サスペンス ドラマ 小説 青春ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『青くて痛くて脆い』の感想評価評判

投稿日:

「吉沢さん綺麗なカオしとるんよぉ!」「秋吉役の杉咲花はもうイメージが合致しすぎ!」「吉沢亮くんと杉咲花ちゃんの演技力が圧倒的に光る作品でした!」


上映中【2020年8月28日(金)公開】

 

『君の膵臓をたべたい』の住野よる原作の同名小説を、吉沢亮と杉咲花主演で映画化した青春サスペンス。“大切な仲間”と“居場所”を奪われた男子大学生が、嘘と悪意にまみれながらも復讐を果たしていく様を描く。光石研や柄本佑などのベテラン勢をはじめ、『帝一の國』の岡山天音や『酔うと化け物になる父がつらい』の松本穂香、『ミスミソウ』の清水尋也ら若手俳優陣が脇を固める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

人付き合いが苦手な大学生の田端楓と、空気の読めない発言のせいで周囲から浮いている秋好寿乃。孤独なふたりは“世界を変える”という大それた目標を掲げ、秘密結社サークル「モアイ」を作るが、秋好はこの世界からいなくなってしまった。やがて「モアイ」は意識高い系の就活サークルに成り下がり、取り残された楓の怒りや憎しみといった歪んだ感情が暴走し始める。

●キャスト●

田端楓 吉沢亮
秋好寿乃 杉咲花
岡山天音
松本穂香
清水尋也
森七菜
茅島みずき
光石研
柄本佑

●スタッフ●

監督 狩山俊輔
脚本 杉原憲明
原作 住野よる
音楽 坂本秀一
主題歌 BLUE ENCOUNT

映画『青くて痛くて脆い』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『青くて痛くて脆い』鑑賞。
タイトル通りの作品でした。
理想と現実の狭間での揺らぎ。
是と非の表裏一体。
人間誰しもが抱えている問題だなぁと思いました。
吉沢亮くんと杉咲花ちゃんの演技力が圧倒的に光る作品でした!

 

◉『青くて痛くて脆い』鑑賞。
なくした親友のために意識高い系サークルを
潰そうとする大学生を描いた狩山俊輔監督作品。

胃がムカムカして気持ち悪い。
ある種の共感性羞恥もあいまって、ひとりよがりな主人公に対する
不快指数が私の中でとんでもないことに。
この拒否反応も吉沢亮の見事な熱演のたまもの。

 

◉『青くて 痛くて 脆い』を観た。
ラストまで、青くて痛くて脆い物語だが、
この歳になっても未だに青い自分には決して笑えない。

 

◉吉沢亮・杉咲花主演の『青くて痛くて脆い』
青春の闇を描いた傑作!
リア充への復讐で“闇落ち”した吉沢亮がイタいのに美しい

 

◉『青くて痛くて脆い』観賞。
タイトル秀逸。孤独感。すれ違い。
言葉にすれば良かったのに間違った方向に言ってしまう。

それぞれの台詞が胸にグサグサと突き刺さる。
キャストも良く、何より吉沢亮くんの演技がいい語りもいい。
大切な何か考えさせられる作品です。

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきた。
恋愛面での情けない自分を映画にしたかのような
「僕の好きな女の子」に続いて、人間関係においてのダメだった自分を
映画にしたかのような「青くて痛くて脆い」だった。

痛いところをグサグサ刺されたけど、
度直球に人間関係においての
こういう心理の動きをテーマに持って来るの凄いと思う。

 

◉『青くて痛くて脆い』
初日行ってきました。
原作も映画も最高すぎでした。

◉「青くて痛くて脆い」
特に好きな俳優さん出てるわけじゃないけど、
予告見て気になってたもの。
観終わって、タイトルの意味がぐっときた。
それ以上は言いません。

 

◉『青くて痛くて脆い』
初日に観に行って面白かったので再度観に行きました。
DVDが発売されるのを楽しみにしています。

 

◉『青くて痛くて脆い』みてきました💙
もう最高でした😭
ほんと青くて痛くて脆かったです…😭
色んな人にみてもらいたい映画でした😭
え?!って思うような嘘でした。笑

