【口コミ感想】映画『君の名前で僕を呼んで』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

青春ドラマ

【口コミ感想】映画『君の名前で僕を呼んで』の評価評判

投稿日:


映画『君の名前で僕を呼んで』口コミ感想ネタバレ 映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ヨーロッパのファッションスタイルが、かなり可愛くて参考にしたい!」「映像が死ぬほど綺麗!」「BLを求めてみると拍子抜け!?」


上映中【2018年4月27日(金)公開】

 

名匠ジェームズ・アイヴォリーが脚色を手がけ、第90回アカデミー賞で脚色賞に輝いた青春ドラマ。1983年の北イタリアを舞台に、大学教授の父親の助手として一緒に暮らすことになった24歳の大学院生に思いを寄せる17歳の少年のひと夏の恋が描かれる。主人公の少年を演じたティモシー・シャラメはアカデミー賞主演男優賞候補にもなった。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1983年の夏。17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、例年のように両親と一緒に北イタリアを訪れ、母が相続した歴史あるヴィラで過ごしていた。父パールマン(マイケル・スタールバーグ)は、アメリカで教鞭を取るギリシア=ローマの美術史学専門の大学教授で、母のアネラ(アミラ・カサール)は翻訳家。自然に恵まれた環境の中で、エリオに高い教養に身に付けさせたいという両親の考えにより、クラシック音楽を編曲したり、ピアノやギターを演奏したり、読書をしたり……。その一方で、時には夜遊びをしたり、近くに住むフランス人のマルシア(エステール・ガレル)とふざけ合ったりするのが、エリオの夏の過ごし方だった。そんな彼の前に、アメリカからやってきた24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)が現れる。エリオの父は毎年、研究を手伝ってくれるインターンをヴィラに連れてくるのだが、オリヴァーはそのインターンだった。エリオの隣の部屋に泊まることになったオリヴァーは、これまでのインターンよりも知的で、振る舞いも自信に溢れているように見えた。そしてある日、マルシアやキアラ(ヴィクトワール・デュボワ)らと共にバレーボールをしている最中、冗談半分のようにオリヴァーがエリオの裸の肩に触れる。これを機に、互いの存在を意識するようになる2人。時に意地悪をしたかと思えば、互いに気を引こうとしてキアラやマルシアを誘ってみたり……。エリオとオリヴァーの間には、まるで不思議な磁石があるように、引きつけ合ったり、反発したりを繰り返した。そして、ある王女に熱烈な恋をした騎士の物語をアネラが読んでくれたことをきっかけに、ついにエリオはオリヴァーに自分の想いを打ち明ける。オリヴァーも同じ気持ちを抱いていた。まばゆい夏の光の中で、激しく恋に落ちる2人。しかし、夏の終わりと共に、オリヴァーの去る日が近づいていた……。

●キャスト●

エリオ ティモシー・シャラメ
オリヴァー アーミー・ハマー
パールマン教授 マイケル・スタールバーグ
アネラ アミラ・カサール
マルシア エステール・ガレル
キアラ ヴィクトワール・デュボワ
マファルダ ヴァンダ・カプリオーゾ
アンキーゼ アントニオ・リモルディ
ムニール アンドレ・アシマン
アイザック ピーター・スピアーズ

●スタッフ●

監督 ルカ・グァダニーノ
プロデューサー ピーター・スピアーズ 、 ルカ・グァダニーノ 、 エミリー・ジョルジュ 、 ロドリゴ・テイシェイラ 、 マルコ・モラビト 、 ジェームズ・アイヴォリー 、 ハワード・ローゼンマン
原作 アンドレ・アシマン
脚本 ジェームズ・アイヴォリー

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『君の名前で僕を呼んで』を観た人の感想、評価、口コミ

◉かなり期待してましたがうーん。
BLを求めてみると拍子抜けします。よく家族が横で寝てるのにそんなこと出来るね?ってリアリティに欠けてました。
雰囲気は過ごし易い欧州の夏って感じで好きですが、「いいなぁ夏ごとに別荘か…さすがユダヤ人お金あるなあ」とゲスい考えが先に浮かびました苦笑

 

◉お父さん。お父さん良い人すぎて。。涙
あの一言でエリオがどれほど救われたのかと考えると、お父さんの存在は計り知れない。

そして1番最後、ティモシーシャラメが長回しのシーンで魅せてくれます。
とにかくこの作品、なんといってもティモシーシャラメが素晴らしい。ティモシーシャラメの魅力がたんと詰まってます。観て頂ければわかります。

