【口コミ感想】映画『羊の木』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ヒューマンサスペンス

【口コミ感想】映画『羊の木』の評価評判

投稿日:


映画『羊の木』口コミ感想ネタバレ 映画『羊の木』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「特に松田龍平の存在感は半端ない!」「錦戸亮は公務員がよく似合う!」「北村一輝ハマり役!」


上映中【2018年2月3日(土)公開】

 

原作・山上たつひこ、作画・いがらしみきおという、ギャグ漫画で知られる2人がタッグを組んだ異色作を、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化したヒューマン・サスペンス。過疎対策として仮釈放された元殺人犯を受け入れた港町で起きる出来事を、錦戸亮演じる市役所職員の目を通して描き出す。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

さびれた港町の魚深市。市役所職員・月末一(錦戸亮)は、移住してきた6名の男女を受け入れるよう命じられる。しかし6人は言動に落ち着きがなく尋常ではない様子で、彼らの周囲には不審な同行者がいた。実はこれは受刑者を仮出所させ過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトだった。6人の経歴は伏されたままだったが、月末は彼ら全員に殺人歴があることを知る。犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。そんなある日、港で死亡事故が発生。月末の同級生・文(木村文乃)を巻き込んで、町の人々と6人の心が交錯していく。

●キャスト●

月末一 錦戸亮
石田文 木村文乃
杉山勝志 北村一輝
大田理江子 優香
栗本清美 市川実日子
福元宏喜 水澤紳吾
大野克美 田中泯
宮腰一郎 松田龍平

●スタッフ●

監督 吉田大八
プロデューサー 井手陽子
原作 山上たつひこ 、 いがらしみきお
脚本 香川まさひと

映画『羊の木』を観た人の感想、評価、口コミ

後味悪いというか、どこか消化不良になるような映画。
疑うことも大事だし、でも信じてあげることも大事だし。でも信じすぎてもダメなわけで。ある程度相手のことは知らないといけないわけで。人間関係って難しいなぁと思った。
そして、元受刑者役の方々がもう怪しさ全開で素晴らしかった。全員普通に暮らしてはいるもののどこか裏や影があるっていうものの表現が良い。特に松田龍平と水澤慎吾の爆発力はすごい。
そしてそんな受刑者達を受け入れる錦戸亮のあの普通っぽさがまた良い。主役だけど、引き立て役に回っているような、そんな演技だった。

 

全体に漂うヒリヒリ感、殺人犯6人の怪しさはとっても良かったが、松田龍平に物語が集中しすぎて、他の登場人物の描写が薄く感じた。せっかくのバンド練習も、のろろ祭りも「え?これだけ?」という感じ。

予告がサスペンス感満載だったので、肩透かしくらった感…。もっと重く、救いようのない展開が見たかった。

 

悪の象徴とされるのろろ様を祀っている魚深市に、逃れられない暗い過去を持つ6人の刺客が移住してくる。
のろろ祭りをキッカケに6人の運命が分かれることになり、招かれざる刺客がいたことが徐々に明らかになっていく。
のろろ祭りがあることから、のろろ様を比喩した人物が魚深市に現れることは当然のことであり、結末も同様である。
逃れられない過去を自ら受け入れ、近しい人間にも打ち明けられる覚悟が持つことが運命を変える鍵となる。
このことは物語を通して分かる部分だが、起承転結のところの転の部分であるのろろ祭りでの、一人一人の行動を深く考察することで6人の運命が分かります。
とても面白かったです!

 

もっとハラハラするかと思ったが、時間がゆっくり流れて物足りなかった。

 

最後の件のシーン、何となくポール・トーマス・アンダーソンのマグノリアを思い出した。良い後味の悪さで結構好きです。松田龍平が松田龍平していて良かったし、安藤玉恵がとても良かった!主役の錦戸さんは「普通の、平凡な人」を非凡なまでに演じていて、良かったと思います。

 

映画では、原作漫画とは別の方法、映画にしか出来ないような方法でその本質的な部分にせまって欲しかったように思います。
…というか、ある意味『桐島、〜』と、テーマとしては凄く似ている部分があったように思うんですが…

