【口コミ感想】映画『犬猿』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『犬猿』の評価評判

投稿日:


映画『犬猿』口コミ感想ネタバレ 映画『犬猿』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ひたすらに窪田くんがカッコ良かった!」「ニッチェの江上さんがものすごく良い仕事してた。筧美和子も良い。そして可愛い!」「序盤から終盤までずっと窒息しそうな空気感!」


上映中【2018年2月10日(土)公開】

 

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、地方都市に暮らす、まるで正反対な兄弟と姉妹という4人の男女の運命が交錯していくさまを描くユニークな人間ドラマ。マジメな弟を窪田正孝、その兄を新井浩文、印刷会社を切り盛りする姉をお笑いコンビ、ニッチェの江上敬子、その妹を筧美和子と、実力派4人が顔を揃える。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

地方都市の印刷会社で働く真面目で堅実なイケメンの金山和成(窪田正孝)は、友人の連帯保証人になった父親が作った借金をコツコツ返済しながら、老後のため月々わずかな貯金をしていた。地味な日々を過ごす彼のアパートに、ある日、強盗の罪で捕まった兄・卓司(新井浩文)が出所し転がり込んでくる。和成とは対照的に金遣いが荒く凶暴で、娑婆に出て早々にキャバクラで暴れたり、和成の留守中にデリヘル嬢を呼んだりと、やりたい放題の卓司。気性の激しい兄に頭を抱え密かに天敵だと思っていても、和成は卓司に何も言えずにいた。そんな和成に幾野由利亜(江上敬子)はほのかに恋心をいだいていた。由利亜は小さな印刷所を営んでおり、和成はそこに頻繁に仕事を依頼していた。由利亜は寝たきりの父親の介護をしながら親から引き継いだ会社をテキパキと切り盛りする優れた女性だが、太っていて見た目がよくない。そんな彼女の妹・真子(筧美和子)は姉とは対照的に顔やスタイルがよく、チャラチャラしている。印刷所の手伝いをする傍ら、時々グラビア撮影やイメージビデオに出演するなど芸能活動もし、取引先の男性にも人気がある。由利亜は仕事もできないくせにチヤホヤされる妹を天敵のように見ており、真子もまた節制できずに太る姉のことを小馬鹿にしていた。そんな中、卓司が始めた胡散臭い輸入業の仕事が成功、和成の心に複雑な気持ちが芽生えはじめる。さらに由利亜の気持ちをよそに和成と真子が付き合い始め、嫉妬した由利亜はストーカー化。また、一向にエロまがいのグラビアから卒業できず焦って枕営業に走った真子はラブホテルで卓司と鉢合わせし、事態は急変する。

●キャスト●

金山和成 窪田正孝
金山卓司 新井浩文
幾野由利亜 江上敬子
幾野真子 筧美和子
健太郎
竹内愛紗

●スタッフ●

監督 吉田恵輔
製作 間宮登良松 、 村田嘉邦 、 太田和宏 、 入江清彦 、 平体雄二
プロデューサー 佐藤現 、 近藤あゆみ
脚本 吉田恵輔
脚本協力 仁志原了
撮影 志田貴之
音楽 めいなCo.
音楽プロデューサー 津島玄一
主題歌 ACIDMAN

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『犬猿』を観た人の感想、評価、口コミ

ヒルナンデスで宣伝観てソッコー観に行った。当たり。

血が繋がっているのに、容姿も性格もまったく正反対の兄弟姉妹の愛憎劇。兄弟だからこその比較や周りの目、期待、お互いへの嫉妬、、って、すごく気持ちよく分かる。
兄弟がいる人は一度は経験したことがあるんじゃないかなあと。

憎んでいたり妬んでいたり「死ねばいい」と発することがあってしまっても、結局は血の繋がりって切れないんだよなあ。

一件を機に、演出にしても気持ち悪いくらいに仲睦まじくなったと思いきや、しっかり最後はそうだよね、っていう終わり方に持って行ってくれたのが良かった。あれで美談で終わったらたまらない。

男性俳優陣がさすがなのは言うまでもないけど、ニッチェの江上さんがものすごく良い仕事してた。筧美和子も良い。そして可愛い。
小さい頃に遊んだシーン出されるのは反則。自分のことも色々考えちゃう映画だった。