まだまだ書きたいことがたくさんあるけれど、とりあえず明日公開日なので、
もう一度観て、あとは原作もきちんと読んで、またレビュー付け足そうと思います。

映画館ですけど、また明日ティモシーシャラメとアミハマに会えるのが楽しみすぎて...
2人には毎日でも会いたいです。
多分好き嫌いかなり分かれる作品ではあると思いますが、私は大好きな作品ですね。

 

◉この作品はもちろん主人公であるエリオ側から見た視点で映像化していると思うのだが、わたはもっとオリヴァー側の視点でも観たいと思った。
少しネタバレになってしまうが、終盤でオリヴァーがエリオに対して、「僕がどれほど幸せかわかるか」と問いかけるシーンがある。この言葉と切ない表情からエリオのことを心から愛していると感じ、このシーンは忘れられない。どのシーンも美しく、素晴らしいものではあったが、最初から観ていて、この一言を聞くためだけにここに来たんだ...とさえ感じた。だからこそもっとオリヴァーの内面の部分が観たいとも思ってしまった。

 

◉私が登場人物に共感できなかった理由の1つに日本との文化の違いがあると思います。イタリアのあの伸び伸びとした空気は、日本でガチガチに育った私には(もちろん私以外の日本人が全員そうだとは言いませんが)どうしてそうなるんだ?と人物の心情についていけない場面が多々ありました。例えばエリオとオリバーがダンスするシーン、いくら酔っているとはいえ道端であそこまで踊るか?とか、二人で抱き合うシーンではどうしてそこまで力まなくちゃいけないんだ?とか、物語の大筋とは関係ない些細なことですが私の中の常識と違うところが多くて度々置いていかれてしまいました。主人公の二人もそうですが、イタリアの人たちは自分達のやりたいことを実行することになんの後ろめたさも感じていないようで、やりたいことよりやるべきことを優先しなくてはいけないという風潮の中育った私からすると羨ましくもありました。あとはエリオが最後オリバーと別れた後と彼の結婚の報告を聞いて落ち込むシーン、あそこまで家族の前で感情をあらわにできるのはすごい、というかやはり私にはわからないと思いました。自分だったら、恋愛の気配さえ家族には察知されたくないので絶対無理だなあと思いながらラストシーンを視聴していました。

 

◉美しいの一言に尽きる。。。
映像、音楽、雰囲気、言語、全てが素晴らしい。
とても綺麗で美しく、かつ内に熱を秘めた作品。
恋愛も美しいけど、父と息子の家族愛も美しい。

これだけ美しいと思えるのは同性愛に拒否反応がないからなので、ある方にはおすすめしません。
初夏または晩夏の昼間に、窓を開けてクーラーをつけて過ごしやすいヨーロッパの夏の空間を作り出し、
甘くもすっぱいみずみずしいフルーツを食べながら観たい作品。

 

◉ゲイムービーマニアと致しましても、2次元の腐った世界しかご存じない方やストレートの男性の方でも、十分視覚に耐えられる美しさのある、珍しい(失礼な…)作品なんで、3次元ゲイ物が初心者の方には、大変オススメといえるでしょう!その非現実具合は、少女漫画をそのまま実写にしたらこうなりました、みたいなレベル。なんかさーむしろいい匂いしそうだもん。

昨今は、実は保守的なアメリカ映像界ででも、「なんでストレート男がゲイ役やんねん!」みたいな意見がやっと出てきており…アーミーもティモシーも実生活ではストレートなこともあって批判もされたらしいですが、この作品についてはアテクシ的には逆にストレートの役者の方が、ストーリーに合っていると思いました。

 

◉とにかくこの作品で一躍大注目の若手スターに躍り出たティモシーくんですけども、確かによく頑張った!よく撮ってくれた!素晴らしい!と思いますが、アテクシ的には、この映画の成功は、主人公の17歳のエリオ少年が恋する24歳の青年オリバー役のキャスティングにかかっている、と思いました。

スポンサーリンク

なので、オリバーをアーミーが引き受けたのはホンマに良かったと思う!!
というか、よくこんな人がこのタイミングで存在してくれたわホント…。

 

◉風景や映像が美しかった。
緩く淡く進んで行くので、
もう少しドラマティックな展開だと良かったなと思うが、
現実社会ではこれくらいがリアリティーのある感じなのかもな?とも考えてみたり。
主人公の父親の役どころが良かったです。

 

◉日光浴したくなる
本読みたくなる
服買いたくなる
イタリア行きたくなる

恋模様がとっても美しい
17歳が主役なのがまた良いな ああやって大人になってくんや
ビフォアシリーズを彷彿とさせる

 

◉映像の美しさで余韻に浸れる作品。
たくさんの言語に豊かな自然、みずみずしい果物と綺麗な音楽…素敵すぎる!
次は字幕付きで、映画館で観ます。

 

◉、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、美しい、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
風の音とかドアとか床の軋みとかあの夏にいる感覚になれる、、、、、、、、、劇場でみるしかないわよ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

◉フランス語と英語とイタリア語が混じってて面白かったけど、そこまでやるかっていう衝撃的な作品ではあった。
"How you live your life is your business."

