【口コミ感想】映画『娼年』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ラブストーリー

【口コミ感想】映画『娼年』の評価評判

投稿日:


映画『娼年』口コミ感想ネタバレ 映画『娼年』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「全て細やかな演技で表現してた松坂桃李、凄いです!」「R18、性描写は妥協なし!」「濡れ場そして音が生々しい!」


上映中【2018年4月6日(金)公開】

 

直木賞候補になった石田衣良の恋愛小説を、2016年8月の舞台化に引き続き、主演・松坂桃李、監督・三浦大輔のコンビで映画化したセンセーショナルなラブストーリー。会員制ボーイズクラブの娼夫となった20歳の大学生と、彼が出会う女性たちとの物語がつづられる。主人公を誘うボーイズクラブのオーナーを元宝塚歌劇団の真飛聖が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

大学生のリョウは、大学生活に飽きバーでのバイトに明け暮れ、無気力な生活を送っていた。ある日、ホストクラブで働いている中学校の同級生・田島進也が、客の御堂静香を連れ立ちリョウの勤めるバーにやってくる。女や恋愛に興味がないと言い放つリョウ。そんな彼に、静香はオーナーをしている秘密の会員制ボーイズクラブ『パッション』に入るための試験を受けさせる。戸惑いつつも娼夫として仕事をするうちに、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、やりがいを見出すように。そして彼を買った女性たちは、どんな女性の欲望も引き出す彼と時間を過ごすことにより、自分を解放していく。やがて静香に対しても思いを寄せるようになるが……。

●キャスト●

森中領 松坂桃李
御堂静香 真飛聖
咲良 冨手麻妙
平戸東 猪塚健太
桜井ユキ
田島進也 小柳友
馬渕英里何
荻野友里
佐々木心音
大谷麻衣
階戸瑠李
泉川 西岡徳馬
老女 江波杏子

●スタッフ●

監督 三浦大輔
製作 小西啓介 、 松井智 、 堀義貴 、 木下暢起
プロデューサー 永田芳弘 、 山野邊雅祥 、 藤原努 、 石田麻衣
原作 石田衣良
脚本 三浦大輔

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『娼年』を観た人の感想、評価、口コミ

な、なんだかすごいものを見せられた気がする…
と思ったのは桃李くんの情事を覗き見したような感覚になったからか!

エグいわけでも美しいわけでもなく、ただただ生々しい。生々しい。生々しい…(大事なことなので3回いいました)
開始30秒で、これ映画館で見ていいやつ!?どうしよう!わー!と焦りますが、3人目くらいで喘ぎ声にも全裸にも慣れます。
大丈夫です。映画館で見てください。

なんかもう、撮影で実際まぐわってました!と言われてもまったく驚かないしむしろそうであってほしいとすら思う。
まさかのクスッとできるシーンもあります。人の性癖って時に滑稽。
真飛さんの妖艶さも見逃せません。
とりあえず至急クラブパッションの連絡先を教えてください。

 

「ユリゴコロ」、「彼女がその名を知らない鳥たち」、「不能犯」など最近観る映画で結構いい役をやっているなぁという印象の松坂桃李が主演で「何者」の三浦大輔監督だったのもあったのでレイトショーで観てきました。

やっぱり18歳以上というのもあって、エロく普段は隠している欲望があらわになる濡れ場シーンの多さで観る価値はあるのでは…
単純に巨大スクリーンでの濡れ場のシーンの迫力が凄い。
アダルトビデオは巨大なスクリーンで観ることはまずないのでその体験だけで…まぁ何とも言えない感じになる。

そして主人公の領が仕事をしていく中でこんな人には、こんな欲望があるのか…まさに世界が変わっていく感じがありましたよ。
西岡徳馬のストーリーの箇所は笑えましたね。
あと、東京の街のオシャレさとムーディーなBGMも印象的でした。

 

何故だろう。あれ程沢山の性描写を見ても上映後スッキリとした気分になるのは、女性一人一人との絡みが終わる度にリセットされる感、演出も良いのだろうけど、役者、松坂桃李の力が大きいと思う。
確かにR18、性描写は妥協なし、 R15に比べると丁寧に描いてらっしゃってって感じで特にどうも思わなかった。桃李くん大変そうぐらい。
色々な女性の欲求(身体と心)対応する娼夫。性が閉鎖的になってる今、娼夫と言う職業が成り立つてもおかしくないと思えた。劇場で泣いてる女性がいました。娼夫領の優しさ、暖かさ、大きさ、誠実さ、真面目さ、繊細さ、愛情、全て細やかな演技で表現してた松坂桃李、凄いです。
身体を使ったコミニュケーション(会話)まさしくです。女性もとてもキュートに見えました。男女問わず見に行って欲しい作品です。

