ドラマ 家族ドラマ 小説

【映画みんなの口コミレビュー】映画『さくら』の感想評価評判

投稿日:

「匠海くんのナレーション素晴らしかった!」「愛犬さくらがとにかく可愛い!癒される!」「小松奈菜が艶やかで美しく、キャリア最高とも言える演技!」


上映中【2020年11月13日】

 

直木賞作家である西加奈子の同名ベストセラー小説を、『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が映画化。ごく普通だった一つの家族と彼らの愛犬サクラが、残酷な運命に翻弄されながらもたくましく生きていく姿を描きだす。一家の長男を吉沢亮、次男を北村匠海、末っ子の妹を小松菜奈が演じ、寺島しのぶ、永瀬正敏が3兄弟妹の両親役として名を連ねる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

音信不通の父が2年ぶりに家に戻ることになり、長谷川家の次男、薫は年末に実家へと向かう。2年前、薫にとってヒーローのような存在だった兄の一が他界してから、家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだった。薫は、妹の誕生、愛犬サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋など、かけがえのない幸せだった日々を回想していく。そして迎えた大みそか、壊れかけの家族をつなぐ奇跡のような出来事が起きる。

●キャスト●

長谷川薫 北村匠海
長谷川美貴 小松菜奈
長谷川一 吉沢亮
大友カオル 小林由依
矢嶋優子 水谷果穂
須々木原環 山谷花純
溝口先史 加藤雅也
フェラーリ 趙珉和
長谷川つぼみ 寺島しのぶ
長谷川昭夫 永瀬正敏

●スタッフ●

監督 矢崎仁司
原作 西加奈子『さくら』
脚本 朝西真砂
原作 東京事変『青のID』

映画『さくら』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

 

 

◉映画『さくら』拝見しました‼️
長谷川家には泣かされっぱなしでした😭😭😭😭😭🌸🌸🌸🌸🌸

 

◉映画『さくら』
あの…感想がサラサラと出てこない。
途中から感情が固まってしまいそこからうまく入ってこなくて。
吉沢さんの演技に胸が押しつぶされる。
一番身近な家族がテーマの話だからこそ、
感じるものもたくさんあって一言では言い表せない感じ。
辛いけど何回も観ます。

 

◉映画『さくら』
色々な事を考えさせられました。

悪送球が残酷で綺麗事ではない家族のお話を
ずっと見守っていたさくらの存在がとても素敵でした。

誰かを思う気持ちその形はそれぞれ違うけどどれも
列記とした愛で全てを肯定してくれる映画を観て
自分に正直に生きようと思えました(^^)
また観たいです🐾

 

◉映画『さくら』
公開初日に観てきた✨

長谷川家のいろんな愛に、笑って泣いて心揺さぶられる時間だった。
どんな人も肯定されるような、これから先どんな試練が訪れても
踏ん張っていけるようなそんな温かい愛と力をもらった💖
また長谷川家に会いたい😭🌸

 

◉映画『さくら』
3兄妹とても仲が良い💞
それにしても菜奈ちゃんのお芝居すごかった…。
私もお兄ちゃんいるから美貴の気持ちわかる部分もある、、けどそんな次元じゃないか💦
長谷川家のオープンさがちょっと羨ましい🌸
匠海くんのナレーション心地よかったし、サクラも名演技だったなぁ🐶

◉映画『さくら』🌸
初日観てきました
帰ってきたら家の猫ちゃん取り敢えずギュッとしたくなった☺️
ごめんね寝てたのに
匠海くんのナレーション素晴らしかったです🌸🌸

 

◉映画『さくら』
家族愛、人間愛。役者さんたち(🐶含む)の
表現が本当に豊かで生々しくて涙したし、笑った。
映像でみることでより愛おしさを感じた。
大切な人に大好きだよって伝えたくなる。

 

スポンサーリンク

 

◉映画『さくら』
映画館で声を押し殺してこんなにも泣いたの初めて……
生々しくて温かい家族の形、愛の形に心を掴まれました。
最後は笑顔になれてよかった…!見終わったあと、
だいすきな友達、家族、そして匠海ちゃんに会いたくなりました。

 

◉映画『さくら』
静と動の使い方が上手いなと思った。
普通なら持てないような″間″が、むしろそれがあることで、
感情がより伝わってくる。
そしてその瞬間、作品に惹き込まれて釘付けになる。
ナレーションや出演者の動きで伝わってくるメッセージに加え、
その″間″がこの作品をより深くしているな、と。