 

さすがヒメアノ~ルの監督!
シリアスな部分とギャグが絶妙。
兄弟いる人は共感しやすいかも。
言い争いのシーンの4人のそれぞれの表情が良かった。

新井浩文×ACIDMAN は最高。

 

序盤から終盤までずっと窒息しそうな空気感。
でもちょくちょく笑わせてくる。
ヒメアノ〜ルの監督。

タイトル出るタイミングがまたもや強烈インパクト。
ヒメアノ〜ルよりエロもバイオレンスも抑えめなので、すっと観やすい。
観やすくてキツイ映画。
ただ屋上まで観ると最後のあれも可愛らしいと思えてしまう。

 

2時間が信じられないくらいあっという間だった。内容が現実的で身近に感じられたからこそ、共感する部分が沢山あったし、胸が苦しくなった。
新井さんの演技がすごい…クズ男なのに何故か憎めないような、あんなお兄ちゃんは嫌だけど、人間らしくていいなと思った。
自分が姉なのもあって、なんとなくずっと江上さんに感情移入してたな…悔しさが痛いほど伝わってきた。主観だけど、仕事が出来る出来ないとか家事が出来る出来ないとか、そういうことは努力でなんとかなるけど、容姿はどうすることもできないからすごく応援したくなった。

舞台挨拶は、ひたすらに窪田くんがカッコ良かった!

 

役者の持ち味出しつつの、要所でいろいろぶっ込んでくる大胆な演出は健在。
『ヒメアノ~ル』を期待してくる我々客をオープニングで一旦ハズして来るとこなんか最高です。
劇場でも結構笑いが起きてた。

近くて遠い他人。
兄弟姉妹あるあるじゃないけど、近さ故溜め込んだもんが爆発するとえげつないなぁ。この溜め込みが実に見事でほんとに少しずつ風船が膨らむようにみせる。
兄弟姉妹がいる人ならあのラストが解ると思う。吉田監督さすがや。

江上敬子さんは全く存じ上げなかったけどすごい存在感ですね。何だか藤山直美に似ててインパクト大。今後も映画出演続けたらいいのに。

 

いや毎回これは良い、、、!!!
って言ってしもてて、良い!の価値がどんどん薄れてる感があって、なんか悲しいのですが←

これは、、、、良いです!!!←
すごい良かったーーーー、、、、
なんやろう、、、勝手にふるえてろは今後何回も見たい好きやったけど、犬猿は一回で良くて、一回でドシン!ズシン!てくるタイプの好き
とても好き

まず、リアル
登場人物が愛おしい
人間くさい
人間くささがリアル
性格難ありやろ、、、でも根は悪い人じゃないんだよなぁ、、、て、、、その難あり具合がリアル、なんか絶妙にアウトとセーフのギリギリの間をいく難あり具合というか、、、そして若干のアウト寄り、、、笑

だいたいね、映画見てて、なんだかんだこっちが悪いやろとかこっち派やわとか考え方って偏るのが普通やと思うけど、ひたすらフラットで見てられるというか、あああどっちもどっちだよな、みたいなそれって兄弟だからこそだと思うんですよね

この映画はひとりっ子の人はだいぶわからへん感覚なんじゃないかなぁって思う
本当に本当に兄弟ならでわの気持ち
だと思う
私も弟の結婚という最近のビッグイベントがあったのでなんかタイムリーに突き刺さってだいぶ泣きました

 

行政書士として遺産相続の仕事してると、“きょうだい”なんて実はとても脆い間柄なんだって思うことが多いし、僕は兄貴が遺体になってからしか「お兄ちゃん」と呼べなかったから、いがみ合ってても仲の良いきょうだいはうらやましい。仲が良くて当たり前じゃないからこそ尚更。

スポンサーリンク

 

面白かった!
思わず吹き出してしまったり、笑いどころがたくさんあって最高に面白い!
と思っていたら、シリアスなシーンも。
新井浩文さんの、デリヘル界ではノーチェンジの卓司ってのは笑った…
江上さんの遊園地のシーンもすごく良かったです。
兄弟がいるとあの感じすごくわかるなあ。。
本当に憎くて、消えて欲しいって思うけど、血の繋がった兄弟だと思うと完全に見捨てることはできなくて。卓司の今まで迷惑をかけたから…っていう思いも凄く感じて。
いい作品でした。

 

たまたま「家族」で「兄弟・姉妹」であるという理由だけで繋がる存在。距離が近いがためにマイナスの感情が湧いた時の威力は計り知れないものが!でも、やっぱり憎みきれない情が…。元々ややこしい「兄弟・姉妹」をテーマに秀逸な作品を生み出した吉田恵輔監督がすごい!!キャストも素晴らしく、心に残る面白い作品でした!

