【口コミ感想】映画『終わった人』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ヒューマンコメディー

【口コミ感想】映画『終わった人』の評価評判

投稿日:


映画『終わった人』口コミ感想ネタバレ 映画『終わった人』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「今後の自分のキャリアについて深く考えさせられた!」「広末涼子の方言が可愛かった!」「ふとひと休みしたい時に観たい映画!」


上映中【2018年6月9日(土)公開】

 

“定年”をテーマに描き、同世代から絶大な支持を受けた内館牧子のベストセラー小説を、『リング』シリーズなどホラー作品を得意とする中田秀夫監督が映画化したヒューマン・コメディ。長年勤めてきた会社を定年退職したものの、退屈な日々に困惑してしまう、どこか情けない主人公を舘ひろしがユニークに演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

大手銀行の出世コースから外れ、子会社に出向させられたまま定年を迎えた田代壮介(舘ひろし)。趣味や夢もなくこれまで仕事一筋だった彼は、朝起きてから夜寝るまで何もすることがなく、途方に暮れる毎日を過ごしていた。このまま老け込むのはマズイと感じ、スポーツジムで身体を鍛えたり、図書館で時間を潰そうとするが、よく見ると周りにいるのは“終わった”ように見えてしまう老人ばかり。美容師として忙しく働く妻・千草(黒木瞳)には、ついグチをこぼし次第に距離を置かれてしまう。その後、職業安定所で職探しを始める壮介だったが、高学歴と立派な職歴が邪魔をして思うように仕事が見つからない。妻や娘からは「恋でもしたら」とからかわれる始末。そんななか、大学院で文学を学ぼうと思い立った壮介が、勉強のために訪れたカルチャースクールで出逢った女性と恋の予感が……。さらに、スポーツジムで知り合った新興のIT企業社長との出会いによって、壮介の運命の歯車が回り出す……。

●キャスト●

田代壮介 舘ひろし
田代千草 黒木瞳
浜田久里 広末涼子
山崎道子 臼田あさ美
青山俊彦 田口トモロヲ
鈴木直人 今井翼
工藤元一 ベンガル
山下正美 清水ミチコ
山下良夫 温水洋一
桜田美雪 高畑淳子
田代ミネ 岩崎加根子
川上喜太郎 渡辺哲
二宮勇 笹野高史

●スタッフ●

監督 中田秀夫
原作 内館牧子
脚本 根本ノンジ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『終わった人』を観た人の感想、評価、口コミ

◉もっとコメディかと思いきや…あまりコメディではなく割とテーマ的には深いドラマです。
しかもゲスト出演がたくさんです!

ただ途中からは話が都合よく進み出すし、崩壊してましたね〜。
長いから早く終わらないかな〜って後半は考えてました。
ホラーが得意な中田秀夫監督が初めてコメディに挑戦したらしいが、ホラーやってた方が向いてるかも💦

田口トモロヲが臼田あさ美の旦那役だとずっと思って観てたら、あるシーンで「あれ?違うんだぁ」ってなります。
黒木瞳のいとこ役ですので、これから観に行く方はご注意を!

今年の冬に岩手に行った時、やたらとこの作品のポスターが貼ってるなと思ってたんです。
そしたら岩手が舞台とわかり納得!

 

◉題名とは裏腹に(一般的な終わった人のあるあるを見せながら)人生第二ステージを迎えた人たちにまだまだあなたは終わっていませんよ。
少子高齢化の社会だからこそあなた達が主役なんです。
目が黒いうちはげんきにがんばっていきましょ!と背中を後押ししているように思った。
何気にちょい役でシニア世代の名脇役たちがオンパレードするのも見ものです。

 

◉主人公と同年代ですが、全く共感出来ない作品でした。
高年金取得者で老後生活の不安も無く、妻は黒木瞳という美人と言うだけで勝ち組の主人公に感情移入出来る人が果たして何人いるのでしょうか?

