R指定 アクション

【映画みんなの口コミレビュー】映画『ランボー ラスト・ブラッド』の感想評価評判

投稿日:06/26/2020 更新日:

「強靭!無敵!最強!の三拍子が揃ったランボーの最終血戦!」「73歳であのアクションできるスタローンは凄い!」「エンディングは思わず胸がいっぱいになってしまい涙が…!」


上映中【2020年6月26日(金)公開】

 

シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ最終章。元グリーンベレーのランボーは、古郷アリゾナで、古くからの友人マリアとその孫娘ガブリエラと平穏に暮らしていた。ところがガブリエラが人身売買カルテルに拉致され、ランボーは救出に向かう。出演は、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のパス・ヴェガ、「サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団」のセルヒオ・ペリス・メンチェータ、「バベル」のアドリアナ・バラーサ、ドラマ『フォスター家の事情』のイヴェット・モンレアル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のオスカル・ハエナダ。監督は、「キック・オーバー」のエイドリアン・グランバーグ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)は、かつてアメリカ陸軍特殊部隊、通称グリーンベレーの兵士としてベトナム戦争を生き抜き、帰還してからは心的外傷後ストレス障害に悩まされながらも、世界各地で戦いに身を投じてきた。そんな彼も今はアメリカに帰り、古郷アリゾナの牧場で、古くからの友人マリア(アドリアナ・バラーサ)とその孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と“家族”として平穏に暮らしている。ところが、ガブリエラが自分を捨てた実の父親がメキシコにいると知り、ランボーの反対も聞かずに一人で危険な地に踏み込み、人身売買カルテルに拉致されてしまう。ランボーは最愛の“娘”を救出し、一味への復讐を果たすため、元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始める……。

●キャスト●

ジョン・ランボー シルベスター・スタローン
カルメン パス・ベガ
ウーゴ・マルティネス セルヒオ・ペリス=メンチェータ
マリア・ベルトラン アドリアナ・バラーサ
ガブリエラ イヴェット・モンレアル
ビクトル・マルティネス オスカル・ハエナダ
ジョン・ランボー ささきいさお
ウーゴ・マルティネス 武田真治
ビクトル・マルティネス ケンドーコバヤシ
ガブリエラ 花澤香菜
カルメン 井上喜久子
マリア・ベルトラン 小宮和枝

●スタッフ●

監督 エイドリアン・グランバーグ
脚本 マシュー・シラルニック 、 シルベスター・スタローン
原案 ダン・ゴードン 、 シルベスター・スタローン

映画『ランボー ラスト・ブラッド』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『ランボー ラスト・ブラッド』
故郷に戻り、穏やかな生活を送っていたランボー。
だが怒りと憎しみが、再び彼を戦場へと呼び戻す!
ランボー怒りのDIYが炸裂!
丁寧な下準備の結果、死のピタゴラスイッチ、
またはR指定版『ホーム・アローン』の様相に。
血と肉片の雨が降る、阿鼻叫喚の地獄絵図が展開!

 

◉『ランボー ラストブラッド』感想。
いやー面白かった!さらわれた娘(古い友人の孫娘)を助け出す!
な流れは『96時間』っぽい。しかしそこはランボー。
怒りにより敵を血祭りにあげる過程がもはやスラッシャー系ホラー映画の趣に。
シリーズを観ていなくても楽しめます。オススメ!

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』観た。
支配や搾取を目的とした暴力を、その何倍もの暴力で叩き潰すことしかできない
ランボーの「死んでいても殺す」大殺戮は今回も凄まじい限り

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』見ました。
モタつきを感じないまま最後まで見れたが、不満だらけ。
一番の急所は敵の雑魚キャラがBOTみたいな無能ばかりでカタルシスに欠けるところ。

人体破壊そのもので時折り笑えたのも事実だけど、
クライマックスのリズム感を見るに、今後は期待できない監督だなーと思た…

 

◉今月観た新作映画では、今日観た『ランボー ラスト・ブラッド』が一番面白かったなあ。
残虐描写が多めだけど、ランボーの怒りを思えば当然の結果なんですけどね。

◉『ランボー ~ラスト・ブラッド~』
当然観てきました

戦場で死ねなかった男は生きることで苦悩していた

奪われ続ける人生の中で死に場所まで奪われ絶望する男がいる

″消耗品“と自分のことを呼んだ男は
いつまで消耗し続けるのだろうか

エンドロールに泪が止まらなかった

 

