【口コミ感想】映画『15時17分、パリ行き』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

サスペンス

【口コミ感想】映画『15時17分、パリ行き』の評価評判

投稿日:


映画『15時17分、パリ行き』口コミ感想ネタバレ 映画『15時17分、パリ行き』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「当事者起用が想像以上に効いてる!」「3人の主人公も素人とは思えぬ芸達者ぶり!」「クリント・イーストウッド、またしてもヤられました!」


上映中【2018年3月1日(木)公開】

 

巨匠、クリント・イーストウッド監督が、2015年に起きた実在の事件を緊迫感たっぷりに描き出すサスペンス。列車内で銃を発砲したイスラム過激派の男から乗客を守ろうとした3人のアメリカ人の物語を、事件の当事者である本人をそのままキャスティングして映画化。実際の乗客も数多く参加したほか、事件が起きた場所でも撮影を敢行した。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

2015年8月21日。アムステルダムからパリに向けて高速列車タリスが発車。列車は順調に走行を続け、やがてフランス国内へ。ところが、そこで事件が発生する。乗客に紛れ込んでいたイスラム過激派の男が、自動小銃を発砲したのだ。突然の事態に怯え、混乱をきたす500名以上の乗客たち。その時、犯人に立ち向かったのは、ヨーロッパ旅行中のアメリカ人の若者3人組だった。なぜ彼らは、死の恐怖に直面しながらも、困難な事態に立ち向かうことができたのか……?

●キャスト●

アンソニー・サドラー
アレク・スカラトス
スペンサー・ストーン

●スタッフ●

監督 クリント・イーストウッド
脚本 ドロシー・ブリスカル

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『15時17分、パリ行き』を観た人の感想、評価、口コミ

実話を元に感動映画、国境を越えて、悪に向かって協力しあう人間の勇気を表現した名作でした。
クリントイーストウッド監督の表現したい事が、シッカリと伝わりました❗️

 

良かった。本当に良かった。
人生は選択の連続だけれど。いくら自分が選択したところで、変えられない運命や使命ってのは確実にある。ボンクラとかインテリとか生まれとか育ちとか国籍とか、関係ない。

中盤の観光パートは間延びを感じる箇所もあるが、「あの瞬間」に向けて運命が集約されていく時間を体感する必要不可欠なパートだ。観終わった今ではそう思う。

フィクションでもノンフィクションでもない、独特の肌触りの、しかしながら強く、とても強く胸を打つ、渾身の映像体験。

テロパートでの活劇だけを期待する者にはこの映画は合わないだろう。誰かがSNSで言っていた。この映画は想像力を必要とする映画だ、と。幼少期、青年期、観光パート。時折紛れ込む、通常なら描かれるシーンの明らかな不在。慣れないうちは違和感を感じた。この映画の1つの特異性。人生なんて説明されるものではないし、人が作った映画やゲームのように全てが説明されるわけではない。道標もない。この映画は、3人の「あの瞬間」までの人生。人生と想いを想像で補完し、「瞬間」まで共に歩む。それで観客も「同乗者」となる。

 

クリントイーストウッドの映画はどんどん無駄な部分がなくなって最高だと思います。
そして、出来事を通して人を撮るということがとても上手だなとも思いました。

 

映画かと問われるとそうではない、だけどすごいものを見せられた気がする。上映時間の大半を割いて、その人となりを知った(気にさせられた)平凡な若者が、あの場で何の躊躇もなく行動に移し果敢に立ち向かう様に、心を大きく動かされた。これがふつうの役者を使い、ドラマチックな脚本のもとに作られた映画だったら、主人公はもっとヒロイックなセリフを吐いたかもしれないし、何人かの登場人物にはもっと感動的なストーリーが与えられたかもしれないけど、「へぇ〜実話なんだ…」で終わっていた気がする。
予告を見るたびに「それはアウトなタイミングでしょ」と思ってたダッシュは、正に無謀とも思えるアウトなタイミングで、ひとつの奇跡によってアウトにならなかったワケだけど、フィクションであれやったら怒られるよなぁ。

我がアメリカ合衆国にはこんな勇敢な善き若者がいるんだ、世の中まだまだ捨てたもんじゃないぜ!
といったところでしょうか。クリントさんに、またしてもヤられました。

 

予想以上のことなんて1つも起こらないのに
凄すぎて涙がとまらないよ

 

最初の1時間は必要なのかとイーストウッド監督に問いたい。
後半の電車のシーンは実際に起きたことだと思うと手に汗握った。
全体的にクオリティの高い「世界仰天ニュース」だと思った。映画館で見る必要性は感じられない。

 