 

◉シャラメがうまい。うますぎる。
そして映像が綺麗。
細かい音も全部取ってて、すごくリアルで、繊細な映画だった!

1983年っていう時代も素敵だし、北イタリアの夏っていう舞台も素敵だし、キャスティングがこれ以上最高になることは無いと思う。
ぱぱもままも素敵で、もう、ほんとに全てがちょうどよかった!
すごく好みが別れる作品だと思うし、日本で公開されても、海外ほど評価されるかはわからないけど、私は大好きだった。

 

◉とにかく映像が美しい!後半のお父さんの台詞は感動。
この手の映画は好き嫌いあるが、オススメです。

 

◉イタリアの片隅で、鼻腔に、甘酸っぱい風がすうっと掠めていくような、清々しい映画でした。
ホモセクシュアルを描くことに全く苦味が無くて、むしろ少年の葛藤、
大学院生の揺れる受け止め方が何故か爽やかで、そしてまた少年の親も素敵でした。

息子の想いが友情ではなくそれ以上とわかっていながら、
また彼が失恋の悲しみに打ちひしがれていると知っていながら、包み込んで、道を示してくれるお父さん。

 

◉ゆったりした前半部分で、エリオがじわじわと自分の気持ちに気付いていくかんじ。
途中でエリオからオリバーへの視点だったのが、オリバーからエリオへの視点に変わったときにわかる、オリバーの不安。
はっきりとした言葉や行為より、2人の視線と表情で表現される恋心に、ひきこまれました。

エリオたちの関係を認めて見守る、両親やガールフレンドも、とても印象的です。
関係を糾弾する人がいるわけではない優しい世界だけど、オープンにできる時代でもなく気持ちや関係を隠して葛藤する2人。
同性だからこそ際立つ"Call me by your name"という行為。
人間の美しさと切なさを描くことに徹しているかんじが、とても好きだなと思いました。
(よしながふみとか金田一蓮十郎の漫画に通じるものを感じた)

唯一の冬のシーンの最後、"I remember everything"(だったかな?)というオリバーの電話口の言葉と、暖炉の前のエリオの表情にぐっときます。

 

◉イタリアの街並みきれい
二人の恋に落ちていく感じとか気持ちの葛藤とかすべて美しい〜

この家族が理解ありすぎてやばい
そしてお父さんンンンってなる

 

◉映画好きには受けそうな映画。ヒューマンドラマだけど観やすかった。

 

◉本作の素晴らしさが増した。
考えれない愛の話。
当時の時代では考えることが難しいと言われるである作品になっているのではないかと思う。
本当に自分の行動は正しいのか、彼への愛は本物なのか。
2人の主人公がゴールにたどり着くまでの苦しい感情、
そもそも何がゴールなのかも考えさせられる。
是非映画館で見てほしい作品である。

 

◉恋に落ちちゃったフランス人の主人公の男の子と大学院生のアメリカ人。イタリアにいてドイツ語も出てくる。
最初は2人はぶつかるしホストとゲストの関係だからなかなかお互いに近づけない。段々惹かれあっていく2人だが、男の子が自分探しをしてるときに女の子と付き合ったら!(てか女の子がI don’t want to be hurtって💔って感じだった)大学院生からラブレターが置かれている。(私だったらちょっと怒る。なんでちょっと遅いのって)
セックスしたあとどうすればいいのかわからずちょっとぎこちなくなるがちゃんとお互いに気持ちは変わってない。たぶん80年代の設定だからまだLGBTは今みたいに公にできない。理解してくれる両親でよかったね。
まだまだ若いこの子にはなにが何がなんだかわからなくて自分と葛藤してる。私ももらい泣きした笑
絵も綺麗だし男の子かわいいしファッションもツボだしやっぱり言語が綺麗で聞こえもいい。頭がよくてピアノも弾ける少年と頭がよくて一回り大人の大学院生の話。初恋は失恋に終わっちゃったね。でもそれでいいんだよね。悲しいけど。号泣。
すごい代表的なフランス人とアメリカ人って感じの配役だった。(笑)

