【口コミ感想】映画『去年の冬、きみと別れ』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ミステリー 小説

【口コミ感想】映画『去年の冬、きみと別れ』の評価評判

投稿日:


映画『去年の冬、きみと別れ』口コミ感想ネタバレ 映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「スカッと騙されたい方は観てみて!」「斎藤工と北村一輝の演技は流石です!」「鳥肌立ちました。記憶消してまた観たい!」


上映中【2018年3月10日(土)公開】

 

『悪と仮面のルール』など数々の映像化作品で知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を岩田剛典主演で映画化したミステリー。謎多き天才カメラマンへの取材を始めた野心あふれる記者が、婚約者を取り戻すため、彼の罠にはまっていく様がつづられる。ミステリアスなカメラマンを斎藤工、主人公の婚約者を山本美月が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

婚約者・松田百合子(山本美月)との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介(岩田剛典)。本の出版を目指す彼が目を付けたのは、盲目の美女が巻き込まれた未解決焼死事件と、その事件の元容疑者である世界的フォトグラファー・木原坂雄大(斎藤工)だった。だがその真相に近づくにつれ、木原坂の危険な罠は百合子にまで及び、いつしか耶雲は抜けることのできない深みにはまっていくのだった……。

●キャスト●

耶雲恭介 岩田剛典
松田百合子 山本美月
木原坂雄大 斎藤工
木原坂朱里 浅見れいな
土村芳
小林良樹 北村一輝

●スタッフ●

監督 瀧本智行
製作 池田宏之 、 森広貴 、 見城徹 、 井上肇 、 大村英治 、 山本浩 、 高橋誠 、 竹増貞信 、 吉川英作 、 荒波修 、 宮崎伸夫 、 久保田修
製作総指揮 高橋雅美
プロデューサー 久保田修
アソシエイト・プロデューサー 加藤良治
原作 中村文則
脚本 大石哲也
音楽 上野耕路
主題歌 m-flo

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『去年の冬、きみと別れ』を観た人の感想、評価、口コミ

「観た人全員ダマされる。」のキャッチコピーに偽りなく、もれなく私も騙された重厚なサスペンス・ラブストーリー。

今作を観る時は、事前に情報を収集することなく、なおかつストーリー展開を予想して「絶対に予想を的中させてやる!」という意気込みで鑑賞に臨むと面白いかもしれない。

特に、

・役者としてのイメージが定着していないガンちゃん
・マルチに活躍する予測不可能な斎藤工さん
・安心して観られるベテラン演技派ハンサムガイ北村一輝さん

は、その人柄も含めて今作にかなりハマっていた。

原作小説を既に読んでいる人でも、映画では展開の描き方が異なるため楽しめるはず。
スカッと騙されたい方は観てみて!

 

人や物に対する執着の度合いが極端すぎると、精神が正常に保てなくなる人間のもろさを目の当たりにしている。
最後はなんとも後味を悪くさせられたが、愛情でもなんでもうまくコントロールすることが、相手にも自分自身にも平穏な日々の基本なんでしょうね。改めて考えさせられました。
CMで「観た人全員、ダマされる」 あれ、言わない方がいいかな。それ言うから、うすうすわかってしまった。

 

至る所に伏線を散りばめて、最後でしっかり回収する。
伏線好きなあなたにぴったりなサスペンス映画です。
鳥肌立ちました。記憶消してまた観たい。

 

原作を読んでからいきました〜。
この物語、原作はちょっとややこしい感じで頭の中で整理して行かないと、誰がだれ???みたいな感じでした。
なので、映画の方が何十倍もわかりやすいです。
決定的なのは、原作との違い。原作では主役の八雲(岩ちゃん)は何でもなく、北村さん演じる小林が首謀者です。映画では、役が入れ変わってます。
だから、原作知ってると???って、なりました。
あとは、原作にある、人形師が出てこなかった。物語では、重要な感じかと思ったので全くないのが、残念だった。

岩ちゃん、最初は好青年なのに、あとから変わっていく役、TVドラマの『砂の塔』みたいですね〜。
松坂桃李っぽいな〜、こういう役!と、思いました〜。
原作を知らない方がもっと素直にみれるかな。

 

終わってからもぞくぞくしてる。
騙されてないけど、それでも怖かった

 

予想外に面白かった。
だが、拘束せずに出かけたのに、帰ってきたら拘束されてるのに普通気付くだろ?

