ドラマ 人間ドラマ

【映画みんなの口コミレビュー】映画『あのこは貴族』の感想評価評判

投稿日:

「門脇麦&水原希子、主演2人がお見事な配役でした!」「高良健吾のオーラがすごい!」「優しい温かい物語で凄く心が打たれた!」


上映中【2021年2月26日公開,124分】

 

山内マリコの同名小説を基にした、「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を獲得した岨手由貴子監督による人間ドラマ。都会生まれの箱入り娘・華子と地方から上京し自力で都会を生き抜く美紀。境遇の異なる二人が巡り合い、自分の人生を切り開こうとする。結婚こそが幸せと信じていた箱入り娘・華子を同じく山内マリコ原作の「ここは退屈迎えに来て」に出演した門脇麦が、上京組ながら都会にしがみつく意味を見いだせない美紀を「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」などに出演、モデル・デザイナーとしても活動する水原希子が演じ、違う階層に生きる女性たちの葛藤と成長を描く。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育った華子(門脇麦)は、結婚こそが幸せと信じて疑わなかったが、結婚を考えていた恋人に振られてしまい初めて人生の岐路に立つ。気付けば20代後半になっており、同じ名門女子校に通った同級生たちの結婚や出産をした話を聞くたびに焦りを募らせていた。そして華子は様々な手立てを使ってお相手探しをするうちに、良家の生まれでハンサムな弁護士・青木幸一郎と出会い結婚が決まるが……。一方、富山で生まれた美紀(水原希子)は猛勉強の末に慶應大学に入学し上京。学費のために夜の世界も経験したものの、中退した。恋人はなく、仕事にやりがいを感じておらず、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。都会に生まれた箱入り娘の華子と、地方から上京し自力で都会を生き抜く美紀。同じ都会で暮らしながらも出会うはずもなかった2 人の人生が交差し、2人は自分の居場所を見つめ、恋愛や結婚だけではない自分の人生を切り開こうとする。

●キャスト●

榛原華子 門脇麦
時岡美紀 水原希子
青木幸一郎 高良健吾
相良逸子 石橋静河
平田里英 山下リオ
佐戸井けん太
篠原ゆき子
石橋けい
山中崇
高橋ひとみ
津嘉山正種
銀粉蝶

●スタッフ●

監督 岨手由貴子
原作 山内マリコ
脚本 岨手由貴子

映画『あのこは貴族』を観た人の感想、評価、口コミ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!!

 

◉映画「あのこは貴族」鑑賞しました。
思わず2人の主人公に感情移入して
物語の世界に入り込んでしまう構成が秀逸だった…

優しい温かい物語で凄く心が打たれた、
久しぶりに好みの邦画に出会えた。

中盤からずっと涙浮かべて観てたけど、
エンドロールで嗚咽しそうなくらいに涙が止まらなかった…

 

◉『あのこは貴族』を観た。
触れ込み通り最高のシスターフッドムービーだった。
女性だからという縛りから解き放たれ、こうなるだろうという決めつけを翻していく。
気持ちが良かった。

選ばれた人たちの物語で童話みたいな部分もあるのだけれど
理想を描いてナンボですからね。何回でも観れる。大好き。

 

◉『あのこは貴族』
楽しみにしてました。
終始、門脇麦さんの表情が堪らないです。
表情で語っていきます。
ラストの音楽と門脇さんの表情が素敵過ぎて悶絶です。
また、リピートできたらな。

 

◉『あのこは貴族』、よかった…。
渋谷区・松濤の良家生まれ女と、
街全体がガサツな地方生まれ上京組の女、
出会うはずじゃなかった2人の出会いを描く。

原作未読だけど、山内マリコ作品に出てくる、
シャッター街と下品な男とそのセフレしかいない地方、ホントいいよなー。
絶対帰りたくないと思わされる。

 

◉映画「あのこは貴族」を見てきました。
感想はまた改めて呟きますがとにかく全女性に
(もちろん男性も)見ていただきたい作品。

◉『あのこは貴族』を観てきたよ。
途中で、章のタイトルが挟まれるのだけど、第3章が邂逅でした。
ん?聞いたことある!!ちょっと前に知った言葉だよ。ちょっと前…😂

 

◉すごい期待して楽しみにしてた「あのこは貴族」
期待を超えてすっっごい良かった……

 

◉『あのこは貴族』が本日公開。
共感したのは美紀の友達の里英。
貴族になれたら、なりたい、と思うことがないとは言えないけれど、なれないな
華子の友達逸子もステキで、自分の好きなこと、
できることをやっていくことに華子も気づいたんだね

 

◉『あのこは貴族』
何があったか話せる人がいるかいないか?
幸せって型に嵌める物ではなく価値観やその人にとっての普通が
自分にとってのそうではないコトやモノの方が多いよね?
場の居心地の悪さや毛布みたいな温かさの描き方が良い。
負けるなみんな!