 

最初から最後まで濡れ場ばかりで最初は驚いたけど、見終わったときには、逃げないで描写したんだなあ、と思った。
性行為は欲望を満たすだけの即物的なものじゃなくて、人と人とが心を開いて分かりあうものだと伝えてる気がした。
松坂桃李君は、なんというか、うす汚れたりすさんだりしないような透明感があって、この役に合っていると思った。
古い時代からずっと、女性が欲望をもつことは卑しいと扱われてきた。好色だったり浮気したりが、男性の場合は甲斐性とか肯定的に言われるのに、女性の場合は、アバズレとか否定的にぼろくそに言われる。
だけど、男性にもあるように、女性にも欲望はあって、それを誰にも赦されず抱えている人は沢山いるのかもしれない。
この映画は、そんな抑圧された女性達に、どんな欲望を抱いていてもいいんだよ、それを恥じることなんかないよ、と言っているように感じた。
女性にも支持されたというのは、そういうところなのかもしれない。
女優さんたちもすごいと思った。江波杏子さんの存在感と説得力がすごい。

 

ありのままを受け入れて受容してくれる人
誰だって自分の事を肯定されて救済されたいんだな。その点において優しい物語だと思った。

全編通して性描写が多いけどあくまでフィクションだなあという感想。
ここまで演じた松坂桃李凄い。

 

原作は、読んでいませんが、以前舞台版を観劇し、松坂桃李さんの新たな挑戦に衝撃を受けました。今回の劇場版は、R18指定でも、女性が、鑑賞しやすい作品になっていると感じました。カップルや夫婦鑑賞デートには、オススメしないですが、お一人様鑑賞をオススメします。
老婆のお婆さんのシーンは、いらないのでは、と個人的には、思いました。

 

この作品、舞台で話題になりましたよね。
映画になると知り、話のネタにみてみたい!
と思っていましたが観て後悔(..)

桃李くんをはじめ、女性陣も身体を張ってのお芝居だという事は分かりますが...........これってAV?
濡れ場そして音が生々しい。

役者としては大きな飛躍なのかも知れないですが、桃李くんの濡れ場シーンを見たくはなかったな~。
あくまでも自分の感想です。

今までオブラートに包まれていた部分が、普通に映画館で女性でも鑑賞出来る!
ずいぶんと時代は進化したな~と思わされた作品でした。

 

松坂さんよくこの仕事受けたなって思った…。これで舞台だったってすこし考えられないけど、舞台見て映画見たかったなー、というかその前に小説読みたかったなーと後悔。映画は女性のわたしにはきつい性描写が多くてAVだよね〜〜(笑)って同伴の友達と笑っちゃいました。ストーリーより性描写が濃くてそっちにインパクトが。正直エロ路線のB級映画に松坂桃李とすこしテレビで出てる俳優さんを出したらなんとかなるだろ感がちょっとあった気がして…ううん。でも過去回想と結びつくのはシナリオ的に面白かったなあと思いました。松坂桃李に頑張ったでしょうをあげたいです。

スポンサーリンク

 

内容が薄く全然入ってこない。
印象に残ってるのはただただ過激で乱暴な性描写に桃李くんの綺麗なお尻。

終始男性目線で女性が好きな性描写じゃないと思う。
桃李くんは本当頑張ったと思うんだけど
見てるのもすごく疲れた。

 

大学生にしてすでに無の境地に至ってしまったリョウくんがコールボーイ業を通してさっぱりしていく物語。お客さまもそれぞれ色んな人がいる…と感じ入るし、世界にはこれだけの、無限の体位が…おお…みたいな謎の感動 セックスって言葉が乱発されすぎて終わる頃には頭爆発しそうになってた。

リョウくん、初めてのお客さまのときはまだ全然、ちょっと服に気を使い始めた大学生感丸出しだったのに場数をこなすたびにお洋服がランクアップしてシュッとしていくのよかった。顔も明るくなっていくし。ていうかあんなにちゃんとまじめに話聞いてくれる男の子とかおるかいな!わたしもデートしたい!

