ドラマ 人間ドラマ 小説

【映画みんなの口コミレビュー】映画『ホテルローヤル』の感想評価評判

投稿日:

「波瑠さんの表情、ラスト思い出し泣いてしまった!」「安田顕の芝居が好きすぎて無限にいける!」「夏川結衣から醸し出される艶っぽさと品の良さ!」


上映中【2020年11月13日】

 

桜木紫乃の直木賞受賞作を『百円の恋』の武正晴が映画化。美大受験に失敗し、家業のラブホテルを手伝うことになった雅代は、アダルトグッズの営業・宮川への恋心を秘め、黙々と働いていた。そんなある日、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的に。出演は、「弥生、三月 君を愛した30年」の波瑠、「ユリゴコロ」の松山ケンイチ、「愛しのアイリーン」の安田顕。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

北海道、釧路湿原を望む高台に建つラブホテル。美大受験に失敗し、居心地の悪さを感じながら家業のホテルを手伝うことになった雅代(波瑠)は、アダルトグッズ会社の営業・宮川(松山ケンイチ)への恋心を秘めつつ、黙々と仕事をこなしていた。甲斐性のない父・大吉(安田顕)に代わり半ば諦めるように継いだホテルには、非日常を求める様々な人がやって来る。投稿ヌード写真を撮影するカップルや、子育てと親の介護に追われる夫婦、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師……。そんななか、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的になる。さらに大吉が病気で倒れ、雅代はホテルと自分の人生に初めて向き合うことに……。

●キャスト●

田中雅代 波瑠
宮川聡史 松山ケンイチ
余貴美子
原扶貴子
伊藤沙莉
岡山天音
正名僕蔵
内田慈
冨手麻妙
丞威
稲葉友
斎藤歩
友近
るり子 夏川結衣
田中大吉 安田顕

●スタッフ●

監督 武正晴
原作 桜木紫乃『ホテルローヤル』
脚本 清水友佳子
原作 Leola『白いページの中に』

映画『ホテルローヤル』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉「ホテルローヤル」鑑賞。
ステキな映画でした。
ただ、若い頃の大吉さんが、
顔も声も似てなくて最初誰か分かりませんでした。

似た人がいなかったのなら、
安田顕さんに特殊メイクで若返らせ欲しかったです。
角刈りにニッカポッカ姿、見たかった。

 

◉映画『ホテルローヤル』
ついさっき見終わりやした!!
ストーリー展開も良ければ、人間模様の描き方もGood☺️👍✨
初日に見に行くことが出来て良かった。

 

◉映画『ホテルローヤル』観ました。
松山ケンイチさん、いい味出してましたね♪笑いました😄
そして伊藤沙莉さんさすがです♪かわいかった☺️

映画は…うーん。私には合わなかったかな😅

 

◉映画『ホテルローヤル』
ちゃんと観て良かったなあ。
車追いかける安田さんの芝居が好きすぎて無限にいける。

 

◉『ホテルローヤル』
しみじみと、良かった👍
しばし現実を忘れるラブホテルの一室でいろんな人生模様があって、
仕方なく跡を継いだ主人公が傍観者から一歩踏み出す物語に仕上がっていました・・・
面白かった・・・また観たいな😃

◉映画『ホテルローヤル』
良かった!
舞台挨拶中継付きを観たけど舞台挨拶の質がめちゃくちゃ高かった。
笑える楽しさも含ませつつ上映前でもネタバレのない範囲で
作品についてキャストのしっかりした話が聞けたから早く観たい!ってなった。
ノーカットでいつかあげてほしい…

 

◉映画『ホテルローヤル』
話はちゃんと原作読んでから飲み込みたいなって思うんだけど、
CMとかさ、ご当地の懐かしいCMとか流れて、
それだけでも情緒崩されるのに
安田顕の演技が、もう、強くて、これはもう贔屓目とかじゃなくて
すごくて……はーーー電車の中で泣いてる、なに頭痛い

 

◉「ホテルローヤル」鑑賞
これだけは…これだけは言わせて…
音楽がミスマッチ過ぎてとんでもなくノレない目新しさがないラブホ映画…
そもそもあの役に波瑠さんは合わんでしょ…

 

◉映画『ホテルローヤル』観ました。
大吉さんで時の流れを感じられました。

 

◉映画『ホテルローヤル』
定評のある原作、それなりに手の掛かった
美術、達者な役者…等々、座組は魅力的だったと思ったのに…

出来上がった映画が何故にこうも安っぽく空虚で貧相なものになってしまったのか?
百円の恋はまぐれだったのか?
特にラストの三文芝居はとても正気とは思えない
うーん…残念です

 