 

◉『あのこは貴族』
見てきたんだけど、
今年最強クラスの最高の女の連帯映画だった……
良い……予告見て期待してたからすごい嬉しい……

生まれた場所も境遇も違う2人の女の子が、
ひょんなことから出会い、互いの価値観を静かに変化させていく映画。
"女性はかくあるべき"という、当たり前だと思ってた
自分の価値観が否定されること、その変化の中で、
「本当に自分がどうしたいのか」という答えを見つけるお話。凄く良い

互いが互いに、自分にないものを見て、あのこは"貴族"だ、と羨む。
育ってきた環境で、自分の価値観は決まってしまう。
羨んでも何も変わらないかもしれない。
でも、「自分はこうしたい」ということをささやかに支えてくれる人がいることが
何より素敵なことだよね、って描き方が大好き

スポンサーリンク

昨今様々な映画を通じて感じてきた、
"結婚によって女性の価値が構築される"っていう
日本社会の風潮を軽く蹴り飛ばしてくれて本当にありがとう…って気持ち…
男性によってその人の価値は定義されないし、
ただ、自分が自分でいられる人がそばにいれば充分、って描いてくれて本当に嬉しい

 

◉『あのこは貴族』
住む世界が違う人達が突然出会うことで、
とっても面白い価値観が生まれることがある。

東京って多分人種のるつぼだからこそ、
そういった面白い事もあるんだろうな。
それに気付かせてくれた、大切な映画です。

 

◉『あのこは貴族』
高良さん目当てで観てきたのですが、
ストーリーは余計な部分が無く分かりやすいし、
何しろ主演2人がお見事な配役でした👏

 

◉『あのこは貴族』
すーごくよかった!

これ映画化大成功のやつだと思うので
原作ファンの方にもそうでない方にもぜひ観てほしい。

水原希子ちゃんに田舎の庶民感はなくない?とか思ってたけど
そんなことなかったです。女優さんみんな素晴らしかった。

 

◉『あのこは貴族』観てきました。
素敵な映画でした。
1幕2幕と区切られてるから物語も整理しやすく、
花子にもミキにも好感がもてる嫌みのない映画。
最後も、ああきっとこのあとまたそれぞれ幸せになるんだろうなと俺は思えた。
素敵な映画でした。もらったポストカード。

 

◉『あのこは貴族』
未婚女性の微妙な心理をいたい程的確に描いた人間ドラマ!
誰もが羨むイケメンエリートと結婚するも、徐々に心が通じない姿も露に。
一般的にはそれを我慢する女性は多いけどね。
境遇の違いで当たり前が違うのも興味深いね。

 

◉『あのこは貴族』
どっしりと良く、わかる演出、大胆な省略も気持ちいい。
すごく良い作品。 題名とポスターで損してるなぁ

 

◉『あのこは貴族』
タイトルを見た時に韓流かなって思ったら邦画でした。
なので鑑賞。

階級の違う二人の女性の生き方に引き込まれていました。
感情移入は間違いなく庶民の水原希子にですが。
派手さは無いけど好きな作品です。

 

◉『あのこは貴族』
門脇麦が気になって観てきました
ストーリーは想像してた流れなので特に大きな感動は起きなかった

が、

お互い独身で歳とったらアソコの脱毛しよう、とか
田舎から東京に来た人間は東京に搾取される、私たちは東京の養分

とか

東京生まれと地方から来た人間は絶対に交わらないシーンは良かった

そして、門脇麦のキャスティングは特に良かったわ

 

◉『あのこは貴族』
人生で大切な事を静かに考えさせられました。
生まれた星でどう生きるか?を、
女性達と一人の男性を通して見事に表現されています。

貧富の差とは別の軸にある
「今日何があったかを話せる人がいるかいないか?」幸せの尺度は無限かも?

 

◉『あのこは貴族』
私の叶えたい夢リストにひとつ追加されました。

東京の街を2ケツで走り回る🚲

女性の幸せの定義って難しい。

結婚、お金、ステータス…

ふたりの全く違うセカイに住む女性のお話。

東京を舞台した映画だったけど
私の知らない東京がたくさんあったし

「幻の東京」って言葉は印象に残ってる

結局地方の人間が描く東京は
理想で作られた幻想で
リアルに生きる人々には苦労もあるだろう。

光と闇とまでは言わないけど♪

そう育てられたから
そう生きてきたから

それぞれにその囲いの中で生きていくしかない閉塞感とか、どうしようもなさとか、

みんな一生懸命に生きてるだけなんだけどさ

感じた。

自由になれない人もいる。呪いだね。

昔見てた韓ドラでこんな台詞があって、
"One Who Wants to Wear the Crown, Bears the Crown."

