スリラー

【映画みんなの口コミレビュー】映画『哀愁しんでれら』の感想評価評判

投稿日:

「土屋太鳳の母性が炸裂!田中圭がやばい怖い!」「娘役のCOCOの演技が際立って良かった!」「精神的に余裕がない人にオススメしません!」


上映中【2021年2月5日】

 

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016でグランプリを受賞した脚本を土屋太鳳主演で映画化。児童相談所勤務の小春は、一晩で怒涛の不幸に遭い、全てを失ってしまう。人生を諦めようとしていた彼女だったが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医・大悟と出会い……。共演は「mellow」の田中圭、キッズインスタグラマーのCOCO、「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈。監督・脚本は「3月のライオン」「ビブリア古書堂の事件手帖」などの脚本を手がけた渡部亮平。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

児童相談所で働く小春(土屋太鳳)は、自転車屋を営む父、妹、祖父と共に暮らしている。母に捨てられた過去を抱えながらも、幸せでも不幸せでもない平凡な毎日。ところがある夜、祖父が倒れ、車で病院に向かうも事故に遭い、父が飲酒運転で連行されてしまう。そんななか、火の不始末が原因で自宅は火事になり家業は廃業、さらに小春は彼氏の浮気を目撃、しかも相手は自分の同僚だった……。一晩で全てを失った小春。そんな時に出会ったのが、8歳の娘・ヒカリ(COCO)を男手ひとつで育てる開業医・大悟(田中圭)であった。優しく、裕福な大悟からプロポーズを受ける小春。「ただ幸せになりたい」と願う小春は彼を受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がる。まさにシンデレラとなった彼女は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、新婚生活をスタートさせるのだが……。

●キャスト●

福浦(泉澤)小春 土屋太鳳
泉澤大悟 田中圭
泉澤ヒカリ COCO
福浦千夏 山田杏奈
ティーチャ
安藤輪子
金澤美穂
中村靖日
亀岡(ヒカリの学校の教頭先生) 正名僕蔵
泉澤美智 銀粉蝶
福浦正秋 石橋凌

●スタッフ●

監督 渡部亮平
脚本 渡部亮平

映画『哀愁しんでれら』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「哀愁しんでれら」観て来ました☺️
何も情報を入れずに観に行ったので、
小春が家族を立て直すと思っていたから、
がんばれ!がんばれ!と心の中で応援してた。
同じ子を持つ親として、途中から恐怖と小春が切なくて辛かった😭
こんな映画は初体験でした。

 

◉『哀愁しんでれら』
脳天直撃の大問題作…!

負の連鎖の果てで出会った二人、
ディズニー顔負けのシンデレラストーリーかと思いきや
開始60分その考えを完膚無きまでに打ち砕く怒涛の展開に震え上がる。
蛙の子は蛙、郷に入れば郷に従え、
観る側の倫理観を揺さぶりまくる究極の偏愛家族映画がここに誕生。

 

◉『哀愁しんでれら』

おもれ〜
前半の小気味良い不幸ラッシュからの幸せへ展開が楽しい
手を繋いで踊り出すところとか良い意味で趣味が悪い
シンデレラとあう題材を下に、ファンタジー感を演出

後半は不穏なサイコホラー
田中圭がやばい怖い
子役もやばい、子供は怖い

 

◉『哀愁しんでれら』見終わりました❗
途中で終わりが解ってしまった・・
ストレス発散のつもりが、蓄積してしまった
深く言えないけど・・後味悪・・

 

◉『哀愁しんでれら』
一言で言うとコワ~…な作品。
ストーリーはシンプル。果たしてシンデレラは
王子様と出会えて幸せだったのか?と問いかけつつも
他人事ではないリアルを描いていて面白い。
魔法が解けた時に待っているのは希望か絶望か…
端々に次の展開につながるきっかけがあったりと非常に見易い。

