アクション スリラー

【映画みんなの口コミレビュー】映画『マークスマン』の感想評価評判

投稿日:

「リーアム・ニーソン格好良くて痺れた!」「ミゲルとのやりとりは可愛い!」「渋く地味ではあるが、骨太な作品でした!」


【2022年1月7日公開,108分】

 

妻に先立たれた元狙撃兵と、家族を失ったメキシコ人少年のアメリカ横断の逃避行を描く、リーアム・ニーソン主演のアクション。『スピード・キルズ』のキャサリン・ウィニック、『ライリー・ノース 復讐の女神』のフアン・パブロ・ラバ、テレサ・ルイス、ジェイコブ・ぺレスが出演する。監督、脚本、製作は『人生の特等席』のロバート・ロレンツ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

元海兵隊の狙撃兵、ジム・ハンソンは、愛妻を失ってからメキシコ国境付近の町で牧場を営みながら暮らしていた。ある日、麻薬カルテルから逃れ、メキシコから越境してきた母子を助けたジム。襲撃で傷を負った母親は、11歳の息子ミゲルをジムに託して命を落としてしまう。ジムは、カルテルの襲撃からミゲルを守りながら、シカゴにいる親類のもとへ彼を送り届けるべく旅に出る。

●キャスト●

ジム リーアム・ニーソン
サラ キャサリン・ウィニック
マウリシオ フアン・パブロ・ラバ
ローサ テレサ・ルイス
ミゲル ジェイコブ・ペレス

●スタッフ●

監督・脚本・製作 ロバート・ロレンツ

映画『マークスマン』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『マークスマン』を鑑賞。
メキシコ国境近くに牧場を持つ妻を亡くし生きる意味を見失った男が
カルテルから命を狙われる母と子を出会い、その願いを叶えようと命懸けの旅に出る。
いつものリーアム・ニーソン映画かと思ってました、が
これまでとは一線を画すラストシーンが待っていました。

 

◉『マークスマン』観に行ってきた🎥🎞🎬
ただの逃走劇でなく、行動を共にする少年の変化、途中の戦闘シーンもしっかり描かれている。
MOVIE WALKER PRESSさん、本当にありがとう。

 

◉『マークスマン』
近作のアクションマシマシのリーアムではなくて、ロード・ムービー色が強い渋めの作風。
相棒が子供という設定が、「誘拐の掟」を彷彿とさせる感じ。
リーアムのキャラもスマホ嫌いのアナログ人間だったりする造形が近いキャラでした。

 

◉『マークスマン』初日鑑賞。
元海兵隊の狙撃手だからゴルゴ的な超凄腕スナイパーが
バッタバッタ敵の群れ倒すかと勝手に想像してたけど実際はロードムービー風。
おじいちゃんになったなーと思うがまだまだアクション健在リーアムニーソン

 

◉『マークスマン』
映画の基本を丁寧に積み重ね、二人の心が通う様子が描かれていてロードムービーとして良かった。
しかし観ている間、ニーソンが爆発するのか待っているといつの間にかクライマックスなって映画が終わっていた。
アクションリーアムを期待すると物足りない。

 

◉『マークスマン』見終わった
まぁ良い映画……なんだけどあの宣伝は詐欺だわ、
ほぼ老人と少年のロードムービーでアクションなんて最後の方チョロっとあるだけなの、
観たかったのは年老いたスナイパーが少年のためにたった一人で
カルテルを撃ち倒していく映画だったんだけどそういうのじゃなかったです

 

◉『マークスマン』観ました。
予告だとアクション全開っぽい雰囲気が出てましたが、
どちらかというと共に家族を喪った少年と老人が心を通わせていくロードムービーって感じでしたね。

アクションは少なめでしたがその分硬派で渋くてリーアム兄貴にぴったりな感じでした。

◉『マークスマン』
良い映画だった。
最初は金に目が眩んで引き受けた依頼だったのが、
段々と少年に感情移入していくリーアムさんの姿勢が良い。
ラストもリーアム映画の中でも1.2を争うレベルで素晴らしかったですね。
リーアムさん映画としても「くたびれた男と少年のロードムービー」としても面白い!

アイスロードのアンバー・ミッドサンダーさんもちょい役で出てるよ!