 

◉『青くて痛くて脆い』
肥大した理想に飲み込まれ闇堕ちする青年の視点は世界を炎上させる。
多様なキャラ(人格)の中で自他を見失い、傷つき、傷つけた先にある恍惚の痛み。
些細なすれ違いで争い、そのたび大切な何かを抱きしめる。吉沢亮がかなりいい

 

◉『青くて痛くて脆い』。
夢が巨大化して化物になっていく。
ダークサイドへ落ちそうな楓の視点で、彼の孤独が伝わってくる。
「秋好が居ない世界」とは何なのが前半のドラマを引っ張り、
印象に残る台詞も多数。
コミュ力、距離感、友情など、人と出会うことや自分という概念を考えさせる作品。

 

◉『青くて痛くて脆い』
見てる時のワイ「吉沢亮したまつ毛長っ」
見終わったワイ「吉沢亮下まつげ長かったな、、」

 

◉『青くて痛くて脆い』を映画館で見てきました。
原作読んで楽しみにしてたけど、色々思うことがあった

 

◉みんな『青くて痛くて脆い』見て…
最高に気持ち悪くて痛い吉沢亮くんに会えるから

 

◉『青くて痛くて脆い』
ちょっと予告とか見て思ってた内容と違ったな。
ややモヤモヤする、なんかもうちょいエピソードが欲しかった感がある。
原作は角野よるさんの小説らしいので、
文章で見たらまた違うし補完されてるとこもあるのかも。

タイトル「青くて痛くて脆い」通りの内容でしたな。

 

◉「青くて痛くて脆い」
実写版の告知見て、ほーん、、?ってなったw
入りが斉藤壮馬さんボイスだったからか
さらっとした読み心地だけどしっかり針を刺してくる感じだったけど
やっぱ生身の人間が演じるとグロテスクだね、、、内容もリアルよりだし、、、

 

◉『青くて痛くて脆い』
観終わるとタイトルの意味がわかります。
原作を読んでないせいか、
無駄に伏線を考え過ぎて、肩透かしを食らう私です💦
だって光石研さん出てくるから、しかもあんなにギラギラしてるし笑笑
なんやかんやで、観賞後に母も私もあれこれ感想が止まらない😆
楽しい時間でした💕

 

◉『青くて痛くて脆い』
痛い…痛すぎる…笑
でもこういう人ってわりと多くいるんじゃないかなって感想。笑
吉沢亮の顔面は天才的にイケメンだったけど😍

 

◉『青くて痛くて脆い』
君の膵臓をたべたいの世界観覆された笑
とっても良かった😌

 

◉『青くて痛くて脆い』
見入っちゃって、あっという間の2時間だった🗿
まだまだ見てたかった🗿

『さくら』も見たい。
小説読んでたから、気になる。

廉といい、お亮といい、スクリーンで顔面国宝を見れるなんて♡

 

◉吉沢亮さん、杉咲花ちゃん主演の
「青くて痛くて脆い」公開日に見に来ました☺️

主人公2人のどっちの気持ちも分かるなぁって
「自分らしく生きる」程難しい物は無いよなぁ…。
考えさせられる映画でした。

天音くんがパーマでああいう役本当に多いなぁ
何でだろ笑?似合うんだけどね
あとあのシーンににやけてしまった

 

◉『青くて痛くて脆い』
原作を読んだ者として、秋吉役の杉咲花さんはもうイメージが合致しすぎて、
最初からテンションがあがりました!!ですが、楓を演じた吉沢亮さんは、
正直、ちょっとイメージと合わないかなーっと思っていました。

私がイメージしていた楓は映画の序盤に感じる気弱な性格で
どこか気怠さを感じさせる男の子で、テレビで見ている吉沢亮さんの雰囲気といいますか、
ノリの良さ、THE陽キャラのようなキラキラした男子ではない気がしていました。

しかし、そんなイメージと合わないかなと疑った自分を呪ってやりたくなるほど、
吉沢亮さんが楓でしかなくてその演技に胸にこみ上げてくるものがありました。
さすが役者だなと演技力の高さに驚かされました。

秋好と出会った頃の楓の気怠さの表情、2人でモアイを立ち上げ、
少しずつ本音が漏れ、柔らかくなっていく楓の表情、
モアイが拡大して2人だけのモアイで無くなっていき
秋吉を見つめる悲しさを含んだ楓の表情など、
一つ一つの演技が繊細で細かなところまで演じられていて
言葉を発さなくとも表情だけで気持ちが伝わってくるというほどでした!!