主演の土屋太鳳や田中圭などが演技する中、
娘役のCOCOの演技が際立って良かった。

主人公達が選んだ決断が正しくないことは確かだがでは正解は?と聞かれると難しい。
結局作中ではどこまでが嘘、どこまでが真実か?が語られていない部分もあり、
親のあり方をもう一度見直す必要を訴える良作。

◉『哀愁しんでれら』
サスペンスかと思ってたらホラーテイストだった!のだけど、
もうひとつ物足りないかなぁ。
出番は少ないけど、山田杏奈さんが出てて得した気分に。

 

◉『哀愁しんでれら』
マジこええええええよおおおおおおおお
でも面白かったし太鳳ちゃんの演技さすが過ぎるし田中圭は田中圭だった

恐怖の部類が湊かなえの告白
(映画の方。松たか子のやつ)みたいな。
告白は原作と映画で怖さの種類が違う。

 

◉『哀愁しんでれら』みた。
子役の演技が邪悪~~。すげえ上手いけどイヤだわ~~。
夫婦間のモラハラとかの話かと思ったら全然ぶっ飛んだファンタジーだった。
序盤の不自然に浮いてる説明台詞、伏線だってバレバレで、回収が最悪。
これがやりたかったんだよね、監督と面白さの価値観が合わん。
★★

 

◉「哀愁しんでれら」観ました。
期待値以上だった。土屋太鳳ちゃんの演技の幅を堪能できたのはもちろん。
序盤はコミカルな要素強めで始まって徐々に不穏な空気をまとい、ゾッとする展開。
現実的でない部分はどこまで現実なのか?
ジャンルは違うがアメコミ映画のヴィラン誕生編的な。
かなり気に入ったのでパンフも購入。

 

◉『哀愁しんでれら』
小春が夫の大悟とその娘のヒカリによって
徐々にメンタルが崩壊して行く様は、ある意味ホラー的。
各々の過去のトラウマが招いた惨劇を描いてるようにも思えました。
なかなか面白かったです。

 

◉『哀愁しんでれら』。
前半は子連れ結婚の難しさを考えさせラル描写が目立ち、ヒロインに同情。
やがて、無邪気だったはずの子供が悪魔の顔を見せ始め、戦慄の展開へ。
現実を直視しない結果が招く、狂気のラスト!
回収されない伏線もあり、モヤモヤした後味を残す異色のおとぎ話サスペンス。

 

◉『哀愁しんでれら』
これ新婚さんとか観たらヤバいだろうなぁ。たぶん狂うよ

 

◉「哀愁しんでれら」
監督・脚本:渡部亮平、主演:土屋太鳳、田中圭。
謎だったトレイラーで謳われる「凶悪事件」。
ラストでようやく判明。
娘役のCOCOが怪演。将来が楽しみだ。
土屋太鳳の演技は少しましにはなったが、露出具合は残念。

 

◉『哀愁しんでれら』
完璧を求めすぎた家族のスリラー作品。
この子役のキャラに「ムカついた」「腹がたった」と思ってしまったなら
この映画の罠にもうハマってる。

子を守る、家族と社会と共存するそのバランスが難しいし、
家庭を築くのがどれだけ大変か身に染みる作品。
『ミッドサマー』より体力使う

 

◉『哀愁しんでれら』を鑑賞。
上手く文章になってないけど、小春が徐々に壊れていく様子が目付き、
言動、雰囲気で伝わって来て胸が張り裂けそうになった…
また、誰でも小春のようになるかもしれないと思ったし、
どこで選択を間違えたのか?愛とは?家族とは?など見終わった後に色々、考えました

cocoちゃん→演技未経験とは思えないくらい
迫真の演技の数々で圧倒されたなぁ…将来がとっっても楽しみ☺︎

たおちゃん→徐々に壊れていく演技が凄くて、
ゾクゾクして彼女の真骨頂を観た!って思った

圭さん→大悟は厄介だけど、決してサイコパスじゃないかなぁ?と…
このような方いるよなぁと思う。

とあるシーンにひゃああっ!と、ゾクゾクとなって、
たおちゃんとお芝居のぶつかり合いがより化学反応を起きていて凄かったなぁ…
大スクリーンで観る圭さん最高にかっこよかった😆