 

◉小学生の時だったか中学生の時だったか、夕方に放送してた【あぶない刑事】の再放送が大好きでした。ダンディな鷹山(タカ)が大好きだったんですが、そのタカ役の舘ひろしさんがこんなタイトルの作品で主演する日が来るとは…🙀

暗くなってから入ったのでよくわからなかったけど、シアター内は《終わった人》だらけでした(悪口じゃないよ、この映画のタイトル通りの意味ですw)

序盤にけっこう笑えるネタがあります。ただ、その後はそれを超えるものは無く、淡々と流れていった印象。クスッと笑えるところも多かったですけど、全体的には及第点といった感じでした。
それでも舘ひろしさんの役柄のオンオフの切り替えとかは凄いですし、黒木瞳さんの妻や母親ってなんか理想だよな〜と思えますね。笹野高史さんなんで?と思いますが、オチはしっかりあります笑

中盤にサングラス姿で【あぶ刑事】のタカが一瞬戻ってきます。というか、同じようなサングラスなんでわざとですねアレ😎

アメフトでは無いですが、ラグビーのシーンで「ルール無視のタックル…」の話が出てきます。まさかの時事ネタ(間違いなく完成後のネタなんで、たまたまですが)
カッコいいよ“16番”!!

 

◉いやいや
まだまだ終わってないでしょう。
年齢層が高めだけど、周りにつられて笑った(^^)
笑った(^-^;
これからの人生の参考にさせてもらいました。

 

◉予想と違って舘ひろしが社長になったりして、とても終わった人とは思えず、超かっこ良かった。黒木瞳はもちろんいつも同様良かったが、広末が相変わらずかわいく適役だった。ラグビーの16番のセリフもとても良かった。自分と同じ50代後半の夫婦が目立っていた。

 

◉本来はダンディでならしてる筈の、舘ひろしさんの不完全燃焼のおじさん姿が映像作品としての在るべき華を醸しており、結果として良かったのでは、と思える。
原作者の内館牧子さんが端役でチラチラ出てるのがニヤッときてしまう。

サラリーマンとして成仏できなかった男が再起を掛け、空回りして打ちのめされて、それでも立ち上がる筋立てだが、主人公夫妻が最終的に「卒婚」で幕を閉じたのはなかなかのリアリズム。なんというか、男性作家なら、紆余曲折を経ながらも元どおりの鞘に戻すところではなかろうか。

定年退職したサラリーマンの奮闘記、ということでロバート=デニーロの『マイ・インターン』を思い出すが、あちらほど陽気でハートフルな話でもなく、コメディ描写は多々あるが、現実運びと周囲の人間の反応はなかなかにシビア。
その代表格が主人公夫妻の娘さんで、両親のプライドもなんのそのでズケズケと真実を突きつける。もちろん愛あっての言葉なので両親もしぶしぶとそれを受け取るのだが。

ビジュアルとしては、桜並木や海沿いの夜景等、ロケーションにやや狙い過ぎな印象も受けるが、オールドミスの魅力と茶目っ気たっぷりな広末涼子さんが良い。小鼻付近のシミすら可愛らしく見えてしまった。

ということで、テーマありきで紡がれた作品ではあるが、他にもしわがれ声に方言がしっくり来る渡辺哲さん等、若年層がほぼ居ない円熟した俳優の布陣もなかなか楽しい一品。

 

◉今後の自分のキャリアについて深く考えさせられた。

本当に人生かけてやりたいことを追求するべきだと思う。
それはちょうど今人生の岐路に立つ自分に言えることだ。

たしかに立派な経歴は必要だし、信頼に繋がる。
立派な経歴があるからこそ、収入にも大きく響く。

でも数十年後、それで自分は満足するのだろうか。
後悔しない人生だと言えるのだろうか。

誰も知らない会社でも自分のやりたいことを実現するために奔走する人生を送ることができれば、立派な経歴でなくても、数十年後満足出来ている自分がいるのかもしれない。

たった一度の人生、未来がどうなるのか誰にも予想はつかないけど、本当に自分のやりたいことにかける人生はきっと、悪くないだろう。

スポンサーリンク

 

◉東大を出て大手の銀行に就職して退職を迎える。それからの人生を面白く映画にしている。
退職しても何もすることがない廃人のような毎日。再就職するにもエリートの経歴が邪魔して逆に就職先がない。現実かも。
何をやってもうまくいかない、夫婦も結局は離れてしまう。絶望。
それでも心は繋がっている。
頑張らなくていいからゆっくりと人生を歩んでいきたい。そう思える映画でした。

 

◉中々痛い老人だけど
少し考えさせられる
映画だな~~
と言ってももうすぐ
俺も仲間入り

 

◉見て来ました。クスッと笑えるところもあり中田監督がコメディ初の割には良かったと思います。内容的にはまだ自分にも縁遠く今の世の中的には60才定年は何かひと昔前に感じがします。今は働き方改革や少子化が進む世の中で自分の周りのシルバー世代も頑張ってる人が多いです。
館さんも終わった人感が出て良かったけど、やっぱりスーツ姿はカッコいいですね。自分は瞳さん目当てで見に行きました(笑)
自分も若い世代では無いですが、見に来てた人達は終わった人達(ごめんなさい)多かったです。