内容に関して一見、絶対に交わらないはずの2人が出会い、
共に秘密結社モアイを立ち上げ心通わせていくラブストーリーにも見え、
かと思いきや—彼女は死んだんだ—と彼女を奪った自らが立ち上げた
’モアイ’への復讐、さらにそこからもう1段階踏み込み、
その復讐の本当の意味とは—
驚きに驚きを重ねる、飽きない展開がすごい良いと思いました!!

時折見せる、吉沢亮さんの強張った表情、目つき—
あれは一体、何に向けられたものだったのか。
楓が本当にしたかったものは何なのか。
少しずつ、でも確実に紐解けて進んでいく物語構成が本当に良かったです!

また、憎しみだけが溢れている物語にではなく、
物語にちゃんと大学生らしい会話が挟まれているのも
ほっこりしていいなと思いました。

やはり映画はいいものです、映像で視覚に訴えられることで
本で読んだ時よりもいい作品だなと感じました。
(かなり前に読んだので忘れてしまったのですが、
終わりの部分が原作を違ったかな?と思ったので
後に原作を読み返してみようと思います) 気のせいかもしれないです。

スポンサーリンク

 

◉『青くて痛くて脆い』観ました。
この青春には嘘がある

とにかく引き込まれるストーリーだった。
また学生時代に戻りたくなった😅

 

◉『青くて痛くて脆い』
原作は読みました。
最後のもしもなりたい自分の想像シーンは
映画だから表せるモノでとても良かったです。

青くさいのは、痛いのは、脆いのは誰?
勝手な理想を相手に押しつけて叶わなければ、
被害者面をする私自身も経験があるからこそ言える
一番イタい奴は私なのだと。

個人的に人なら誰しも一度は理想が叶わずに周りに当たり、
誰かを傷つけたり、自分を嘆いたことはあるんじゃないかと思う。

肯定はしないけれど、人それぞれ生まれも容姿も育った環境も
異なるのだからその考えもまた理解できる。
それでも存在しなくていい人なんてこの世にはいない。
誰かがいて自分が成り立ち成長することができるのだから。
とても真っ直ぐな作品で自分を振り返る時間にもなりました。

 

◉『青くて痛くて脆い』
思っていた内容と全く違ってました

いや、勝手に思っていただけ…

今、感情が渦巻いています

頭整理せずにタイプします!

題名そのものです
青くて痛くて脆かった
私、素晴らしい作品に出会ったのでは?

吉沢亮くん、顔が整いすぎていて
役者として勿体ないと思っていたんです
素晴らしい演技力でした

講堂での杉咲花との言い合う場面は、
劇場内がシーンと静まったかのよう
面白かったです!!

 

◉『青くて痛くて脆い』
朝一から見てきた!
真面目に最近涙腺崩壊しててだめだ
たぶんそこまで泣く映画ではないんやろうけど、中盤から永遠泣いてた笑
ユメミグサもめちゃめちゃ合ってた、歌始まった瞬間またボロ泣き😂
楓くんの気持ちが分からんでもなくて、
気持ちのすれ違いはどうしても生じてしまうし、、。
だめや、余韻に浸るだけでまた泣きそう。笑
今読みよる本読み終わったら、くてくて読み始める!

