映画『ヒットマン エージェント:ジュン』


【2020年9月25日公開】

0
Rated 0 out of 5
5段階評価中 ★0つ(0レビュー)
最高!是非観て欲しい!0%
良い!見る価値あり。0%
普通。。0%
良くない。暇があれば。0%
面白くない!時間のロスかも。0%

 

レビューを書き込む

【監督】チェ・ウォンソプ【脚本】チェ・ウォンソプ、シン・ジュンリョル

【キャスト】

ジュン クォン・サンウ
ドッキュ チョン・ジュノ
ファンウ・スルヘ
イ・ジウォン
ホ・ソンテ
イ・イギョン

ドラマ『推理の女王』のクォン・サンウが主演し、韓国で240万人を動員したアクション。国家情報院に拾われ、暗殺要員として育てられた孤児のジュン。彼は対テロ保安局のエースとなるが、漫画家になるという夢を捨てられず、任務中に死を偽装して姿を消す。出演は、ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』のチョン・ジュノ、「レッスル!」のファンウ・スルヘ、「殺されたミンジュ」のイ・イギョン、「黄泉がえる復讐」のイ・ジウォン、「犯罪都市」のホ・ソンテ。-公式サイト-

あらすじ<STORY>

とある孤児の少年が国家情報院に拾われ、“ジュン”と名付けられて暗殺要員として育てられる。
ジュン(クォン・サンウ)は瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなるが、漫画家になるという幼いころからの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。
15年後、妻子を持ち、憧れの漫画家になったジュンだったが、まったく売れずに妻の稼ぎとバイトで生計を立てていた。
自暴自棄になったジュンは泥酔して、暗殺要員時代の秘密を描いた漫画を配信してしまう。
朝になり、正気に戻ったころには、漫画は大勢の人に読まれ大人気となっていた。
しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストにジュンが生きていることがバレてしまい、命を狙われることに……。

『ヒットマン エージェント:ジュン』を観た人の感想、評価、口コミ

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

 

◉「ヒットマン エージェント:ジュン」観た。
自らの死を偽装してまで
夢の漫画家になった元凄腕暗殺要員、
鳴かず飛ばず酔った勢いで描いた
自身が主役の機密ダダ漏れ漫画がヒット、
国家情報院とテロリストにバレてしまう
自爆型“舐めてた相手が殺人マシン”映画w
ガチのアクションとコメディが良い塩梅。

 

◉映画『ヒットマン エージェント:ジュン』
韓国映画やっぱり凄い
めちゃくちゃ面白かった
劇場で腹つったの初めてやった

売れない漫画家の正体は
元最強の暗殺者
バチバチのアクション映画を想像してたけど
いい意味で大きく裏切られた

コメディ6のアクション4といったところかな
めちゃくちゃ面白いし
すべての人にオススメできる

アクションもさすが韓国
キレッキレ
話の流れもテンポ良すぎかよ

実写とアニメーションの使い方もよかった
笑いたいときはこれやで

途中何でもない時に思い出し笑いしてまう
尾を引くシーンあるので気を付けて
腹痛い
我慢してたら腹つった

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
ジュンを尊敬してる後輩で弟的存在のチョルが可愛いかった。
韓国映画まじ可愛い後輩の男の宝庫だよ…。
チョル肉体的にひどい目に遭ってて可哀想だった

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
死を偽装して売れない漫画家に転身した凄腕暗殺者、
酔った勢いで自身の漫画を描いたら正体がバレる。

元仲間の政府機関と敵対するテロリストの両サイドから狙われるドタバタ大騒動。
普段ダメダメなのにクライマックスでキメる本気のアクションがかっこよすぎ。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
国の暗殺要因として育てられた主人公が、漫画家になるために自分の死を偽装します。
その10年後、身分を偽り、結婚して漫画家になったものの、てんで売れない主人公。

酔った勢いで「あの日々」の漫画を描くと大ヒットになり、国家情報院とテロリストに命を狙われます。
シリアスな設定なのにゲラゲラ笑えるアクションコメディ。

2時間あるので途中からは「ベタベタすぎる」と思ったけど、誰も死なないこの安心感も悪くないです。
久しぶりに見たクォン・サンウのキレキレアクションにも満足でした。60点。

 

◉『ヒットマン:エージェントジュン』観ました
元・国家情報院の暗殺要員のジュン
死を偽装し行方をくらまし、憧れだった漫画家になるが、
酔った勢いで国家機密を漫画にしてしまい…🖋

ぶっ飛んだ設定のコメディと激しいアクションを合わせたエンタメ作✨
クォン・サンウのコメディはやっぱり最高だ🙌

 

◉韓国映画鑑賞🎞
『ヒットマン エージェント:ジュン』
コメディ要素多めのアクション映画で楽しく観れた。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
元精鋭工作員の過去を隠し夢だった漫画家になるも鳴かず飛ばずの主人公。
追い詰められた彼は工作員時代の体験を漫画にすると…。
緩いコントみたいな設定を安定したアクションと撮影で楽しく見せる韓国映画の安定感。
実写とアニメーションを織り交ぜた進行が楽しい。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
元国家情報院の秘密暗殺部隊のエースの売れない漫画家が
過去の実話を描いたら元同僚や
宿敵のテロリストから狙われる自業自得コメディアクション。
お話も面白いし、奥さんが『愛の不時着』のいい方の
お義姉さんでめちゃ可愛いし、西崎義展似の人好きだ。

 

◉『ヒットマン~エージェント:ジュン』
★★★☆☆。

今は懐かしい一昔前の、ちょっと大味な
韓国映画って感じで、逆に新鮮🙌

《怒鳴って叫んで!ケ~セッキ!泣いて喚いて!サランヘヨッ!》てな具合で、
本当に皆んな感情剥き出し!の昂る本能とでも云いたい様な😂

氷の様に冷静沈着・冷徹な・・

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
作品の存在を昨日知ったんだけど、これが意外にすごく面白かった!
単純明快でアクション派手で笑えてテンポも良くて爽快でした!!!
これ最後に観られて良かったわー!!!!満足!!!

