R指定 スポーツ ドラマ 人間ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『アンダードッグ 前編・後編』の感想評価評判

投稿日:

「ボクシング映画としての完成度も非常に高い!」「北村匠海の演技力の高さと凄まじさを魅せつけられた!」「前編MVPは山本博さんですね!」


上映中【2020年11月27日】

 

「百円の恋」の監督・武正晴、脚本家・足立紳ら製作陣が再集結し、這い上がろうとするボクサーたちを活写した人間ドラマ。チャンピオンベルトを掴み損ね今やかませ犬(=アンダードッグ)となりながらもボクシングにしがみつく晃は、二人のボクサーと出会う。主人公の晃を「怒り」の森山未來が、過去にある事件を起こした龍太を「思い、思われ、ふり、ふられ」の北村匠海が、芸人ボクサーの宮木を「バンクーバーの朝日」の勝地涼が演じる。また、元WBA世界スーパーバンタム級王者の佐藤修、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二、プロボクサーでありトレーナーライセンスも取得しているお笑いトリオ『ロバート』の山本博も出演。同日公開の後編に続く。第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020オープニング作品。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

ボクサーの晃(森山未來)は一度はチャンピオンへの道を歩みかけたものの、道をはずれ、それでもなおかませ犬(=アンダードッグ)としてリングに上がり、ボクシングにしがみついている。幼い息子には父親としての背中すら見せてやれていない。かませ犬から負け犬になり、プライドも粉砕され、どん底を這いずっている。そんな彼が、二人のボクサーと宿命的に出会う。一人は、児童養護施設で晃と出会いボクシングに目覚めたものの、過去に起こした事件によりボクサーとして期待された将来に暗い影を落とす龍太(北村匠海)。もう一人は、大物俳優の二世タレントながら鳴かず飛ばずという半人前の芸人で、自らの存在を証明するかのようにボクシングに挑んでいる宮木(勝地涼)。三者三様の理由を持つ男たちが、再起という名のリングに立つ。

●キャスト●

末永晃 森山未來
大村龍太 北村匠海
宮木瞬 勝地涼
瀧内公美
熊谷真実
水川あさみ
冨手麻妙
萩原みのり
新津ちせ
友近
秋山菜津子
芦川誠
二ノ宮隆太郎
上杉柊平
清水伸
坂田聡
徳井優
佐藤修
山本博
松浦慎一郎
竹原慎二
風間杜夫
柄本明

●スタッフ●

監督 武正晴
原作・脚本 足立紳
主題歌 石崎ひゅーい

映画『アンダードッグ 前編・後編』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉『アンダードッグ』(前編・後編)
燃えカス、悪童、半人前…3人の壮絶なぶつかり合い。
ボクシング以外のドラマに思う所はあれど、
女性陣の好演と血湧き肉踊り手に汗握る
トレーニング&試合シーンに吹っ飛ばされた。
なんて顔しやがる。最高。
試合は決着した、映画は完結した、でも人生はまだ終わらねぇ…

 

◉「アンダードッグ」を観る。
前半はあまりに型にはまったアンダードッグ描写だと思っていたが、
前編ラストの試合からお!?と思い始める。

そしたら後篇が凄かった。
ボクシング映画のボクシングの人生の部分じゃなくて
試合内容で感動したのって初めてかも知れない。

 

◉『アンダードッグ』
前田織音

8歳にして凄い佇まいと存在感。
負のオーラも元気のオーラも纏うことができる女優。
孤独と怒りを込めた悲しげな表情に心が締め付けられ、
屈託のない笑顔に救われる。
これからの活躍が楽しみ。

 

◉『アンダードッグ』前編後編観てきた〜!
北村匠海さんの役作りの凄さに圧倒されたし
初めてボクシングの試合をこんなにも真剣に観た。

4時間半だったけど体感的にはもっと短く感じるほど白熱した試合でした🥊
龍太くんめちゃくちゃかっこよかったです。

 

◉『アンダードッグ』
観た方が良いです。
前後編続けてみるべき。すごかった。
人間の愛しいやつ全部あった。

◉映画『アンダードッグ』前編後編🥊
合計276分は長く感じなかった。
思いの外映画の勢いはなかった印象だが
(配信に向けた作りだからかな?)

ボクシングシーンはグッと来るものが。
メインの3人がすげー良かった。

同じ足立さん脚本で武正晴監督の百円の恋信者なので
つい比較してしまうけど、これはこれで良かった

 

◉映画『アンダードッグ』
まずは前編。
泥臭くて男臭い、そんな雰囲気が漂う映画。
最後まで目が離せなかった。

私の中で悔しさだけが残ってしまって、
ひゅーいさんのエンディングを聴きながら泣いてしまった。
宮木が何度も立ち上がる姿にも感動したけれど
どうしても晃目線になってしまい悔しい。後編も楽しみ!