 

◉映画『さくら』観てきました🌸
原作読まずに観て、原作が読みたくなって買ってきました📖
描かれている愛は私が考える愛と似ているなぁと思いました。
子供たちには、どんな時も自分を肯定し続けることのできる人になってほしいと改めて思いました。
また観に行きたい🎬

 

◉映画『さくら』
衝動的にチャリかっ飛ばして観に行ってきました
小林由依さん最高でした。
カオルちゃんくらい度胸ある人になれたらいいなと思います。

 

◉『さくら』。
西加奈子のベストセラーを映画化。
超絶仲の良い家族のドラマだが、衝撃の展開。
そして、どうしようもなく切なくなる。

長女や長男の恋人など女子キャラの小悪魔っぽさも印象的。
長女役の小松奈菜が艶やかで美しく、
キャリア最高とも言える演技で難役に扮した。
観た後の余韻が半端ない!

 

◉『さくら』🌸
長谷川家にお会いしてきました。
原作は薫目線で読了しましたが、
映画は長谷川家を覗き見るスズメ目線とでもいいますか…
少しの気まずさと羨ましさ懐かしさ…

運命の日の朝、さくらと坂を下っていく
ハジメ兄ちゃんの声色と後ろ姿が印象に残っています…

 

◉映画『さくら』
まさに「長谷川家に会いに行く」という映画。
外野が1人もいなくて各々が各々を生きている主人公で。
ある家族の物語が淡々とすすむから感情のリミッターを超えると涙が止まらなかった。
家族・恋人・友人との繋がりが尊く感じて大切にしようと思いました。

 

◉映画"さくら"観賞
まあ推しメン観に行ったんだけど。
他所の子カオルさんが普通に電子ジャーからご飯ついでるし
ケンカ圧勝してるし卒業式で校長教頭突き飛ばしてるしで
控えめに言って最高でした(笑)

 

◉映画『さくら』観終わりました

原作を読んだ上での鑑賞でしたが、
映像として観ると涙する場面がどんどん現れて大変なことに😭😭

生きること、愛すること、家族の絆
この困難な時代にこの映画と出会えたことに感謝
素敵な作品をありがとうございました☺️

 

◉『さくら』を観た。
これはどえらい映画ですよ…。悪い意味で。
単発的な出来事が続いていく前半は退屈。
知らない家のホームビデオを見せされても…。
性的な描写に攻めの姿勢は見えたし、
バズりそうなシーンはあるんだけど、
そんな消費のされ方でいいんかな…。
あとEDが合ってないにもほどがある。

 

◉映画『さくら』
という映画を観ました。

最初はいい雰囲気で和やかに家族の歴史を辿っていくんだけど、
徐々にピリッとスパイスが効いてきて、結構辛い感じにw

家族って色々あるもんだけど、なかなか大変だよねー、
て自由人の私は他人事ながら妄想しては凹んでみたw
ペットは憧れるけどやっぱ抵抗感が強めw

 

◉映画『さくら』
原作も読まずに観たので、次々起こる出来事に衝撃を受けっぱなしでした。
最初から涙が止まらないけど、最後はサクラにほっこり🐶
印象的なセリフもたくさんあってとても心に響く作品でした。

また新たな匠海くんに会えた✨

 

◉映画『さくら』
淡々とすすむ
やわらかい家族の物語
辛くて悲しいことも
しなやかさでまるっと
抱えて生きていきたいなと
思いました

いろんな人に観てほしい

はじめ兄ちゃんの
「ほな」
何度も聴きに映画館通います

 

◉映画『さくら』
匠海くんのナレーションが本当によくあってた!
本当にずっと「薫くん」でアゲ太郎ともアンダードッグとも全く違う😳
このこの作品で主演って本当にすごいし、
たくさんの人にみて欲しいし、何度も観に行こうと思った!

 

◉『さくら』見てきた🌸
物語の真ん中には絶対に壊れない愛があるのに、
でも、その愛の周りに訪れる神様からの悪送球が、
あまりに苦しくて痛くて辛かった😢

さくら役のちえちゃん可愛いすぎるし…
匠海のナレーション素敵すぎるし…
大好きな映画がまたひとつふえました☺️

 

◉映画『さくら』
きれいごとじゃない家族の物語、

映画でも小説を読んだ後と
同じような、切ない、でも前向きな気持ちに🌸

色々な愛の形を肯定してくれる作品でした!
観て良かった!!

