ドラマ ヒューマンドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『おかあさんの被爆ピアノ』の感想評価評判

投稿日:

「変わらぬピアノの音色にも静かな感動を覚える作品!」「いつか実際のピアノの音色を聞いてみたい!」「自然に涙が出てきて最後まで止まりませんでした!」


上映中【2020年8月8日(土)公開】

 

広島で被爆したピアノをトラックに載せて全国を回る活動をしている調律師の実話を基にしたヒューマンドラマ。東京生まれの大学生・菜々子は、母・久美子が被爆ピアノを寄贈したことを知る。被爆ピアノコンサートに行った菜々子は、自身のルーツを辿っていく。出演は、「Fukushima 50」の佐野史郎、「舞妓はレディ」の武藤十夢。監督・脚本は、「美しすぎる議員」の五藤利弘。2020/7/17より広島先行公開-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

昭和20年8月6日に広島で被爆したピアノを、彼自身も被爆二世である調律師・矢川光則(佐野史郎)が持ち主から託される。爆心地から3キロ以内で被爆したピアノは被爆ピアノと呼ばれ、数台の被爆ピアノを託された矢川は修理、調律して、自ら運転する4トントラックに載せて全国を回っている。東京で生まれ、大学で幼児教育を学ぶ江口菜々子(武藤十夢)は、幼稚園教諭を目指しているものの、将来について漠然としていた。そんなある日、母・久美子(森口瑤子)が被爆ピアノの1台を寄贈していたことを知ると、被爆ピアノコンサートに行き、矢川と出会う。菜々子は矢川を通して被爆ピアノや広島のことを考え、祖母のことを知るうちに、自身のルーツ探しをしていく。母・久美子はなぜ広島から出ていったのか? 祖母・千恵子が菜々子に伝えたかったこととは何だったのか? 矢川はなぜ被爆ピアノを伝える活動をしているのか? 菜々子が自らのルーツを辿り、被爆ピアノの活動を辿りながら、次第に見つけたこととは……?

●キャスト●

矢川光則 佐野史郎
江口菜々子 武藤十夢
江口久美子 森口瑤子
宮川一朗太
大桃美代子
南壽あさ子
城之内正明
ポセイドン・石川
谷川賢作
鎌滝えり

●スタッフ●

監督 五藤利弘
脚本 五藤利弘
主題曲 南壽あさ子
音楽 谷川賢作

映画『おかあさんの被爆ピアノ』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

◉『おかあさんの被爆ピアノ』みてきた
凄くいい空気の映画、キャストが良いい、広島行きたくなった
ピアノのカメラワークなんか見覚えある気が
こんな感じ好きって映画
佐野史郎えぇわぁ。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』見に行きました。
十夢ちゃんに出会わなかったらこんなにいい作品を見ることもなかったし、
被爆された方々の想いも改めて考えさせられたすごくいいお話でした。
ラスト前のシーンはマジで泣いちゃいました、見てよかったです、
ありがとうございました😭

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」鑑賞。
話は想像通り。全編に十夢ちゃん(頑張ってます)とピアノの音。
小中学校で鑑賞会の定番になりそう。

 

◉待ちに待った武藤十夢ちゃんの主演映画
「おかあさんの被爆ピアノ」を観に来ました😁😁😁
こうして愛する推しメンの主演映画を観る日が来るとは……万感の想いです😭😭😭

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』という映画を観たけど、
同じく感じることは出来なくても、寄り添える気持ちの持ち主でありたい。

◉十夢ちゃんを軸にお話が進むのに
なんでタイトルが「おばあちゃんの被爆ピアノ」じゃないんだろ?って思うのですが、
見終わったら、やっぱりこれは「おかあさんの…」だな…って思いました🎹

 

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』
母が祖母の被爆ピアノを寄贈したことを知ってから始まる
ヒロイン菜々子のルーツ探しの旅は、
知っているようで知らなかった広島の原爆のこと、
被爆二世のこと、そして当たり前に享受している平和について考えさせてくれる。

 

◉映画『おかあさんの被爆ピアノ』
観る前にチビが『面白いの?』って聞いてきました😂
ん?難しいかも?かたいかも?って言ったら
『じゃもしかしたら寝ちゃうかも』と言ってきたチビが寝ないで最後まで観てました😄
何か得てくれてたら連れて行った甲斐があるんですが…ね!

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」を見た。
素直で丁寧に作られたいい映画だった。
最後のほうはずっとほたほた泣いてた。

戦争はいかんと語ったおじいさんの言葉が痛いくらいしみた。
私たちはちゃんと戦争をしないように生きていけてるんだろうか。

スポンサーリンク

 

◉観てきました。映画「おかあさんの被爆ピアノ」。
序盤で何で「おばあさんの被爆ピアノ」じゃないのかな?と考えましたが、なるほど。
ポさん、あそこで登場か…あの部分だけノンフィクションぽいリアルさがw
演奏は流石に息を飲みました。南壽さんハマっていたし曲も良かったなー。

 

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』を鑑賞して来ました。

被爆ピアノを通して平和への思いや大切さを改めて教えて頂ける貴重な作品でした。
佐野史郎さんの広島弁や武藤十夢さんの祖母への思いの表情などの演技も素敵でしたし
クライマックスのシーンでは何故か自然に涙が出てきて最後まで止まりませんでした。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』。
広島の原爆投下で焼け残ったピアノの音色を
全国に届ける調律師・矢川光則氏の実話を映画化。

