コメディ ロマンティックコメディ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の感想評価評判

投稿日:

「伏し目がちのあの表情とかピアノのシーンとかたまらん!」「ステキがスクリーンから溢れ出てました!」「もどかしくて、とってもロマンチックな作品!」


上映中【2020年7月3日(金)公開】

 

マンハッタンを舞台に、運命のいたずらに翻弄される男女の姿を見つめるウディ・アレン監督作。生粋のニューヨーカーであるギャツビーとアリゾナ出身の無垢なガールフレンド、アシュレーの大学生カップルは、ロマンチックな週末を過ごそうとしていたのだが……。出演は「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ、「マレフィセント」シリーズのエル・ファニング、「スプリング・ブレイカーズ」のセレーナ・ゴメス、「キング・アーサー」のジュード・ロウ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

大学生カップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、著名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをするという。生粋のニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャッツビーは、自分好みのクラシックなスポットを巡るため、様々なプランを考えていた……。一方、ニューヨークに到着して早速、監督へ取材を行ったアシュレーはポラードから新作の試写に誘われ、ギャツビーとの約束をキャンセル。脚本家のテッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)や、人気俳優のフランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)と出会い、「最高の一日だわ」と興奮するばかり。そんななか、ギャツビーは、学生映画を撮影中の旧友に偶然再会。元恋人の妹であるチャン(セレーナ・ゴメス)とのキスシーンにエキストラとして参加し、熱い口づけを交わしてしまう……。

●キャスト●

ギャツビー ティモシー・シャラメ
アシュレー エル・ファニング
チャン セレーナ・ゴメス
テッド・ダヴィドフ ジュード・ロウ
フランシスコ・ヴェガ ディエゴ・ルナ
ローランド・ポラード リーヴ・シュレイバー

●スタッフ●

監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

最初の古びたジャズピアノの曲から引き込まれ、
起伏のとんだ展開のウディ・アレンの世界にどっぷりと浸れる。
ニューヨークの恋人には雨が素敵に似合う街なんて思ってたら、えらい目に。
今をときめく若手二大俳優が出てるから面白くないわけがない。
堪能した!

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』鑑賞。
雨のニューヨークへ週末旅行に出かけた恋人たちを描いたウディ・アレン監督作品。
見た目はティモシー・シャラメでも中身はウディおじいちゃんなので、ジュマンジ感があって面白い。
助手席に座るエル・ファニングを車外から撮影したシーンは全てが美しい。

 

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
・・・エルたん天使!癒しの女神!!
シャラメ風変わりなリアル男子まんまで凄い!
しかし、よく喋る。出演者何気に豪華。
でも私の思うキャスティングとちょっとズレてるwww
アレン監督らしい作品だけど少し軽め??
だって最後アレなんだもん(嫌いじゃないけど)

 

◉レイニーデイ・イン・ニューヨーク見た。
なんか途中からウディ・アレンが欲求を満たすために作った映画に見えてきちゃってねぇ……

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
T.シャラメのギャンブラーぶり(あくまでも役)と歌を堪能。
E.ファニング演じる癒やし系のアシュリーと、S.ゴメス演じるストレートな物言いのチャン。
魅力的な女性たちとちょっとダメな男たちが彩る物語。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
アレン監督、大好きなんですがこのところのトラブルで複雑な気持ちで見る。
若い俳優を起用しての楽しいニューヨークです。
主人公はアレンの分身ということが多いのだけど、シャラメくんではやはり違う 笑

シャラメ乃ち主人公の容姿を誉めるエピソードも無かったような。
とにかく私なディエゴ様に圧倒されてしまい、、、いや、驚いた❗
イケメンぶりは衰え知らず、ステキかスクリーンから溢れ出てました

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
初日、そこそこの埋まり。途中のロケ地で涙流れて、
それを受け止めたのはニセノマス(例の魔改造)
どんどん涙を吸い込んでくれたわ。

わたしのシネコン再開にウディアレンはぴったり。
いつも節目はアレン映画だった。気持ちに水が溜まる感じ。
劇場で聴く音楽は幸せにしてくれる。

自宅ではとうてい感じ取れない響きを与えてくれる。こ
の数ヶ月があったから感じ取れなかったものがわかる。
いつかライブハウスに行ったらまたちょっと違う音を肩や足の裏で感じることができるんだろう。

スポンサーリンク

 

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

郷愁漂うタイトルロールからしていかにもウディ・アレンらしい小品。
雨のニューヨークでの男女のすったもんだの一日に、
小ネタを挟んでいく展開がクスッとさせてくれる。
自分が見えてないギャツビーが一歩成長する話だったね。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
女の憧れと男の理想の狭間で雨音と
ピアノの旋律に包まれる2人に魔法がかかるのか?
夢が醒めるのか?答えは霧の彼方へ。
アレンの古典が旬のキャストで、脇も多彩な顔ぶれで観れる喜び。
軽妙洒脱なN.Y観光感も

 