 

◉『マークスマン』観て来ましたよ。
リーアム・ニーソン演じる主人公、ミゲル少年、
追手のリーダーそれぞれの人物造形と言うか、描写が良かったなあ。
皆、悲しみを背負っていて…。派手さはないけど、いい映画でした。

 

◉『マークスマン』
凄腕シューターVS極悪麻薬カルテル。毎度安定のリーアム・ニーソン映画。
そこそこのバジェットながら毎回確実に面白いという、
作中の主人公並みの的中率なニーソンの叔父貴を今後も熱烈に支持するものであります。

 

◉『マークスマン』鑑賞。
偶然出会した、麻薬カルテルに追われる母と少年。
だが母親は銃弾に倒れ、残された息子を安全地帯に送る為老兵ニーソンが立ち向かう。
現代劇のようで中身は西部劇。テンポは悪いが元狙撃兵の腕前を見せるラストは見応えあり。
でもアイスロードまで二歩及ばずかなぁ😅

 

◉『マークスマン』
ベトナム帰りで不遇な人生を送ってきて不遇の真っ只中の男が
組織に追われて逃げてきたメキシコの不遇な子どもを助ける、という作りは
古典的だけどその辺は丁寧に積み重ねて描いているのも良かった。
(それ故に各キャラの掘り下げが…と余計に思ってしまうのだが)

 

◉『マークスマン』を観てきた。
リアームニーソン主演だから、96時間みたいかな?
と思っていたら違った。だけど中々に好きな話しだった。

 

◉『マークスマン』
最愛の妻に癌で先立たれ生きる気力を失っていた男が、
異国からきた少年に未来を託す展開がアツい。

長年イーストウッド作品に携わってきたロバート・ロレンツ監督による本作は、
「グラン・トリノ」に通じるメッセージを感じる。

 

◉『マークスマン』
言うてもリーアム無双でしょと思ってたら、
妻に死なれ弱ってる爺役で元海兵設定にしても敵側が圧倒的に強そうなんですわ。
イーストウッド風味ある物語に新味はないが金欲しかったり落ち込んで迷う人間臭さのリーアムが新鮮。
少年との関係性とエンドの姿が良かった。面白かったよ。

スポンサーリンク

 

◉『マークスマン』
古典的な元〇〇(今回はベトナム帰りの元海兵隊狙撃手)の物語として良かった。
アクションは少な目だが、やる時にバシッと決めるので良い。
各キャラクターを掘り下げそうで掘り下げず、
かといってクライマックスでは…という部分がちょっと引っ掛かったが。
主人公二人の関係性も良い。

 

◉『マークスマン』
もっと派手なアクション作だと思っていたら、
意外と地味に淡々と展開していくロードムービーで、正直可もなく不可もなくって感じでした。
せめて敵がもう少し魅力的ならなと···

ただリーアム·ニーソンはやっぱりこう言う役が似合ってて格好良かったな。
星.★★★☆☆3

 

◉『マークスマン』
ちょっと泣いた…面白かったしリーアムニーソン格好良くて痺れたし
少年と心通わせるのほっこりしたしホント面白かった。
ただひとつご注意が。いぬがしにます。
とっても賢い良い子だしご主人を思っての行動だし
ちゃんと弔ってもらってたから不幸ではないかもだけど。てかまあ不運な話だな。

 

◉『マークスマン』
麻薬カルテルに追われる少年を守る元狙撃手…
とまぁいつものリーアムニーソンな感じだが(笑)

無骨な老兵の表に表れにくい優しさにグッとくる。
マークスマンとはスナイパーのように離れた位置から狙うのではなく
部隊と共に行動するライフル射手だそうで、邦題そのままでよかったな。

 

◉『マークスマン』を見た
最近のアクション映画にはついていけないお爺ちゃん気質な私のような人間にとっては最高な、
70年代に作られた作品の様な香り漂う映画でした。
=近年の作品に慣れてる人は地味に感じてしまうほどアクションシーンは少なかったが
だからこそお爺ちゃんには丁度良いのです。

リーアム・ニーソンさんのキャラ設定は少し前までは結婚してたり
子持ちだったしていたが今作含め近年の3作では
未婚あるいは子なしのキャラになってるのはなぜだろう。

 

◉『マークスマン』
リーアム・ハードボイルド・ニーソン!男やもめ役多いけど似合う😢
そして渋い声と顔がかっこいい!大ボリュームで聞く嗄れた低い声…🙆
物語はいたって普通やと思うけど、ミゲルとのやりとりは可愛いし、
百発百中の射撃シーンもカーチェイス中に流れる音楽もかっこよかった!!

