【口コミ感想】映画『孤狼の血』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

バイオレンスドラマ

【口コミ感想】映画『孤狼の血』の評価評判

投稿日:


映画『孤狼の血』口コミ感想ネタバレ 映画『孤狼の血』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「役者全員の演技力はんぱないんじゃけぇ!」「漢たちの血生臭く泥臭い攻防劇!」「日本独特の味わいを持ったバイオレンス・ムービー!」


上映中【2018年5月12日(土)公開】

 

第69回日本推理作家協会賞に輝いた柚月裕子の警察小説を映画化したバイオレンス作。暴力団対策法成立直前の昭和63年の広島のとある街を舞台に、刑事とやくざたちの熱い生きざまが描かれる。手段を選ばない捜査方法でやくざとの癒着が噂されるベテラン刑事を役所広司、その部下となる新人刑事を松坂桃李が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原。いまだに暴力団が割拠するこの土地では、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の暴力団・尾谷組との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、加古村組関連企業の金融会社社員が失踪。これを殺人事件と睨んだマル暴のベテラン刑事・大上(役所広司)と新人刑事・日岡(松坂桃李)は、事件解決に奔走する。だが、ヤクザ同士の抗争が、正義も愛も金も、全てを呑みこんでゆく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望を剥き出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が幕を開けようとしていた……。

●キャスト●

大上章吾 役所広司
日岡秀一 松坂桃李
高木里佳子 真木よう子
嵯峨大輔 滝藤賢一
吉田滋 音尾琢真
上早稲二郎 駿河太郎
永川恭二 中村倫也
高坂隆文 中村獅童
友竹啓二 矢島健一
土井秀雄 田口トモロヲ
瀧井銀次 ピエール瀧
五十子正平 石橋蓮司
一之瀬守孝 江口洋介
野崎康介 竹野内豊
岡田桃子 阿部純子
加古村猛 嶋田久作
尾谷憲次 伊吹吾郎
吉原圭輔 中山峻
善田新輔 九十九一
善田大輝 岩永ジョーイ
上早稲潤子 MEGUMI
岩本恒夫 井上肇
毛利克志 滝川英次
菊地 さいねい龍二
有原 沖原一生
瀧井洋子 町田マリー
苗代広行 勝矢

●スタッフ●

監督 白石和彌
プロデューサー 天野和人
原作 柚月裕子
脚本 池上純哉

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『孤狼の血』を観た人の感想、評価、口コミ

◉この手の映画は初めてでしたがリアルさと役者陣の豪華さとその熱量に観ている側まで息が上がってしまうような物凄い126分。
この死に方ってこうなるのか…と色々衝撃を受けた。
何かを守るために闘う人は本当にかっこいいなと。
中村倫也の芝居が印象的。目がすごい。
松坂桃李はやはり血が似合いますね…。

 

◉生々しい!!下品!!
エグい!!けど、それが癖になる。

いちいちちゃんと見せてくれます。
そしていちいちどアップ。

アウトレイジよりもアウトレイジしてました。
血を求めてる人は、是非!!
間違ってもポップコーンなんか食べながら観たらダメですよ!

 

◉広島の架空の都市・呉原を舞台に、暴力、血飛沫、怒号が飛び交う。血を血で洗う暴力団の抗争の果てに、何が待っているのか。無事に最後まで見届けることができるか、とても興奮した。
役所広司演じる大上は丸暴のエース。大上の解決のためなら手段を選ばない。常軌を逸した捜査手法に本署から新しく配属されてきたキャリアの日岡は、戸惑い疑問を持つ。この人物設定で思い出す映画は「トレーニング デイ」。「狼を倒せるのは狼だけ」という象徴的な言葉が頭をよぎる。
呉原には過去に二つの暴力団の抗争があり、その関係を頭に入れないと話の構図が見えてこないのだが、前半でまとめられているので居眠り厳禁だ。

 

◉普段はこんなアウトロー的なジャンルは得意じゃないんだけど、主人公がヒロダイと呼ばれてるから観てきました。
結果、みてよかった!!!!
おもしろい!!!
でも、グロい!!!