 

とても良い!!
これ好きな感じだわ。

宣伝から物語は始まっている。
ちょっと煽り過ぎ感は否めないけど。
でも、その煽り過ぎ感は
俳優陣の責任ではないので…

物語はなかなか上質なミステリーサスペンス
岩田くんの演技も良く
物語終盤には丁寧に解説してくれるから
見やすいとは思う。

 

メガネがチャームポイントかな。番宣でそんなに煽らない方が良かったと思いました。
主人公の男の人の刹那な感じ、昔の『 青の炎』思い出しました。

 

もう何が正義で何が悪なのかわからない映画だった。全てが1つの時間につながっていて関係ないのは一部の人だけだったという恐ろしい展開 ふつうに面白かった。斎藤工の演技すごすぎ

 

コピーにあったように騙された!って感じにはならなかったかなー。
なるほど〜って思えたけど。

 

テレビですごく宣伝してるから、気になって、初日に観てきた。
誰がイチバン○○なんだろう?皆か?
結末知った上で、もう一度観たいかな。

 

まさかのどんでん返しでした。
山本美月ちゃんの存在に一番びっくりしましたね。三章から始まることに疑問を持ったけど見ていくうちにそういうこと?!ってなる。
個人的にはすごく良くできてる作品だなと思いました。母親は原作を読んでいたようですが、登場人物がちょっとちがうようです。
誰も報われない、そんな話だけど、見た後に後悔はなかったです。

 

私のダメ系映画で、自分に酔ってる感じがして全然ハマれなかった、最初から騙されるって言うから、もう騙されなかったよ。
なるほどって思った事はあったけど、
狂った純愛ストーカー映画だな。

 

あのキャッチコピーはやりすぎでしょ
言ってもミステリーにありがちな真相究明とどんでん返しなのでは…?あの煽りはさらなる深読みと混乱を狙ってるのか?逆に疑いを持たせすぎて純粋に楽しめないぞ…
話としてはよく作られてるけど、そう持っていくにはタイミングとかツッコミどころも結構あるし、劇中の人間は何故気づかない?みたいなことがいくつか気になる
しかし最後の種明かしがめちゃくちゃ丁寧で優しい

スポンサーリンク

 

観た人、全員が騙される。
というコピーでしたが、騙されるのを狙ってフライヤーを作ったり、予告をしていたと思います。
岩ちゃんがあたかも罠にハマっていくような感じに思えますが違うんですね~。

しかし、観ていて自分の推理が働いて、退屈はしませんでした。
誰が観ても違和感がない作品です。

 

あまり期待しないで鑑賞しました。
予告編で「誰もが騙される」とあったのですが、見事にやられましたね…笑

最初の方は、「斎藤工演じる写真家の男、狂ってる…」と思いますが、ストーリーが進むにつれて面白くなり、「焼死事件」の真相がわかってきます。
原作読んでの鑑賞ですが、原作ではイマイチピンと来なかったですね。映画化だと「おお⁉︎」って感じですかね。

 

🔥焼死事件の真相を追うルポライターの話。
第2章から始まり第3章(最終章)を経て第1章へ。最後の真相を語るパートが非常に丁寧で親切すぎるくらいだった。異常な人間が複数登場するので事件とどう絡んでくるのか見抜けなかった。真相には驚かされたしタイトルの意味が最後に分かるのも良かった。

 

正直そこまで期待をせずに観たが岩田剛典の演技に度肝を抜かれた。この映画の本質は「だまされる、だまされない」ではなく「愛」だ。邦画にしかできない表現が詰め込まれた本当によくできている映画だなと思った。俳優・岩田剛典の転機になる作品になるのでは。

 

期待値低めで観たおかげか思ってたよりおもしろかった☺️
それが売りなんだけどCMの煽りすぎなとこはあるよね
作品自体は3.2くらいだけど、この北村一輝が観れてよかった!で加点(笑)俳優陣の演技力ってすごいよね🤔🤔
原作とだいぶ中身が違うみたいなので原作も気になる〜〜

 

最後まで観ると、あらためてすごく綺麗に納まっている。
逆に、その結果、早々に本筋が読めてしまうほど、丁寧に作られている。

岩ちゃんの違和感を感じさせる演技。
第2章から始まる展開。
時系列を疑わせる編集。
何よりこのタイトル。

とはいえ、すべての糸が完全に交わったのは終盤。
二転三転、弄ばれる感じ。サスペンスものの醍醐味はしっかり味わえる。

観ていたものが180度変わるようなドンデン返しでは無く、緩めの叙述構成。要所要所を少し角度をズラして配置している感じ、それを最後に適切な位置にはめ込むイメージ。
すぐ見返したくなるほど上手く作られているわけでは無いが、原作も読みたくなる良いサスペンス映画でした。

 

期待以上に面白かった
ムズムズする感じが最後に解消されてすごく好きなジャンルの映画
騙された〜

 

とても面白かった!
あれ?と思ったシーンがちょくちょくあったが、やはりそれは伏線であり伏線を回収していくストーリーはかなり楽しめた。
かなりサスペンス慣れしてる人でなければストーリーはなかなか気づかないかな~という印象。

そしてストーリー全般はかなり恐ろしめの話。
斎藤工の演技もはまり役で、異常者っぽい感じを漂わせるのが上手いな~って思いました。

過去のトラウマによる人格形成、異常なまでの愛の恐ろしさ、そんなことを感じさせる作品でした。
そして最後のシーンは少しうるっと来ちゃうような、最後にはちょっと感動を覚え、作品としての満足度はかなり高かったです。
サスペンスに慣れすぎてない人にはとてもお勧めです!

