ドラマ 実話

【映画みんなの口コミレビュー】映画『ノマドランド』の感想評価評判

投稿日:

「フランシス・マクドーマンド、圧巻です!」「映像が美しくて癒された!じんわり沁みる映画!」「もう言葉が出てこない!ラスト涙が止まらなかった!」


上映中【2021年3月26日公開,108分】

 

『スリー・ビルボード』の製作会社サーチライト・ピクチャーズとオスカー女優フランシス・マクドーマンドが再タッグを組み、第77回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞、第45回トロント国際映画祭で観客賞を受賞したロードムービー。『ザ・ライダー』のクロエ・ジャオ監督が、ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション「ノマド:漂流する高齢労働者たち」を原作に、車上生活者の生き様をアメリカ西部の美しい大自然とともに描く。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

リーマンショックのあおりを受けて、長年住み慣れたネバダ州の住処を失った60代のファーン。彼女はキャンピングカーにすべての思い出を詰め込んで、車上生活者=現代のノマド(遊牧民)として過酷な季節労働の現場を渡り歩くことを決意する。行く先々で出会うノマドたちと心の交流を深め、一日一日を懸命に乗り越えながら、誇りを持って生きる彼女の自由な旅は続いていく。

●キャスト●

Fern フランシス・マクドーマンド
Dave デヴィッド・ストラザーン
Linda リンダ・メイ
Swankie シャーリーン・スワンキー

●スタッフ●

監督、脚本 クロエ・ジャオ
原作 ジェシカ・ブルーダー

映画『ノマドランド』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『ノマドランド』素晴らしかった☆
“ハウスレス”な彼女や彼らと一緒に
広大な米国の大地を旅したような時間だった🚌
彼らみたいに厳しくも自由な生き方は真似出来ないと思いつつ
大自然の中に溶け込んだ人間の美しさに憧憬を抱いてしまう🏜

 

◉「ノマドランド」鑑賞
話の運びのテンポがめちゃくちゃ良くてこれはいける!…と思ったんですけど
なんか子守唄聞かされてるような感覚に陥って2~3回意識ぶっ飛びました…
Amazonってあんな雇用形態なんだ…

 

◉『ノマドランド』
貧困のノマドワーカーに対する美化が懸念される映画かも知れないが、
映画館で観る価値のある美しい日常系映画だった。
こういう人生の価値観もあってもいいと思います。
ただ原作とはかなり異なっているので、
ケンローチを連想するとかなり肩透かしするので注意!

 

◉映画『ノマドランド』
車上生活を余儀なくされた高齢女性の旅路の行く末を、
マジックアワーを活かした雄大な自然を背景と共にリアル且つ幻想的に描く。
社会的背景よりもノマドたちの心の豊かさや逞しさを前に出したのが印象的。
そうか、バケツで用を出すのか。

 

◉『ノマドランド』見てきた。
できるだけ大きいスクリーン推奨。フ
ランシスマクドーマンドオスカー取ると思う。

私は前作『ザ・ライダー』の方が好きだが、
クロエ・ジャオがこのタッチで『エターナルズ』を撮ると思うとワクワクしますね。
テレンスマリックの「天国の日々」みたいなマーベル!

◉『ノマドランド』
プロの俳優が二人しか出てないと聞いて驚いた。
素人さんがまるで役者のように演じている。

ていうか、自身のことを素人っぽくなく喋っているのだ。
日本の映画ではこうはいかない。
監督のなせる技だ。それと全裸シーンにもびっくり!

 

◉「ノマドランド」
主人公は放浪の旅を続ける高齢女性
そしてこの作品のノマド民たちはほとんどが高齢者
孤独だけど性に合った生き方なんだろな
久々にロードムービー観た

 

◉『ノマドランド』早速観てきた。
クロエ・ジャオ監督作品としてみると
前作の『ザ・ライダー』の方が力があるようには思いますが、
これはこれで主題も違うし、魅せてくれました。

しかし、Amazonでの労働がすごく楽しそうで、
そうなのか?と戸惑ったけど……。

比べたら怒られそうだけど、一つ前に劇場で観た映画
『ビバリウム』と好対照だったかもしれない……。
『ビバリウム』はローンに人生を食い潰されることの風刺(まあ、よくあるやつ)だったので。

