【口コミ感想】映画『羊と鋼の森』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

青春ドラマ

【口コミ感想】映画『羊と鋼の森』の評価評判

投稿日:


映画『羊と鋼の森』口コミ感想ネタバレ 映画『羊と鋼の森』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「とても優しい空気の映画でした!」「めちゃくちゃ疲れた時に見ると心が洗われます!」「エンディング曲最高です!」


上映中【2018年6月8日(金)公開】

 

2016年の第13回本屋大賞に輝くなど、数々の賞を受賞した宮下奈都の同名小説を、山崎賢人主演で映画化した青春ストーリー。将来の夢をもっていなかった一人の少年が、高校で出会ったピアノ調律師に感銘を受けて、調律の世界に足を踏み入れ、ピアノに関わる人々と出会い、成長していく。上白石萌音と上白石萌歌が姉妹役で映画初共演する。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

北海道の田舎で育った外村直樹(山崎賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会う。彼の調律したピアノの音に生まれ故郷と同じ“森の匂い”を感じた外村は、調律の仕事に魅せられ、その世界で生きていこうと決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働き始める。いちばん年齢が近く兄のような存在である先輩・柳(鈴木亮平)に付きながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、ある日、高校生姉妹、和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)に出会う。柳の調律したピアノを二人が弾くと、和音の音は端正で艶やかな音を奏で、由仁は明るく弾むような音色になるのだった。ときに迷い、悩みながらも、ピアノに関わる多くの人に支えられ、外村は調律師として人として逞しく成長していく……。

●キャスト●

山崎賢人
三浦友和
上白石萌音
上白石萌歌
鈴木亮平
堀内敬子
光石研
仲里依紗
城田優
森永悠希
佐野勇斗
吉行和子

●スタッフ●

監督 橋本光二郎
製作 市川南
プロデューサー 石黒裕亮 、 川田尚広
原作 宮下奈都
脚本 金子ありさ
エンディング・テーマ 久石譲 、 辻井伸行

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『羊と鋼の森』を観た人の感想、評価、口コミ

◉映画「羊と鋼の森」🎥
主人公であるピアノ調律師と一緒に…
深い深い森の中を、迷いながら悩みながら答えとなる出口を探す。
そういう感覚でした。

羊はフェルト。
鋼は弦。
ピアノの音を出すもの。

演奏者の望む、たった1つの音を探していく調律。
弾く曲、部屋の広さ、天井の高さ、気候、演奏者の癖。
調律がこんなに奥深いとは知りませんでした。

真面目で一途な調律師に山﨑賢人さんがぴったりで、映画の終わりには彼と一緒に成長した気持ちになりました。

メモに取りたい台詞の数々。
カリスマ調律師の三浦友和さん。
先輩調律師の鈴木亮平さん。
元ピアニストの光石研さん。
新人調律師へかける言葉や気持ちの温かさ。

北海道の四季が美しく厳しく、物語を彩ります。

私はピアノを弾く上白石姉妹の演技に、自分の思い出が重なって目頭が熱くなりました。

深い深い森の中から、音を探し出す調律師。
帰宅してからもずっと、森の中にいるようで…ラの音が鳴り響いていました。

音楽の世界、ピアノの世界は本当に厳しい。
芸術の世界では
私には才能がない、とか…
奇跡が起きた、とか…
よく耳にします。
だけれど、才能ってそれが好きってこと。
どんなに悩んでも、またそこへ戻って来てしまうこと。
…そう気づかされます。

エンディングに流れる久石譲さんが作った辻井伸行さん弾く曲、The Dream of the Lambs が胸に沁みてきます。

大スクリーンで、そして音響のよい劇場でたくさんの人に観て欲しい。
主人公とともに、森と音を感じて欲しい映画です。

 

◉小説を読んでいたので、その世界観が綺麗に映像化されていて、良かったです。

グランドピアノの解体シーンを見ると本当にフェルトのハンマーと鋼の弦によって、森に響き渡るような繊細な音が広がるイメージが明確になり、
調律されたピアノをコンクールを目指す姉妹が弾くシーンは、ピアノ全体が鳴っていて、生き生きしてて、ピアノのすごさを実感します。

