【口コミ感想】映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』の評価評判

投稿日:


映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』口コミ感想ネタバレ 映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「デートムービーもしくは、親子で見に行くのにぴったり!」「男の友情が凄く羨ましく思えた!」「スクリーンから溢れ出す勇気と努力と信じる力に溢れる涙が止まらない!」


上映中【2018年1月13日(土)公開】

 

先天性の病気で視覚の95%を失った青年が、一流ホテルで働くという夢を叶えるため、目が見えないという事実を隠し、努力の末に成功を収めた実話がベースの人間ドラマ。反ナチスを訴えた実在の女性を描き、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなった『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』のマルク・ローテムントが監督を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

サリヤ(コスティア・ウルマン)は真面目で成績優秀、前途有望な学生として周囲の期待を集めていた。ところが、10代の時に突然、先天性の病気で視覚の95%を失ってしまう。誰もが無理だと考える中、一流ホテルで働く夢を諦めきれないサリヤは、一世一代の大芝居を打つ。目が見えないことを隠して、ミュンヘンの最高級5つ星ホテルで見習いを始めたのだ。親友マックス(ヤコブ・マッチェンツ)の助けを借りながら、逆境に負けない強い意思でスタッフからの信頼を勝ち取っていくサリヤ。だが、持ち前の明るさと努力で研修課題をクリアしていたある日、配送に訪れたラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)に恋してしまう。それと同時に、慎重に築き上げて来た精巧な偽装が崩れ始める……。徐々に重なる思わぬトラブル。想像以上に厳しい現実を前に、自分を見失ったサリヤは、順調だった研修でも問題を起こし、夢も希望も失いそうになるが……。

●キャスト●

サリヤ コスティア・ウルマン
マックス ヤコブ・マッチェンツ
ラウラ アンナ・マリア・ミューエ
クラインシュミット ヨハン・フォン・ビュロー
シーラ ニラム・ファルーク
フリート アレクサンダー・ヘルト
ハミド キダ・コドル・ラマダン
ダグマール シルヴァナ・クラパチ

●スタッフ●

監督 マルク・ローテムント
製作 ヨウコ・ヒグチ-ツィツマン 、 ターニャ・ツィーグラー
製作総指揮 アンヤ・フォーリンガー
脚本 オリヴァー・ツィーゲンバルク 、 ルース・トーマ

映画『5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~』を観た人の感想、評価、口コミ

映画前半は視力の95%を失ってもホテルで働くために
努力し知恵を絞っていく過程がしっかり描かれていて面白い。

しかし後半にかけて、実話を基にしているためか
映画としてこの設定いる?と思ってしまう点も (薬物使用など)あった。

登場人物が魅力的。
特に友人役のヤコブ・マッチェンツに惚れた。

 

こんなにも手に汗握るとは予想外でした⁈

アクションでもホラーでもないのに、ハラハラドキドキの連続です‼︎
95%の視力を失って見えるぼやけた世界。
想像以上に過酷です。

そんな障害を背負ってしまったのは、ドイツ人とスリランカ人の血を分けたハーフのサリー。
小さい頃からホテルマンとして働くことを夢見てきた真面目な青年です。
成績優秀で申し分ない素敵な青年でしたが、弱視という障害が彼を予想外の人生へと誘います。

 

笑いあり、涙あり、緊張あり、喪失あり、感動ありの、ヒューマン作品。

彼の頑張りに最後の最後まで感心させられます!
途中ドラマチックすぎる展開もありますが、それは映画だからこそ(笑)

サリーの微笑みに誰もが、彼の虜になること間違いなし!
こんなに感動した作品は久しぶりです!

ぜひスクリーンで彼のぼやけた世界を体感してみてください。
弱視の方への配慮も学べる、素晴らしい作品となっています‼︎

 

スクリーンから溢れ出す勇気と努力と信じる力に溢れる涙が止まらない!!・゚・(。>д<。)・゚・ そして、コスティア・ウルマン、愛されイケメン!(*^^*) 障害者が健常者と同じように働くのは難しい。それは、職種によっては許可されていないものもあるし、周囲から無理だと言われ続けるので、100回くらい言われたところで大抵、心が折れるから。その点、サリーは後天的に(先天性疾患だけど)症状が出たのもありますが、物凄い努力と強い意志によって、高校を卒業し、5つ星ホテルの研修を次々パスしていきます。そして、その勤勉な人柄と努力を惜しまない姿は、周囲の人々の心も動かしていきます。もう、高校卒業を目指す段階から、こんなに真っ直ぐに信じ頑張る人見たことないと、涙で視界が滲んでいました(;_;)

