ドラマ ラブストーリー 小説

【映画みんなの口コミレビュー】映画『劇場』の感想評価評判

投稿日:07/17/2020 更新日:

「山崎賢人と松岡茉優の演技に尽きる!」「余韻がいつまでも残り、いつまでも涙が溢れてしまう!」「こんなに切ない愛があるんですか?言葉にならない!」


上映中【2020年7月17日(金)公開】

 

芸人として活躍する一方『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹による恋愛小説を、行定勲監督が映画化。永田が脚本・演出を手掛ける劇団は公演の度に作風を酷評され、解散状態に。理想と現実の間で苦しむ中、女優を夢見る沙希と出会い、彼女の家に転がり込む。劇作家を目指す不器用な永田と健気に彼を必死に支えようとする沙希の恋を、「ヲタクに恋は難しい」の山﨑賢人と「蜜蜂と遠雷」の松岡茉優が紡いでいく。また、シンガーソングライターの曽我部恵一が本作の音楽を手がけた。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

中学からの友人と立ち上げた劇団おろかで永田(山﨑賢人)は脚本・演出を担当しているが、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放し劇団は解散状態に。演劇に対する理想と現実との間で悩み、言いようのない孤独を抱える永田。そんなある日、同じスニーカーを履いた沙希(松岡茉優)を見かけ、自分でも驚くほどの積極性を発揮し声をかける。突然の出来事に戸惑う沙希だったが、様子のおかしい彼を放っておけず、一緒に喫茶店に行く。沙希は女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っていた。金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、二人は一緒に暮らし始める。自分の夢を重ねるように永田を応援する沙希。永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき……。

●キャスト●

永田 山崎賢人
沙希 松岡茉優
寛一郎
伊藤沙莉
上川周作
大友律
井口理
三浦誠己
浅香航大

●スタッフ●

監督 行定勲
脚本 蓬莱竜太
原作 又吉直樹
音楽 曽我部恵一

映画『劇場』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉映画『劇場』を映画館で鑑賞
もう切なくて中盤からずっと泣いてた
主演の二人の芝居が本当に素晴らしかっ
た。こんなに切ない愛があるんですか
言葉にならない

 

◉『劇場』
山崎賢人は彼の役者人生で培ったものを全て注いだ憑依とも言える熱演
(今年の男優賞総ナメしそう)
そして松岡茉優はこういう抜けてるような天然で
実は鋭いみたいな女性演じさせたらもう絶対的に右に出るものはいないというか…
お互い超自然体なのにバッチバチという凄まじさが漂ってた。

 

◉映画『劇場』観終わりました。
今、フラフラしちゃうくらい、、感情やられた。
とてもよかったです。

 

◉映画『劇場』
主役の、山﨑賢人さん、松岡茉優さんの演技凄かった。
これは映画館で観るべき作品ですね。上映後泣いている人もいました。

 

◉映画『劇場』
映画館で鑑賞してきました。
語弊力がないから上手く言えないけどすごくすごく良かった!!
映画館で上映してくれてありがとう!!
大きなスクリーンで観ることができてやっぱり良かった。
永田の嫌な奴加減に嫌いになって、でも嫌いになれなくて
切ない

 

◉『劇場』
自分はユーロスペースで観たんだけどできる事なら絶対映画館で観て欲しい作品。
小劇団という物語の設定がミニシアターという環境で鑑賞する事で
相乗効果のようにリンクしあってる状態になる事が多々あったし、
何故TOHO系は除外してミニシアターに絞り上映した理由が明確で臨場感が凄い。

◉映画『劇場』観ました。
余韻が残る恋愛映画で主役のふたりがすごいわ。
もう途中で山﨑賢人さんだということ忘れるくらい永田がいるんです。

 

◉『劇場』観賞
最後に持ってきたなあ。正直終盤までは「あー…こう言う感じね」と
頬杖付きながら舐め腐ってたが、ラスト数分でまさかの逆転満塁ホームラン。
松岡茉優は言わずもがな山崎賢人さん、本当に芝居上手くなったな…