 

◉「ヒットマン エージェント:ジュン」観てきました。
主人公を哀れんで、ハラハラして、
手に汗握って、ゲラゲラ笑って、
クライマックスでは、一緒にガッツポーズして、ラストは家族愛に和みました。

これがエンターテイメントですね!

アクション中の主人公、田中圭くんに
似てましたよ。

 

◉「ヒットマン エージェント:ジュン」鑑賞!
「エクストリームジョブ」を越える超コテコテのコメディー。
思った以上にコメディー成分が強い。

面白かったんだけど、終盤にテンポが急激に悪くなるのが残念。
90分くらいで纏めてアクション増してくれたら文句なかったかも。

 

◉「ヒットマン~エージェント:ジュン」鑑賞。
国家のエース暗殺者が死を偽装して子供の頃からの夢である漫画家に。
が、作品は不評、編集に罵倒され、妻には頭が上がらない。

実体験を描いた漫画を妻が勝手に配信
生存がバレて命を狙われることに…。この設定が最強。

アクションコメディだがコメディ色の方が強い。
韓国映画特有の社会性も人の暗部の掘り下げもなく、
ただ笑えるという点で「エクストリーム・ジョブ」に通じるものがある。

どこの国でもリメイクできそう。TVシリーズも可。
日本版の配役を妄想しながら観ていた。
鬼教官役が演者としてはおいしそう。
テロリスト・ベンジャミンは、見た目的には狩野英孝なんだけど…

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』観た。
国家機関の暗殺者が死を偽装、夢だった漫画家に転身、
酔った勢いで機密情報を漫画化、国とテロリストから命を狙われる。

という「え?何言ってんの?」な素っ頓狂設定の韓国産おとぼけアクションコメディ。
壮大なすれ違いコント。かなり笑いました。魚顔w。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
ジュンを尊敬してる後輩で弟的存在のチョルが可愛いかった。
韓国映画まじ可愛い後輩の男の宝庫だよ…。
チョル肉体的にひどい目に遭ってて可哀想だった

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』の観てきた。
最初、えっ、これアニメだっけ?ってなった😅
クォン・サンウとチョン・ジュノのやり取りも笑えて、
アクションコメディ映画でしたん。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
楽しい! ちょっとやりすぎなところもあるけれど、
そこも込みで、めちゃ楽しい。デートでも家族でみるのもおすすめ。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
私は面白く鑑賞しました♡
難しいことなしで笑うが勝ちという映画ですかね。
昔の漫画みたいなお話しでした。

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
見てたのですが色々文句はあるが『シークレットミッション』の物語を反省し
その先の時代を描いたような作品であり、個人より優先される国家ってなんだ、
国家が俺に何をしてくれたっていうんだという叫びが良かったです。
娘が個人をうたうラッパーなのも良かった

娘が貧困を嘆き金がすべてみたいな曲つくってると知って秒で泣くのわかるし、
読者は漫画の出来よりもより過激な扱き下ろしをするため読んでいて今風な描写だと思った。

娘が「酷いコメントばかりだから見ないで」って言うんだけど「お前も見るな」って返すんだよね。
娘も父を気遣って中傷見てるんだよね

当人に弱味(妻子)がいなかったせいで自分の妻子が
人質になったとかいう古き文脈を用いた展開でそれアリなんだ。
あと主人公が女戦士によくある穴あき服になってそれアリなんだ思った

あと相手の足を払って入刀しようとする殺陣はなんか斬新だった。
みんな大好きホソンテ氏も出てくるし喋るたび唾吐くし
一人だけ時間軸が逆なのか大勢に乱射してから抵抗すれば撃つ言っててこんな上司は嫌だった

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
鑑賞!

国家スパイの任務に嫌気がさし、死を偽装して夢だった漫画家になった男が
売れないヤケクソでスパイ時代の機密を連載!大騒動が巻き起こるアクションコメディ!
粗筋だけですでに100点で、本編も素晴らしき面白さ!

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』を見ました。
韓流アクションなんだけどコミカルとの振り幅がウザかった。
終わってみれば、納得のアルバトロス物なのなガクッ

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
楽しかったー!
タメてタメてハズす感じが逆にカッコ良かったり、
タメてハズすの連続がラストのビシッとキマるのを
引き立たせたりと終始ニヤニヤしっぱなし^_^

韓国のアクション・コメディは、やはりレベルが高い

コロナ禍で鬱々とした気分を、ぶち抜いてくれます

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
何より「何故主人公は絵が好きなのか」を冒頭のアニメーションと
その後語られる現実との対比により切実さと共に
キッチリ印象付けられていて唸る。

後半ちょっとおふざけが本来あるべきシリアスさを
突き破って来た感が有り多少醒めたけど全体では超楽しい拾い物だった

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』を見ました。
最初から最後まで好みすぎて脳の神経が
焼ききれるかと思いました。最高すぎです!

 

◉『ヒットマン エージェント:ジュン』
父親の威厳を失った漫画家が自分の過去である
暗殺要員をネタに描いたら大ヒット。
そのせいで国家権力とテロリストの両方に狙われる羽目になる。

クソダサい邦題だが暗殺要員ジュンなのでそのまんま😅
内容もマンガ。
しっかり笑えて、アクションも小気味良い良作。

 

---------------------------------

スポンサーリンク

 

レビューを投稿する

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 233 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

© 2022 ENJOY CINEMA|映画のレビュー・口コミ・評価・興行収入