 

◉東映の本気を見た。
王道エンタメヒット作を量産できる東宝に一矢報いた東映の戦い方。
コンプライアンスや規制なんて構わず映画としての表現を追求した今作。
老若男女には受け入れられないけど、興味のある人にはしっかりと刺さって、心鷲掴みにされる満足度の高い作品であると思います。

血湧き肉躍るといったのがこれのことかと。役所広司さんは陸王で心優しい社長のイメージだったけど、ガラッと変わった振り幅に驚きました。日本の俳優で初めて「かっこよさ」に涙が頬を伝いました

そして今作は松坂桃李くんが相棒としてどう活躍し、成長していくのかも見どころです。松坂桃李ファンは欠かさずに見てください。その顔つきの変化に役者としての力強さも感じました。
この手に汗握る熱量を是非劇場で体感してください!

 

◉お仕事で見たのですが、
結構初めてこういう映画見たので色々衝撃
わりとエグいシーン一部あるけど、そこ乗り越えたらみんな楽しめると思う笑

 

◉ヤクザ系の映画でここまで響いたの初めてです。
ネタバレになるからあまり言えないけど、グロとエロだけじゃない、男臭さと人情。
予想できない展開に魂抜かれそうになりました。
こういう映画は男向けかと思うけど、女性の心情もおさえてるから、ぜひ女の人にも観てほしい。
役者全員の演技力はんぱないんじゃけぇ!

 

◉近年稀に見る最高の日本映画!!!!
白石監督の次回作に期待大。

 

◉漢たちの血生臭く泥臭い攻防劇。描写に容赦がないので苦手な人は注意。松坂桃李最高。

 

◉凶悪よりもエンターテイメント寄りに。江口洋介の役得感がエゲツない。
白石監督は毎回話にしっかりオチをつけてくれるから好き。

 

◉日本のヤクザ映画は初見だったし、あまり身近でない広島弁も相まって、本当に異次元に迷い込んでしまった気持ちになった。フィルムっぽい映像も昭和感が出ていたなと思う。

最初の数分は強烈すぎておもわず目を瞑ってしまった…。暴力シーンは泣いてしまうほど恐ろしかった。けど、だんだん、ほんの少しだけ(ほんの少しだけ!)慣れていく自分がいて、そんな自分がすごく怖かった。

スポンサーリンク

観終わってからも正義とは何か考えさせられる。法的に正しい事が「善」でない場合もあるし、法的に誤っている事が「悪」とも限らないし。むずかしいなあ。。

映画の後のトークイベントでプロデューサーが、ヤクザ達は生きるか死ぬかの瀬戸際で命を懸けて戦っているから生命力がある、とおっしゃっていて、本当にそうだと思った。ギリギリのところで命を燃やす彼らの生き様はどこか切実だった。
プロデューサーのお話を聞いて、映画を作る人達って映画の中のヤクザ達と同じくらいアツくてかっこいいな、と思った…!

 

◉ヤクザ映画のことは本当に分からないので点数がつけにくいね😅
大人が全力で遊んだ映画🎬

 

◉素晴らしい。本当に本当に素晴らしい。
血が湧く。血がたぎる。血を繋ぐ。

 

◉これが昭和の男か。カッケー。
ヤクザの組の構造が難しく、登場人物が多い映画に耐性がないということもありあと個人的な理解力がついていけずわりと置いてけぼりになってしまった。から見終わったあとの評価は3.5
でもその後一緒に観た友人にこと細かく説明してもらってようやく理解できて4.0

とにかく広島弁と錚々たるキャスト陣の演技バトル、彩度の高いかっこいいカラーグレーディング、なにより脇汗のしみたワイシャツがとてもよかった。
カッケーです。

 

◉「孤狼の血」の試写会に行かせてもらいました!