 

◉『マークスマン』
シンプルな物語で、カルテルに追われる少年とのロードムービー。
リーアム・ニーソンの渋さが程よく合ってる。
予告で観たクライ・マッチョの様な雰囲気もあり、渋く地味ではあるが、骨太な作品でした。

 

◉『マークスマン』
マークスマンは選抜射手の意味で一匹狼的なスナイパーの手前の存在との事。
映画も中途半端な内容だけど主演のリーアム・ニーソンがマッチョになりきれないヨボヨボ感がえ〜の〜。

 

◉『マークスマン』
元海兵隊の狙撃兵とメキシコ人少年、彼らを追う麻薬カルテルの攻防を描いたアクション。

リーアム・ニーソン、働きすぎだと思うよねw。だんだんアクションは静かになってきたけれども。
なんとなくクリント・イーストウッド的な話でしたぁ。

 

◉『マークスマン』観賞。
破産に瀕したアメリカの元海兵隊員と
暴力の世界しか選択の余地がなかったメキシコのカルテル男の対決。

国家に仕えるというフィクションだけは与えられた男とそれさえなく組織の兵士でしかない男。
対決が現代の闇を暴く。万人受けはしないだろうが、個人的には大満足の一本。

 

◉『マークスマン』
カルテルを怒らせたチビっ子を守って旅する
オヤジのロードムービーで本間好みの佳作だったのですが、
隣の席のジジイがずっと痰を切っていて、その音を聴きながら、
この俺がスタンド使いでなくて命拾いしたなこの野郎ってなった。

 

◉『マークスマン』
いつもの兄さん超えた!!!
切ないおじさんの役がほんとに似合う😢
予告にもあったけど車が吹っ飛ぶ一連の流れがすごかった!!!

 

◉『マークスマン』鑑賞!
追われる側にいまいち緊張感がないのが気になった。
追走劇のスリリングさよりは交流がメイン。

しかしアクションを引退する気がないリーアムさんの魅力は今作でも健在。
一線は退いたが、目が死んでいない男を演じさせたらリーアムさんはやっぱピカ一。

 

◉『マークスマン』を鑑賞。
2022年の鑑賞初め。

”普通”という感想が多いけど、たしかに普通の作品だとは思った。
ただ、普通なりに面白かった♪リーアムの無双っぷりはおとなしめだけど、結構ハラハラドキドキしますし。
どことなくケビン・コスナーの「パーフェクト・ワールド」に似ているような作品でした。

 

◉『マークスマン』鑑賞
毎度お馴染みの『安定のリーアム・ニーソン』映画…
結構中盤までありきな話で退屈でしたがやはりニーソン映画…
『一直線場』で死が決するスナイパー殺人術に思わず声あげて感激…
ステイサムとかセガールのポジションですね

 

◉『マークスマン』🎞
アメリカ南部で国境警備をする老人が、麻薬カルテルから追われて国境に逃げてきた少年を拾う。
少年の母親と交わした約束を守るため、老人は少年と共にシカゴへと車を走らせる。

もはや懐かしさすら感じるほどの王道ロードムービー。
映画の感情を繊細に描きあげる正統派映画。

 

◉『マークスマン』観てきました。
嫁を泣くし小さな農場を経営するも家賃滞納で追い出させる寸前の元海兵隊ジムが
メキシコの麻薬組織に終われてアメリカとメキシコの国境を
密入国してきた親子を訳あってシカゴまで子供を運ぶ話。

予告的にはガンアクションが売りって感じだったけど
どっちかって言うとジムと子供のロードムービー?って言うんかな、
シカゴに行くまでの麻薬組織からの逃避行中の成長だったりの描写が多いイメージ。

銃撃戦を楽しみにするとちょっと損するかもでも
シンプルにカッコイイオッサンと子供の成長モノって意味では普通に良かったと思う。
シンプル良映画って感じ。

 

◉映画『マークスマン』
まあ面白かったけどタイトルの元海兵隊狙撃兵という設定は抑え気味、
逃げ回るシーンが多くてやや欲求不満。
リーアム・ニーソンと少年が強い絆を結ぶかと言えばそれ程でなく総じて物足りない!

 

◉『マークスマン』観た。
初老の元海兵隊と密入国少年の荒野を行く逃走劇。
クリントイーストウッド味あるなと思ったら監督が元クリントイーストウッド作品の制作さんだった。

 

◉『マークスマン』観た
リーアムのためのリーアム様式美に溢れたリーアム映画でした

ザ・グレイのリーアム思い出したな

メキシコ、カルテル映画だからなのか、音楽がボーダーラインラインでした
「海兵隊出身」だけですべて納得させるハリウッド映画の荒技

ミゲル、可愛いよ

 

◉『マークスマン』
長年イースドウッドの片腕として映画を撮っていたR·ロレンツだけあって枯れた男の見せ方がウマイ!
ラストのラストなんて「 明日のジョー」の矢吹かよってぐらいカッコ良くて悲しいラストだった。
新年一本目から良い映画を見た。
来週は師匠の映画が公開されるのも楽しみ。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 46 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-アクション, スリラー
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2022 AllRights Reserved.