この映画は、外村という青年の成長物語ですけど、自然の中で、余計な雑音が少ない環境で育った彼の耳は、ピアノの繊細な音を聞分け、森の響きを最大限引き出す調律師になってくれるのじゃないかなと思わせてくれました。

 

◉本作品、本屋大賞に輝いた宮下奈都さんの小説を映画化した作品らしのですが、当初、「羊と鋼の森」と言うタイトルが気になっていたのですが、映画が始まり冒頭でタイトルの意味が直ぐに解けます。

また、さすがに、本屋さんで働く店員さんが大賞に導いただけの作品ですね。
当初は、映画のタイトル、雰囲気、上映時間が2時間15分と長い事から、覚悟していたのですが、時間を気にせず見れる素晴らしい作品でした。

しかし、お話を作った宮下奈都さんの想像力には脱帽します。よくこんなお話を作ったなと、ピアノの調律師からこのようなお話を作れるとは凄いな・・・・

また、監督の橋本光二郎さんも本作品で4本目らしいですが、良く出来ています。
まずは、綺麗に撮り上げていて、お話もテンポ良く出来ていています。

また、調律した後に、ピアノを弾くシーンや演奏シーンが幾つも出てくるのですが、これがまた、何時までも聞きこんでいたい程素晴らしいです。
主人公の山崎賢人さん、それを支える鈴木亮平さんも素晴らしい演技で、改めて邦画を見直す程の作品でした。

私的には、「万引き家族」を現時点で見ていませんが、本作品が、アカデミー賞、作品賞ノミネート、監督賞ノミネートされれば、納得できます。
また、「ちはやふる」上白石萌音ちゃんも「ちはやふる」とはまた違う味のある役を好演していて、原作、映像、出演者のバランスが大変に良く出ている凄く良い作品でした。

 

◉とても優しい空気の映画でした。

コツコツと仕事を通して成長していく主人公と、それを支える先輩たち。全編通して言葉遣いがとても丁寧で、先輩後輩関係なく、人として相手を尊重する気持ちが言葉に表れていて、美しい言葉遣いは素敵だなと思いました。こんな大人でいたい。

主人公の背景の掘り下げが弱く、彼にとっての森の意味があまり理解できず、もっとそのあたりを描いて欲しかった気がします。

大画面に映し出される四季の森の風景と美しいピアノの旋律は、映画館で観てよかったと思えるものでした。最高のヒーリング☆野外上映とか4DXで風や森の香りを感じながら見れたら更に気持ちいいだろうな〜☆

 

◉とても上質な映画、という感じ。
音というのは五感の中でも形が無いものだから、作るのも届けるのも難しくて、目に見えないからこそ重要で大事に伝えたい1㎜単位の作業。
兄弟、姉妹というテーマ軸もあって、上の子、下の子、それぞれの思い。
でも、最後の萌音ちゃんの台詞には「え?」ってなった。

ダッサい変なチョッキみたいなやつ着て繊細で静かな演技をしている山﨑賢人は、いつもの少女漫画実写化キラキラ要員の時なんかよりよっぽど素敵に思えました。
調律している時のエプロンと腕時計がすごくいい。
久石譲は、とても久石譲だった。

 

◉鑑賞。
仕事への考え方がすごく素敵!
クスクスっと笑えるところも良かった。

 

◉オラオラしてるザキヤマよりなよなよしてるザキヤマの方が好きなので、今回の役はとても良かった◎
調律してるときの手元のアップの腕時計が好き

あと鈴木亮平との掛け合い最高、鈴木亮平はまさかのバンドマン(しかもドラマー)という裏の顔があるんだけど選曲エルレだった😂😂😂

ピアノ弾くシーンで初めて気付いたけど城田優も手タレでした、知りませんでしたね💡
てか上白石姉妹がまじで凄かった…萌音さんの「ピアノで食べていくんじゃない、ピアノを食べて生きていくの」ってセリフ震える

あと映像がきれい!でも無言の描写多すぎて、寝る程ではないけど途中ウトウトしちゃった(笑)

佐野勇斗はチョイ役でした、しかもまた嫌な役🤦🏻‍♀️
久石譲の主題歌は案の定で久石譲ですわ

 

◉調律師という仕事の深さ、この映画を観なければ一生知ることがなかったと思います。
いろんな仕事があって、1人ひとりが仕事をすることで、みんなが仕事をできる世の中なんだと実感しました。
頑張る人ってかっこいい。
夢中になれる何かを持っている人って輝いてる。
素敵でした。

