ドラマ 小説

【映画みんなの口コミレビュー】映画『ムーンライト・シャドウ』の感想評価評判

投稿日:09/10/2021 更新日:

「小松菜奈ちゃんが美しすぎて尊い!」「鈴を見つけた宮沢氷魚の手が綺麗!」「体温や、匂いが伝わってきそうな、温かい黄色い光に包まれた作品だった!」


【2021年9月10日公開,92分】

 

吉本ばななの短編小説を「糸」の小松菜奈主演で映画化。恋人の突然の死に向き合えず、深い哀しみに打ちひしがれるさつきは、以前耳にした“月影現象”に導かれていく。それは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な現象だった。共演は「his」の宮沢氷魚、「#ハンド全力」の佐藤緋美。監督は「Malu 夢路」のエドモンド・ヨウ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

長い橋の下に広がる河原で出会ったさつき(小松菜奈)と等(宮沢氷魚)は、恋に落ち、付き合うまでに時間はかからなかった。等には3つ下の弟・柊(佐藤緋美)がいて、柊にはゆみこという恋人(中原ナナ)がいた。初めて4人で会ったときから意気投合し、自然と一緒に過ごす時間が増えていく。食事をしたり、ゲームをしたり……。ゆみこが気になっているという“月影現象”について、「もしも現実に月影現象が起きたら、誰に一番会いたいか」を語りあったりもした。そんな穏やかで幸せな日々が過ぎていくが、別れは前触れもなくやってくる。等とゆみこが死んだ……。深い哀しみに打ちひしがれるさつきと柊。現実を受け止めきれず、ショックで食べることも忘れ、さつきはひたすら走り続ける。そんなさつきを心配しながら、柊はゆみこの制服を着て何かを感じようとする。ある日、不思議な女性・麗(臼田あさ美)と出会った2人は、少しずつ“生きていく”という日常を取り戻し始め、やがて、以前4人で語り合った“月影現象”に導かれていくのだった。もう一度、会いたい、会いに来てほしい──。それは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な現象だった……。

●キャスト●

さつき 小松菜奈
宮沢氷魚
佐藤緋美
ゆみこ 中原ナナ
吉倉あおい
中野誠也
臼田あさ美

●スタッフ●

監督 エドモンド・ヨウ
原作 吉本ばなな
脚本 高橋知由

映画『ムーンライト・シャドウ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『ムーンライト・シャドウ』
現実か、偶然による奇跡か。

祝・小松菜奈初の単独主演🎉
安定の美しさ。

常にどことなく幻想的な空気が漂う映像。
時間はずっと流れているはずなのに、
本当に時間が動いたり止まったりしているかのような感覚に陥らされた。

臼田さん本当に無限の顔を持ってるな…凄い

 

◉『ムーンライト・シャドウ😃』見ました😃!
徹底して美意識高い作品でしたね〜🙂!
お部屋やロケーション、特に女性は毎シーン毎に少しずつ違う
小松菜奈さんのメイクの拘りの凄さに気づくと思います😍
欲を言うと、お話や演出とかに真新しさがあったらなという感じでしたね😅。

 

◉映画『ムーンライト・シャドウ』を観た、
小松菜奈さんの表情がめちゃくちゃ良かったな……

 

◉『ムーンライト・シャドウ』観てきたよ。
切なさの宿る不思議さ。
それは止まった時間を再び動かすための心ある人間に
予め持たされてある仕組みなのかもしれない。そんな事を考える。

小松菜奈ちゃんが美しすぎて尊い。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』鑑賞。
次に井戸をのぞき込む人、ミラーボール、パン屋での食事など、
こうなって欲しいなと思うシーンが実際そうなってくれて且つ画も心地よかった。
鈴を見つけた宮沢氷魚の手が綺麗。
大きなスクリーンに映されるのもだからこの穏やかさでものたうち回る心情は伝わる。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
【闇の中の鈴音】

“愛する者の死んだ場所は
未来永劫時間が止まる”

死ぬほど辛い別れをした人は
それだけ幸せな出逢いが
できた証だと思う

心情描写が巧みで上手い
涙腺が刺激された

 

◉『ムーンライト・シャドウ』観た。
よかった…
よかった。
この手のお話を実写にする以上、切り取り方は様々あるのは覚悟してた。
僕には僕の解釈があって、そこと違うのは当たり前。
でも、空気感とか大きな括りでの違和感なくてよかった。

◉『ムーンライト・シャドウ』
不思議な映画だった。
難しい。

ただただ小松菜奈ちゃんが
美しかった。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
原作では柊の恋人のゆみこは「テニスの上手な背の小さな美人」だけど、
映画では何故か、黒人とのハーフのアフロの女子で。

↑何それ?多様性を示したいの?
そこ、改変する必要ある?