いわゆるショットなんてものは冥界送りか。老化とともに早撮りしていると考えれば懸命なのかも知れないが、最後の大胆さ故に削ぎ通すだけ削ぎ落としたというか。それにもかかわらず、観光のようなシーンを惜しげも無く撮るあたり、千載一遇のチャンスを狙う犯人の鼓動とともに観客も同時に待たされる。振動でのカット繋ぎなどがあった。緊張感のある移動シーン(岩場の)、訓練での寝坊や腕立て、全て犯人のため、観客のためにありそうな瞬間を待つシーン。導かれるーーといったようなやり取りでドラマを、偶然と必然を天秤にかけるもワンショットでひたすら待った犯行を終わらせてしまう。何も盛り上がりも見せず、ただ淡々と撮るといったように。
本作の目玉的なあの切り返しショットは異物感があってなんとも気味の悪いショットなのだけど、これによって捏造された物語だったように思え、作為溢れんばかりのイーストウッドにお手上げ御免と斬り捨てられた。わりと楽しめたのだが、NOを突きつけたくなる映画だったな。

 

この事件を紙面で知っていたら
軍人か、なるほど
程度にしか思わなかっただろう。
その意味でもこの事件を映画として観ることができて良かった。

 

実話だという事以外何の予備知識もないまま見たのですが、エンドクレジットで役名と役者の名前が一緒?何で?と思っていたら何と!本人だったのね。レジオンドヌール勲章もらう時のポロシャツ姿もいかにもカッコいいアメリカのお兄さんって感じでした。

クライマックスは考えるより先に体が動いちゃってたという感じだけど、過去からずーっと遡って、「果たすべき目的のために導かれている」という宗教的というかいかにもキリスト教(福音派?)的なテーマに収斂していくのを巧みに映像化していて、さすがクリント・イーストウッドだ。

 

前情報なしで観るのが好きなんだけど、最後というか途中からあることに気づく!

 

映像の中途半端さもさることながら、脚本の構成も謎。
「みんなこれが何の話か知ってるだろ?」という怠慢なのかなんなのか、、、。
そもそも言っちゃ悪いけど映画にするような話でもないのに映画にしてしまいましたよね。
あと、使う音楽がいちいち蛇足かつダサい。

スポンサーリンク

 

鑑賞後、本人達が演じてたと知ってびっくり
前置きが長く、本題の列車のシーンは短くて想像と違ったけど、実話ってことで納得できた

 

クリント・イーストウッド監督
スペンサー・アンソニー・アレックの親友が旅行先で遭遇する列車テロ事件に至るまでの3人の生い立ちから始まる実話物語。
監督のアイデアでなんとキャストに本人達を起用
劇中のヴェネツィアの景色も美しい

 

イーストウッド監督の実話モノ。
主演3人が実際の事件の当事者という驚きの配役。

予告でみたような列車内のシーンはかなり短く、予想とはかなり違った映画だったけど、その分3人の男たちの友情や脚色なしのドラマが見られたように思う。
何も起こらない時間が長い映画ではあるけど、そこも飽きさせないのはイーストウッド監督の手腕なんでしょうね笑

 

イーストウッド監督の実話モノ。
主演3人が実際の事件の当事者という驚きの配役。

予告でみたような列車内のシーンはかなり短く、予想とはかなり違った映画だったけど、
その分3人の男たちの友情や脚色なしのドラマが見られたように思う。
何も起こらない時間が長い映画ではあるけど、そこも飽きさせないのはイーストウッド監督の手腕なんでしょうね笑

 

クリント・イーストウッド監督の作品のファンなので、鑑賞。まず、驚いたのは、キャストが本人。駆けつけた警官までも本人だとは驚いたなー。演技もどっかのB級映画に出てくる俳優さんより断然上手かった。(^^)
クリント・イーストウッド監督は、描き方が物凄く丁寧なので個人的に好きです。ただ、今回は普通でした。

ドキュメンタリー風に描かれてて、演じてる人が本人なんだけど、前置きが長すぎるかな…(^^;
テロ描写が少ない。前半~中盤にかけて話が三人の過去、後半がテロ描写。特にテロ描写は痺れたな~ 怖いし、緊迫感があったし、スペンサーが過去に培った柔術の技を決め、テロリストに羽交い締めする所は凄いと感じました。他の二人の親友も手助けしたりして、凄い勇敢。

上記で記しましたが、前置きはめっちゃ長いんですけど、やっぱり大事ですね。少年時代~大人時代~ヨーロッパ旅行が非常に長くて、何度も眠くはなりましたが、最後のくだりで、畳み掛ける画は納得しました。彼らの半生を描く所は大事ですね。やっぱりクリント・イーストウッド監督は描き方が上手。(^^)

なかなか良かったけど、個人的に過去作の方が好きだな~

 