 

◉『青くて痛くて脆い』
あのね、、もう、、、よかった、

人生で初めて公開初日の一番最初の回観に行った!
満足じゃ😋

吉沢さん綺麗なカオしとるんよぉ…
おめめが特に好きよ👀

なんで
青くて、痛くて、脆いのか解った気がするよ。

人間だニンゲン。

住野さん、この作品生んで下さってありがとう。
原作ちゃんと読む。

 

◉「青くて痛くて脆い」観ました。
面白かったけど、感動系でもないし一般受けするような内容でもない。
似た作品だと「何者」あたりか。ぼくときみ的な、
所謂こじらせた痛々しい「セカイ系」か。
私は好きだが、軽く人にオススメできる映画ではないなあ。
いい若手キャストそろってるのは確か。

 

◉「青くて痛くて脆い」
映像化だから当たり前なんだけど、原作より分かりやすくなってて、
個人的には原作よりまとまってる気がした

 

◉『青くて痛くて脆い』見てきた😊
感想的に言うと、
なりたい自分になれなかった主人公の
回想部分が最後に流れるんだけど、
泣けた。辛いし、それになれなかった
自分が憎すぎる。って思った。
でも面白かったな。原作読みたくなって帰りに原作買った🙆❤️

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきました
吉沢さん演じる楓が本当に痛かったし
気持ち悪い部分がいっぱい見えました(超褒め言葉)

今まで狭い世界仲良くしてた人を
新しく入ってきた人に奪われるんじゃないか…みたいな
不安とか嫉妬とか嫌な感情が
めちゃくちゃ見える演技で後半は泣きました……

 

◉『青くて痛くて脆い』見た
あくまで個人的な感想

良かった!…けど、小説版の方が好みかも…
愛や恋の物語じゃないから、もっと楓の強い否定が欲しかった
まじで楓のそういう嫉妬に見えちゃうし…
でもたぶん、映画の尺の関係でカットしたんだと思うのが
全体的にもったいないように感じた

◉映画『青くて痛くて脆い』
本当にタイトル通りだなって思った。

 

◉映画『青くて痛くて脆い』鑑賞終了

めっちゃ好き!(*´∀`*)
内容はマジでタイトル通り!!(力一杯!

原作未読で鑑賞しましたが、
ここまで何を書いてもネタバレになる映画は久し振り。

痛いヤツを蔑んでいたら自分が一番痛かったという映画ですね。

良い意味での予告詐欺。
感情のドロドロ感が秀逸!

 

◉映画「青くて痛くて脆い」
公開日の1番早い時間で見てきた。

小説読み直して、またもう1回見に行きたいレベル。
小説読んでてよかったとも思った。

俳優さん女優さんの表情ってこんなに強く心打たれるものだったっけ……ってなった。
映像や音楽があるからこそ伝わるものあった。

 

◉『青くて痛くて脆い』初回終了。
楓がかわいそうで哀れに思ったけど、
自分にも当てはまることあるんだよな…。
吉沢さんが全力で楓だった。吉沢亮ではなく楓だった。

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきました!
内容にも感動して泣いたし、
エンディングで先生の名前出た瞬間感動で涙が出てしまった…!
ほんとに素晴らしい作品でした😍
家帰ったら原作読み直そーっと!!

 

◉『青くて痛くて脆い』見てきた。
ちょっと期待しすぎたw
前半は面白かったけど後半につれてなんかな〜ってなりました(語彙力)

 

◉『青くて痛くて脆い』
初回で観に行ってきました!なんかもうタイトル通り、青くて、痛くて、脆いって感じ。。。
予告からは想像してなかった展開で(原作未読です)、面白かったです!
佑さんとのシーン、泥まみれのしょぼん沢さん子犬感あってめっちゃかわいかった

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきました。
ほんとに
青くて 痛くて 脆い
自分にも心当たりがあり
せつなく そして
スッキリしました🎵

 

◉『青くて痛くて脆い』
いなくなってしまった同志の意思を引き継ぎ、
大学サークルをぶっ潰す計画を実行する青年の、
青さと痛さと脆さを余すことなく描く。
あまりにも身勝手な暴走に、
気味が悪くなるけど、他人事じゃねえなと。

 

◉『青くて痛くて脆い』
主演2人の演技力が高くて
1つ1つの台詞が突き刺さってくるタイトル通りの映画だった。
森七菜の「サメに喰われた娘」はフルで聴きたい。

 

◉『青くて痛くて脆い』を観てきた。
好きな作家の住野よるさんの原作は読んでたので
すんなり入ってきておもしろかったでした。

 