◉『ホテルローヤル』見てきた。
めっちゃ良かった。
初っ端から泣いた。

 

◉映画・ホテルローヤル
釧路のラブホが舞台というので楽しみにしていた作品。
人間模様がしっとり湿った感じで登場人物の半分くらいは不倫しているけど、
湿り気のなかで時々ポワっと温かくなるものがあって微妙な気持ちになった。
主役の女優さんは…やっぱり脱がないよね…
(⌒-⌒; )

 

◉映画『ホテルローヤル』
すっごく良かった。
個人的には、これは原作を読んでからの方が感動できる。
是非、原作を読んでから、映画館に行ってほしい。
私は終始ウルウルしてました。
そして最後のパートの作りに脱帽。
武監督、流石です。
ホントに素敵でした。
このあともう一度観ます。

 

◉『ホテルローヤル』
めちゃくちゃ良かった…安田さんほんといい役…
大吉さん出てくる度涙止まらなかった…本当に良かった…(´;ω;`)

 

◉映画『ホテル・ローヤル』良かったー╰(*´︶`*)╯
ラブホの話。

いろんな愛が詰まったよい映画でした。
ちゃんと傷つくって大切。

スポンサーリンク

 

◉映画『ホテル・ローヤル』
儘ならない人生の当事者である事を一時緩めてくれるラブホテル。
そんな虚飾の空間で折り合う感情の物悲しさを
訪れる男女や従業員を通して静かに見つめる。

非日常に浸り鈍く大胆になるも終わりのある夢に芽生える諦め、
廃墟化したホテルから始まる人々の物語が儚さを際立たせる。

経営者の娘として非日常=日常で育った
雅代の心の折り合いを軸に〝訳あり〟が連なる。

そんなホテルローヤルを中心に人の想いが入っては出ていく
群像劇は退廃的な空気も纏ってて好き!なんやけど話自体は面白いのに
個々のエピソードが割と短い尺で描かれるので情感にやや乏しい。
まあそれも儚さ故かなw

と、淡白過ぎる印象もあるけど昭和感漂うラブホテルの後ろ暗い雰囲気や
時代と共に色褪せながらも男女の色情こびり付く、
やはり非日常な空間としての存在感は濃ゆいw

俳優さんも漏れなく良く、特に〝女子高生と教師〟の伊藤沙莉は大胆と危うさ、
更に哀愁まで短い時間で機微に富んだ演技で魅せ心に残る。

 

◉映画『ホテル・ローヤル』観ました。
BGMも良いね。
良い映画です。
つまるところ…波瑠さんに眼鏡の組み合わせは最強なんです。
中劇さんもGOOD

 

◉『ホテル・ローヤル』
自分も雅代と一緒に見届けた感。生々しくシュールで、
不器用な人達、もの哀しさ寂しさもかな。
でも凄くあたたかい。雅代から起こした行動好き。
好きなセリフ映像で観れてよかった。
エンドロール好き、主題歌流れてきて
波瑠さんの表情、ラスト思い出し泣いてしまった。

安田さんの大吉さんは、不器用な父親そのもの。
でも愛は伝わってきて。予告にもあるあのシーン良かったね。
背中が寂しげ感が良かったなぁ。
現代パートはホント初老の大吉になってて、
瓶の持ち方とか、歩き方とか凄かったなぁ。

好きなセリフは、女子高生役の
伊藤沙莉さんが言ってくれて形になって、うわぁってなりました。
岡山天音さんと2人良かった。
松山さんの真面目な感じも良かったね。
余さんの、ミコはミコだった!

 

◉『ホテル・ローヤル』観た。
連続ドラマを2話目から観させられている様な、
全くコッチが乗れていないのに勝手に話が進んで行く様な
尻の座らない感覚が最後迄付き纏う。

だいたい波瑠は幾つの設定なんだよ!と思っていたら
女子高生の伊藤沙莉が出て来て時空が歪んでいるのか?とクラクラして来る。

 

◉映画『ホテル・ローヤル』
初日観た。

それぞれ異なる性と愛の距離をホテルが客観化して見せる。
観終わった後の方がジワジワくる。
しかし安田顕は愛しのアイリーンにつぎ地方の閉塞した世界をやらせたら一番いい。

 

◉『ホテルローヤル』
好きな作家桜木紫乃原作。釧路湿原を望むラブホテル。

美大受験に落ちた一人娘は渋々経営を手伝う…
そこに集う様々な思いを秘めた訳ありの客、従業員、父や母などの
人生模様を哀感と可笑しみを持って描く群像劇の佳作。
波瑠の透明人間のような存在感が他の人物像を際立たせる

 