静かな世界観の中で、ピアノの音が響いていて、心地良かったです。
DVDでは飽きちゃいそうです。
でも、映画館では浸れる作品だと思います。

今すぐピアノが弾きたい、そう思いました。
エンディング曲最高です。

 

◉深堀せず、そんなに伝わるものがなかった。
家族無くした男の子の件は泣いたけど、一個ずつの話が繋がってないような。。。
ピアノの音と森は良かった。

 

◉主人公に深みが感じられなかった
表情や纏うもので人物像やその時々の感情を見せてほしかったけど、何もわからなかった

 

◉山崎賢人が調律をするらしい。原作本はすごい賞をとったらしい。
その二つの情報だけで、特に予備知識なく観た。

まさか大好きな森永悠希さんが出てるなんて!という嬉しさと、ああいい映画を観たなあという満足感。本当に充実した映像体験だった。目覚めるような美しさと繊細さ、光と陰のバランス、これは泣いてしまうよ。

 

◉自然の心地よい風と森の匂いを感じられて最高だった。原作の姉妹のイメージにぴったりのキャストさん。
美しく優しいイメージの文章がそのまま映画になったようで、素敵なものをみたと思う。

 

◉説明し過ぎず、観客に任せてくらる感じが好き。
調律師の話しなんですが、ピアノを通して色々人の人生が見えて来て、じんと来ます。
家族と死別した少年のくだりが特にじんと来た。

スポンサーリンク

 

◉音や背景の綺麗な映画でした。ただ、それを求めるならジブリ作品でいいかな…と個人的には思います。
ベタな恋愛ものかと思っていたので、そうでなかった部分は良かったのですが…主人公に色がなさ過ぎて、
周りが引き立ちすぎた感が凄いです(鈴木亮平さん、素敵なキャラクターでした♡)
激しい出来事が多くなく、まろやかに静かに進んでいく作品は好きなのですが、それでももう少し主人公に観客を引っ張って欲しいです。

 

◉原作既読。
久石譲の音楽、北海道の美しい風景など、小説で感じた綺麗な雰囲気がうまく映像で表現されていてすごく良かった。
ピアニスト姉妹を演じる上白石姉妹、調律師の鈴木亮平や三浦友和はとてもうまく、そのぶん主演の山崎賢人が浮いていて最悪だった。

外村は「普段は物静かだが心の中にピアノや調律に対する熱を抱えている、芯のある男」という印象だったが、山崎賢人はあまりにも表情の変化に乏しく、熱のあるセリフは勢いだけで言っていて、外村がただの熱血新人という印象になってしまっている。全体的に原作に忠実な映画でとても素敵なのに、主人公の印象が彼の演技によって原作と違うものになってしまっているところが本当に残念。

山崎賢人以外は星5.0つけてもいいくらいの出来。

 

◉穏やかな静寂とピアノの音につつまれる2時間。
ピアノの調律の世界の厳しさ、顧客からの曖昧な表現の要望を叶える技術に感動します。
主人公がピアノの調律に触れるきっかけとなる師匠の三浦友和さんや兄貴のような懐の深さを感じる鈴木亮平さん、抜群の安定感で支える光石研さん、堀内敬子さん!
脇を固める俳優さん素晴らしいからこそ主演のキャスティングが残念…
表情のみで語るシーンが多いので何も感じ取れず2時間が長く感じてしまいました。
ちょっとだけ出演の仲里依紗さんが映るとパッと華やかになり流石の存在感でした。

 

◉原作未読。森とピアノとクラシックの調べ、そして133分と少し長めの丁寧過ぎるくらいにゆっくり進むストーリーに朝イチの試写会だったこともあって眠気に誘われながらもなんとか寝ずに観れた自分に拍手。森を彷徨うシーン多すぎでは(意図はわかるんだけどさ…)

主人公の調律師演じる山﨑賢人くんがまた物静かな役であまり感情が読み取れず、何故彼がそう思ったり感じたりしたかがあまり描かれていなかったように思えたし、登場人物が彼を始め皆大人しく物静かな人たちばかりで、なんだか観客との間に距離をとても感じた。