 

男の友情が凄く羨ましく思えた!
むちゃくちゃしても信じて支え合える仲間がいるって良いもんだな〜

 

作品は苦労の連続というより、その苦労を人の何倍も努力して、次々に難題をクリアしていく姿にワクワクする展開。
また、相棒となるマックスがいい! 最初は本当にいいかげんな男なんだが、サリーと共に過ごすうちに、どんどんいい奴になっていく。
鬼教官役のヨハン・フォン・ビューローがJ.K.シモンズそっくり!

 

彼はサリーが人に与えるパワーを一番貰っていた人物だと思います。でも、一番大切な人に背を背けられてしまうこともあるわけで、「障害者は夢を持つなって言うんですか!」と真正面から立ち向かっていたサリーが「障害には勝てない。」と言わなければならなかったシーンは、胸が痛くて涙がボロボロ出てしまいました。それに対するマックスの励まし方も無茶だけど最高(笑)絶対何かヤラかして、人生ふいにするタイプだけど、良い男です(*^¬^*) 鬼教官のまさかのアシストにも泣かされました。泣き過ぎて、体の水分がないです(爆)願わくば、障害のあるなし関係無く、皆がそれぞれが輝ける場所で夢を持って生きることが出来る世の中になりますように。あー、また泣けてきた(;_;)

スポンサーリンク

 

先天性の病気で視力を失ってしまい、健常者の5%ほどしか世界を見ることができなくなってしまった主人公が、5つ星ホテルで働く夢を叶えるために視覚障害がある事を隠して研修生となり奮闘する物語。

障害をもちながらも決して諦めずに夢を実現するサリーの姿に勇気をもらいました。
最強の相棒マックスや周りの人々の優しさがサリーを支え、周囲の人もサリーと共に成長していく…これが実話を基にしたお話だなんて本当に素敵。
フライヤーに書いてあった通りの【夢、挫折、努力、友情、そして恋愛。人生に大切なことがすべて詰まった、ハートフル・エンターテイメント】でした。

 

こんなにも後味のよくすがすがしい映画は久しぶりかも!

タイトルの「5パーセント」とは、先天性の病気で視力を失いかけた主人公サリーに残された視界。網膜剥離を起こし、健常者の5%しか世界がみえなくなってしまったのだ。
それでもサリーは、夢だった五つ星ホテルのホテルマンを目指す。姉や母に支えられ、障害を隠して面接に合格し、研修に臨む。

協力者(同僚の研修生)の出現、鬼教官への反発、シングルマザーとの恋。サリーは健常者と変わらない充実した日々を送るが、やはり障害が水を差し、全てが崩れていく。

それでも友人の支えを得て復活、幸せを取り戻していくー。
ものすごい演出があるわけでもないし、淡々と進むし、先の読めるストーリーだけど、見終わった後に残るすがすがしさはハンパない!サリーの前向きな姿勢に胸を打たれる。

 

毎日に幸せを感じながら過ごそうと、自分の人生を見つめなおしました。
大切な人に会いたくなったし、もっと大切にしなきゃと思えました。ハートウォーミングな映画ってこういうものを指すんだなと納得。

 

心温まる「すごく安全な映画」。

実話とはいえ、普通の人の5%しか視覚がない人に対して、これほど寛容に協力をしていくというのはこの人が単にラッキーなのか、社会の成熟によるものなのか。そんなことを考えながら見ていた。

 

何が奇跡かって本人の努力はもちろん、周りが止めずに熱意にのっかったことだよなあ…。
場所や時が違えば心配して止めちゃうんじゃなかろうか。
移民を受け入れて来たドイツだなあ、と思う箇所も。
サクセスが観る前の予想と違って、そっちいったのか、とも思いました。

 

デートムービーもしくは、親子で見に行くのにぴったり。きっもシネフィルに言わせると、予定調和すぎるベタな展開なんだろうけど(笑)
現実の世界に疲れている人間は、せめて映画のなかではハッピーエンドをみたいわ
脇を固める俳優さんがいい味出してます。

 

主人公、イケメン。
努力、友情、勝利。
ハンディキャップをはねのけて、家族のトラブルも何のその、恋もして、青春も楽しんで。。。
いいよ、これ(*^^*)!

