん、、立派になっちゃって、って感じ☺️
松岡茉優ちゃんも可愛くて上手い!

 

◉『騙し絵の牙』
騙しに騙されの連続!どこが本音や偶然で
どこが計算なのか1回観ただけでは整理がつかない😵

テンポのいいストーリー展開、リズムのいい音楽、
これすらも観客を騙す手法かのように思えてきた。
もう一回騙されに行く!

 

◉『騙し絵の牙』!
面白かった!!!めちゃくちゃ、面白かった!!!
単純人間なのでちゃんと騙されました笑
権力争いドロドロだなぁ〜って観てたけど、後味は何とも爽やか😊
キャストさん、みなさん流石でした拍手
私の大好きなあの方も名前だけ出てきてにやけた笑

 

◉映画『騙し絵の牙』を観てきた。
大泉洋をモデルに書かれた小説の映画化。
カリスマ社長が亡くなった出版社で、
現状維持派の妨害を受けながら改革を行っていく話。

ストーリーの中で何度もどんでん返しが組み込まれており、
テンポ良く話も進むので、後半になるに連れドンドン引き込まれていく作品でした。

 

◉『騙し絵の牙』鑑賞。
相手を熟知して面白いことを どんどん仕込んでいく編集長 速水。
言葉巧みな役どころは 大泉洋 ハマり役!
振り回される編集者 高野。
本を愛する想い、優れた視点が魅力的!台詞が面白い!

 

◉『騙し絵の牙』見てきました。
えっ、えっ、えっーなどんでん返し!!めちゃくちゃ面白かったです!!
まるでジェットコースター🎢にのってるか?の臨場感にふっとなるところも……。
あっという間でした。
また見に行きます!

 

◉邦画「騙し絵の牙」おもしろかった〜
前情報全然見てなくて大泉さん主演てことしか知らなかったけど
めちゃテンポよかったっす

 

◉『騙し絵の牙』。
伝統と革新で揺れる出版社を描く。
“騙し”というとトリックを見破るべく構えてしまうが、
観客を騙すというより劇中の登場人物たちによる駆け引きであり、化かし合い。
故に予告の煽りは疑問。ただテンポ良くエンタメ作品として満足。

 

◉『騙し絵の牙』見てきた
めっちゃ騙されたわ
思ったよりすっきりはしなかったけど

 

◉『騙し絵の牙』
國村さんと氷魚くんがめっちゃ良かったなー。
それしか言えないw

 

◉『騙し絵の牙』
原作未読で映画館で観た予告だけでかなりワクワクしていたので、
想像していた騙す騙されるのテンポ感は違ったけど、
キャストの豪華さで見ていて飽きることも無く、
散らばってた線が繋がっていくような感じが気持ちいい映画でした。

 

◉『騙し絵の牙』観た!
コンゲームとしては至って順当な安全牌的作り。
それよりも出版業界というある種の典型をサンプルにした
グローバリズム社会における組織と個人の相剋の戯画化として楽しむべきかも。

それだけに落とし所がファンタジーになってしまうのは、
如何なものかというもどかしさもあるが。

出てくる芸達者たちが、揃いも揃っていかにもな
パブリックイメージに沿った人物を演じているのが楽しくもあり安っぽくもあり。
市井の書店主役の塚本晋也が単なる良い人なのもなんだか勿体ない。
このキャストなら彼こそが真のラスボスでも良い感じだが。

私、常々松岡茉優って、上手いけど何やっても
嘘臭いと感じる不思議な女優だと思っていたのだが、
騙し合い映画の本作ではその嘘っぽさが吉と出た部分はある。

原作時点から当書だった大泉洋がとんと精彩を欠くのは、
実は彼こそキャラではなく演技で勝負している役者だということなのか。

 

◉「騙し絵の牙」観て来た。
エンターテイメントとして観るには面白かった😊
ただ 昔 出版社で仕事していた身としては
時代の流れとはいえ、紙の媒体無くならないでくれーと思うよ…😢

 

◉『騙し絵の牙』
観客を騙すってより劇中での騙し合いの印象のが強いから
予告から受ける感じとは違うかなぁ…。

仕掛ける側として見るとめちゃめちゃ面白いし、
巻き込まれるいち社員として見るとそんなことして面白いですかって思うw

 

◉「騙し絵の牙」楽し過ぎ😆
どれがウソなのか、どんな嘘なのか、アレってそーゆーこと?!
会場から何度も笑い声が😂
1回では味わい切れないまた観なきゃだわ😅

 

◉『騙し絵の牙』
現状出版社は、時代が作り上げた伝統的価値と、
時代に取り残されそうな危機感の間で葛藤している。
しかしそれは編集も同じだ。

一方ではサラリーマン的に数字を上げないといけないが、
他方自分が愛する作品のクオリティを作り上げるクリエイターでもある。

サラリーマン的に動けば、時代に乗って新しいことをしなければいけない。
でもクリエイターとしては、長年の歴史が積み上げた価値にこだわりたい。
どちらかに偏れば空虚になるか時代遅れになるか。

というところでこっからが本題なんですが、
やはりラストのあの2人の対比は挑戦的かつ最適解だと感じた。

諸々粗がないわけじゃないけど、
「時代の先をゆくもの」と「逆にかつての出版業の価値を再発見する者」という。
そしてその2人は戦い続ける。お仕事ドラマとして最適解なラストだと思う。

 

◉『騙し絵の牙』
テンポもいいし攻めの姿勢が爽快感に感じる良さはあるものの、
予告やポスターにある騙し合いというのはちょっと違う気がした。
それを置いといて、普通に見たら面白い作品だと思う。
出てくる人みな個性があるので、そこも楽しめました。
本屋さんはやっぱりいいなあ。

 

◉あっという間に終わった😳
色んな所で騙し合いが起きてポンポン話が進んで行くから
ついて行くのに必死だった🏃💨

惟高さんもね…色々ありましたねぇ🤗
後半の惟高さんが某ドラマのあの役に見えてニヤッとした🤗

「騙し絵の牙」面白かったです😂
(大泉洋さん、とても良かったなぁ←)

 

◉『騙し絵の牙』
面白かった〜〜〜
この作品が大泉さんを主人公にして
書かれたものって知ったらグッときちゃって
あぁ今度この人の舞台生で観れるのかと
思ったらワクワクと期待しかない。
俳優大泉洋が好きすぎる件について

 

◉『騙し絵の牙』
大泉洋で当て書きした小説の映画化ということくらいしか情報を入れずに鑑賞。
端役も豪華な俳優陣で得した気分。思わぬ展開も含めて、お仕事映画としても面白かった。
観終わったあとに何だかやる気が漲る~!

 

◉『騙し絵の牙』見てきたわー
エンタメ映画。やっぱ騙し騙されどんでん返し系は面白い

 

◉『騙し絵の牙』観てきた。
結構面白かった。
松岡茉優ちゃん、やっぱ演技上手いわ。
洋ちゃんもなかなかクールだったよ。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 316 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.