 

正直あの手この手で繰り出される濡れ場は心にあまり響かんかったけど、松坂桃李くんのあのボロボロボロ〜〜ッ!て泣き方すばらしかった 泣くのが上手!あの涙はこっちの涙に来る…あれを観れただけでよかった…桃李の涙はうつくしい…病んでる桃李くんは宝…

なんというか合掌しました(-人-)拝んできました うつくしいお身体の披露ありがとうございます…
あと喘ぎが良かった桃李くん ウフフ…いいものを見ました…

 

久々引き込まれちゃった。
三浦大輔による愛の渦を超えたセンセーショナルな大人のドラマ。
基は戯曲なので舞台演出感がすごかったけどそれもまた味が出てて良い。
女って欲望だらけ。多分男なんかよりよっぽど性欲高いしすぐ欲求不満になるし解消の仕方だって男が引くほどぶっ飛んでるものだろう。今作で次々に現れる女も一人一人がそれぞれ悩みと欲をたくさん抱えてる。それを解消してくれるのが松坂桃李くん演じる娼夫のリョウくん。彼の体当たりのセックスシーンは本当に鳥肌たったし見入ってしまった。自分はさくらちゃんとのシーンが1番好き。
大きなスクリーンでこのような作品を観れる機会はそうそうないし撮る人だって今じゃ少なくなっている。個人的に今作は今まで出会ってきた官能系映画で1番。
女という生き物、娼夫(婦)となること、欲の満たし、様々な事柄を感じ考えさせられる濃密な120分。素晴らしかった。何回でも見返したくなる。

 

冒頭から驚きました。想像以上に性描写が多いです。
内容よりも映画全体の雰囲気が好きです。
夜の街が良いです。
原作は読んでいませんが、皆さんの口コミをみて読んでみようと思います。

 

『娼年』
女性の性欲、狂爆。松坂桃李、濡れ場マスター池松壮亮を超えた!性描写はほぼA◯。安い◯Vの様な台詞にニヤけ続け、熱海のシーンで耐えきれず遂に吹き出す!エロいというより笑える。パワプロもお手上げの売春夫“サクセス”ストーリー。終わってくれ!と祈る絶妙なタイミングで終わるのは◎笑

 

想像以上の濡場だった。生々しい。今まで見た映画の中で一番AV。松坂桃李そこまでやるんかって。最初はちょっと見たこと後悔したけど、段々と娼夫になり顔が変わっていくのが楽しくて、結局面白かった。
でも演出ちょくちょく笑っちゃう。最後の方の光使ったベッドシーンとかおいおいってなった(笑)あと音楽がなんか、いまいち。

 

凄いものを見た!笑
全編濡場だらけってのは聞いてたけどここまでとは笑

1番近いのはピンク映画っていうよりはザ・レイドとか死亡遊戯みたいなマーシャルアーツ主体のアクション映画な気がする。
毎回様々なこと相手と対戦して、それぞれに違う見せ場や舞台設定があるし、しかも終盤に2段階のラスボス戦まで繰り広げるし笑。

そういう作りを男娼をテーマにやってしまうとは恐れ入る。
濡場の最中も話が進行して主人公が成長して、周りも満足を得てるあたりは優秀なアクション映画と言えるだろう笑

 

とにかく松坂桃李は本当に素晴らしい。ただ影がある若者に収まらず、
いざことが始まるとスイッチが入るところや、奥に激情を隠してるキャラクターの表現がすごい。
対する周りの役者さんの体当たりっぷりも凄い。あゝ荒野やリバーズエッジといい、邦画の濡場界隈が活気付いてるな。

ていうか西岡徳馬さん何してんすか笑。徳馬さんのシーンは特に笑いを誘発するように撮られてて白眉だった。
濡場表現のリアルさも凄い。

もし単に実際にやっているのでないとしたら、これこそ映像革命。
本当に挿入してるようにしか見えないし、放尿、ぶっかけ、潮吹きとかまでしっかり描写してて本当にどうやってんだろ。
濡場の長さも冗長にならないどころか、前戯からフィニッシュまで全部がっつり描くからとにかく驚きっぱなしだった。

赤い影やラストコーションの濡場を超えるリアルさ。
ちゃんとプレイに一人一人のバックボーンが感じられて、体だけじゃなく内に秘めた欲望まで丸裸にして本気でぶつかってる。すごい話だ。そりゃ成長するわ笑

 

スゴイの一言。
こういうのって旬な俳優使わないイメージだけど、これを桃李がやるからすごい。
結構な濡れ場で始まるから最初はびっくりしたけど、徐々に慣れた。
色んな性癖を持った人との関わりで桃李の考えが変わる映画なのかな?
音の表現がリアルだったからちょっとAVよりにとらえられちゃうのかも。
でも濡れ場が多くてくどいとも思った。
ま、そういう映画なんだけど(笑)

 

本読んで想像したものには勝てなかった。って感じ。
映画やし、セックスシーンがダイジェストっぽくなるのは仕方ないんやけど、それでもなぁ。
「もっと優しくして?」って思った。笑
でも、ナイス桃李はナイス桃李でした。

 