映画『ちはやふる』シリーズの机くんこと森永悠希くんのエピソードはとても良かった、そのシーンだけ涙腺が少し緩みました。

 

◉原作と大筋一緒だけど、原作の方がもっとよりふわっとしていた。
そのあたりが好きだったのだけれど、映画だと少し見せ場を作ったイメージがあった。最後のシーンで、一番好きなセリフが出てこなかったのは残念。

映像はよかったと思うけど、どうやっても映画化向きな作品ではないかなぁとも。
途中眠気と戦わなければいけない。

とはいえ、質感だったり空気感はしっかりと原作の遺伝子を受け継いでいて、鑑賞後、原作の読後と同じ心象だったので映画化として完成度は高いんだと思う。
山崎賢人は陸王に引き続き、地味でパッとしない役の方が合っていて、今回もまた真価を発揮してた。

 

◉後半のドラマ感はおいといて
とても丁寧でしっとりとした作品。
服の擦れる音、お湯を注ぐ音、
一音一音敏感に聴きたくなる。
めちゃくちゃ疲れた時に見ると心が洗われます。

 

◉原作は冬のキンっとした静謐さって感じがしたけど、映画は夏の夜の森の中の湿度がある静かさって感じ。
地味な山崎賢人いい!地味な鈴木亮平も。そして、上白石姉妹にハマる。

 

◉とにかく家のピアノ調律したくなる

原作が好きで観た。ピアノも習ってた。
原作が、目に見えない内面世界や価値観に重きを置いたものだったから、全く期待はしていなかった。

原作とはストーリーも若干違う。
でもまた別物としてまぁ楽しめた。
映画には、画と音という強みがあって
ピアノの選曲やスキルや音色と、
北海道の美しい自然の効果的な映像で、
そこはやはりよかった。カメラも映像美を追求するため、普通は映画には使わないものを使っているらしい。

とにかく静かにゆっくりたっぷりと進んでいく。
音や人に対する「誠実さ」を映すあまり、「こだわり」すぎてちょっと大げさだったかも。

観終わった後の気持ちが、原作とはまた違う着地点な気がした。

あと板鳥さんがイメージと違いすぎ。。
山崎賢人と鈴木亮平はよかった。鈴木亮平のドラムのシーンはださかった😂

東宝にしては珍しくアートや職人気質かも
ピアノ好きなら観るべし

 

◉ごめんなさい…!
音楽が心地よすぎて、
途中眠気に負けました…。

…とにかく音楽が素敵だった。
本当に癒された。
ヒーリング効果抜群。

少し長いなぁーと感じだけど、
映像もとても綺麗で、
ストーリーも温かくて、
丁寧に描かれている作品でした。

賢人くんも久しぶりにキャラクター的なのじゃなくて、
たまに不器用だったりする繊細さやピアノと真摯に向き合っている姿がとても良かった。
三浦さんや鈴木亮平さんもやっぱり良いなぁー。

 

◉調律師という職人たちがコツコツと働く様を綺麗で雄大な北海道の景色とともに、じんわりと描く、邦画らしい作品。

原作既読のため、原作のあの柔らかくてふくよかで美しい文章で音を表現していたのをどう再現するかが肝だと思っていたが、映画を見て改めて文章への挑戦の連続だったな、と感じた。
音を表現するのって本当に難しい。言うなれば音について素人が大多数の観客にどう伝えれば良いのか…
感覚をイメージとして視覚化して、でも台詞やモノローグには極力頼らないという選択は映像としての原作への答えだと思う。

この映画では音、音楽を題材にしているからこその「無音」の瞬間が訪れる。
映画館だともちろんそれが息をひそめるような瞬間になると思うが、今回は野外だったので、新宿御苑の風の音。木の音。電車の音。飛行機の音。色んな音がダイレクトに聴こえてきた。
普段意識しないけど、生活には沢山の音に囲まれてる。だからこそ、無音が音を際立たせる。映画においては、それがすごく効果的だった。

展開としてはほぼ原作通りだが、
選ばれない悲しみを描くのであれば、
選ばれる喜びも描いてあげて欲しかった。
なぜ姉妹は外村を選ぶのか。
それがあるから頑張れると思うのだ。

 