と、原作のファンとしては複雑だったよ…

まあ原作は原作、映画は映画、で別だけど

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
吉本ばななの初期の名作を小松菜奈主演で
マレーシア出身のエドモンド・ヨウ監督が映画化した本作は、
掛け替えのない愛する人を亡くした主人公たちが、
不思議な出会いを通して再生していく様を繊細に情感を込めて描く。

スポンサーリンク

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
小松菜奈ちゃんは
しっかりとこの世に生きていて
想像してたよりも顔が小さくて
オーラがすごくて
美しくて
可愛くて
愛おしくて
小松菜奈ちゃんに会える人生なら
悪くないなと思った。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
喪失と神秘性に美しい撮影と音楽が印象的。
浸る前に、原作未読もあり、兄の恋人を呼び捨てで呼ぶのは女性化したから、
とか、海老天は塩か天つゆしないんだとか、
ほぼ貸し切りの席の自分に邪念の懐かれ、本作に相応しい客だったのかと自分に。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
あの鈴の音のそもそものエピソードが忘れられなくて。
岡村靖幸の「ラブ・タンバリン」の「心に住んでる修学旅行が育つんだ」ってリリックと対をなして、
胸にずっと残ってる小説だったから、出会いのきっかけを改変されるのは納得できなかった。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
観に行ってきた。

吉本ばななさんの小説を読み終わった時と同じような感覚になった。
映像と音がとてもステキやった◎

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
初日に見てきました。
風景の映像もお話も良かったです。

川、洗濯物で思わずhisがよぎりました😌

パンフレット、まさかの本タイプ!少しずつ読んでいきます。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
世界観が美しすぎて💓
涙♡゚(இдஇ; )
頭の中が等でいっぱい。。。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
小松菜奈ちゃんのマスカラ青だったのめちゃくちゃ綺麗だった、、

内容はもちろんのこと、ファッションやお部屋の雰囲気も
とても素敵で可愛いし、世界観がとっても好きです。
美しい映画でした。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
吉本ばななさんの世界観いっぱいに溢れていた作品でした
幸せだったな〜

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
小松菜奈が素晴らしかった。
小松菜奈は演技というより表現だね。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』観てきました。

短編小説がより豊かに鮮やかに表現されてました。
風景も役者さんも美しくて、
劇場の大きなスクリーン観るべき作品だと思いました。

充実のパンフレット、カバーをかけて大切に読みます。
ハードカバーのパンフ初めてかも。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
時間は進む。
人を好きになる、それはすごく素敵なこと。

 

◉映画『ムーンライト・シャドウ』
吉本ばななの「キッチン」に収録された
短編小説をマレーシア出身のエドモンド・ヨウ監督が映画化。
もう、映像からキャストから彼らの演技まで、
驚くほどに(私が思っていた)吉本ばななの世界そのまま。
そして小松菜奈が神がかったように美しい。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』を見に行きました!
アメリカに住んでた時に「キッチン」を読みました。
私の一番大好きな本になりました。吉本ばななは天才です!
映画は面白かったです。小松菜奈は素敵なサツキです!
喜んでいますけど新しい「キッチン」の映画を見たいです!

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
とにかく小松菜奈。
マスカラとか衣装の色もすごく魅力的。

観る側に委ねられてる部分がたくさんあったと思ってて、
世界観がとても好きだったな。氷魚くんかっこよかった。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
恋人を亡くした人々。
その喪失感は、まるで軽く叩いたら簡単に壊れてしまうような、
そんな不安定で儚い心情を表している。
緩やかな絶望から少しずつ悲しみを精算していく過程は淡く美しかった。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
僕の苦手な映画の要素が全て詰まった作品でした...
びっくりするぐらい薄っぺらい脚本を(オシャレ)な映像で誤魔化したような作品です。
面白くもなければ、メッセージも無い。演出も陳腐でずっと気持ち悪い。
途中で映画館を出ようかと思ったのは初めてです...

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
ゆっくり、切なく、幸せな映画でした。
「大切な人を亡くす」という体験を描いた映画には
一般的には激しく泣いたりする表現があるけれど、
この映画は少ない登場人物で、説明的な台詞や過剰な表現を入れずに
喪失と再生が描かれていました。どの人物も愛くるしい。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
自分みたいな小松菜奈ちゃん目当てだと
菜奈ちゃん出っぱなしなのでいいと思います。
逆に島唄はあまり出ません。
逆にもみあげは出っぱなしです。
恋雨より菜奈ちゃん走ってるシーン多かったな。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
朝イチで行ってきた
氷魚くん、小松さんはもちろん
佐藤緋美さんがなんだか
良かった

 

◉『ムーンライト・シャドウ』を鑑賞しました✨
原作は実は読んでないのですが、ばななさんの世界観を本でも読みたくなりました。
なんだか、音楽や映像など、詩みたいな映画でした😌

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
観終わりました🌕

幻想的な…儚げだけど優しい。
表情と描写と、音。
まだフワフワする。
ゆっくり余韻のまま帰って、
この感じたものを大事にしよう✨
光りが心地よかったなぁ。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
原作のイメージを大切にしながら、
美しく幻想的な映像によって新たな物語の世界が表現されていました。
身近な場所で撮影されていたことを知りましたが、

こんなにも風景が違って見えるものなのかと驚きました。
また観に行きます🎞😊

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
言葉はなくとも

表情が語る

すーっと、
物語に引き込まれる感覚

私には初めての不思議な感じ

また、あの世界に浸りたい🍀

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
最愛の人がいなくなったら、
私は、どうなるんだろ……
どうするんだろ……😥
進めるのかな……
想像がつかない……😥

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
92分と短いながら登場人物の魅力が
たっぷり詰まった映画になっていて良かった..

小松菜奈さんだけでなく、「騙し絵の牙」と
「his」で知った宮沢氷魚さんも今後追いかけてみます。

 

◉『ムーンライト・シャドウ』
ひとつの映画をみるのに、すごくエネルギーを使った気がする。
丸いものを抱きしめながら、みたい気分だった。
体温や、匂いが伝わってきそうな、温かい黄色い光に包まれた作品だった。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 173 times, 4 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 小説
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.