 

新井浩文にクズっぷり演じさせたら間違いないよね
「デリヘル界では“ノーチェンジの卓司”」
パイセンが言うとリアルにしか聞こえねぇよ笑

 

兄の調子の乗り方が不快。弟の中途半端なプライドが不快。姉の融通利かないところが不快。妹のノリが不快。
でも不快なままでは終わらせない。爽快と涙の中間あたり。素晴らしいバランスやと思います。

映画の中で表現される『普通の人』って現実で置きかえると大概が『ただの良い人』になっちゃう印象があるんですけど、この映画の4人は正に『普通の人達』で自然に気持ちが入ってきて良かったです
ラストのシーンは個人的に吉田監督のある映画を連想させてジワジワきましたが、すこし印象は薄くなったと思います。

 

あまりにも愛おしい兄弟と姉妹をいつものテイストで表現する吉田恵輔監督の最高傑作!

 

自分の醜さをさらけ出した人間の美しさ、、、
ヒメアノ〜ルでも人間の奥深い部分を描こうとしていた吉田恵輔が、犬猿という題材でそれを描いたのが面白かった。
やっぱり吉田恵輔の説得力のあるリアルさ、ってのが好きだ。

 

情けない場面を情けなく撮ることに関しては吉田恵輔の右に出るものはいないなとは思うものの、妄執的なまでに繰り返される姉へのサディスティックな演出は作品全体のバランスを崩し、兄弟パートがややおざなりになっているような印象を受ける。また作品全体に漂う不穏で厭なムードをそのままに最後まで走りきることは難しかったのか、やや型にはめ込まれてしまった。ヒメアノールでは効果的に作用した郷愁的な映像も本作では陳腐なものに成り下がってしまったのも残念。

 

次第に展開は大きなり拗れてゆくが、結局のところ変わらない(変えられない)という不変を描く。安易なハッピーエンド、或いは単なる「良い話」に着地しない結末は、まさにタイトルである『犬猿』を示している。テーマを優先させる吉田恵輔の姿勢には、大変好感が持てた。

 

おもろいやんかいさー(笑)
身近だからこその薄い理性の中で、時に爆発する感情がリアルに描かれていて正にヒューマンドラマ!

 

素晴らしい邦画が連発した2016年の中でも突出した傑作で吉田監督の前作「ヒメアノ〜ル」ほど極端では無いけど、同様に映画の前半と後半で雰囲気が一変する。愛憎入り混じるコメディタッチの前半とむき出しの憎悪に支配される後半はまるで別の映画。ラストも油断させておいて…「ヒメアノ〜ル」同様に斬新なタイトルコールからラストに至るまでずっと観客の意表を突いてくる。

 

窪田正孝は若手イケメン俳優の中では佐藤健と同じくらい好きになった。彼同様イケメンだけどどこか空虚な表情や佇まいがいい。演技力も高い。
作品毎に全く別人になれる新井浩史は言わずもがなって感じで本作も素晴らしかった。
ニッチェ江上も達者では無いけど良かった。無言のぬか漬け作り、食器洗い、そして追い討ちをかける終盤の○○を○すシーンから伝わるものが辛い。

 

兄弟あるある過ぎてとてもよく分かる…兄弟居る人は多分兄弟姉妹の4人の内誰かの気持ちに共感出来る気がする。でも妹の私はニッチェ江上の姉の気持ちが凄くよく分かった。ニッチェ江上の演技凄い。
兄弟間の関係だけに限らないけど悪感情を知らない純粋な子供の頃は相手と仲良く出来る。でも嫉妬の感情や周りからの比較で段々歪んでいく。人間は変わらない、変われない。表面上拗れたものを戻そうとしても子供の頃には戻れない。

 

ハッピーエンドで終わるのかと、思ったらタイトルの通りだった。

 

文句言いながらも、他人に兄弟の悪口言われるとムカつくとか、わかる。弟の闇とかダークな感じが出てた。
姉と兄の行動がちょっとやり過ぎ感あったけど、共感できる点もありました。
ダンスシーンとか、子供の頃の回想が長い。

 

冒頭からびっくりしました。

キャスティングが見事にハマってました!
とてもよかったです!