 

◉『劇場』。
又吉直樹の小説を映画化。
ベタな恋愛モノではなく、男女の違いを痛感するストーリー。
主人公・永田のクズっぷりは芸術家あるある。

恋人の沙希が永田以外の人物と絡むシーンが殆どないため
彼女の世界が狭く感じられて苦しかった。
地元で撮影していてロケシーンの8割が近所(笑)。

 

◉映画『劇場』を観終わってから
沙希の日記 を読む。
沙希の心情の変化が…
表情が浮かぶ 泣

 

◉『劇場』で観たかったのですが中々勇気が出ずお家で見ました。
愚かで欲張りでクズで情緒不安定な永田。
それでも永田を愛し、理解しようとする沙希。暖かいようで、切ないようで、、。
色んなことを考されられる映画でした!

 

◉映画『劇場』
上映館が少ないのが本当に残念すぎる。
時期ずれてもいいから追加で上映してほしい。

AmazonPrimeでも見れるからそこで話題になるだろうけど、
映画館の制約で集中して見るほうが何倍ものめり込めるはず。
背中に爪立てるシーンが忘れられない。

スポンサーリンク

 

◉『劇場』
友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。
上演ごとに酷評され解散状態の劇団と
演劇に対する理想のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。
ある日、女優になる夢を抱き上京し服飾の大学に通っている沙希と出会い恋に墜ちる。

 

◉映画『劇場』観ました~
さとるん ちょっとしか出てこなかったけど重要な役柄(ง ˘ω˘ )ว

永田と沙希ちゃんの恋愛的なイチャイチャが全然なくて
(添い寝と手を繋いだくらい)私はもっと見たかったです

 

◉又吉直樹さんの『劇場』って映画
めっちゃおもしろい

 

◉「劇場」鑑賞。
演劇を観に行っている人、
山﨑賢人さん、松岡茉優さんに注目している人には必見。

永田のエゴで、沙希は傷付き、自らも傷付くのは
辛いものが有りましたが、それを演じた主役の二人の演技は凄かった。

 

◉映画「劇場」
行貞勲監督らしさに溢れる傑作で、
山崎賢人くんも度量の狭いクズだけど根は繊細な永田に成り切ってた。

特筆すべきは健気で明るい沙希が胸に迫る、松岡茉優さんの好演…

この沙希役はかなり凄くて次元が違い、
松岡さんのこれまでのどの役をも越えてるので、見ておいた方が賢明な役

 

◉「劇場」。
映画的な間延びが最後に力になっている映画。
山崎賢人と松岡茉優の演技に尽きる。

 

◉行定監督の新作『劇場』を見た。
とてつもなく大きな何かに押しつぶされそうになって、
エンドロール終わってからもう何も考えずひたすら編集作業を再開して、
それから寝た。とても好きな映画だった。

 

◉映画「劇場」観ました。
行貞勲監督らしさが随所に感じられて、
行貞さんの新作を見られた嬉しさがあった。

川上未映子さんの「苺ジャムから苺を引けば」が掲載された
「新潮」を買うシーンとか、行貞さんらしいなあ…
イメージが飛翔する。キャラのバックボーンまで分かる。

映画館でもう一度観たい。

 

◉映画「劇場」観ました
途中で寝落ちしてしまうんじゃないかと不安になりつつ鑑賞。
結果寝落ちするどころじゃなくワッシワシ心を揺さぶられて
最後は気づいたら泣いてました笑

 

◉「劇場」をアマプラで観た☆*。

文学的だから
好き嫌い分かれると思うけど
なんともいえない
良い映画♪。.:*・゜♪。.:*・゜

ボロっちくて クズで
でもたまに優しい山崎賢人くん
とっても愛らしい松岡茉優ちゃん
素晴らしかった!