最後のオランド大統領と写るシーン、なんか現実の映像っぽいのに俳優さんすごく似てるなー(合成かな)なんて思ってたんですが、アレック、アンソニー、スペンサーの3人はご本人だったんですね。
タイトルを見てアクション映画と思っていたら、全然違いました。3人の男の子の成長物語です。中盤はまさかのヨーロッパ観光案内といった雰囲気。イタリア、彼らとは逆にヴェネツィア→フィレンツェ→ローマと巡ったことがあるのですが、相変わらず綺麗だし、もう一度行ってみたいと思いました。題名にあるパリは最後までディスられて、しかも全く出てこないのですけどね。題名に出てくるパリ行き電車に乗るシーンはわずかです。じゃあなんでその題名なのかというと、彼らがそれを語るんですよね。その考え方、嫌いじゃないです。

 

イーストウッドに外れなし。
過去と現在を同時進行させるハドソン川と同じ手法だけど上手い。
「ビリーヴァー」流したり、観光したり、ギラギラのクラブ映したり、80代後半とは思えないイーストウッド。
でも一番は『プロデューサーズ』のあの名曲が流れたこと。

 

クリント・イーストウッド作品としては異色。事件の当事者達が出演者として当時を再現するという前代未聞の映画。英雄が誕生するアクション映画というよりも、どうして彼等が英雄になったのか?過去に遡る事によって彼等の人間性を浮かび上がらせるヒューマンドラマだったように思う。‬
イタリアやオランダを楽しく旅している時の彼等が年齢相応の素顔をのぞかせて微笑ましかった。

 

平凡人の行動力と底力、理屈なしにめちゃくちゃ心に来る、いつの間に泣けてる、当事者起用が想像以上に効いてる!

構成のせいか各パート(特に幼少期)が連動せずいまいち機能してない感じもあって
粗い印象だけどもそんなのはどうでもいいわって思える説得力、大好き

 

思ったよりアクションがなく、想像を裏切られたかんじ。
関係があるのか、伏線なのか、わからないとこ満載。

 

面白かったけど何で面白いのか全然わかんない。ほぼ何も起きないのに。
そうは言っても脚色はあるんだろうなと思いきや、本当にほぼ何も起きない。なのに面白い。

 

よく実話をベースに映画化というのはよくある話だけど、本人をそのまま出演させて映画にしてしまうという、イーストウッドの判断はすごい。3人の主人公も素人とは思えぬ芸達者ぶりで役者でもあるイーストウッドだからこそ彼らの良さを引き出せたんでしょうね。
本人がやっているからニュース映像もそのまま使えるし、イーストウッド監督の要領の良さが際立ちます。

 

実話映画を本人に演じさせて撮るっていう挑戦的な映画だけど、それぞれの人生の断片が積み重なって、テロに屈しない善人になるっていうカタルシスが半端なかった。

ドイツ人女性が言ってた「誰にでも語るべき物語がある」っていうセリフが今回のテーマでしょうか。

 

近年のイーストウッド作品は実際の事件を基にしたものが多い。
でも今回は事件の再現だけでなく、そこに至るまでの登場人物たちの生い立ちを丁寧に描いている。
決して幼い頃から優秀だった訳ではなかった三人が、どうしてあの時あのような行動が取れたのか。どうしたら凡人は英雄になれるのか。
いろいろなことを考えさせられました。

 

タイトルに引っ張られて見に行ったけど、電車内のシーンはあまりなく3人の生い立ちを丁寧に描いたドキュメンタリー映画

 

イーストウッド監督ならではの人間味溢れる1作。
平凡な日常に、叶わぬ現実、そして運命かのように起こる出来事。

映画というよりは、アンビリーバボーで見るような物語を長編にしたようなドキュメンタリーチックな映画。
淡々と進むのに何故か夢中になる。

涙もろい私だからか、最後は泣きそうになった。
ああ、観に来てよかったな。
今の自分に足りないものを知れたような気がする。

 

映画っぽくないドキュメンタリー感が強かったし好きだけど、合わない人は多そう

 

素晴らしい映画だとは思うが...
面白いとは言えない気がする

 

クリントイーストウッドはなんで、伝記映画が多いのか(*´ω`*)まあ、面白かったので良しとしましょう(≧∇≦)
でも、実話でも、俳優が演じていたのに、今回、ご本人を映画に出演させるとは(≧∇≦)
凄いリアルでしたね(*´ω`*)
3人の過去のシーンがあってもいいじゃないか(≧∇≦) 面白かったからw
この3人がいなかったら大きな事件になっていたしね
あと、言葉もなんかセリフではなく日常会話でしたなw本当の友人で俳優ではないからやっぱりそう感じる(≧∇≦)
500人以上の乗客の命を救った、スペンサー、アレク、アンソニー、本当に素晴らしい‼️
特にスペンサーは傷つきながらも犯人に立ち向かう姿と傷ついた乗客のおいきゅうしょちをしながら励ます姿に心うたれた。
母親達も自慢の息子だと思ったでしょうね(*´ω`*)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-サスペンス
-, , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.