原作未読
女性客多めでアウェイ感を味わいながらの観賞
松坂桃李ファンが多いんだろうな…
そういった場面のみを切り出せばほとんどAVだから、何人か出ていったきり帰ってこない人がいたのも納得

松坂桃李の左手の動きとあえぎ声に終始魅了?されたが、
一番印象に残ったのは熱海の旅館における西岡徳馬との対決とその結末
江波杏子との絡みも一見の価値あり
今晩はうなされそうです

 

演出のせいで笑っちゃうところも。松坂桃李を楽しむ映画。
もう少し各登場人物の心情描写が欲しかった。

 

なにやってんだこいつら状態。
でもセックスはそういうもんですよね笑

各々が絶頂に達するシーンがとても笑える。
最後の3人はまじで最高のカオス。
途中からおっぱいには慣れますので安心して下さい。

 

下手なアダルトビデオよりエロくて、そわそわしました。結構な大物俳優女優も出てきて、その、いいの!?みたいな。女性客達が皆それぞれに懸命で可愛らしくて、主人公と一緒に、複雑な一時的な愛を感じました。
めぐみや、友人のホストの気持ちや言葉もわかるけど、それを受けて、少し申し訳ない気持ちと共に仕事を続ける決意を固めているのが、印象的でした。

 

キャスト達の渾身の演技がもうすごかった。予告で濡れ場ばかりなのは知ってたけど、松坂桃李のガチで演技に挑みに行ってる感がもうすごい。(あとやっぱそういう場面ばかりで劇場から退室する方もいた)
これはおひとりさまでぜひ見てほしい!
3.5にしたのは、んー、たぶんBGMが、ん?ってとこが個人的に多かったのと、途中の演出が突然感でむむ?ってなったので。。。
でもストーリーは面白かったので、原作読んでみようかな。

 

松坂桃李、頑張った。馬渕英俚可 江波杏子 西岡徳馬にもびっくりさせられた。
女性のためのセックス映画かなぁ?骨を折るシーン以外は、これだけポルノが氾濫している現代では刺激的でなかった。

 

ところどころ、笑っていいのか(多分いいんだと思う)わからないシーンが連発して、
爆笑したいけど、爆笑できない変な感じだった。
松坂桃李そんなに体が綺麗じゃないね。
それもリアルでいいね笑

 

劇中、ベット(ベットだけじゃないところもあるけど)という2人ないし3人の空間の中で、ほぼその人物たちのアップが占める。
周りのものは極力映さない。
その中で2人きりという少し窮屈だけど親密ないい息苦しさを
劇作家三浦大輔だからこそ撮れる空間演出が見事…。
セックスシーンもエロいというより、
サスペンスアクションを見ている様なスリルがそこから味わえるから、
それもすごい。

 

松坂桃李ファンとして満を持して見てきたけどこれは覚悟して見ないといけない作品でした
R18どころかR25くらいで良かったんじゃないかと思っちゃう
そのくらい性癖の描写などオブラートに一切包まれてないストレートな表現で目を背けたくなる場面もありました。
娼婦として性を扱うお仕事をしているけど、教養深くて清潔感の感じられるリョウくんに桃李くんはぴったりの配役だと思いました、少し根暗な感じも含めてぴったり!
濡れ場がメインといっても過言でない映画だったけどそれ以外の細かい描写も良かったです、情事後と前での2人の距離感の違いとかね

この世の中当たり前のように過ごしてる日常の中でみんながそれぞれ何かを抱えていて
それとどう向き合っていくかはこれまた人それぞれなんだということを改めて思い知りました

 

桜井ユキさん目当て。
いつも通り美しい桜井ユキさんが見れたので満足。ただ大学生はきつい…普通に大人の女性の彼女を見たかった…(笑)

ストーリーは普通。構成も普通。
ベッドシーンや濡場が話題になる映画は、むしろそれ以外の要素をしっかりしなきゃいけないんじゃないかと思うけど…。

ベッドシーンは松坂桃李も女優陣もめちゃくちゃ体張って、生っぽいをもの存分に見せてくれていたと思うし、松坂桃李に擬似抱かれたい女性は絶対に見に行った方がいい。
とはいえ、そこで何が行われているか、私たちはもっとよく知っているし、実感をしているし、見るということならもっと過激なものはAVとかでも拝めるから、映画としての評価というより、役者がいかに頑張っているか、みたいな話になってしまうのがなあ…。

 

いやぁ❗びっくりしました❗
本編の80%が、濃厚なセックスシーンです❤ 桃李くん、女優さん達の、全身全霊、渾身の演技です🎵
桃李くんとの、疑似セックス堪能出来ると思いますよ❗ ほんまに、びっくりした❗

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.