 

ホントに、サリーの周囲の人たちが素敵なんだ。もちろん嫌な人も出てくるんだけど、目のハンディを知りながら協力してくれる人たちがかっこいい!

特に相棒¨マックス¨が最高!
ちょっと難ありな仕事への取り組みかたなんだけど、サリーと共にお互い助け助けられの関係性がほっこりハラハラ。いいなー、友情って、ってしみじみ思いました。

終盤のサリーのやらかし。
思わず、声出ちゃいました。あちゃー、それやっちゃうか。
でも人間、やる気があればなんとかなる。いや、ハンディキャップをものともせず、頑張って頑張って頑張りまくるサリー、応援したくなります!

俺も、がんばろう。
そう思わせてくれる作品でした(*^^*)!

あ、音楽もとても良いですよ!

 

起承転結がかなりはっきりしたストーリーだからすごくわかりやすかった〜
主人公の視力5%の見せ方とか、目が見えない分、他の感覚器官の働きとかうまく伝わってきて感情移入がしやすかったな。
障害を扱ってるのに、変に重すぎないのも◎

 

マックス、イケメンで明るくてお茶目でいいキャラしてて、かなりチャラいけど、マックスの支えなかったらどうなってたのかな〜ってくらい大きな存在だったな。
観終わった後、ほっこりできる作品っ!

 

これまた最強の相棒、マックス。
機転が利いて、なおかつユーモラス。そして女好きとくればそりゃモテる。
陽気であることが生活でいかに大切かよく分かった。

 

フライヤーに書いてある「笑って泣ける」という文句はいつも陳腐さを感じてしまうのだけれど、今回は本当に、笑って泣けた。
切ない涙。嬉しい涙。祝福の涙。
コンプリートです。

 

タイトルであらかたネタバレしてるじゃないか…と少し醒めた気持ちで観てしまいましたが、
小気味よいテンポで進むので、思ったより楽しく?観れました
だからこそなのか、物語半ばの重苦しい描写が心にきて、主人公により感情移入出来た感じです〜

周りの応援とか、とんとん拍子に進みすぎな所は有りつつも、そこを深堀りするとドキュメンタリーちっくになってしまうので、これで良いと思えました。
個人的に、ヒロインが全く好みではなかったけれど…
鑑賞後の後味は、とても爽やかです。

 

実話なんですね〜。。信じられない。。
ご本人はサリヤ・カハヴァッテという方で、現在はビジネスコーチとして働いているとのこと。

実話なので、キレイキレイな感動ストーリーに収まっていないところがすごくいいです。
お父さんとの確執の顛末とか夜も寝ずに働くところでの…とか……、脚本段階でキレイにまとめることはできただろうに、それを残すことで絵本のような世界にせず1人の青年の苦悩と挑戦の物語になってました。

 

テンポよくコメディタッチで描いていて面白いです。

主演はコスティア・ウルマンというイケメン俳優。
この人の誠実さやまっすぐさが嫌味がないのがこの映画の核ですね。
この役のキャラクターってものすごく難しかったと思います。

で、この真面目&誠実男の対をなす存在として、彼を支えるチャラ男(マックス)を配置するのがこれまた上手い!このマックスを演じる俳優さんの芝居も上手い!

 

実際あった話ということだったが、なんとも強い人だろう。どんな障害があっても夢を諦めずに、叶えていく姿に勇気をもらった。
夢を叶えるためには相当の努力が必要だ。彼の姿勢には多くの人が背中を押されると思う。そしてもう一つ大切なのが友人の助けだ。
この映画は、家族や友達の暖かさをも気づかせてくれた。
そしてバイエルンの山々、行きたくなった。
今年見た中で一番心にグッときた映画。

 

夢を追う全ての人に観て欲しい
絶対にあなたの味方になってくれる
前を向く勇気を与えてくれる
自分を信じ抜くことが何より大切なのだと教えてくれる
ぼくはこの作品に出逢えて本当に良かった

 

青春★★★★
恋 ★★★
エロ★
サスペンス★★★★
ファンタジー★★★
総合評価:A

 

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.