◉『ホテル ローヤル』
人の数だけ人生がある時に孤独や悲しみが露になる非日常空間、
一時という時間の制限があるのがいいし時間を遡る展開設定は良いのに
なぜかあるはずの人生の哀愁が漂ってこない、
短編小説をまとめるには尺が足りないのか淡白になってしまっている気がする、
深みが深みが欲しかった。

 

◉『ホテルローヤル』
個人的に好きな夏川結衣さんが出演されていた。
ラブホテルが舞台のわりにエロ要素はさほど多くなかったが、
夏川さんから醸し出される艶っぽさと品の良さを
スクリーン越しでも堪能できたので満々満足。
廃墟になってしまったホテルも私には美しく見えたな。

 

◉『ホテルローヤル』
訪れる人にとっては非日常でもそこにずっといる人には日常って話、
自分も式場に勤めてた時そうだった。

新郎新婦にとっては一生に一度の晴れ舞台だけど
自分はゴンドラ降りなかったらどうしようとか
お色直し間に合わないとかもはや感動どころではなかった。
感情が無になるのすごく共感

 

◉『ホテルローヤル』
釧路湿原でラブホテルを営む親子と従業員、
そしてそこへ訪れる様々な事情を抱えた男女の物語。

特に大きく心が揺さぶられることはなかったが淡々とした中でも
自分の想いをあんなにまっすぐ伝えられる雅代(波瑠)が羨ましかった。
形あるものはいつか無くなる。思い出ひとつ抱えて行こう

 

◉映画『ホテル・ローヤル』
現実的でありながら、現代と過去を交錯させながら話を進めていくので、
幻想的にさえ感じてしまう、余韻を楽しむ映画🎦

7編の連作作品を一つにまとめたのだから、
想像を止めてしまうと繋がらなくなりそうになりました😅

最近急激ブレイク中の伊藤沙莉さんは好きな女優さんの一人だけど、
女子高生役はちょっと…😔でも、あのハスキーボイスはホント良いよね😆

雅代役の波瑠さん。静かに感情を表すこと少なく、
淡々と仕事をしていて、何を考え、何を感じているのだろうと、思って観ていたら、
終盤に宮川(松山ケンイチ)との人間味が感じられるシーンがあって、ホッとしました👍

「ちゃんと胸が痛んだ。」
「やっと当事者になれました。」

ホテルローヤルの出発点のくだりも良かった!

ただ全般に、直木賞受賞作を映画化するにあたって、
原作をかなり修正したとのことで、繋がりが見えてきたけれども、
ひとつひとつの人間模様を入れつつ、
雅代にとっての「ホテル」への思いや、自分の人生に向き合っていく様子を描くには、
ちょっと難しさ、無理があったのではないかと思わざるを得なかったことは否めませんでした。

あれだけの実力派俳優陣がいて、おもしろかったし、
興味深いシーンも多かったけれど、売れた作品を
映画化すれば良いって問題ではないなぁ〜と、思ってしまいました😔

そんなこんながあったけど、波瑠さんと松山ケンイチさんは、お上手ですね😊
ダブル主演なのに、あまり目立つことがなく(
ストーリー上仕方がない💦)もったいないとさえ思いました。
波瑠さんは役柄上、年齢を感じることなく、幅広く演じていました👌👏👏👏

余韻を楽しめる方には良き作品だと思います。
まさかのスタートから…RG12でした😅

 

◉『ホテルローヤル』
波瑠ちゃんと伊藤沙莉ちゃんと岡山天音くんが観られて良かった😊
ストーリーは~
共感出来る人は誰も居なかった…謎だらけで消化不良…😅

 

◉"ホテルローヤル"
オススメ度:★★★ (3/5)
やっぱり松ケン好きだわー。

 

◉「ホテルローヤル」観てきました。

直木賞をとった作品、釧路出身の桜木紫乃さんの作品です。
桜木さん、僕と同い年です。😊

当時、原作を読んでファンになりました。
映画化を知り、豪華なキャストをしり、観るのを楽しみにしていましたが、
僕だけじゃなかったようです。😊
ほぼ満席でした。

ラブホテルという非日常空間の、いくつかの物語です。
映像は期待以上でした。やはり素晴らしい作品です!

僕自身、ここ1ヶ月くらい嬉しい事や激しく落ち込み悩んでいました。
今も悩みは続いているけど、この映画を見て気持ちが穏やかになり、
優しい気持ちになれました。😌

優しい気持ちに触れるには勇気がいる事だけど、
それで救われる事がある。

 

◉『ホテルローヤル』を見に行ってきました!
北海道にあるラブホテルを舞台としたヒューマンドラマで、
それぞれの人間模様が垣間見れて、
ストーリー展開も綺麗でとても良い作品でした。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 351 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 人間ドラマ, 小説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.