ドラマ 人間ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『泣く子はいねぇが』の感想評価評判

投稿日:

「仲野太賀以外全く想像する事が出来ません!本当にハマり役!」「疲れ幻滅する妻役、吉岡里帆の演技は絶品!」「ラストシーンは本当に圧巻!皆さんの感想を聞きたいです!」


上映中【2020年11月20日】

 

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

雪の降る秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれ、現実を見据える妻のことね(吉岡里帆)と違い、たすく(仲野太賀)はいつまでも父親の自覚を持つことができずにいた。そんなたすくに、すっかり愛想を尽かすことね。父親らしさを証明できれば、ことねは許してくれるはず。そう考えるたすくだったが……。大晦日の夜、“悪い子はいないか”とナマハゲたちが男鹿の街を闊歩する。その最中、全力疾走する全裸のナマハゲが、生中継のニュース番組で全国に放送される事件が起きる。その正体は、ことねとの約束を守れず、泥酔しきったたすくだった……。

●キャスト●

たすく 仲野太賀
ことね 吉岡里帆
志波 寛一郎
悠馬 山中崇
田村健太郎
古川琴音
松浦祐也
師岡広明
高橋周平
板橋駿谷
猪股俊明
せつ子 余貴美子
夏井 柳葉敏郎

●スタッフ●

監督 佐藤快磨
脚本 佐藤快磨

映画『泣く子はいねぇが』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『泣く子はいねぇが』
すぐには感想をかけないので3連休に向けてとりあえず。
もう非の打ち所がない!役者・脚本・映像・ユーモア…全てが素晴らしい。
今年ベスト級。太賀くんは男のだらしなさと意地と希望を全て体現しちゃうなぁ。
そして寛一郎くんも!この骨太さはさすがスターサンズ。

 

◉佐藤快磨監督長編デビュー作
『泣く子はいねぇが』がとても良かった。

舞台は秋田県、父親になれない男の物語。
人は泣きたい時に笑っていたり、心と動作は真逆だったりする。
そんな人間のおかしさ悲しさが満ち満ちた演出が素晴らしい。
省略の仕方も好き。

 

◉映画・泣く子はいねぇが
仲野太賀主演。

駄目で頼りなくてカッコ悪い主人公を中野英雄さんの息子、仲野太賀が熱演!

吉岡里帆ちゃんが出てると聞いて👀

主人公たすくが駄目すぎて彼の未来が全く見えない笑

何とも言えない気持ちになりました🤔

けど、私生活が全く駄目x2な自分は…好きだなぁ👹笑

 

 

◉映画を見てきた
「泣く子はいねぇが」

企画が是枝裕和さんなんですね。
監督・脚本・編集は、本作が劇場デビュー作となる佐藤快磨さん。
なかなかいいんじゃないでしょーか。
吉岡里帆さんの起用がうれしいよ。
仲野太賀さんもいい役者さんですね。

 

◉『泣く子はいねぇが』鑑賞。
思っていたよりも主人公が辛かったです。
ラストシーンが切ないのなんの。
ここまで笑顔のない吉岡里帆さんも珍しかった。

◉「泣く子はいねぇが」
吉岡里帆は可愛くて、スタイルが良くて、
演技が出来て、可愛くて、売れっ子だから妬みの対象にされていると共に、
過小評価されているという現実を真剣に大問題として
考えていかなければならない作品ですた。

 

◉『泣く子はいねぇが』
監督・脚本: 佐藤快磨
女は子を産んで母となるが、男はいつ父となるのか。
何もない男の思いは、それ故に厚かましくはた迷惑。
ニヤけたヘタレ男の迸り。
何もない男が、父になった瞬間を見る。

 

 

◉『泣く子はいねぇが』
素晴らしかったです。
古臭い日本映画なんかじゃありませんので。
ラストシーンやばいです。
エンドロールのあとに神様たち出てきます。

 

◉『泣く子はいねぇが』
エンディングが好きすぎるのは私だけ?
とにかくエンディングが素晴らしい!
近年の映画の中ではベストかも!
仲野太賀くんの演技&映像、大画面で見る価値あり。
これは秋田だけの映画じゃない。オススメです!