 

◉『ノマドランド』
実際のノマドが役者として映画に溶け込み、
主演のマクドーマンドがまるで本当のノマドのように佇む。

シニア世代の危機が背景にある社会性を描き、
そのなかで尊厳を守って生きていく気高い人間性を探求した映画に、
深い感銘を受けた。

 

◉『ノマドランド』
美しい静かなドキュメンタリーのようだった。
実際に車上生活をしている人達が出演しているんですね。
マクドーマン自身が制作にかかわっているし、
いろいろ背景知りたかったのにパンフレットないってがっかり。

資本主義の冷酷さと高齢者の苦境があり、
だからこそ家族でも得られない深いつながりが描かれていて
「ホームレスに学ぶ生活の知恵」みたいな話ではありません。

 

◉「ノマドランド」
出てくる大自然の風景は絵はがきみたいな美しさじゃないんだよね。
アメリカの中西部あたりを旅するとよく出会う日常的な風景の美しさ。
特に一日の終わりの、夕暮れ時の美しさ、
空気感が微妙に揺れ続ける映像から伝わってくる。

 

◉『ノマドランド』
出逢い、繋がり、別れ、再会し、また旅立つ…。
その寂寥の円環に誇りと自由を詰め込み、
過酷な自然の一部になる現代の遊牧民の横顔に見惚れ、紡がれる物語に没入した。
F.マクドーマンドの繊細な「引き摺り」が境界を溶解させる。

スポンサーリンク

 

◉『ノマドランド』
途中2度くらいめちゃくちゃに泣いてしまって、
私の列他に誰もいなくてマジで良かったなあと思いました。

 

◉『ノマドランド』
近年、働き方でノマドという単語はよく聞くが、
この作品では正に遊牧民の車上生活を通しての生き方を描いている。

ストーリーに大きな起伏はあまり無いが、大自然の映像が美しく引き込まれる。
どの世界でも一人だけで生きていくのは難しく、自分にとっての生き方を考えさせられた。

 

◉映画『ノマドランド』観てきた。
辛い、優しい、悲しい。
ナチュラル・ボーン・ノマドにはとても追いつけない農耕民。

 

◉映画『ノマドランド』
鳥も魂も安住の地へ戻るのに
わたしは一人
暗黒の森よ教えてくれ
鳥も魂も戻るのに…
『百年の夢』チェコスロバキア作品
1972年ドゥシャン・ハナック監督

静謐で魂を揺さぶるラストシーンが
私の生涯のオールマイベストのこの作品と重なりあった。

 

◉映画『ノマドランド』
リーマンショックで家も仕事も失った未亡人ファーン。
誰の助けも借りず全米をアルバイトをしながら車で巡る
ノマド(遊牧民)として生きる道を選ぶ。

旅をしながら生きるノマド達は事情を抱えながら助け合い別れを言わず再開を誓う。
大自然の映像は秀逸。彼らの生き方には憧れすら感じた。

 

◉『ノマドランド』めっちゃ刺さった。
これがオスカー獲ったら嬉しいなと思う。

 

◉『ノマドランド』
物語として捉えて解釈しうるところまで、
自分の重ねてきたこれまでの経験では到底到達していないなと思った。

じゃあ歳だけ重ねていけば理解できるものなのか。
いずれにせよ今の自分はまだ甘くて青くてヒョロヒョロだな。

 

◉『ノマドランド』
元になったノンフィクションよりかなりマイルドにはなっているものの、
実在のノマドも参加してたりするのでそれなりに厚みはある。
個人に属する負の側面を描くためにはフィクションにせざるを得ないのかな。

 

◉『ノマドランド』
劇中で、若者が"Drifting Away I Go“という曲を
弾き語りするシーンがあるけど、
そこにBGMを重ねていたところがかなり残念なポイント。
音が被さる最悪の演出だった。

エンディングでも同じ曲かかるけど、
普通に弾き語りでもっと聞かせても良かったと思う。

 

