【口コミ感想】映画『伊藤くん A to E』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ラブストーリー

【口コミ感想】映画『伊藤くん A to E』の評価評判

投稿日:


映画『伊藤くん A to E』口コミ感想ネタバレ 映画『伊藤くん A to E』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「アラフォー世代にも刺さります!」「岡田将生さんの演技はよかった!」「中村倫也くんがまたいい味を(^ ^)好きだわこの子!」


上映中【2018年1月12日(金)公開】

 

女たちを翻弄する“痛男”を軸に、5人の女の無様な恋愛と成長を描いた柚木麻子の小説を、岡田将生&木村文乃主演で映画化したラブストーリー。容姿端麗だが自意識過剰で無神経な28歳のフリーターと、落ち目のアラサー脚本家が巻き起こす恋の騒動がつづられる。恋愛ドラマに定評のある名匠・廣木隆一がメガホンをとる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

32歳の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は5年前に手がけたドラマ『東京ドールハウス』で一躍売れっ子となるが、その後ヒット作を出せず、過去の栄光にしがみついていた。返り咲きを狙う彼女は、新作のネタにするため、トークショーに参加した女性たちの恋愛相談に乗ることに。片思いする「伊藤」にぞんざいに扱われている相談者A・島原智美(佐々木希)。「伊藤」にストーカーまがいの好意を持たれている相談者B・野瀬修子(志田未来)。親友の実希が思いを寄せる「伊藤」を寝取ってしまう相談者C・相田聡子(池田エライザ)。「伊藤」に処女が重いと言われ自暴自棄になる相談者D・神保実希みき(夏帆)。彼女たちを振り回している「伊藤」は、皆共通して容姿端麗ながら自意識過剰で無神経な男であり、莉桜は脚本を書き進めるうちに「伊藤」は同一人物ではないかと思い始める。そんな中、「伊藤」は莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒、伊藤誠二郎(岡田将生)であることが判明。しかも彼は自分に関わった4人の女A~Dの物語の企画を挙げていた。これまで追いかけてきた「伊藤」が口先ばかりで莉桜が軽蔑する生徒である伊藤誠二郎であること、再起をかけたネタを奪われそうになっていることにショックを受ける莉桜。追い詰められた彼女は、ある行動に出る……。

●キャスト●

伊藤誠二郎 岡田将生
矢崎莉桜(E) 木村文乃
島原智美(A) 佐々木希
野瀬修子(B) 志田未来
相田聡子(C) 池田エライザ
神保実希(D) 夏帆
塾長/伊藤のおじ 田口トモロヲ
久住健太郎(クズケン) 中村倫也
田村伸也 田中圭

●スタッフ●

監督 廣木隆一
製作 村田嘉邦 、 竹田青滋 、 瀬井哲也 、 楮本昌裕
チーフプロデューサー 浅野敦也 、 丸山博雄
プロデューサー 松本桂子 、 尹楊会 、 成瀬保則 、 行実良
原作 柚木麻子
脚本 青塚美穂

映画『伊藤くん A to E』を観た人の感想、評価、口コミ

岡田将生はコミカルな演技が本当に似合う。
実生活もこうなんじゃないの?と思ってしまうほどにリアル。

演出なんだろうけど、ひとつひとつのシーンがちょっと長めで間延びする印象。

ラストシーンの伊藤の主張は漫画版医龍で霧島軍司が言った「凡庸こそ最強」という発言と近しいものがある気がしたし、賛同こそしないものの、決して極論なんかではないよなと思った。

 

朝イチから観たのでやはり後半は少しうとうと……
展開は面白かったけどまずドラマをちゃんと見たい
そして岡田くんの服装が毎回好みだった……

 

DESTINY鎌倉ものがたりとは違ったパターンの疫病神が活躍して女性達に自立やら社会を生き抜く強さやら人生を生き延びる為の力やらというもの植えつけたり目覚めさせたりする内容です。
精神的にはよくないのかもしれません。

信じられないかもしれませんが、ホントになかなか面白いです。
困ってしまうのは、その面白さを感じているのと同時に常に胸の奥がムカムカするいわゆる不愉快さを不思議と感じてしまう事です。これが人間の本能というものだと思います。

 

岡田将生さんはまごう事なくイケメンです。
そんな彼は不愉快だったり気持ち悪いキャラクターを笑いながら・笑顔で演じている時にはと〜っても光っていると思います!!
とあるゲームのCMでもそうでしたし。
ますます将来が楽しみですね。

 