◉『青くて痛くて脆い』
これはもう、青くて痛い位のレベルではない💦
あの残酷さを味わったらこの先どうやって生きていくの?って位のレベルかと…
なりたい自分になるのも大変だな。
杉咲花さんの台詞を全身に浴びて自分の事の様に打ちひしがれた😅
キングダムのイメージを良い意味で裏切る吉沢亮は必見

 

◉「青くて痛くて脆い」鑑賞
いかにして悪は誕生するのか?を描いた青春残酷物語…
おもしろいしグサグサ刺さる人には刺さってしまう映画だが
杉咲さん演じるキャラがあまりにもイタいので吉沢亮が本当に可哀想で見てられない…
森七菜さんが一番体当たりで熱演してましたよ

 

◉「青くて痛くて脆い」観賞。
良い意味で展開に驚いたのと、
またしても過去の自分を映画にしたかのような映画でグサッときた。

相手任せばかりでなく、自分の意志も主張して
バランスを取っていかないと良い関係は築けない。

理想主義者を装った現実主義者と、
現実主義者を装った理想主義者の構図も面白い。

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきました!
ななちゃんの演技、とても迫力がありました...歌もギターも上手だった!
これは観なきゃ損ですよ👀✨
不思議なサスペンス映画‼︎

 

◉『青くて痛くて脆い』観てきた
楓というキャラクターに共感する部分が沢山あったし、
楓が脇坂と話す場面での脇坂の言葉が自分の情けなくなった心に染みたᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀
そして吉沢亮君の演技が本当に凄かった…
この世に存在する日本語では言い表せない…

 

◉映画『青くて痛くて脆い』
それにしても人の内面を鳥肌が立つほど上手に描いていて、
まさに青くて痛くて脆いところ。
吉沢亮氏と杉咲花さんの迫真に迫る言葉のぶつけ合いは必見です。

 

◉『青くて痛くて脆い』
こんな傑作だとは思わなかった‼
刺さりまくって思い出しては泣けてくる。
青くて痛くて残酷で恐ろしくて脆くて‥とっても愛しい。
「誰かが救ってあげなきゃいけない男の子の純情」の物語だった。
鮮やかな傷みを伴う群像劇も素晴らしかった。
個人的には今年観た青春邦画でNo.1。

 

◉『青くて痛くて脆い』を鑑賞。
いいよー、こーゆーのいいよぉ。

妬み 嫉妬 憧れ 希望 夢など青春の渦にいる
青二才達を解きほぐすように繕っていくストーリーが良かった。

立ちはだかる壁に理想を掲げて
藻掻く事は若者の最強最大の武器なんだなぁと痛感

 

◉『青くて痛くて脆い』をみた。

内容的に思った感じではなかったけど面白かった!
なんか10代ってこういう事ありそうって

一番満足できたのは吉沢君の演技が
givaくらい狂気が出てて最高だと思った事!!

 

◉映画『青くて痛くて脆い』
小説と少し違う部分もあったけど、
面白くてあっというまの2時間ほどでした🙌🏻
吉沢亮さんの演技がすごすぎてもう…
杉咲花さんもはつらつな感じと天真爛漫さが合わさってかわいかった😍

 

◉映画『青くて痛くて脆い』
原作から色々変更があって、主人公がこじらせすぎた
やべえやつという位置づけは変わらないけど、

改変の結果、原作にあった「おまゆう」感や主人公も
モアイ側もお互い様だな感がなくなり、主人公が誰よりも理想を追い、
疎外感から暴走する面倒くさいやつになっていて凄かった

住野よる作品でほぼ毎回ある呼称(名前の呼び方)を利用した
叙述トリックは、作品ないし作家としてのテーマと
密接に関係していると思っているのですが、
映像では表現が難しいこともあってか

今回の『青くて痛くて脆い』でも『キミスイ』
映像化の時と同様、はしょられていた。原作小説も読んでくれ

名前の呼び方で距離感を測っていると作中で言ってるところは
残してるのに呼称を使った仕掛けだけなくしてるから個人的には残念だった。
楓が序盤に示す「この世界から秋好がいなくなって、
モアイに○○がいる」という認識は、
終盤の「田端君」呼びと対になってたわけじゃないですか。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 837 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-サスペンス, ドラマ, 小説, 青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.