 

◉私的な年齢の人は、本作品のような内容はこれから経験する事なので、何とも共感な気持ちも持ちながら見ました。

まずは、子供の頃からファンだった舘ひろしさんですが、演技と言う観点から見るとあまり上手くない人ですが、本作品は、なかなか定年をしたおじさんを上手く演じていたな、ちょっと見直しました。

黒木瞳さんと舘ひろしさんのペアもなかなか感じが出ていて良かったな、映画の内容の方は、前半はコメディタッチぽい雰囲気が出ていて良かったのですが、後半、結構普通の映画ぽっくなって、前半のコメディぽさをブラックユーモアにして最後まで話が続けばもっと良かったかな・・・

しかし、本作品を見て、人間、役目が終わる事はない、人間死ぬまで何かの役に立ち、自分の為に頑張らないといけない、そんな事を感じさせてくれたかな・・・・

山田洋次さんの「家族はつらいよ」的な要素もあるので、本作品もシリーズ化を考えて作ると良かったかな・・・・

 

◉舞台挨拶でのトモロヲのコメント「終わった人、リングの監督、これはホラー映画だな」が秀逸だった。
原作の内館さんが舞台挨拶に登壇していて、映画にも出演していた。女優デビューを連発していた。

 

◉内館牧子さんの原作がかなり話題でしたし、ホラーの中田監督の初めてのコメディということ、また、俳優陣も好きな方々、ということで、興味を持ち、鑑賞。

前半『あの』舘ひろしさんが枯れたオヤジ役ということで、かなりくたびれた感を出していましたが、元々特別にカッコいいことがわかっているので、若干のわざとらしく違和感が…。ただそこを含め、結構笑えました。

主人公が元々かなりのエリートだったという設定もあり、その後の展開も、なかなかフツーの人ではありえないものだな、という感じでしたが、最終的に、定年後、もちろん更に続く人生に、どう向き合って行くか等、考えるきっかけにもなりました。
(私は女性なので、妻として…ですが。)

とはいうものの、全体としては、気楽に見れる、笑える映画です。

 

◉定年を迎える瞬間、慣れない無職の時間の過ごし方、再起をかけた決意、どの場面もうなずけることだらけ。自分はこうならないようにと気付かされたような作品。
冒頭「定年は生前葬だ」で心をつかまれてからは舘ひろしと黒木瞳のペースにハマってしまう。
笑いあり、家族愛あり、友情あり、挫折ありとリアルに楽しめる映画でした。定年近い方は是非鑑賞をお勧めします。

 

◉終わった人、いろいろなシーンで教えてくれる。企業戦士でいた時代は過去のこととは言えない、自分の夢は…定年を迎える人だけでなく良きバイブルだと思います。会場は圧倒的に女性が多かった気がしました。娘の言葉の想いは見逃せないシーンです。

 

◉ホラー映画だとは思わなかった。。。
恐怖、あと広末の方言が可愛かった!

 

◉コミカルで笑える部分も多いが、卒婚や定年後何もやることがないという怖さも感じた映画。

 

◉これ、私の親の世代、これから退職していく人たち、退職した後の人生を歩んでいる人たちには、背中を押されたり心動かされるものがあるんだろうなぁと感じたりしました。
でも、まだ少し若い私たちにはピンとこない。
エリートで退職した人で、悠悠自適な暮らしを送ってる人って私の周りにも少なからずいて、皆付き合いが減ったり、居場所がなくなったりしてるけど、新たな目標、趣味を見つけて人生楽しんでいるように見える。
身近に会社を起こしたり、資格を取ろうとしたりする人もいて、若者よりも、退職した人たちの方が活気がある気がするのだ。
どんな人にも、悩みはある。
でも、どうしても映画のテーマ自体、贅沢な悩みであり、主人公が多額の借金を背負ってゼロから始めようとする姿は端折り過ぎたり、あたふたする状況もなく優雅で、現実感がなくて全く共感出来ないものであった。

 

◉チラシの表紙だけで鑑賞決めて、前知識なく(裏は読まなかったから)観る前には知らなかったけど、ホラー映画『リング』の中谷監督作品だったのね〜

“ 笑って泣けるハートフルコメディ ” 初挑戦❗
原作は内館牧子ベストセラー「定年小説」
舘ひろし&黒木瞳W主演!夫婦役と話題も豊富(笑)