 

すごくよかったです。
騙されたとか騙されなかったとか
そういう映画ではなかったかなと
思います。
重いけど深い愛は人を狂わせるん
だなと。

レビューで 岩田くんの前半演技が固いと
あったのですが、なにかの雑誌で
岩田くんか監督さんが主人公は3つの
顔を使い分けなきゃいけないから難しい役と載っていて、あと最後まで映画を見たら
分かる納得の演技でした。
特に彼は目の演技がいいです。

この映画は皆さんの役がはまってて
みんな演技が上手だなと感じました。
斎藤工と北村さんは流石です。

 

あおり文句が無ければ、もっと素直に騙されたんだけどな。
それにしても、朱里&雄大は、恐ろしい姉弟。

 

ミステリーと聞き、伏線を探そうと意気込んでおりましたが、見事に罠にはまってしまいました。
読めそうで読めない、予想の上をいく展開だったと、個人的には感じました。

観賞中、推測の材料となるのがまぁまぁあるので、色々な考えを巡らせながら推理していけるのがおもしろかった!
ラストを知った上でもう一度観たいと思いました。
ラストに映る主人公の姿が脳裏に焼き付いて離れません。

 

邦画らしいというか静かにストーリーが進む感じも好きです。
サスペンスとして物足りないという人も
いるかもしれないですが、、、
主要人物みんなの闇というか悪の部分が
切なくもあり怖くもなりました。
容疑者Xの献身みたいに見たあと
ズシっとくる映画です。

 

観た人全員ダマされる!
ダマされたくない人は観ないで下さい。
岩田「全部デタラメだとしたら?」
斎藤「全くのデタラメだよ」(以上、TV-CMより)
私「うん、宣伝はデタラメだよ」

という訳で、開始10分で大枠がわかり、50分でほぼ全て仕掛けがわかりました。こんな宣伝をされたら、ミステリーファンは気づきますって。前例のある仕掛けですから。

また、ミステリーの枠組みながら、アイドル映画の趣きが強く、ハードに描いてほしい部分がことこどくマイルドな表現になっています。岩田さんのファン向けですね。

詳しくは書けませんが、"純愛サスペンス"と銘打っている通り、純愛も重要な要素になっています。ミステリー・サスペンスでありながら、”泣ける映画”としてパッケージしたのでしょう。

『脳男』の瀧本智行監督の演出は冴えていて、マイルドな見易さを担保しながらも、随所で陰影の効いた画作りを披露しています。この方は、自由に撮らせたら、きっととてつもない作品を作るはず。今後も追いかけていきたい監督の一人です。

※全体的に少々ミスキャスト気味なんですが、浅見れいなさんはとても素晴らしかったです。今まであまり意識したことのなかった役者さんですが、出演作品をチェックしてみようと思います。

 

誰もが騙されるのはキャッチコピー通りだろう。ただ、もう少しダークに振り切っても良かった気がする。トリックのテーマや俳優、脚本、原作、どれも良い出来だったのであとは映像の作り方だけ、すこし惜しい感じがした。

 

斎藤工の変態臭が最高に際立っていて、目が離せない!こういう工が見たかった!クリーピーの香川さんバリにキモし。
ストーリーも良くできていていて最後まで楽しめた。復讐の熱意は韓国映画のようで感心した。
クライマックスの丁寧な解説は邦画らしく野暮ったい(それでもサラっとしてる方だとは思う)。
そしてエンディングのm-floが合わなすぎて笑ってしまった。

 

先のストーリーが読めずドキドキ。
えっ?まさかっ?え~っ!!!って
思いました。サスペンス大好き。

最初の音楽や恋人に近づくところは
ハンニバル。蝶は羊たちの沈黙を感じさせる。
能をみるシーンでの目があうところも。

岩田剛典の演技もうまくなってて驚いた。
植物図鑑のときは、ん~初だからなと
思いましたが、今回はすごくよかった。
斉藤工もいいし。

私が気になったのは演出なのか、原作
なのか。気味の悪さを表現するとき、
突飛なデザインのインテリアや奇抜な
壁紙の色とか何とかならないかなぁって。

斉藤工のアトリエはとってもセンスが
よくていいのに、姉はいかにも。
奇抜さをねらいすぎ。芸術的に優れた
感じのなかに、紙一重という何か1つ
不気味さがあるだけで伝わるような。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ミステリー, 小説
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.