ラスト…ある決定的な映画的ともいえるダイナミックな展開が起こりますが…う〜ん。
えっ?それなのか?…と思ってしまいました。

あぁ…もし自分が原作漫画を読んでいなかったら、この映画をどう観られたんだろう…
感動したのかな…

なんだか残念でした。

ただ、今回の俳優さんたちの演技は皆素晴らしかかったです。
特に、杉山を演じた北村一輝さんのアノ雰囲気といったら(笑)

 

市役所職員の錦戸くんが元受刑者の移住者に翻弄される映画。
何かが絶対起こる、という緊張感を楽しむ映画。

 

大八監督、残念です。原作読んでないですが、話として不十分すぎて次回作のオファーくるか不安なほどです。キャスティングは微妙でしたが、錦戸くんが足を引っ張っていた感はないので脚本が良くないんでしょう。6人要らないし、どの人物も元犯罪者を信じるのか疑うのかのところまで考えさせるまでには描けてなかった。なぜ錦戸は松田龍平をあそこまで友だちと思っているのか。振りにしか見えませんでした。優香と親父さんもなんだ。北村一輝の感じは良かったけど、あの町でシャブを売る話はないでしょう。あのバンドの練習シーンにも首をかしげますが、のろろ様が最後都合よく落ちるのは禁じ手。興醒めの極みでした。違う映画観れば良かった。

 

始まりはのほほんと気だるい音楽が流れ、魚深の小さな漁村に市役所の命令で、一人一人を連れてくる市役所職員の月末(錦戸亮さん)

スポンサーリンク

何なんだろう?
映画が終わってからもスッキリとしないダークな感情。
そして芝居なのか?そうでないのか?
分からないけど、役者さん達の一体感のなさ!
皆さんバラバラの方向を向いています。

何とも言えない不気味な作品でした。

 

もっとサスペンスでハードな内容だと思っていたので、肩透かしを食らった感があり残念。
キャストは良いのに…。

 

亮ちゃんが写ってる幸せを噛み締め。
ジャニーズも変わったなぁ

じっと見続けていると
ゾクッと寒気がしてきそうな感じだった
特に松田龍平が!

でももっと重くてサスペンスタッチだと期待してたから、ちょっと思ったのとは違ったかなぁ
特にラストがなぁ、、えーって感じでモヤっと

亮ちゃんの笑顔にホッコリする場面がチラホラ♡
あと北村一輝ハマり役すぎた

 

ハラハラのサスペンス感を得ようとして行ったけど、結構ほっこりしてた(笑)
登場人物に感情移入することもなく終始さっぱりした感じ
松田龍平は好きだけどこの作品においてはあの独特な感じが理解できない殺人犯の役に必要だったのか疑問
この監督の作品は息をのむ様な映像美があるところが好きだけど今回はそれもなかった

 

静かなのにまるで夜の海みたいなじわじわとした狂気、緊迫感、圧倒。
個性的すぎるキャラクターたちの中で「普通」な月末が逆に目立つ。
ゆっくりゆっくりとクライマックスへ持って行って、最後でいきなりフルスピードになる感じ。

松田龍平の、計り知れない爆発寸前みたいなあの雰囲気と、あえて目立たない錦戸亮の演技っていうか、目立たないのに位置付けがすこいしっかりしているのがすごい。
緊迫感がぬける瞬間がなくて、見終わったらほっと息をつくかんじ。気だるい不思議な疲労感と余韻が残る。

 

最悪。主人公が酷い。1秒でも見たくない。セリフがくそダサい。まじで吉田大八?予告編でつまらないってわかるようにして欲しい。この高評価は一体なんなんだよ!

 

各役者の演技を観てるだけで楽しかった。特に松田龍平の存在感は半端ない。
内容的にも後半のヒリヒリ感と暗ーい雰囲気は、いかにも吉田大八監督って感じで良かった。

 

町の中に異質な人間が入ってくる。信じてあげたいけれども、どこか本能が彼らを拒否してしまう。それは田舎の町に限った話ではないだろうけし、受け入れてもらえていないという孤独感が、ますます異質な人間を孤立させる。設定は極端だけどダイバーシティが苦手な日本が抱える課題なんだろうなと考えさせらえる作品でした。それにしても、結末はあまりにも想定外。ただ、こうするしか終わらせることができなかったということか。それにしても錦戸亮さんは公務員がよく似合う。

 

個人的に思っていた展開の期待は裏切らず、人間の怖さや愛おしさを感じつつ、優香のエロさを堪能する笑
北村一輝と松田龍平がうますぎる!!