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
郷愁漂うタイトルロールからしていかにもウディ・アレンらしい小品。
雨のニューヨークでの男女のすったもんだの一日に、
小ネタを挟んでいく展開がクスッとさせてくれる。
自分が見えてないギャツビーが一歩成長する話だったね。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』観た。
どうせいつものノリだろうと思ってたが結構面白かったな。
映画業界のクソさを描くのが底の浅い懺悔にしか見えないが
それがウディぽくて面白いのが困りもんだ。
あと相変わらず若い女とセックスしたい感はビンビン感じてむしろ安心する。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
ウディ・アレン。作品を巡る騒動はさておき、自分の心情に合った。
雨の日に観たからか沁みたね。
人間って欠陥品で理想とかけ離れた行動をするけど、
ここぞという時に怖いほど冷静な判断を下せるから、愛しい生きものだ。
シャラメのラストの選択は大正解だと思う。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』好きだなあ…

でも僕の好きなウディ・アレン作品は大体評判悪い方なので
これももしかしたらあんまり評判良くないかもしれないけどそれでも自分は好きです

THEロマンチックコメディって感じ
軽めの仕上がりだけど自分にはそれが良かった

 

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 見た〜。
意地悪な映画ねーっ。
シャラメたんいっぱいいーっぱい喋る役。満喫〜😍

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
少なくともティモシー・シャラメは、ナチュラルにええ格好しいしたいという
姿勢が透けて見える自意識の高さの分だけ、
ジェシー・アイゼンバーグより、ウディ・アレンの一人称キャラには合っている気がする。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』観た。
いつものウディ・アレン節だった。各方面への諦念に次ぐ諦念。
だけど、"これは映画だから"と言わんばかりのあのシーン。
ここ5年くらいの作品なら間違いなくこれが好き。
ポーカーのシーンの見せ方が頭にこびりついて離れない。

 

◉映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
こう言うボタンの掛け違えみたいな中から生まれそうな
ロマンチックな場面が、本当に笑えるんだよな。
この辺が上手さだなあって感じる映画。
コメディってこうだよね。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
ウディアレンの映画はやっぱりしゃべり すぎうるさい 早い
趣味が明らかに古い…たっっぷり悪口言えそう。
でもシニカルなラブコメ、なかなか悪くないにやにやした顔
オリジナルって大切。結局ロマンチストなんだね。
私にとって映画ってこんな感じでいいんだぁ

 

◉レイニーデイ・イン・ニューヨーク

エル・ファニングやティモシー・シャラメなど
比較的若い役者が出ているけど、どこか年齢を感じる映画でした。

往年のウッディアレン作品に影響を受けた誰かが作ったようなイメージ。
嫌いではないけれど。あと衣装が素敵。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ウディアレンが外からの視点でニューヨークを撮る日がくるなんて

大人になりたくない青年の話なんだけど
出てくる大人の男も自己肯定欲しさに、
若い娘の純な笑顔と純な反応に簡単にやられてしょうもない

男ってしょうもない笑

 

◉映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

エル・ファニングの上気した酔払い演技と、
その下着姿と、ストラーロの殆ど絵画みたいなライティングと、
こじゃれたジョーク満載の会話と、ジャズ。
監督の好きな物だけで構成された小宇宙。

 

◉ウディ・アレン監督最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
もどかしくて、とってもロマンチックな作品!

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』観てきました!!!
でも電車が少し遅れててシアターまでの路面電車の時間も
微妙で走って走って走って行ってギリギリ間に合ったのはいいけど滝汗。。。
ジャザ踊ったくらいの滝汗に見舞われて頭真っ白状態でした。

けどたっぷりシャラメ♡を堪能したわ。
伏し目がちのあの表情とかピアノのシーンとかもうたまらんね。

 

◉レイニーデイ・イン・ニューヨーク鑑賞。
ここ数年ではカフェ・ソサエティと同じぐらい好き。
ウディ・アレン御大の新作が次に観れるのはいつになるのやら…。

 

◉「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
エル・ファニングである。 笑
エルかわいいよ、エル。

 

◉映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が良かった。
浮かれるエル・ファニングが可愛いので、醜いオッサンどもが憎い。
ラストは想像していなかったけど、そりゃそうかと納得。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』観てきたけど、
映画っていうより「芸術作品」感が強かったな〜
ウディアレンのあの映画のテイストを
より引き出してたのは
間違いなくティモシーだったな、、ぼんやしりた顔

古い映画のようで素敵だった、、

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
ティモシー・シャラメ×ニューヨーク×雨。
このキーワードが揃えば観るしかない。
ほんの少しずつ噛み合わない会話や想い続けてもそれぞれすれ違う心。
切なくも可笑くもある言葉たちが雨で濡れる美しい街を彩る。
今の季節にぴったりの作品に思う。

 

◉『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』行ってきました〜〜!!!!!!!
最高でした これに尽きます 好きのオンパレード
ウィットに富んでいて洒落たとこが正にウディ・アレンって感じでした(語彙力無)
あっという間に終わってた 何回も観に行きます(行きます)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 64 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-コメディ, ロマンティックコメディ
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.