自らのルーツを辿る女性のドラマだが、
ドキュメンタリータッチのパートもあり。
人々のリアルな表情が印象的で、
変わらぬピアノの音色にも静かな感動を覚える作品。

 

◉初日満席で入れなかった
五藤利弘監督の『おかあさんの被爆ピアノ』を2日目に拝見。
五島監督らしい誠実実直な作りに好感触。
クライマックスのアレは、嗚呼…こう来るのかぁ…と良い方向に裏切られて、
そこがまた作家性なのだと納得した。

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」。
いつもの佐野史郎さんキャラじゃなく
「広島の男」っぷりがハマっていてグッときました。
もともと故・大杉漣さんにオファーしていた役を引き継いだそうだけど、
さすが変幻自在の名優。お盆映画にぜひ😊

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」を鑑賞しました。
原爆を投下された広島で奇跡的に焼け残った」被爆ピアノ」と、
被爆2世の調律師として全国に被爆ピアノの音色を届けている
矢川光則さんの実話をもとに描いた作品です。機会があればぜひ。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』鑑賞。
簡単にハッピーエンドというわけにはいきませんよってことかなー。
ある意味ではハッピーエンドでもあるんだけど。

 

◉おかあさんの被爆ピアノ鑑賞。
もう戦後75年か、、、。
夕凪の街 桜の国を観たくなりました。

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」拝見しました。
戦争は絶対にしちゃいけない、とか、平和は大事!とか、
みんな頭ではわかってるのですが、じゃあ何をしたらいいのか!

こういう映画をちゃんと見る!といあことも大事な一つだと思います。
映画としては色々甘いところもありますが、ぜひ足を運んで下さい。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』を拝見しました。
あの隣を見ながらよちよち踊っていたあなたが、
銀幕女優へと成長した姿にただただ涙が止まりませんでした。
一生懸命体当りで挑んだ気持ち伝わりました。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』観てきました❗
戦後75年戦争の知らない人たちが
人たちに戦争の悲劇、平和とはを伝えて行く1つの方法の映画でした。
要所ピアノの演奏があり現在も被爆者の気持ちの問題が何かあることを気付かせられました。

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」観てきましたが良かったです。
ベートーヴェンの悲愴が映画を通したイメージやキーとなる曲になっていて
穏やかなメロディーでとても印象に残りました。
十夢ちゃんファン以外にも是非観てほしいです😄

 

◉五藤利弘監督『おかあさんの被爆ピアノ』鑑賞。
戦争の記憶を直接体験した人ではなく、
次の世代の人間がどう伝え続けていくかを考えさせてくれる作品。
タイトルは主人公からみて直接の所有者である祖母ではなく、
母がその母から受け継ぎ、それを娘に伝えたという意味なんだと思う。

 

◉映画「おかあさんの被爆ピアノ」を鑑賞しました。
被爆二世の方の不安な気持ちや葛藤、偏見などがある事を初めて知りました。
いろんな気持ちが有りながらも未来へ紡いでくれている方たちに感謝です。
いつか被爆ピアノの音色を実際に聞いてみたいです🎹

 

◉「おかあさんの被爆ピアノ」

劇的な展開や演出がない平凡な映画かもしれないけど、
メッセージや会話から戦争について、原爆について、色々伝わってくる内容だった。

被爆ピアノについては実話という事で、こういう活動を知れたことも良かった。

おばあちゃんのじゃなく、おかあさんのと言うことは、
菜々子のお母さんが持ってたピアノって意味と、
お母さんのおかあさんのピアノって意味があるのかな?
お母さんも主役だとすると、被爆二世であるお母さんの悩みとか、
広島から離れた理由も語って欲しかった。

大きな悲劇のサイドストーリーから、
改めてその出来事を考え直すという点では、「風の電話」と似ていると思った。

このような映画は子供達に見せて、歴史を学ぶ機会にしたら良いと思う。

 

◉映画「おかあさんの被爆ピアノ」
とてもいい映画でした。
映画でながれるベートーベンの悲愴が染みましたね。

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』
久しぶりに映画を観てきました
心にじわ〜としみました
いつのまにか目に涙がにじんでました💧

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』
この映画を知るまで武藤十夢さんを私は知らなかったが
彼女をよく知るファンの人たちが劇場に足を運ぶことを考えると
いい起用なのかと感じた
映画を観るきっかけ
広島のことを知るきっかけ
武藤十夢さんにとってもいい作品に巡りあったのではないだろうか
この映画はとにかく優しかった
誰かを想う何かを想う
佐野史郎さんが演じる調律師矢川さんもそう
みんな優しく優しさが溢れる映画で足し算な作品だと思った
この人物が好き、このシーンが好きと好きを積み重ねる作品
舞台で観た中山佳子さんが出てきた
それから森口瑤子さん良かったなぁ
観やすい作品でいろんなところで
たくさんの人たちが観る機会があることを願いたい
実家のピアノのことを少し思い出した
ピアノの音っていいね

 

◉『おかあさんの被爆ピアノ』
少し方向性の定まらない演出も、ベテラン陣以外の人達の拙い演技も、
そこまで気にならない、というか求めていない。
戦後75年、世代も時代も移り変わって来てるけど、
夏の時だけだとしても鎮魂歌を鳴らし続ける必要はあるんだと思えた。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 73 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, ヒューマンドラマ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2020 AllRights Reserved.