 

◉『泣く子はいねぇが』😳

佐藤快磨 監督作は初ですが、一発でノックアウト👊👹
彼が画く『クズな男』は元々どうしようもない奴、
もがかず、流され、どん底に落っこちるのに
(ここまでニューシネマ風)
世の中を呪いもせず、沈黙、寂しく笑う
共振😢

あんま邦画観ないけど、この監督作ドンドン観たい

 

◉『泣く子はいねぇが』
おもしろかった!仲野太賀よい!吉岡里帆よい!
寛一郎よい!エンドロールにとても愛を感じた👹
しかし余さんはなんにでもなれるなぁ

スポンサーリンク

 

◉「泣く子はいねぇが」観てきた。
太賀たすくのズレや甘さが刺さり過ぎた…
まさに現代のリアルで、
色々な事に通ずる問題点が含まれていて(盛り沢山💦)、
考えさせられる作品でした。
俳優陣の皆様がさすがで、泣かされてしまった。

 

◉「泣く子はいねぇが」をさっき見た。
エンドロールに切り替わった瞬間に肩を揺らして泣いてしまった。
刺さり過ぎる。重ねてしまう。覚悟してなかったのでくらった。
おれはシロクマ効果から脱しているのか自信ねぇ。

 

◉『泣く子はいねぇが』を鑑賞。
主人公のたすく(仲野太賀)は自分のやらかしたことから故郷から逃げる。
妻や子供とやり直すために帰ってくるが...。
失敗や炎上をすると一瞬で終わりになる今のことを考えさせられる。
ことね(吉岡里帆)のあの表情が突き刺さる。

 

◉映画『泣く子はいねぇが』
秋田の方の温かさや団結がすばらしかったと。
撮影風景を想像して泣ける。

 

◉別に期待しないし、どうにもならないんだけど、
最後めちゃくちゃ泣いてしまった。

『泣く子はいねぇが』

けど眼鏡なくてぜんぜんちゃんとみれんかったからたぶんもっかい観る

 

◉『泣く子はいねぇが』
妻役の吉岡里帆も今迄は鼻についていた頑張り過ぎと
小悪魔感を封印した素の佇まいと、
母の強さと内に秘めた孤独が悲しく揺れ動くキャリアベストの存在感。

そして主題歌も歌う折坂悠太のプリミティヴだけど現代的でもある
シンプルなスコアが見事に映像と融合して流石。白熊カワイイ!

 

◉『泣く子はいねぇが』
男鹿のナマハゲという地方のピンポイントなモチーフから
普遍的な物語を紡いだ佐藤快麿監督の劇場デビュー作が心にしみる。

覚悟も責任もないまま父親になってしまった仲野太賀の情けなさは、
大失態の後で東京へ逃げてからも孤独と疎外感の合わせ技で深まる一方。

帰郷してからはさらに
身勝手な思い込みの悲壮感まで加わり居た堪れないが、
それを哀愁漂う乾いた侘しさとして映像に留める
絶妙なバランス感覚が新人とは思えないめちゃいいセンス。

そして溜め込んだ想いが完璧なシチュエーションの中で
爆発する最後の破壊力が半端なく、その叫びが切なく胸に突き刺さる。

 

◉『泣く子はいねぇが』
いいんですよ
仲野太賀さんのダメ男が絶品で、
それに疲れ幻滅する妻役の吉岡里帆さんも絶品。
その心情に秋田県男鹿市のシンクロする風景は世界が認めるほど絶品です

 

◉泣く子はいねぇが」

はじめに、私は「男ってみんなこうだから」
「これが男なんだよ」みたいなことを自ら言ってしまう、
もしくはその言葉に当てはまるような人がとてつもなく苦手です。
わかっているなら直そうよと。

でも、そんな男性の成長を描くこの作品はとても好きでした。
好き、という言葉では簡単に言い表せないくらい、
強烈なビンタをくらったような。

監督はまだ31歳、オリジナル脚本の本作で
商業映画デビューを果たした佐藤快磨さん。
主演の仲野太賀さんも絶賛していたラストシーンがとにかくすごいです。
迫力と余韻。

もう1回見たいけれど、主人公の元妻を演じた
吉岡里帆さん側の気持ちになってしまう前半がつらいので、
何度もはきつい。

でも、あの震えるようなラストシーンはまた体感したい。
とにかく、これからも佐藤監督の作品が見たいです。

 

◉映画「#泣く子はいねぇが」公開となりました。
多くの人に是非観てもらいたい内容です。
ラストシーンは本当に圧巻です。
皆さんの感想を聞きたいです!