 

◉どこを切り取っても絵になるほど、綺麗。80年代かな?のヨーロッパのファッションスタイルが、かなり可愛くて参考にしたい。
思春期特有の自分のことがまだよくわからないもどかしさやモヤモヤ、密かな想いみたいなものを思い出した。

 

◉あの時間にわたしを連れ戻して
なんだろうなんか懐かしい感じと心の底からぐっと涙が出そうになる感じ
わたしなんかがレビューを書いたら映画を汚しちゃいそうな神聖さ

綺麗
本当に綺麗

あの目つき
いいなああんなに人を好きになるって

 

◉最初からこの形の愛が存在してて、LGBTなんか名前つけて悩んだりしなくていいじゃん!みたいな感じ
これをLGBT映画ってしちゃうと永遠にそういうものへの差別というか区切りがなくならないんだろうなぁ

まあ、ストーリーより何より画が美しすぎる!産毛まで映されるのは圧倒的なフェチズム。ライムグリーン味にあの頃を思い出した〜〜
ただ、水面や雪とかちょっと編集しすぎかなとも思った
トーキングヘッズのシャツ着てるパーマ男子みると20センチュリーウーマン!!!てなる

 

◉こっ、この監督、、、
アーミーハマーの美しいアングル研究しまくったのかな!
真夏の太陽に透けるブロンドヘアーと睫毛
それを下から回すように捉えるという!!美しい美しいよ~!

何よりエリオのご両親が素敵。
2人の関係を詮索するようなそぶりは一切せず、そっと安心できる言葉を添えるお母さん。

悲しみに暮れるエリオにお父さんがかけた言葉は
right now , tbere is sorrow, pain.
Don't kill it, and with it.

 

◉今年のアカデミー賞作品賞にもノミネートされ、話題となった作品。
映像の撮り方がそう思わせるのか、自分も登場人物達と一緒に、イタリアで今までとは違う夏を過ごしているようなそんな気持ちにさせられます。
そして、主演の2人の演技、表情がとにかく繊細で美しい。
ハンサムで自信たっぷり、でも、心に秘めたものを持つオリヴァー。
アーミー・ハマーは本当にハマり役でした!
そして、ラストのティモシー・シャラメの表情には心を鷲掴みにされます。
きっと観た後はこの映画そのものに恋してしまう…恋に堕ちてしまう人がたくさんいるのではないかと思います。
また観に行きたい!

 

◉ゲイ映画というよりBL映画だった。ジェンダー問題ではなく、カップリングに重きを置いてる。
ガリガリで体が作られてない美少年とガチガチの肉体のお兄さんの恋愛という組み合わせで男性同士の同性愛にありがちな汚さがない。

二人ともバイセクシャルだし、同性愛に対する障害になりそうな父が理解者だし、
一夏の恋なので現実に衝突することもなくとにかく耽美的。

裸に半ズボンにさせるためにイタリアの夏設定にしたとしか思えない画面のエロさ。二人が出てるシーンはカメラが欲情してるのか、観客が『同性愛映画』と知ってるゆえの妄想で補ってるのか。二人が性的な関係になるまで80分以上焦らすし。

しかし舐め回すようにアーミー・ハマーの肉体を撮るカメラも、
女性が相手だとセクハラ的にもなるがそれがないという意味では同性愛だからこそ今しやすい表現とも言える。

 

◉私には全く合わなかったです、
けど、
絵画的でなんだか森の中にいるような
川のほとりにいるような、
モネやセザンヌの世界に
溶け込めた気がしました。

総じて
ストーリーが好きじゃなかったですが。

 

◉切ないけどよかった。好きでもない女の子と浮気するのはゴミです。

 

◉映像が死ぬほど綺麗。原作から台詞削ってるらしいけど、それがすごく良い。
表情や仕草だけで二人の感情が伝わってくる。エンディングでエリオがずっと暖炉の前にいるところが一番好き。

 

◉鑑賞後はタイトル読むだけで切なくなる・・・
絵画のような美しい風景と少し気怠げな北イタリアでの夏。その一夏に綴じられた、決定的な言葉は無くとも互いに感じ取れる惹かれ合う心、密やかな駆け引き、僅かな戸惑い、通じ合えた喜び、そんな愛しくて苦しくて でも一生忘れない恋物語でした。

2人の物語も良いけれど、エリオの両親の度量の広さや父が息子へ語りかける言葉は優しくて深い。
そしてエンドロールのティモシー・シャラメ君の演技に特に切なさがつまっています。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.