窪田君と筧美和子ちゃんがご飯食べながら兄姉の悪口言うシーンが好き。
結局お互いの兄姉をかばい合う流れはほっこりした。

 

馬の合わない兄弟姉妹の図というコンセプトありきでそれだけとも言える潔さがいい。
設定上、展開の予想がついてしまったり繰り返しになりがちなところを手練手管を尽くして楽しませてくれる。
役者陣も素晴らしく、ちょっと兄・姉の行動が過剰にも思えたけどリアリティよりも犬猿度描写優先ということで。
記号的というよりも徹底的。終わりかたは予想外だったし。
ヒメアノ~ルの次、と考えると肩すかし感はあったもののオープニングのニセ映画宣伝CMとエンドロールの仁志原了さんのクレジットで0.2ポイントアップします。

 

兄弟姉妹って同じ環境で育つけど、性格も容姿も才能も違う。近いだけ余計に、妬み、嫉妬、愛憎も生まれるのかも。でも簡単には関係は切れない…。
兄弟姉妹のそんな感情の描写がズケズケくるので、胸が少し痛くなる感じ。
オチもキモい感じにならず良かった^ ^

窪田正孝ってどうだろうと思ってたけどこの役には合ってたと思う。キャリアが浅いと思われる筧美和子、江上敬子も違和感無し。
兄弟姉妹いる人はもちろん、居なくても十分楽しめる映画かと思いました。

 

乳首を弄られた中年キャバ嬢が腐った饅頭を投げつけられた地蔵みたいな顔をしていて本当に最高だった。

 

コメディだと思い込んで観に行ったら、シリアスなシーンも多くて良い意味で裏切られた。笑えるシーンも沢山あったけれども、心に残った多くはシリアスなパート。兄弟姉妹喧嘩が積み重なって最後の一連のシーンにまとまっていく演出はとても良かった。兄弟チームはもちろん、姉妹チームの演技も文句無し。筧美和子さん可愛かったなぁ。

 

目が取れるほど号泣し、見た直後は頭がポーっとしてしまい感想が上手く考えつかなかった。
誰にでもあるような汚い部分とかズルい部分を描かせたら吉田監督は天才なんじゃないか。汚くてズルくても相手を思いやる心であったり、善なる部分であったりを持ち合わせているのが人間で、その複雑さが人を人足らしめている。完璧な善人も完璧な悪人もいない。人は曖昧で弱いものなのだ。
兄弟だからといって仲が良いわけでもないし、お互い何でも分かりあってる訳ではない。違うからこそぶつかり合うし憎みあうこともある。だが、どこか胸の奥底には確かに愛と呼べるものが存在する…かもしれない。

 

兄弟がいる人は身につまされるものがあるのでは。真面目な姉とちゃらんぽらんの妹(あとその逆)だけではなく個々にちゃんとストーリーのある作品。肉親は絶対に裏切らないけれどそこにあぐらをかいてはいけないと言われた気持ちに。テンポの良い韻を踏んだ台詞回しと怒鳴り合いの感じが気持ちよかった。江上さんはこれからもどんどん映画に出てほしいな。

 

スピード感あって、あっという間。
窪田くんは最近ドラマがイマイチだったから、久しぶりに良かった。
江上さんもここまでできるとは予想外!
私にも妹がいて、何だか色々考えてしまった。

 

久しぶりに邦画で面白いと思ったかも。

きっと登場人物4人の誰かに自分が当てはまる。
人間の触れられたくない部分を生々しく突いてきてウッ…となり苦しかった。でも笑いもあったりでとにかく超絶なバランス。

4人で観に行って、観た後、誰に1番感情移入したか聞いてみたら
皆それぞれ違って、やっぱ価値観の違いは当たり前なんだと実感した。

ニッチェ江上さんの演技力の高さにもびっくり。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.