◉「ランボー ラスト・ブラッド」 うーん、うーん。
戦闘はR15なりに陰惨で迫力あったけど。
未来が無いよね。未来に光が欲しい。
ちょっと趣味に合わなかったな。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』観た。
大丈夫、地球にはランボーがいる。
強靭!無敵!最強!の三拍子が揃ったランボーの最終血戦。
知識と経験を活かした戦闘スタイルが堪らなく好き。惚れ直した。
絶対にさよならなんて言わない。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』
すごく過激なホームアローンで96時間という感じ

めちゃくちゃ良かったな

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』大傑作だ。
シリーズ史上最も過酷な試練が待ち受ける完結編だろうが彼は挫けず戦い続けた。
ランボーの怒りが爆発する気分爽快地獄絵図の
バイオレンスホームアクションは歴史的とも言えよう。ありがとうスタローン!

 

◉『ランボー/ラスト・ブラッド』観た!
原作者が激怒しても批評家にけなされても
「これランボーの必要ある?」なんて思っても、
スライが怒れば俺たちの血はたぎるんだよ!

スポンサーリンク

70歳越えてからの戦いは血と肉片が飛び交うホームアローン方式で決まりだ!
前作に引き続きビックリするくらいグロくて嬉しいぞ!

 

◉「ランボー ラスト・ブラッド」を観てきた。
怒りのトラップが炸裂する映画だった。面白かった。
「ランボーお疲れさま」と言ってあげたい。

 

◉ランボー ラスト・ブラッド。凄まじすぎる。
スタローンが今までやってきた暴力の完成形。2020年No.1の傑作。
人の顔面が、身体が、73歳の男の手によってバラバラになり、肉片と化す。
血まみれの映像に震えながら興奮していた。放心状態。凄まじすぎる。
スタローンを愛してて良かった。本当に凄い。

 

◉「ランボー ラスト・ブラッド」
らしく無いとか、スケールがとか、そんな事じゃない。
殺人マシンがどう足掻いても、血の呪縛からは逃れられない痛み。
必殺の一撃を見せる瞬間こぼれる笑み

冒頭のボランティア活動、平穏を得ても
未だ内なる自身との戦いが終わっていない事を知らされ、泣けてきた。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』
最近シリーズを一気見した新参者だが、ラストで泣いてしまった。
大傑作!面白かった!終盤の自宅戦は超過激版ホームアローン!
スプラッター・スラッシャーホラーを観ている感覚。
ランボーに起こる悲劇が辛過ぎました。

 

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』。
70歳超で頑張るシルベスター・スタローン主演のシリーズ第5弾。
『96時間』系の奪還アクション。

前半のリンチシーンが怖いし、山場のトンネル内での戦闘もスリリング。
しかも、まさかの展開!分かりやすくて飽きさせないが、
猟師的な描写多数で結構エグい…。

 

◉「ランボー ラストブラッド」鑑賞
96時間みたいな映画でランボーじゃねえじゃん…って思ってたら違った…
わたしの好きな4作目のスーパー暴力とともに空っぽの殺人マシーンが還ってきた…
失うものが何もない人間が一番恐ろしい…悪党には血の涙もない制裁を…大傑作…

 

◉映画を見てきた
「ランボー ラスト・ブラッド」
このシリーズは俺っちにとって、とても思い入れの強い作品です。

 

◉ランボー ラストブラッド
復讐モノとしては面白かったけどランボーって感じではないかなぁってのが正直な感想
映画後半は容赦ないグロシーンの連続だけど前半で涙するほどランボーに感情移入しまくって
「許せない!奴らはただでは済まさぬ!」って観てる側も思えてくるから大丈夫
ランボーよ永遠に

 

◉ランボー ラスト・ブラッドを初日に見てきました
73歳であのアクションできるスタローンは凄い

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』鑑賞。
メキシコで消えた娘の救出に向かう元ベトナム帰還兵を描いた
エイドリアン・グランバーグ監督作品。

「蛇足だと?俺の戦争はまだ終わっちゃいない!」とランボーに喝を入れられた気分に。
スカッとさせてくれない暴力シーンはさすが。エンドクレジットだけで五億点。

 

◉映画『ランボー ラスト・ブラッド』鑑賞!