 

◉『アンダードッグ』
瞬に理解力ある彼女がいる甘さとか、
いくらなんでも主人公の燻り長過ぎるだろ3時間もとか
不満は割とあり、つつも森山・北村・勝地の麗しい男達が
こいつだけは倒さないと俺は俺に負ける!!と
半裸で壮絶に殴り合う様を見れただけで3600円は安かったです(真剣)

 

◉【アンダードッグ前編】を鑑賞。
主要登場人物ほぼ全員が如何に生きてきたか?
それぞれの立場でどんな思いなのかを丁寧に関連付けて描いていく。
テレビ企画で芸人がプロボクサーとなりそいつと森山君は半ばヤラセのリングに立つ。
結果倒しきれず密かに彼に期待する全員から失望をかう。

スポンサーリンク

 

◉『アンダードッグ』
どうしようもないを体現した様な森山さんも薄っぺらさが
厚みを帯びていく成長がヤバい勝地さんも素晴らしいけど、
無邪気さの奥に深い陰を忍ばせる北村さんも堪らなかった。
と同時に後篇からのある展開に、
ああこの無邪気さを現す為の北村さんとなりましたね、巧い…

 

◉『アンダードッグ』前後編、鑑賞。

4時間半以上に及ぶ、
底辺の暗闇で吠え続ける負け犬達の燻りと怒り。
ここまで徹底的にダメダメで良いのかという位
悩み逃げ続ける主人公の晃を軸に、
闘う者達のドラマが火花散りまくる。

痛みと覚悟が伝わってくる試合シーンもさる事ながら、
男同士の背中のドラマが最高…

 

◉「アンダードッグ」後編
途中まできつかったけど後半は超面白かった。
ラストは元嫁や海藤とかも出てきてほしかったが。
かつじは見せ場は前編だけだったのか。
ボクサーになるかと期待したんだけどなあ。

 

◉『アンダードッグ』
これ実際見ていただきたいんですがあの、
実際にボクシングのライセンスを持つロバートの山本博さんが
ビックリする程実感の篭もった名演を繰り広げるんですよ……!
それももう当て書きかってレベルの良い台詞を発します。
俳優陣は皆名演だけど私的に前編MVPは山本さんですね

 

◉『アンダードッグ』
大村龍太(匠海くん)の一番大事なボクシングシーンは、
映画館で見てる感覚じゃなくて、
実際にその場にいて応援してる感覚だった、、
絶対に負けるな!頑張れ!って叫んじゃいそうだったし、
わたしが龍太の嫁さんかと錯覚するほどだった笑

 

◉『アンダードッグ』
赤ちゃんと対面した時の匠海くんの一言がグッときたな、、

 

◉『アンダードッグ』前編見てきた。
やっぱりボクシング映画は熱くなる。
勝地涼?の色んな意味で痛々しい演技が上手くて引き込まれたなあ。
何より森山未來のロートルっぷりが最高でした!
間開けずに後編も行かないとだな。

 

◉映画「アンダードッグ」
前編を鑑賞しました。

ボクシングにしがみつく崖っぷちボクサーを森山未來さんが熱演。
試合のシーンは迫力があり、後楽園ホールとか新宿フェイスとか
よく知ってる会場が舞台になっていて、親近感が湧きました。

 

◉『アンダードッグ』後編終わった。
心も体も震えてる。
誰かと共有したかった。

 

◉映画『アンダードッグ』2回目🥊
やっぱり涙が止まらなかった。
今まで演じてきた役の中で1番好き💙
100%以上の力を出し切った龍太は
強さ弱さ儚さをすべて表現して
北村匠海の演技力の高さと凄まじさを魅せつけられた‼️
俳優としての転機となる素晴らしい作品。
この映画に出会えた事に感謝です✨

 

◉『アンダードッグ』
試写会で1回見させていただいていたんだけど、
何回みても多分飽きないし、
新たな発見とか見方が出来るしもっと自分も頑張らなきゃって思った!
匠海くんもかっこよすぎたけどアンダードッグという作品が
もっと大好きになりました!また見よーっと😍

 

◉『アンダードッグ』
後編の名走りシーン。
一つは2人が背中合わせに走って別れるシーン。

まさに映画が走り出す所でここでこんな胸熱な演出…やめてくれ泣く!ってなり、
もう一つは「エンディングで走るアニメは名作」的なあれ。
森山未来の迷いなき超姿勢のいい走り姿に最後の涙も絞れ取られた。