 

◉ケントヤマザキが出ている『劇場』みて、泣いてた。笑
殆どの人がほぼ共感できないし、なんならこんな男っ!って
胸糞わるいかもなんだけど、妙にリアルで、
ただの恋愛映画ではなくて、しくしく泣いてた自分がいた。笑

 

◉『劇場』
公開されて本当に良かった!!
と、心底思えた作品でした
涙涙涙…

 

◉「劇場」

尺:136分
カット数:875
1カット平均:約9.3秒

解釈を束縛するような
ナレーションや
主人公甘やかし問題がキツい
「ラストシーン前まで」

でも、ラストシーンに
意味をもたらす為に
「キライ」になる過程が
必要で大切な作品

 

◉映画「劇場」みた。
なんだこの最低男と思って観てたら、
私の話だった気がする舞台だった。

ひねくれて人生投げ出しているようで、
誰より素直に人生諦めずに生きてる。

何だかよく分からない涙が出てくるし、何だか分かりたくない気もする。
芝居がしたい

 

◉映画「劇場」をおうちで飲みながら観ます。
冒頭から松岡茉優さんの前髪さわさわが可愛い。
伊藤沙莉さんの演技は絶妙で好きです。

 

◉映画「劇場」
演劇に打ち込む永田と生活を支える沙希。
理想人生生活の前提にある才能の壁…。

恋愛の修羅場の連続が自分にはリアル過ぎてツライ展開。
モノローグが原作の作家性を思わせるものの心情説明に傾くと不要だったかな。
優等彼女一歩手前のエッジ松岡。ダメ男に徹した山崎。貫は伸び盛り。

 

 

◉『劇場』
渋谷、新宿、下北沢と見覚えのある景色で
この内容だから余計に来るのかなあ。

よくよく考えるとめちゃくちゃ都合良いヒロインなのに
そう見えない松岡茉優の横綱相撲にも圧倒される。

自宅のテレビ越しにも圧力を感じたので
映画館のスクリーンで観た人はおそらくもっと。

 

◉『劇場』
映画館で観てきました。
心が震えるほどせつなく、涙が止まらなかったです。
賢人君と茉優ちゃんの演技に引き込まれ、ラストシーンの演出は凄かった。
余韻がいつまでも残り、いつまでも涙が溢れて…
素敵な映画でした。
また映画館に観に行きます。

 

◉又吉先生二作目の映画「劇場」
又吉の作品て人物が人間味あっていい
役って感じしなくてリアルを垣間見てる感じで
ダメ男が彼女と出会ってどんどん彼女もダメになっていって、
人間てダメでもいいんだって救われる
ちゃんとしなきゃとかダラダラしてんのダメだなーとかふと思っちゃうけど…

それでもいいんだよね。
こうしなきゃとか周りがこうだからっていうのはやめて、気楽に自分らしく生きていこう。
そう思える後ろ向きながら前向きにさせてくれる作品だと思いました。

 

◉『劇場』
映画館には行けなかった。
家で観られて良かった。
本も映画も私の宝物だと思った。
出会えて良かった。

 

◉『劇場』
巨大資本が絡まなくても然るべき作品が
然るべき人に届く世界で在ってほしいです。

 

◉映画「劇場」見ました
松岡茉優ちゃんが可愛すぎた…

改めて「好き」って感情だけでは恋愛は上手くいかないんだなぁって実感した…
この社会に属するが故に色んな感情が純粋な「好き」って感情を飲み込んで邪魔をする。
難しいね。だけどそれが人間なんだなって思うなぁ。「情だけの恋愛」これも人間

 

◉映画「劇場」見た‼︎

劇作家永田と無垢で純真な女優志望沙希の恋愛と夢と挫折の物語。
永田のクズ描写が念入りで心の鈍器を振り上げ続けるも
ラストは一転、鈍器が愛に変わり我ながら現金なほど泣いた。
愚かさもまた若さの特権…

 

◉映画『劇場』を映画館で鑑賞
もう切なくて中盤からずっと泣いてた
主演の二人の芝居が本当に素晴らしかっ
た。こんなに切ない愛があるんですか
言葉にならない

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 931 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, ラブストーリー, 小説
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.