スリラー ミステリー 実話

【映画みんなの口コミレビュー】映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』の感想評価評判

投稿日:

「鍵を見るだけで同じ鍵を作れるなんて天才かよ!」「危機が迫ると偶然の危機脱出もスリリング!」「ドキドキハラハラずっと血圧上がりっぱなし!」


上映中【2020年9月18日(金)公開】

 

木片で作った鍵での脱獄に挑む男たちの実話を描くダニエル・ラドクリフ主演のスリラー-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

アパルトヘイト政策下の南アフリカで育ったティム-ジェンキンの自伝『脱獄』(同時代社刊)を基に製作された実話。南アフリカ人のティムは、白人でありながらアパルトヘイトに反対するネルソン・マンデラ率いる組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リーと共にテロリストとして 1978年にプレトリア刑務所に投獄された。最高警備を誇るプレトリア刑務所に収監後、ティム、スティーブンらは、アパルトヘイト政権に対し抵抗の明確なメッセージを送るために脱走を決意する。厳しい看守の目がある中、脱出の手段として無謀とも言える鍵の製作、綿密な観察、そして10の“鉄製”のドアを突破するための“木製”の鍵を駆使して、彼らは自由への道を歩み出す...。本作は、強い意志とスリルに満ちた逃亡劇であるだけではなく、抑圧された者達の闘争であり、すべての人の平等を追求するために立ち上がった2人の男の物語である。

●キャスト●

ティム・ジェンキン ダニエル・ラドクリフ
スティーブン・リー ダニエル・ウェバー
Denis Goldberg イアン・ハート
Mongo ネイサン・ペイジ
Peter スティーヴン・ハンター
Leonard Fontaine マーク・レオナルド・ウィンター

●スタッフ●

監督 フランシス・アナン
製作 マーク・ブレイニー 、 ジャッキー・シェパード 、 デヴィッド・バロン 、 ミシェル・クラム 、 ゲイリー・ハミルトン
原作 ティム・ジェンキン
脚本 フランシス・アナン 、 L.H.アダムス 、 カロル・グリフィス
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』。
穴掘りによる監獄破りが一発勝負なのに対して、
解錠による脱獄は幾つものドア(関門)をクリアしていかなければならないので、
刑務所の建屋の最後のひとつの扉を開けるくだりで思わず
ヴィンチェンゾ・ナタリの『キューブ』を連想してドキドキしちゃったよ。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』を観て、
ダニエル・ラドクリフって小柄なんだなあと思ったら165cmだった。

イライジャ・ウッドも168cmなんだが、子役として長く活躍すると
絵的に大きくならないよう脳が身体に負荷をかけたりするのだろうか。
などと埒もない事を考える。

 

◉「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」鑑賞。
前代未聞の脱獄計画に挑んだ男たちの実話スリラー。

スポンサーリンク

面白かったー😆

脱獄ものは成功するのがわかっていてもハラハラドキドキするよね😱
落ち着いて観てられなくて、座りながら何度も動いてしまったわ😚

鍵を見るだけで同じ鍵を作れるなんて天才かよ!

 

◉「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」
(Escape from Pretoria)。

「もっとセイフティマージン取るだろ!?
バックアップもフツー用意するだろ!?」とツッコミどころはあるものの
けっこうサスペンスフルで良かった。
あと看守長の演技がホントにイヤな感じでナイス。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
観察力で鍵をDIYし、まるで銀行強盗のように
閉ざされた扉を開けようとする彼らが狙う物は、金品ではなく自由。
新たな脱獄映画の秀作に連ねたい。
にしてもダニエル・ラドクリフ クセ者役者のイメージがすっかり定着したなぁ。

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』。
ダニエル・ラドクリフ主演の脱獄サスペンス。スリリングで面白い。
手作りの鍵で脱獄を画策し、
試用段階から虎視淡々と逃亡の機会を伺う描写に息を呑む。
開始1時間頃は緊張感がMAXに!
反アパルトヘイト組織の長い戦いも大事なテーマ。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
アパルトヘイト下の南アフリカで政治犯とされたダニエル・ラドフリフが、
仲間とともに鉄壁の中央刑務所からの脱獄計画に挑みます。
視覚化された脱出トリックの試行錯誤も見どころですよ。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
実話に基づいたお話。ダニエルラドクリフ31才😚
ドキドキハラハラずっと血圧上がりっぱなし💦
でも思ったより酷い描写はなく、脱獄モノとしてはちょっと物足りないかも。
(酷い描写を期待していたという意味ではなく💦)

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
難攻不落の刑務所を脱するスリリングな脱獄劇としてはもとより、
社会の自由と平等のために立ち上がる男たちの闘争の物語としても見ごたえ十分。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
およそ脱獄などしないであろう井出たちの2人だが、
その技術と記憶力と執念の脱獄劇に、
息をのむハラハラドキドキ感にうーっってなりながら一緒に引き込まれていく。
また新たな脱獄映画が誕生した。

 

◉映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
実話の脱獄映画だけど主演のハリーポッターのダニエル・ラドクリフくんが、
台詞少ないのにいい感じで、派手なわけじゃないけどドキドキして、私は結構楽しめた。

 

◉「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」を観た❗
あのラドクリフ君がこんな大人に‼️「スイス・アーミー・マン」もビックリだが
うまく俳優イメージを変えることに成功したのではないかなぁ。
すっきり楽しく観られる一品。

 

◉『プリズン・エスケープ脱出への10の鍵』
アフリカの地にありながら黒人を人種的に否定する南アにおいて
人種差別撤廃を叫び実刑を受けた白人運動家達の実録脱獄劇。
刑務官に怯えながらの計画遂行場面は正に同時体験するかのようなリアリティ。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
いわゆるム所もの、脱走ものでシンプルに面白かった。
『TENET テネット』で頭を使った後にストレートな脱獄劇はええよー。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
手に汗握るスリラー!実話。
脱獄するために年月をかけ慎重に行動する姿、
今まで見た脱獄物とは違う脱獄方法に驚いた。

危機が迫ると偶然の危機脱出もスリリング。
アナログ時代の出来事のが映画的だね。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
既存の脱獄映画で見られがちな
「知力、体力、時の運」の要素に「観察力」もプラス。

観察力で鍵をDIYし、まるで銀行強盗のように
閉ざされた扉を開けようとする彼らが狙う物は金品ではなく自由。
脱獄映画の新たな秀作に挙げたいくらい。
主演のD・ラドクリフはクセ者役者のイメージがすっかり定着。

 

◉『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
実話。反アパルトヘイトで投獄され脱獄。
物凄い執念と知恵と観察と、意外な方法での脱獄はハラハラしてしまう。
良心の囚人は分かるけれど、
もう少しだけそこまでの執念を生む内面的な事も入れてほしいかな

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 37 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-スリラー, ミステリー, 実話
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.