定年退職して、人生終わった老男が、恋に走り?(笑)、家庭を壊しetc. で、“ 終わった人 ” ❗❔

舞い散る桜と、今井美樹さんのメロディーが心地好く、ふとひと休みしたい時に観たい映画でした❤
広末涼子さん良いわ( v^-゜)♪←方言

 

◉黒木瞳、いい奥さん過ぎ。何となく色々モヤッとした感じ。あまり予想を裏切らない話なんだけど。

 

◉見る前は原作のイメージと舘ひろしがあってない気がしましたが、元エリートだったり、途中の怒涛の展開を考えると、ハマっていた気がします。
それよりも割と固めの原作を笑いと感動のいいバランスに仕上げた脚本に感心しました。てっきり内館牧子が脚本を書いているのか思ったら、若い方でした。どうりで笑いが今っぽかった。星は脚本分で一個上乗せです。

 

◉コメディにした点は面白くて素敵でしたが。。
東大卒、メガバン勤務の経歴を持つエリートのお話なので、まずそこに気持ちがついていけませんでした。
終わった??人

 

◉原作のファンで、読んだ時には主人公の置かれている状況や感じている気持ちが「定年」まで程遠い自分ととっても重なっていて不思議な感覚に。そして最後には感極まっての大号泣〜で『自分も明日から頑張ろう!』と励まされた作品だったので、映画化されると聞いて本当に嬉しかった❤︎

から、余計にこの作品がコメディ化されたのは残念だったかなー。
単体でみたら笑えるし楽しかったんだけど、原作で得られた感動がなくて悲しかった…

 

◉東大卒、銀行マンのエリートも定年を迎えるとこうなるのかと
社会での立場や、家のなかでの位置。
面白く拝見しました。

いつものきりっとした舘ひろしはいません。黒木瞳の母は美しく、突然の死には明日の我が身に恐怖さえ。
女優デビュー、内館牧子さんもジャージ姿が似合ってました。

 

◉スポーツマン、高学歴、エリートと
なんと贅沢な!
毎日、ため息をついている私には
羨ましい限りであるが...

私なら、終わった1日目から
惰眠を貪りつくだろう。

妻の一言が耳に残る。
身に纏うものが息を吹き返す
なるほど...

卒婚
長年連れ添っても
分かり合えないんだナァ〜?
娘よ、親を責めないでぇ
本人達が一番解っているのよー

キャストの仕掛けに笑いが溢れる。

この作品も東日本大震災に触れる。

故郷
友人、山や木花、季節が
ソウスケさんを迎える。

「まだ僕には帰れる所があるんだ。」
アムロの言葉を思い出す。
(先週、赤い彗星を観たもので😜)

私を迎え入れるところ...
あった💡
愛犬のチューイ🐶
ワンっ❗️🐕

 

◉面白かったですよ、臼田あさ美ちゃんの娘像に同じ娘の立場としてうんうん頷きたくなる場面もあり。それにしても、プレミア試写会で広末さんのいう通り、確かに全然終わってない素敵60代舘さんと50代黒木さんだからこそちゃんと絵になり成立する映画かも。舘さん、コメディでも、他のおじいちゃん達に混ざっても、絵になり過ぎでした。

 

◉色々中途半端…コメディ路線なのかシリアス路線なのか…
説明不足だなぁって感じるところもあるし
年代の人にはウケるのかもしれない

 

◉やっぱりダンディな舘ひろしと、ガッツリ肩出しドレスの黒木瞳を見た直後に、
「終わった人」と言われても、うーん、みたいな。
定年後の人生や夫婦関係がテーマだけど、
今のご時世、定年まで勤められるかも疑問だし、
何がおこるかわからないし、
そういう意味で見につまされる面が多すぎて...。
たしかに笑いどころもそこそこあるのだけど、
ちょっと中途半端だったかも?
今井翼、あっという間に出番終わってびっくり。
今井翼のすさまじいほどのムダ遣い感...。
広末涼子の役が、いかにもな小悪魔でおかしい。
田口トモロヲがとても若々しくてカッコよかった。
そして笹野高史の髪型!!
笹野高史が一番オイシイポジションだったと思う。

 

◉定年後の男性を描いたコメディ。
しかしながら個人的には顧問や社長、NPOとして社会や誰かに必要とされている描写にどこが終わった人なのだろう、と疑問に思ってしまうくらいでした。
全体的には面白かったけれど、時々クスッとくる程度でコメディ映画としてはコメディ具合が中途半端。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ヒューマンコメディー
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.