【口コミ感想】映画『悪と仮面のルール』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

クライムサスペンス

【口コミ感想】映画『悪と仮面のルール』の評価評判

投稿日:


映画『悪と仮面のルール』口コミ感想ネタバレ 映画『悪と仮面のルール』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「撮影賞と照明賞!」「境界線を越えた人間とそうでない人間の差!」「キャスト一人一人の魅力があってこそ成り立っている作品!」


上映中【2018年1月13日(土)公開】

 

愛する人を守るため、悪事を重ねる男の葛藤を描いた、芥川賞作家・中村文則による同名小説を映画化したクライム・サスペンス。顔を変え、まったくの別人になりすましてまでも愛する人のために自らを捧げる男を玉木宏がクールに演じる。ロックバンド、UVERworldの長編ドキュメンタリーやPV、CMなどを手がけてきた中村哲平が監督を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

自分はこの世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたことを父(村井國夫)から告げられた11歳の久喜文宏は、父が自分を完全な“邪”にするために初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知ると、父を殺して失踪する。十数年後、文宏(玉木宏)は顔を変え、“新谷弘一”という別人になっていた。文宏は探偵・榊原(光石研)に依頼して香織(新木裕子)に近づくと、香織を守るためなら手段を選ばない冷酷な殺人者として行動を始める。しかし、彼の過去を知る異母兄の幹彦(仲村達也)や日本転覆を企むテロ組織のメンバー・伊藤(吉澤亮)が香織を狙い始め、文宏は自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが……。

●キャスト●

久喜文宏 玉木宏
久喜香織 新木優子
伊藤亮祐 吉沢亮
久喜幹彦 中村達也
探偵・榊原 光石研
久喜捷三 村井國夫
刑事・会田 柄本明

●スタッフ●

監督 中村哲平
原作 中村文則
脚本 黒岩勉
撮影 鯵坂輝国
主題曲/主題歌 Uru

映画『悪と仮面のルール』を観た人の感想、評価、口コミ

なんでこんなにもったいぶった演技と物語の運びになってしまったのか。
玉木宏の無駄遣い

スポンサーリンク

 

この作品の原作を面白かったと思った人たちは
この映像作品は納得するものだったんだろうか…
私は…
やっぱりこの作品の中核となる「悪」の定義にシンパシーを感じることが出来ず、作品にのめり込めなかった…というのが正直な感想だった

 

中村文則氏の世界観が好きなヒトは
ちょっと物足りない映像作品となってしまっているかも知れない…

 

圧倒的な支配力で息子たちを操ろうとする父親と、その呪縛から逃れるために生まれ変わる息子の物語

んー
私としては、全てにおいて食い足りなかった

毒親の影響力も、サスペンス的要素も、忘れられない恋も、テロリストの恐ろしさも
どこからハイライトがやってきて、盛り上がるんだろう…
と思っている間に終了していた…
それにしても、最近は毒親ものが流行りだなぁ

 

原作を読んでいない人が見ても
十分楽しめる映像作品にはなっており
主人公の文宏と彼の生涯の想い人カオリの純粋な部分をクローズUPし
上手く構成されていたため
原作とはまた雰囲気の違う、判り易い内容に仕上がっている
二人の「純愛」が際立つ映像作品となっているから
ラストシーンにグッとくる人も多いかと思う

 

正直、内容がわからない映画だった。理解不能。
最初、江戸川乱歩か横溝正史の世界観の内容かと思って観てあたがエロいシーンもカットされたのか鍛えた体をサービスして欲しかった。ただ、ただ玉木宏がタバコ吸ってるシーンばかりでみているほうがイライラしてしまう。
子役の女の子の大人になった顔が違いすぎてこっちが整形した?とツッコミたくなりました。

 

ミステリーっぽい世界観だが、なんてことはなく、主人公が金を使って初恋の相手との再会を目指すという話。
整形したのに序盤でバレてたり、ミステリーの核となる筋がボケてたり、主人公が偶然に助けられてたりで、意味不明な映画でした。
そも、「邪として育てられる」とはなんぞや?

 

全国の香織さんにぜひオススメします。
原作未読なのでストーリーについては特に何も言えないけど(読んでなくても理解はできる)
撮影賞と照明賞!

 

ぼくにもあなたにも確かに宿る悪
守るための殺人は正義か悪か
境界線を越えた人間とそうでない人間の差
直視するのも嫌になる現実を、この世界の真実を突き付けて欲しかった
その上で、あのラストを 希望を感じさせて欲しかった
今作の描き方だけではどこにも辿り着けやしない
もっともっともっと堕ちていく様を、ドン底の泥沼から這い上がろうとする葛藤を見せつけて欲しかった。

玉木宏さんをはじめ、キャスト一人一人の魅力があってこそ成り立っている作品でした。

 

青春★★
恋 ★★
エロ★
サスペンス★★
ファンタジー★★
総合評価:C

 

主人公が仮面の下に隠している心情が、ストーリーの展開につれて観る側に伝わってくる。
外国映画のような色調が美しい。ラストの2人が魂で会話する様子に泣かされました。

 

原作はすごく良かったので、脚色の難しさを強く感じた。
いかにも脚本が杜撰。せっかくの原作を全く生かせていない。
冒頭はなかなかいい感じだっただけに残念。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-クライムサスペンス
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.