 

◉『哀愁しんでれら』
めっちゃ面白かった!!子役の子の演技力がヤバい。
からの太鳳ちゃんもすごかった。

中盤から終盤にかけての狂気。
めっちゃゾッとした😂

 

◉『哀愁しんでれら』
土屋太鳳さんの演技、雰囲気の運び方、お見事。
ただ不気味さが高止まりしていたのと、
ラストのあの展開は理解はできるものの動機(?)は
薄い気もして、やや物足りない印象。

とはいえモンスターペアレントを別角度から眺めることで、
人の狂気と家族の普遍的側面を炙り出すのに拍手。

 

◉映画「哀愁しんでれら」
前半、色彩綺麗だなぁとウットリしていたら
後半にかけて怖くて心の中でキャーキャー言ってました。
面白かったです。土屋太鳳ちゃんも石橋凌さんも声が好き。

 

◉『哀愁しんでれら』
原作:秋吉梨香子小説

度重なる不幸の末に女が出会ったのは娘を1人で育てる金持ち男。
再婚するが…な話 こういう親、家庭マジであるだろう

展開が早くあっという間 いちいちリアルなのよ そ
してあれもったいな〜
子役含め全員演技うましで胸糞エピ求める人ぜひ
ラストのあのへんの画すき

スポンサーリンク

 

◉『哀愁しんでれら』感想。

ひたすらに緊迫感とストレスに観客を追い込んでくる精神攻撃映画。

しんでれらストーリーの急転直下感も
土屋太鳳ちゃんの「おちんちん」が聞けるのもいいけど、
何よりも娘ちゃん役のcocoちゃんがヤバい。

 

◉【哀愁しんでれら】
面白かった。いやあいい感じにえぐみが凄い。
とても好みの話だった。音楽の使い方がよかったな

 

◉『哀愁しんでれら』観た。
今モーレツにいつもの可愛く温かく柔和な圭くんに会いたい…

 

◉『哀愁しんでれら』
あのシーンkくんのckbばかり観ちゃってごめんなさいwwwwww
大悟さんの自画像前のめりに観てしまってごめんなさいwwwwww

 

◉【哀愁しんでれら】観てきました〜!
土屋太鳳ちゃんが3度も出演オファーを断った理由がわかる!笑

私的な感想は、
「告白」+「エスター」+「マザー」ってな感じで、笑えるところ結構あった😙
田中圭さんMVP🏅だね〜!!!

 

◉『哀愁しんでれら』
あまりにも面白すぎるから絶対見た方がいい
でも精神的ダメージが大きいから元気な時にした方がいい

 

◉『哀愁しんでれら』観ました。
この映画で土屋太鳳と田中圭の婚姻届けを受理する役所の方、
『かしこい狗は、吠えずに笑う』のヒロインだった
mimpi*βっぽいなと思ったけど、気のせいかな。

 

◉『哀愁しんでれら』
確実に今年ベストに入る傑作だ。
娘役を演じていたCOCOちゃん本当に演技初?っていうくらい怪演で恐ろしかった。

 

◉『哀愁しんでれら』
面白かった〜‼️(^○^)この監督さん、次回作に注目しています‼️😆😆

 

◉『哀愁しんでれら』
初回観てきました。

そう言えば童話やおとぎ話って怖いよね。
そして裏に何らかの教えや戒めが込められてる。

哀愁しんでれらもそんなおとぎ話。

一呼吸置いてもう一度観ます。

 

◉『哀愁しんでれら』
『かしこい狗は、吠えずに笑う』の渡部亮平監督がオリジナル脚本で
またしてもスゴい映画を作ってしまってる😱
斜め後ろの席に感情を一々口に出してしまうピュアなオジさんが座ってたんだけど
クライマックスで遂に言葉を失った😳

 

◉『哀愁しんでれら』を観ました。
盤石なキャスト。CoCoちゃん何回か転生してる?
観終わった後の疲労感。ジャンル括らない方がいい。

その方が没入できるし、その分ぶんまわされるので。
シンデレラは幸せに。しんでれらは?
この魔法は永遠続くのでしょうか。いい作品。すご

 