 

◉映画『さくら』
みんな誰かを想っていて想い方は違うけど
それぞれの愛の形が優しくて涙が溢れた。
好きな人には好きって伝えよう。

そしてサクラ🐕みたいに嬉しい時も
悲しい時もシッポを振っていたいと強く思いました。
またすぐに長谷川家のみんなとサクラに会いにいこう🌸

 

◉『さくら』
一つの家族を通して、
家族一人一人が成長していくときに触れる、
まっすぐな愛、愛なのか分からない愛、
少し曲がってしまった愛…たくさんの愛の形がありました。
きれいごとではない、人間らしい愛。
涙は流れたけど、ずっと悲しい気持ちにはならない作品!

 

◉映画『さくら』
長谷川家や周りの人に友情、家族愛、LGBT、容姿、
たくさんのことを考えさせられた映画でした。
心がきゅっとしたけど何処か暖かかった。

この映画を通して自分に素直になろう、正直に生きようって思った。
あと家に家族全員で集まって一つのお鍋をつつきたくなりました。☺️

 

◉映画『さくら』
言葉にすることが難しいけど、とても心に残ってます。

家族でも友達でも今そこに居てくれるのが当たり前ではない、
思った事を口にするのが苦手だけど伝えよう。そう思いました。

 

◉映画『さくら』
愛犬さくらがとにかく可愛い!
重いストーリー展開の中でも尻尾を振っているだけで癒される。
淡々と語られる薫の声と共に
物語が進んでいくけど最後はとても感情がこもっている気がした。
原作にはない仲良しすぎる長谷川兄弟の姿を
見るためだけでももう一度この映画を観る価値あり!笑

 

◉映画『さくら』
美男美女すぎる兄妹は目の保養で、、、、、全員美しすぎました、、、、
子どもの頃から美少女美少年だし成長した3人、えぐい、、、、
あの御三方を兄妹にしてくださった監督さま天才すぎる。
ビジュアルも衣装も含めてよかった!!!

◉映画『さくら』🌸
手紙のシーンの匠海くんの1粒の涙が落ちた時めちゃくちゃ泣きました

 

◉映画『さくら』
早速観てきた🌸

もう本当にいろんな感情で溢れて、沢山考えさせれる映画だった…
まさに、綺麗ごとじゃない物語。
演技派揃いな役者さん達のリアルな芝居に圧倒されました。
たくみくんの柔らかくてあったかいモノローグが心地良かった😌

 

◉映画『さくら』
推しメンが出てなかったら見に行ってなかったであろう作品だけど
推しメンが出てなくても物凄くおすすめしたい作品。

主演の3人がやっぱり素晴らしい

 

◉映画『さくら』
大人になるにつれて見えてくるものがある。
子どものように屈託のない心というわけにはいかない。
得るものと失うもの。変わりゆくものの中で、
同じように変化をつけながらキャッチボールが続く…
直球も悪送球も受け止めようと努力する。
エラーで終わらせない。それが家族なのかな。

 

◉映画『さくら』
すごい考えちゃったし自分大人になったなって思った笑。
家族の存在とか家族の中にいる自分の存在とか、
私も一匹の犬を飼っててその犬が
さくらみたいに家族を繋げてくれてるんだなって分かった。
今日帰ったら家族みんなにただいま!って言って、
犬にありがとうって伝えるって決めたんだ〜

 

◉映画『さくら』
北村さんのナレーション最高。
小松菜奈さん、演技うますぎ。

小林さん目当てで見に行ったけど、めちゃくちゃ真剣に見てた。

小林由依さんも映画初主演とは思えないくらい、しっかりしてた。

 

◉映画『さくら』
吉沢亮様北村匠海様小松菜奈様の最強3兄妹が実現してしまうなんて!?
とざわつかせていた映画さくら。穏やかに流れていく時間が心地良い。
家族ってなんだろう?愛ってなんだろう?
静かに、だけど確かに観客に届けられるメッセージ。

どこかに存在しそうなんだよね、長谷川家。辛いことが起こっても、
信じたくないことに直面しても時間は進んでいくし生きていかなくてはいけない。
色々あった今年の、11月という公開にも意味があると思う。
また新しい年がくる。不器用で暖かくて優しい映画です。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 444 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 家族ドラマ, 小説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.