 

◉『アンダードッグ』
後編は、まるでスコセッシ映画のような群像転落劇の釣瓶打ち
(そういや去年のアイリッシュマンも4時間くらいの尺で配信と劇場公開両方やってたな)。
それを経ての後半はベタっちゃベタな展開だが、
それこそイン・ザ・ヒーローの頃からベタをてらいなくやれる武監督の強みが結実した感。

 

◉『アンダードッグ』前編
エキシビジョンマッチによって交わるはずのなかった
2人の男の人生が変わるというあらすじはもろロッキー1なんだが、
両者がそれぞれロッキーでもありアポロでもあるというのが良い。そ
して普通ならこの試合によって人生は好転して
終わるのかと思いきやラストの森山未来の泣きよ!

 

◉『アンダードッグ』
前編観終わって静かに興奮。良すぎる。
まだ言葉になってないけどご飯食べたら後編いってきます。
いま観れて本当に良かった。武監督!!ってなる。

 

◉『アンダードッグ』
日常生活を映す映像もとても良かった。
あの部屋があんなに美しくなるとは想像出来なかった。
少ない台詞も良かった。ん?てちょっと考えるけど。
音楽も良い。一部不快音があったがそれも狙いなのだろう。
EDひゅーい君の曲もすごく合っていてとても良かった。

 

◉『アンダードッグ』
長編だけあって登場人物一人一人を
細かく丁寧に描いていて、内容的にとても良かった。
ボクシングの試合をあんなに長く、リアルに見せているのもすごい。
あれは俳優さんの努力と映像スタッフの力なのか、臨場感がすごい。

俳優陣がとにかくみんな良いので劇場に観に行って欲しい!

 

◉『アンダードッグ』
勝地涼さん、観てるこっちが
はらはら寒くなるくらい痛々しい辛い芸人役適役過ぎた。
前半ラストの試合アドレナリンすごすぎて体感一分くらい

 

◉『アンダードッグ』前編後編
負け犬の3人が何かのために
本気で前を進みながら
生きていく力強さがボクシングを
通してかっこよかったです✨
一通り見るのが2回目ですが
違った視点で見ると深いなあと
実感して映画の魅力にハマりました✨

 

◉武正晴監督「アンダードッグ 前・後編」観た。
上映時間合計約4時間半だけど特に後編は怒涛の展開であっという間だった。
先日見た同監督「ホテルローヤル」もノスタルジアとロマンティシズム溢れる作品だったけど
本作も「百円の恋」以上に“負けてもカッコイイ”な(男の)ロマンチ駄々漏れ作品だった。

 

◉『アンダードッグ』
勝地涼さんは元々好きな俳優さんだけど、
ご本人も言ってたように
役とすごくリンクしてていろんな感情がリアルに伝わってきた。
試合のシーンでは本人を応援する気持ちで見てた。
一番共感できるキャラクターだったように思う。

 

◉『アンダードッグ』
ボクシング映画としての完成度も非常に高い。
ファイトシーンはリアルで生々しい迫力がある。
パンチ一発、一発に重みがある。吹き飛ぶ血、汗。
男達の戦場。ブーイング、会場に響く審判の声。
すべてがリアルである

 

◉『アンダードッグ』
前編も後編も長かった……
だからこそ最後の試合が輝いて見えて、
気づけば画面にのめり込むように前かがみになり、
肩を震わせ泣いていた。

映画であんなに熱くなったの久々だし。
ボクシング映画って初めて見たけどこれが1本目でよかった。
あと、この監督は濡れ場が多い笑

 

◉『アンダードッグ』
コーナーに追い込んでボコボコにパンチするシーン
凄かった!迫力あった!!

配達のとこでメガネかけ直したら耳のあたりの髪の毛が
ぴょこっとしたとこが可愛すぎた龍太😍

 

◉『アンダードッグ』
森山未來さんは本当に晃を生きていて、
淡々としているようでボクシングに対する根深い想いが
ズシンとくる感じがした。とにかくズシンと。

匠海くんは、匠海くんの入れ物になにか別の野性的で
喪失感のある誰かが入ってた、そんな感じ。
子供に対する時ですら目の奥がどこか寂し気で。

 

◉映画『アンダードッグ』
前編後編ぶっ続けで観てきました!!
なんかもう見せられてる世界が現実的過ぎて、過酷で、
泥臭くて生々しくて…制作陣と役者の本気を嫌というほど感じました。。。
試合のシーンはまるで目の前で観戦してるかのような緊迫感で、
気づいたら手に汗握ってました。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 800 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-R指定, スポーツ, ドラマ, 人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.