ヤクザと警察。仁義と正義。
どっちがいいとか悪いとかでもなく、ひとりの人間としてどう生きるか、どう地に足つけるか、考えさせられます。

僕の場合は、昔警察官に憧れていたぼくの中のデカ魂が震えました。
竹野内豊の汗でベタつく肌、松坂桃李の振り返った時の目、役所広司のシバいたブタの尻。印象に残るシーンもたくさんありました。
観た後、ぼくはタバコ吸いたくなってしまいました。
松坂桃李が外見も中身も美しいので、女性の方もぜひ観に行ってほしい。

 

◉おもしろかった!今年イチかもしれないほど好きでした。女の人だって共感する、人として、という生き様の話。白石監督がやさしい視点で描くことで、暴力だけ男くささだけじゃない、愛のつまった物語だと思いました。女の人にもみてほしいです。

 

◉これが東映さんの本気…と圧倒された。面白すぎる、恍惚としてしまった。血で血を洗う世界で通す正義とはどのようなものか。生き残りをかけた男たちの苛烈な争いに躰が熱くなる。私達は日々無意識にも感情を抑えていないだろうか?この暴力的で血なまぐさい作品によって自分の中の何かを発散出来るのではないだろうか。2018年にこんな良質なVシネが観れるなんて思ってもなかった。男女問わず、気負わずに観に行って欲しい

 

◉ヤクザの話は権力図が理解し難くて内容がよくわからないものも多いけど、警察側から描かれてるからか分かり易かった
役者さんがみんなほんとにいい
街並みとか署内の昭和感もよかった

 

◉真木よう子がありえんべっぴんさんだった
めちゃめちゃ綺麗

 

◉はぁ〜〜!これは傑作!!!牙生えまくり!平成の男たちよ、見ろ!!!これが正義じゃボケェ〜〜!!

極道に恐れられる敏腕刑事ガミさん(役所広司)と真面目な若手刑事の日岡(松坂桃李)の対比が心地いい。恐ろしいヤクザ社会に二人が立ち向かっていく姿は、もう、にやけちゃう程カッコ良かった!!日岡のありふれた正義が、だんだん形を変えて強いものになっていくのもみて取れて、とても頼もしかったです。

ヤクザ映画と言えば、アウトレイジ。こちらの場合、カッコイイところはカッコイイ音楽をかけて、観客のテンションを更に上げてくれるけど、
この映画は、ここはカッコイイですよ〜〜ってやってないのにカッコイイ。広島弁がやべえ。ヤクザのネイティブって感じ。

もともと役所広司の狂った演技ってのは、「渇き」でも見ていたけど、今回のガミさん演じる役所広司は、過去最強にカッコ良かったと思います。タバコの吸い方、女の守り方、極道に物申す姿。

松坂桃李も、凄くハマってた。桃李さん演じる真面目な若い刑事の姿は皆さん想像できると思いますが、
強い松坂桃李もすげえカッコイイんです。ファンになりそうじゃボケェ〜。
皆さんみてください。傑作です。

 

◉どっと疲れた。
まず観終わって、その一言。
それだけ見応えのある作品。

とはいえ、そもそも暴力描写が苦手なせいもありますが(笑)
冒頭から結構バイオレンスで目を背け、その後も薄目で観たり、片耳塞いでみたり悪あがきしつつも、最後まで観て良かったと思いました。

緊張感のある暴力団パートと、徐々に物語の全容が明らかになる捜査パートからの交互構成なので震え上がりながらも続きが気になって観てしまう。

主演の役所広司さん、「渇き」の役のイメージからちょっと苦手だったんですが、同じダーティなおじさまでも今回はシブイ!と思っちゃいました。
役所広司さんはじめ皆さん広島弁使いこなしまくっててびっくり。
方言圏外の方にはちょっと聞き取りにくいほどのようですね、すごい!

そしてこちらもダーティな役が続いている松坂桃李くん、流石でした。
ラストの一言がまた逆に少年の様で、ぐっときました。

他にも阿部純子さんとか中村倫也さん、江口洋介さんとかめっちゃ語りたいけど、
とりあえずピエール瀧さんのポジションズルくないですか?シブ可愛いかよ!