 

久しぶりに面白いと思えた邦画。それぞれの配役がぴったりだった。
カワハギのお刺身が食べたくなる〜〜

 

設定は面白そうだったけれど、期待外れだった。優香がイメージ外の役だったのはよかった。
6人掘り下げるには時間足りないから全体的にぼやっとしてる上にヤバイやつがバレバレ。
連載中は面白かったけれどラストが残念なマンガを面白かった所を薄めて映画にしたって感じ。

 

久しぶりにこんなに期待外れの映画を見た…詰まらない…予告編に騙された自分が情けない。
港町のB級SFサスペンスです…もう言葉にならない。残念。

 

信じたいけど、信じられないのが本音ですよね。
床屋さんのシーンはジーンときました。
のろろ様が不気味。

 

結局何が言いたいのかぼんやり感は拭えませんでしたが、移住者6人のキャラが立ってて面白かったです!
特に優香が人を殺した理由(セクササイズ中に夫に首絞めを依頼されて、興が乗り過ぎてそのまま絞殺)と無駄にエロ過ぎるサービスシーン(敢えての出し惜しみ感が逆によかったと思います)で大草原不可避! 何か久々に少年のようなときめきを思い出しました(適当)
最初は財産目当てかと思いましたが、性欲一番、お金は二番(というか全然意識すらない)の超ストロングスタイルで、大いに感動した次第です

 

ただ、6人の元殺人犯という設定なのに、松田龍平が主であり、北村一樹以外の4人は映画全体の中で「個々に存在」しているだけだった事が残念な気がしました。

暗いシーンが多く、どこに誰が潜んでいるのか、何も無いのに随所が怖かったです。
私は「錦戸亮が理容室でひげを剃ってもらうシーン」にアドレナリン全開でした。

 

あまり厚みはなかった。ほっこりした感じがあって良かった。演技が素晴らしい。

 

この映画はサスペンスでもドラマでもなく、コメディーに分類されるのが最適。要するに「もし元殺人犯がいっぱい移住してきたら」というシチュエーションの、偏見を題材にしたコントであって、そう思うとなかなかにシュールで笑えるものに仕上がっている。天誅!!

 

中途半端で困っちゃう系の作品。前段は違ってた感、後段は今更感。期待が大き過ぎだったことも否めないが🐏の数を数えたり努力したが、置いてけぼりを喰らってしまう。

 

錦戸くんの「人もいいし魚が美味しい」を連呼するしかない、薄いキャラが良かったし、優香はエロいし、北村一輝の剣呑さは絶品だし、松田龍平の心のない演技は盤石だし(お父さんの野獣死すべし演技を彷彿とさせた)、田中泯はイーストウッドみたいだし、安藤玉恵ちゃんはいつだって最高だし、水澤慎吾さんは名が売れて欲しいし、とりあえずは楽しかった。
けど、物語の収束の仕方に不満と物足りなさが残ります。

 

北村一輝と松田龍平のシーンが怖かった。あのぐしゃって轢かれるとこは怖くて観れず…
月末の演技力も凄くて、普通を演じてるからこそ周りの人が引き立ってた。そしてベースを弾く月末は月末というより錦戸亮だった。
最後の崖のシーンは納得行く流れで良かった。もう1回観たい!

 

不完全燃焼…。それがいい!って言う人もいるかもだけど、自分的にはさっぱりしなかった。
死ぬ人もいれば殺す人もいる、ちゃんと改心して幸せにやり直す人もいる。メッセージ性はあったかなと。後、知りたいから付き合うんでしょ?っていう言葉にはハッとさせられた。
部活やめるってよの時に感じた気持ちに近いものを感じた、癖が強い。

 

松田龍平が久々にぴったりな役になったという点において、マル。
伏線は分かりやすすぎて、真っ直ぐに再犯に向かいすぎるのもなんだか。
危うい感はも少し張り巡らされていればなぁと。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ヒューマンサスペンス
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.