◉「ノマドランド」
知識では知ってたけど見た事ない
アメリカの風景や暮らしが描かれてて見入ってしまった。

ドキュメンタリーと言われたら信じてしまう位真に迫った演出だったけど、
クレジット見る限り主演のフランシス・マクドーマンド以外は
本人が本人役を演じる「ザ・ライダー」と同じ手法なのかな

 

◉「ノマドランド」
極力物を持たず放浪の生活を送るノーマッドらしく、
虚飾を排したストーリーテリングが素晴らしい映画でした。

車上生活をする理由は貧困だけではなく、
みんなが色々な信念や悲哀を持って生きているのだということが分かりました。
フランシスマクドーマンド、圧巻です。

 

◉『ノマドランド』
初日の1回目観てきました
見終わった時は私としては
う~ん…
だったけど
何か脳裏から離れないなぁ

主演女優フランシス・マクドーマンドが途中から、
大竹しのぶに見えてきて仕方なかった💦

一般のノマドたちが演技してたこと
観た後で知って本当に驚いた

 

◉『ノマドランド』
「ノマドは"サヨナラ"とは言わず、
その代わりに"またどこかで"と行って別れる」みたいなセリフを聞いて、

『セーラー服と機関銃』の出だし部分を思い出しました。
こういうセリフ、ありきたりかもしれないけどやっぱり好き。

この映画に出てくる風景もどれも壮大で見ていて圧倒される。
それに加えて、主演のフランシス・マクドーマンドの演技がすごい。

ただ風景を見つめているだけで、
思い出を忘れてしまうかもという彼女の不安みたいのがヒシヒシと伝わってきた。

他のノミネート作品をすべて観ないで言うのは無責任かもしれないけど、
ぜひアカデミー賞の作品賞をとってもらいたいなと思いました。

 

◉『ノマドランド』
とっても良かったです。
先週見たミナリとは正反対の映画でした。
ノマドランドは資本主義に疲れた人々、
ミナリは金銭的に生活を良くしたい人々の話。

私は前者に該当するので、ノマドランドの方が刺さりました。
死ぬまでにやりたいことをしなきゃなぁと思いました。

 

◉『ノマドランド』
映像が美しくて癒された
じんわり沁みる映画

 

◉「ノマドランド」
これはほぼドキュメンタリーでは?それ故のリアリティはあるけど
「ザ・ライダー」がフィクションとの曖昧さの狭間で描かれる面白さがあったのに対して、

今作ではフィクションとドキュメントがあまりに溶け込みすぎてて
映画的な面白さが無くなってる。

 

◉『ノマドランド』100点
自然を捉える映像が美しく、
ドキュメンタリーとフィクションの間みたいな
登場人物たちがリアルで心に突き刺ささる映画

 

◉『ノマドランド』
これは凄いな。
劇中、主人公の生き方に対して姉が「勇敢で正直」みたいな事を語るけど、
まさにこの映画そのものを表す言葉に感じました。

 

◉『ノマドランド』を観ました。
そんなに旅行しないにも関わらず旅の夢ばかりみる自分にとって、不思議な憧れもありつつ。
身一つでノマドコミュニティを生きていくのはハードル高くて難しそうだけど。

にしても中高年ばかりなのは、実は60〜70年代位に若者として
ヒッピー文化とか持ってた人達が、人生終盤にもう一度自由になりたがっているとかかしらと。
同じような行動でも、年代で味わいがまるで違うなあ…

 

◉『ノマドランド』
明日は我が身。全て失った時自分ならどうする?
個人的には死を前向きな選択肢の一つとして受け入れられる社会を望みます。

 

◉『ノマドランド』
新しい家族と家でもなく、思い出の地でもなく、
どちらも選ばないところが良かった。

自分も今乗ってる車で各地を放浪しようと準備してるとこだけど
まだ旦那はそのへんで元気に生きてるし、多分死んでからにするわ。

 

◉『ノマドランド』
ドキュメンタリーに限りなく近いフィクション性が
ストーリーに説得力をもたらせていて面白い。
名言多くて興味深い内容だけにパンフレットが欲しいけど、
販売されてないのが残念。ノマド買お。

 

◉『ノマドランド』
もう言葉が出てこない
ラスト涙が止まらなかった

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 281 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 実話
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.