そう、貴族には貴族の
一般市民には一般市民の苦しさがあって

でもそんな日でも
今日はこんな日だったんだって話せる人がいたら幸せなんだって、
それが旦那さんでも、友達でも、

少なくとも私には
喜びも、苦しみも共有できる友がいるから

最高に幸せですね❤️

なかなか笑わなかった華子が
後半は笑顔が増えていったのが素敵でした✨

結局は
笑顔の多い人生がいいですよね😆

最近つくづく思います。
女の子は笑ってるときが一番可愛い。
どんな美人より、笑ってる子が一番可愛い。

 

◉『あのこは貴族』
自分が最近、好きなのに気付いたシスターフッドものの
一種やと思うんやけど、脚本、演出がスマートで的確、
いい意味ですごくわかる映画。いや〜すごく良い作品。
題名とポスターでちょっと損してるかも

 

◉『あのこは貴族』
結婚は本人だけでなく家族や親戚そして家庭環境。
鑑賞して思ったし、玉の輿って居心地良くないと切に感じた。
恋愛は本人同士の気持ちだけでいいから格差も関係ないけどね。
結婚に幻想や理想感じてる人必見!結婚は生活だもんね。

 

◉『あのこは貴族』
生まれた場所育った環境選択してきた道、
それぞれの人生があって共感できる部分もできない部分もあって、
それでも誰もがその人の人生のたった1人の主役なんですね。
やっぱり女同士は最強最高だ!
門脇麦さん水原希子さんその親友達みんな素敵でした。

 

◉『あのこは貴族』
面白かった! 愚行録もそうだけど、
生まれた境遇の違いを対照的に描く作品は
どうにもならない感じが見ていて辛くなってくるのですが、
この作品はいい方向に着地するので見てよかった。
キャスティングもよかった。原作もチェックしようと思います。

 

◉『あのこは貴族』
全女子必見❗️かな❓😆

 

◉『あのこは貴族』観た。
シスターフッドという言葉に興味がある人は観て損はないです。
役者さんもみんなよかった。
住環境や移動手段の描き方にメリハリがあって説得力を感じた…。
あと店員さんの呼び方とか。

 

◉『あのこは貴族』
同じ東京の空の下、生まれも育ちも違う2人が
息苦しい今に埋もれないよう健気に生きる姿が、
温もりある視線で不思議なリアル感を持って描かれます☆

好きなシーンは老後の脱毛、ニケツ、お餞別、
ベランダ、笑顔の即決、ラストの違う景色が見えるところ☺
丁寧な作風に引込まれました。

 

◉『あのこは貴族』。
山内マリコの原作を映画化。
同じ東京に暮らしながら、生活環境が全く異なる2人の女性の物語。

一方の視点に沿って幾つかの章で構成されている。
ごくごく僅かにサスペンスを感じさせながらも上品なタッチ。
引き寄せられるように見入ってしまった。
高良健吾のオーラがすごい。

 

◉『あのこは貴族』
女性視点から観る格差が静かに嫌味もなく描かれていて、
なんかじーっと見入ってしまった。

様々な所作に美しさが表現されているように思える。
どこで生まれ育っても自律性への憧れはあわけで。

 

◉『あのこは貴族』を観る。
原作:山内マリコ、出演:門脇麦、水原希子、
監督:岨手由貴子という組み合わせで

現在の日本の上流階級の女性と地方出身の
裕福でない女性の交流を見事な解像度で描く。

格差批判ではなく、女性の自律性を軸にした構成が秀逸。
世界に誇れるクラス・ムーヴィーの誕生だ。

 

◉『あのこは貴族』
結婚の理想と現実。
貴族だからといって幸せとは限らない、
殻を脱いで成長するのも大切ですね。

 

◉『あのこは貴族』
うあぁぁぁー、どんぴしゃ来た!!
あのこは貴族!!めっちゃ良かった〜✨

麦ちゃん×希子ちゃんに惹かれて観たんだけど、
強いイメージの2人が弱めの演技めっちゃ良かったし、
私的には石橋静香さんがめちゃくちゃ良かった!
いや、キャストさんだけじゃないのよ、良さ。

階級社会の話かと思いきや、そうでもない。
どんな人もみんな悩みを抱えながら生きてるんだなぁって
女性だからどうこうって窮屈さを感じるところにしがみつくのか、
それともどう自立するのか。
私はまだ自立はできない気がする。
自立もできる女性にはなりたいと思ってるんだけどね?

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください↓↓

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ

(Visited 148 times, 1 visits today)

エンジョイシネマからの最新情報や最新記事を購読希望の場合は、
以下の購読ボタンをクリックしてプッシュ通知を受け取ってね♪
↓↓↓

 

-ドラマ, 人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画の感想ネタバレ口コミ評判あらすじ結末 , 2021 AllRights Reserved.