◉静かで、繊細な映画でした。
音楽と映像がとても綺麗で、癒されます。悪い言い方をすれば、やや眠くなりましたが、ゆったりとした気持ちで鑑賞するのがオススメです。
やはり、ピアノを少しでも触ったことのある人に観てもらいたい映画です。今まで何の気なしに我が家のピアノの調律をお願いしていましたが、調律への見方が変わりました。
10年ぶりくらいに調律師を呼びたくなりました。笑

 

◉正当な感想になるか分からないが、尺がちょっと長い。特に後半。クライマックスに近いシーンの演出が急に雑でテレビドラマっぽい。山﨑君は良かった。原作の言葉の強さに映像が負けている気がした。10年後の仕事図鑑がベストセラーだが、調律師はAIに取って代わる時代はまだ先だろう。しかしピアノを所有することはキャブレター式のクラシックカーを持つことと同じ位の贅沢さを意味するのだろう。

 

◉とにかく「繊細」の一言。

ピアノの調律がこんなに繊細で微細な作業だったとは…!
小説を読んでいても、映像化したものを観るとより一層世界観がリアルに感じ取れます!
柔らかい音、硬い音、響き渡るような音、ちょっとした音の違いを瞬時に見極め、調整していく。
まるで針の穴に糸を通すかなような、複雑なお仕事です。

お客様の要求にパッと反応して、変化をつけていく。
そんな細やかな仕事ができる青年が羨ましいです。

ピアノの音を感じることは、森の深緑のざわめきを感じ取るのと同じこと。
一音一音の響き渡る情景を敏感になりながら、音を作り出していく。

まさに一つの作品を完成させる芸術家のよう。
また、彼らの語る言葉一つ一つも素敵です!

ピアノの旋律を奏でるかのように、美しい比喩に例えながら音の響きを相手に伝える。
日常ではなかなか体験できない、貴重な経験を得ました。

お客様の理想の音を見つけ出すことは簡単ではありません。
彼の努力と知識、そしてこれからの経験が徐々に彼の調律師としての技量を高めていくのでしょう。

また、好きなことを仕事にできる彼の生き方、最高です!
好きという気持ちが強いと同時に、うまくいかない時のもどかしさ…。

彼がこれからの人生や仕事への取り組み方に悩み苦しみ、将来の夢をどんな風に完成させていきたいのか?
その葛藤する姿に感動しました!
まだまだ20代のなんでも吸収できる時期、この時期にたくさんのことを学び成長して行ってほしいですね(笑)

今回、ピアノの旋律が本当に素晴らしかったです!
物語だけでなく、ピアノの音を聞いているだけでもこの世界にどっぷりと酔いしれました。
特にエンドロールの久石譲さんと辻井伸行が作曲した音楽が、とても素晴らしかったです!

天才×天才の放つ芸術はまさに奇跡と言っても過言ではありません!
最後の最後まで、とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

◉馬鹿にされてるとしか思えなかった
まるで、ような、みたいなことをすべてやる

 

◉久しぶりに映画で癒された。

この映画こそ、まさしく…
healing movie 🎥

華やかな舞台に立つ人もいれば
それを支える人がいる。

こんな当たり前な事を
こんなにも美しく描いて…
観せてくれたこの映画に感謝。

キャストみんなが、
ピュアでイノセントで…
自分の心が…少し綺麗になった気がする。

森…行きたくなった!笑

 

◉音を奏でた事のある人なら共感出来るであろう(特に鍵盤)、一音一音が立ち上がって曲が紡がれてゆく場面を丹念に描写した静謐さを湛えた良作
脚本や構成も、可能な限りソリッドに仕立て上げられており好感

山崎某は相変わらず演技力に疑問符が付くが、外村という青年との未熟さと相俟って嵌っていた そして脇役の手練れがガチッと物語を固める
北国の自然を描いたカメラワークも良し

 

◉鑑賞。原作はすでに読んでおり、とても好きな作品だけど、ダイナミックな何かがあるわけでもない、盛り上がりとは無縁な内容。映画でこれを表現するのは難しいかなと思っていたが…凄く良かった。好き嫌いがはっきり分かれるかもしれないけど、良い。山﨑君演技うまいです。彼の、時には悩みながらも、少しずつ自分の世界に進んでいく主人公の心情がじんじん伝ってきて…周りの配役もグッド。そして、自然と音の映像が美しくとけこむ静寂の中の美。映画の中の名言も心に留まる。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.