ランボー最後の戦いは復讐心に燃えた壮絶そのもの。
人体がグチャグチャになる戦いの果てに待っていたのは、
ありとあらゆる感情を突き動かされる正真正銘の「感動」だった。

ランボーのメインテーマが余計に涙を誘う

 

◉ランボー ラスト・ブラッド観ました

老いたスタローンが心配でしたが、そんなのも関係無くなるくらいの“怒り”でしたね…
正直、集大成と聞かれたらちょっと違うような気もしましたが、
今までに無いような胸糞展開からのデスホームアローンは凄まじかったです
カタルシスに浸りたい人に是非

 

◉ランボー ラスト・ブラッド。
本国公開から大分遅れてやっと日本上陸!たまらず朝イチ上映へ。

まさに第1作のファースト・ブラッドが自分だけの戦いなら
本作ラスト・ブラッドは愛する者だけの為に戦う!
エンディングは思わず胸がいっぱいになってしまい涙が…。

 

◉ランボー ラスト・ブラッド。
ゴアさも最後の戦場を軽く超えてしまうが、
残酷だからこそ見えるランボーの孤独、怒り、悲しみ、まさに地獄のホームアローン!
花澤香菜さん出るので吹替版も観なくては!

 

◉ランボー ラスト・ブラッド
鑑賞!
もうランボーの恐ろしさを知る者が居ない時代。
ベトナム戦争の死神の怒りが頂点に達したときフレディやジェイソン以上のスプラッターに!
メキシコのチンピラがランボーに勝てるわけねえ!
終盤の人体破壊戦はスプラッター映画並みの恐怖ですよ!

 

◉ランボー ラストブラッド
面白かった……もう一回観たい。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』観賞。

なんじゃこりゃあああああ!

ランボーなんだろうけど、いやほんまにランボーなのか?

これをランボーと呼んでいいのか?
でも、確かにランボーだった気はするけど、いいのか?認めていいのか?

と、頭の中が混乱中。楽しかったんだけど混乱中。

 

◉大憤怒!映画!『ランボー:ラストブラッド』を観た!
ランボーシリーズ史上最高!
ホラー映画感覚で観れるピタゴラスウィッチなキルシーンも見所だけど、
地獄のような汚れた世界にいたランボーも家族を持って愛を知り、
普通の人生を送って美しい世界を知って幸せそうだからめちゃくちゃ大号泣した。

 

◉ランボー ラスト・ブラッド鑑賞。
故郷で家族と暮らす幸せで穏やかな日々が訪れるまで、本当に長い道のりだった。
娘の死でそんな幸せは一瞬にして崩れ、封印していた怒りと狂気が解き放たれる。
トラップだらけの家はまさに地獄。その住人である戦鬼は誰にも止められない。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』

ようやく旅が終わってくれた。

PTSDに悩む孤独なランボーは何処へ行き本作は
戦場にすら行かず96時間R指定のスプラッターホームアローンへ変更。

1作目の戦争のトラウマを思い出してくれたが浅すぎる。
人がスカッともせず無残に消え去るごとに心を不満足にする。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』
全体のストーリーとしては「96時間」と「ホームアローン」を合わせた感じ。

予告のときから言われていた「
ランボーのホームアローン」ってのははっきり言って的を得ていない。
むしろ「ゲリラ戦のプロ中のプロの罠にまんまとハマりに行くマヌケ達」ぐらいのもの。

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』見ました
最高ですw!!

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』観てきました
今回はえらくシンプルな復讐物語に仕上げたなぁ〜という感じ
面白くはあったし感動もしたけど、
ランボー1・4には届かなかったかなというのが率直な感想

 

◉『ランボー ラスト・ブラッド』きめてきました

ストーリーはわかりやすい

前作に比べたらボリュームは抑えめといった印象でした

ラストのトドメのシーンでは
なぜか笑ってしまった

これが最後なのか……
※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 148 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-R指定, アクション
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.