 

◉開幕から引きずり込まれる怒涛の展開。
役者もノリノリで演技できてて、良いもの作ろうって気迫が伝わってきた。
役所最高。桃李最高。中村倫也最高。

 

◉凄かった…
バイオレンス的な意味で言うと凄まじい笑
開始早々目を覆いたくなるようなシーンで、これ2時間耐えられるのか?と不安になった。グロ耐性ないと見れません。

何度もうわぁぁってなったのは置いておいて、とにかく世界観とストーリー、役者さんたちの演技にやられました。
広島弁がうつるんじゃないかと思うくらい役者さん演じる広島弁が自然で(広島弁に馴染みないけど笑)、かつ全力の演技に感動。
なんといっても、ガミさん(役所広司)と日岡(松坂桃李)の関係と日岡の葛藤・変化が素晴らしかった。時代劇みたいなOPとEDもかっこよかった。

白石監督作品は、同じく裏社会を描いてた「日本で一番悪い奴ら」も見ていたけど、後味が全く違くてびっくり。
孤狼の血は終盤での日岡の巻き返しが気持ち良かった。
キャストがとても豪華!江口洋介扮する一之瀬が冷静で貫禄があってかっこよかった。

 

◉首ちょんぎれても、感動して泣きました。桃李さんは身を削る演技が多すぎでは。グロムリな人おすすめしません

 

◉「日本映画史を塗り変える」なんていうから、予告を去年から見てきてずっと楽しみにしていた一本。関係者の試写会で観せていただきました。
が、うーん。いい意味でも悪い意味でも普通だった。多分、トレイラーのせい。期待値を最大限上げられていたからこそ、それを飛び越える「何か」がなかった。
ヤクザ映画のリテラシーがないので、数々のオマージュ等、自分が理解できてないだけかもですが、
バイオレンス描写も物語も、驚くものはなかったかな〜。だけど、江口洋介。彼は間違いなく最高。

こないだまでいたうちの大学の名前がこれでもかというくらい出てきます。北條すずさんの住んでいた呉には戦後、こういう世界も広がっていたんですね。

 

◉なんだかすごいものを見てしまった。
これでR指定ないの?おかしいよ。

最初の1分間はずっと俯いてた。見られないよあんなエグいの。他も何度も俯いた。
家に帰ってからも、ずーっとぼーっと余韻が残っている。

というのも。
とても魅入ってしまった。暴力団と警察。時々マスコミ。まさに血を血で洗う世界の中、綱を渡りながら生きる人たち。そしてその連鎖。

これは過激なフィクションか。きっと、この世界の現実なんだろうな。
はーー、明日も世界が平和でありますように!!!

追)R15でした。少し安心しました…。

 

◉まさに東映ヤクザって感じのバイオレンスムービー。行き過ぎた感ある激しい描写あるも、警察とヤクザの善悪がむちゃくちゃになってて楽しめた。
役どころでは、役所広司の執念深く鬼気迫る演技が凄かった。あと竹野内豊の役柄が、仁義なき戦いの広島死闘編の大友勝利のパクリにしか見えない。
キャスティングがいい男揃いすぎな感じかな。

 

◉白石監督の作品はほとんど鑑賞しているが今回の作品も白石監督らしい映画だった。ヤクザや警察の黒い部分を描かせたら白石監督の右に出るものはいないのではないだろうか?今回も組織の黒い部分とまた男達の血生臭いシーン満載の映画だった。
ここまで暴力的、エロス満載な映画はやはり地上波では流せない。今回どちらかというと暴力的なシーンが多かったが名だたる俳優陣が出演していて見逃せないシーンばかりだった。

 

◉「娼年」と本作が同年に公開されるなんて、松坂桃李はなんと祝福された役者だろう。エログロ&ハードボイルド的作品世界でも見入ってしまうのは役所広司の成せる業。昭和の終わりの曇った気配が記憶にある人はどこかしらカタルシスを感じるのでは。初めて「ロケ地巡り」なぞしてみたくなった。
ザッツ東映!

(音尾さんがドラマ「陸王」に続き役所さんとの芝居で登場していたのも驚き&胸熱。究極的ゲスい役だけどすごくいいところ配役されていらしたーー)

 

◉対立する暴力団に深くかかわっていく役所広司演じる刑事の気迫がすごく、俳優陣・脚本・演出・・と見事だと思いました。

何度も「昭和」を感じました。「仁義」「使命」も。
どの国にも作れない日本独特の味わいを持ったバイオレンス・ムービーだと思います。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-バイオレンスドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.