◉『哀愁しんでれら』観てきた。
愛おしさの塊ファンタジーと最狂のダークファンタジーて感じで
この5時間くらいの間に感情がグッチャグチャになった。
良い具合に超疲れた。

私の中での最新の土屋太鳳がフード・ラック!のときだったから
振り幅で泣きそうになった役者って凄い太鳳ちゃん凄まじかった〜〜〜〜〜〜

 

◉『哀愁しんでれら』みたー
予告で大変な目に遭うのは分かってたので常に不安な状態で観るという
不思議な感覚(序盤のテンポが神懸かってたので余計に
暗雲下のダンスが最高に不穏で好き
ラストの絵面もなかなか攻めててイイネボタン
しかし親って大変だな……

◉映画「哀愁しんでれら」
序盤は幸せの絶頂。
しかし、様々な場面に不穏で狂気じみている様を感じる構成になっている

途中からは物語が一転し、音楽、演出、演技の全てに狂気が満ちていた

特にラストのシーンはまさに狂気そのもの。
ストーリーも王道だがしっかりしている

タイトルに「シンデレラ」ではなく、
あえて「しんでれら」と平仮名を使うことで
狂気が垣間見えるのが日本語ならではの面白さだと思います。

また、子役含めみな演技が上手い。
自然と作品の世界に入りこめました。

 

◉『哀愁しんでれら』見てきた✨
思ってた感じと違ったけど、ジワジワくるサスペンスだった( ̄▽ ̄;)
過保護と愛情の掛け違い…怖いな💧

 

◉『哀愁しんでれら』観てきました
予告でモラハラ夫の田中圭の役新鮮!とか思ってた自分が甘かった、、
何か感情がもやもやします
タキシードは相変わらずかっこいい

 

◉『哀愁しんでれら』観た
とにかくこの映画はヤバい
今までに見たことない圭様の怪演!
生まれてから今まで見た映画の中で
最高作品!
みんなとにかくL目K !!

 

◉『哀愁しんでれら』鑑賞。
面白かった!
けど私的にはラストが精神的にエグくてちょいと苦手。
展開的にも間違ってはいないんですが、ね。
好みというだけでつまらないとかではないです。
人間の本質的なものを抉りとられていくような感覚になる作品でした。
精神的に余裕がない人にオススメしません。

 

◉『哀愁しんでれら』
ひさびさに大量の田中圭を一気に吸ったせいか立ちくらみが…😢

さっき見たのにもう見たい
ドラッグ映画か?

小春と大悟のやばい奴の片鱗を拾いながら上手に狂っていく姿を見て
ゾワゾワドキドキワクワクする不思議なエンターテインメント作品!

 

◉『哀愁しんでれら』
主人公ではないがひかりちゃんの子役の迫真の演技、鬼気迫っていて本当に凄かった。
靴の下りとか、これは気が狂いそうになるわと思った…
こんな可能性が少しでもあるから私は子供を育てたくありません😌
決着の付け方?は良かったと思うけど、

映画自体の締め方はちょっと弱かったかも。
最初の耳鳴りのシーンがやけに印象に残っている。演出良かった。

 

◉『哀愁しんでれら』見た方は、
なぜ泉澤大悟が田中圭でなければならなかったわけを実感してるんだろうな

 

◉『哀愁しんでれら』鑑賞。
めっちゃ面白かった。
音楽も、ストーリーも役者さんも見事です。
オススメです。

 

◉『哀愁しんでれら』
機能不全家族が題材ってのはめちゃくちゃ良いし、
最後まで寝なかったからガチの意味でのクソ映画選手権ではないんやけど、
伏線ばら撒きまくってんのに一つも回収してないから
いらんカットばっかで話繋がらんのよな、、、

 