 

◉『泣く子はいねえが』
秋田の男鹿半島。
たすくは子供が生まれ喜びいさんで出世届けを出しに行くが。
妻のことねはいつまでも父親としての自覚が無い彼にイラつく。

たすくは地元の伝統行事「ナマハゲ」に参加し、
妻との約束通り早く帰ろうとすが、仲間がそれを許さず泥酔し、
ナマハゲの面だけつけ全裸で街を走り出すという失態をおかす。
逃げるように東京へ出て行くたすくだが。

父親になったり、母親になったらやっぱり覚悟というものが必要なんでしょうか。
自然になっていくものだと思っていたけど。
その辺がたすくとことねの気持ちのすれ違いなんでしょうか。
そんなものが無かったわたしは、結構たすくよりの人間のような。

仲野太賀さんはいろいろ出まくりで、
特にハンサムとかでは無く、どこでもいそうな感じがまたいい😊

 

◉『泣く子はいねえが』
秋田県の👹ナマハゲ、
俳優陣が素晴らしいエンドロール終わりまで見て欲しい

主題歌も大好きな折坂悠太さん😍

👹を断る人も増えてきたらしいのを悲しく思う

 

◉『泣く子はいねぇが』

若い監督が撮った会心作。
まるでこちらもそこにいるかの様な錯覚を覚えるカメラワーク。
実際にそこにいたかのような人たち。
切なくも力強いラストシーンの見事な落とし込み。

見ているともどかしく感じる、大人になりきれない、
男になり切れない、父親になり切れない若者。

一方で母親になった女はすでに現実を見る。
男はそこのギャップを気づいて埋められるのか。

よく、子供は女の子が早熟で同年齢の男の子と比べて
ギャップがあるって言うけど、それって
子供に限らず大人になっても縮まらないんじゃないかって思う。

しかしこの監督、
是枝さんに惚れ込まれただけあって只者じゃない感ある。

元妻のことねを探す主人公たすくが入った
開店前のキャバクラの店長がめちゃくちゃ面白くて、
その他にも随所でとぼけた笑いのツボがあって、
そこだけにもセンスが見える。

柳葉敏郎や吉岡里帆の活かし方も心得てて、
これで31歳とは恐れ入る。

この作品のエッセンスであるナマハゲの迫力を体感する上でも、
是非とも映画館で観るべき作品。
素晴らしかったです。

 

◉「泣く子はいねぇが」鑑賞。

青春の終わりをテーマに、
迷いながら大人になっていく20代の若者たちの姿が描かれる。

主人公のどうしようもなさや情けなさがちょっと分かるな。
大賀という役者は憎めないダメ男を演じるのが本当に上手い!

ラストは心苦しくなったが、主人公が
一歩踏み出せた気がしてその後を応援したくなった。

 

◉公開初日の朝イチで観賞🎬
“泣く子はいねぇが”

クスッとしたりウルッとしたり...
みんないろんな経験をして大人になるのよね

自分の住んでいる土地が映画の風景となって
目に飛び込んでくる不思議さと感動!!

期間中にまた観に行きたいな😊

 

◉『泣く子はいねぇが』
複雑な気持ちにさせてくれるいい映画でした

【年を重ねれば、大人になれると思ってた】

【そんなに正しくなんてなれない】

【子どもを産むだけで母親になれるわけじゃない】

【いつまでもたっても男は子ども】

 

◉『泣く子はいねぇが』
もし主演を他の俳優がやった場合…とかよく想像するけど、
今作は仲野太賀以外全く想像する事が出来ませんでした。
本当にハマり役。

吉岡里帆のイメージ変わった。気になる女優さんになりました。
とにかく「間」が心をえぐる。
ラストの切なさがたまらん。
じわーーーーーっとする映画。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 176 times, 5 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.