◉渡部亮平監督『哀愁しんでれら』

こういう賛否両論必須の映画、割と好きです
てかけっこうめちゃくちゃw

何て言うか、映画とはいえやっていいこととダメなことはあって、
これはもうダメな方なんだけど、
それをギリ許せる範囲に踏みとどまらせた
監督のバランス感覚は次回作を期待させるに充分でした

土屋太鳳さんは正直そんな好きじゃなかったんですが、こ
の作品の土屋さんはとても良かった😅
すみません今後はちゃんと注目します🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

 

◉『哀愁しんでれら』鑑賞。
冒頭の展開からよくわからなくて、最後の最後まで⁇の展開で
映画終わってからの帰り道、
この伏線はこういう事でわと思いながらパンフを読んだら腑に落ちた
そしてこの理解できない不安な気持ちってのは主人公の小春もおんなじなんだろなぁ
いや2回目が見たい

 

◉映画『哀愁しんでれら』を朝一から観てきました。

土屋太鳳さん、田中圭さんが演じるからよけいこわかった。

「いいお母さんにならなくちゃ」と思うとこうなるかも。。。。。
人ごとではないというか、じわじわ胸に突き刺さる映画でした。

 

◉『哀愁しんでれら』
初日初回観てきた。

冒頭の映像からおおおお〜という感想。
怖いシーンはなし。エッロいシーンもあるけれど、R指定なし。
小春の愛車のナンバーが223。
大悟母の高級施設のロケ地がフレンチカフェなんだろうけど、
店名がそのままなのはなぜ?

 

◉『哀愁しんでれら』観てきました。
映画全体がグラデーションのように常識的に非常識になっていく感じでした。
感情移入して見ていたはずが、映像がどんどん綺麗になっていくように感じて、
気付けば蚊帳の外に追いやられていました。不思議な体験でした。

 

◉『哀愁しんでれら』鑑賞!
強烈な映画かと思いきや女性が社会で生きる上で晒される不安
幸せの奥で鳴り響く耳鳴りに精神を擦り減らす様が描かれる
土屋太鳳さんの母性が炸裂しておりました

 

◉『哀愁しんでれら』
一言で言うとコワ~…な作品。
果たしてシンデレラは王子様と出会えて幸せだったのか?と問いかけつつも
他人事ではないリアルを描いていて面白い。
魔法が解けた時に待っているのは希望か絶望か…
端々に次の展開につながるきっかけがあったりと非常に見易い。

 

◉太鳳ちゃんが出てる「哀愁しんでれら」見てきた
面白かったけど
人間の闇を感じる映画でした
太鳳ちゃんのセリフがめっちゃ強烈だった
見た後は1時間くらいどこかで休憩して気持ち落ち着かせてから帰るのがおすすめ
(そのまま帰ったら発狂する😱)
◉『哀愁しんでれら』
すげぇ……
土屋太鳳さん大爆発してます……
親になるって、家族になるって、生半可な覚悟じゃできない事ですね。
だからって盲目的に家族の幸せだけ目指すのも……。

 

◉『哀愁しんでれら』
圭さんの言葉を借りると
「太鳳ちゃんも圭さんもCOCOちゃんもすっげ!」って感じで、
終始圧倒されたなぁ✨

そして、向こう側に行った小春ちゃんは
前より心の平安と幸福を感じてるのではないか…
そんな怖さを感じながら帰路につきました。

色々確認するためにも、また観に行きます!

 

◉『哀愁しんでれら』観てきました🎬
予想を遥かに上回る物語で、以前聞いていた、
主演の太鳳ちゃんが、オファーを最初、断ったっていう話……
その理由がわかる気がしました😥
えーーーっていう結末……!

 

◉『哀愁しんでれら』
幸せを願う女は破滅的な負の連鎖を経て幸福の絶頂へ…。
しかし、それも束の間、徐々にベールを脱ぐ家族の本性。
歪んだ愛情と価値観によって急転直下する感情の機微。
最初とは想像を絶して変わり果てた姿、
その狂気に満ちた面持ちとラストのあの行為には度肝抜かれた。
超問題作。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 1,168 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-スリラー
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.