深夜ドラマなら許せるかもだけど、映画にしたらダメな脚本の見本みたい。
作品そのものがクズだわ。
つまらないシーンで長すぎ。これサクッと90分くらいで編集部したら、あ〜意外と面白かったわでおわるのかも。ここまで長いと、無駄に何か意味付けしてあるみたいでより悪くなった。

 

佐々木希さん他、結構豪華なメンバーの映画だったので、期待して見に出掛けたのですが・・・・

まず、原作がいまひとつなどのか、映画化が駄目だったのか分かりませんが、何とも一工夫二工夫もある内容なのですが、その工夫感が、いまひとつ生きてこないかな・・・

恋愛サスペンスみたいなニュアンスがありますが、結果もいまひとつで何とも言えない・・・今時の邦画って1本の作品にかける時間が長いよな・・・テレビで放映されているドラマの方が限られた時間の中でしっかりお話を作り、編集に臨んでいるように感じる気がするけど、映画って、その辺がアバウトだよな・・・・

もっとコンパクトに、リズムよくお話を進められないのかな・・・
ラストも変に長回しで、クドイクドイ・・・・

「何時になったら終わるんだ」と、ちょっと呆れちゃった・・・
世代間で評価は変わるのかな・・・・
俺みたいなおじさんには、いまひとつ理解に苦しむ内容だった・・・

 

スイーツ映画にちょっと飽きてきたので
こんな非スイーツ(?)な恋愛映画は新鮮でした。
「こんな恋がしたい」と憧れる話ではなく、
「こんな恋はしないようにしなきゃ」と教訓になります。
パーフェクトクズ伊藤くんが無双してますが、
オムニバスに繋がっていく女たちも見事なクズ。
しかし女たちにもそれぞれ共感できる部分があって
「あ、私もクズだな~」と思えてくる。
最後にそれぞれがやっとスタートラインに立つ姿は良かったな。

スポンサーリンク

 

ドラマはあの深夜枠で面白かった!
岡田将生のクズっぷりとひっかかる女性4人+1人って感じそのまま深夜ドラマで良かったかも。

 

岡田将生くんの痛男っぷりよりも、女の人達の痛女っぷりが気になってしまったのは同性だからだろうか…。結局、男も女もみんなどこか痛いぞ!クズだぞ!ってう感じかな。人のふり見て我がふり直せ的な。
そして中村倫也くんがまたいい味を(^ ^)好きだわこの子。

 

伊藤くんの痛さを笑ってる君がいちばん痛いというくだりにぐさり。
アラフォー世代にも刺さります。

 

ほぼドラマの内容そのままにも関わらず、映画化したことにより各ヒロインの良さも伊藤のクズさもイマイチ〜〜!最後の矢崎莉桜の語りなんか長すぎる割に全然話入ってこないくらいぺらぺらでびっくりした。
ドラマ最終話に出てきた伊藤くんの正体が岡田将生ですごい期待してたのに。
まあでも、最後の最後に岡田将生が私の名前を笑顔で呼んだのでぎり2.7です。

 

ドラマの劣化版。キャラの描き雑すぎて微塵も共感できず。深夜の枠埋めにやってるような連ドラ総集編見てる気分‥間延びしててつまらなかった。
本作の顔となる痛男、伊藤くん。身の丈知らずのナルシストではあるけれど、好き嫌いはっきり申すとことか割とまともなんじゃないか?屑に仕立てたいのか、憎めないキャラにしたいのかよく分からず。A〜Eの女達も掴み所なかった。ドラマはもう少し一つ一つのキャラがたっていてそれなりに楽しめたのだが‥Netflixのショートショートにはちょうど良かったな。役者さん好きだし演技もそれぞれよかったので残念。
伊藤くんより何より痛いのはこの映画だと思う。

 

途中までめっちゃ面白いのかと思ってたら、意外とオチなしで終わって「一体何が伝えたかったのだろうか」となってしまった!(ドラマ見てなかったからかな?)
夏帆ちゃんと岡田将生とくずけんは演技うまくてよかったけど、そんなくらいかな。

 

元々はドラマだったことも知らず、原作も未読。
「伊藤くんAtoE」というタイトルからして、一気に五人の女を振り回し転落させるのかと思いきや、まさかの二人ずつ。。せっかく2時間という映画なのに、AB、CD、そしてEと三部作になっちゃってるから映画の意味・・・?てなった。これなら45分ナイトドラマで、一人一話ずつやっても十分だろう、、。フライヤーには恋愛ミステリーとあったけど、特にミステリーでもなんでもない、ただ人物が繋がっているだけ。

 

伊藤の持つ極端に偏った考え方や5人の女性が持つ歪さは男女を問わず、誰しも心の何処かにあるような気がする。
この全く共感出来ないキャラクターたちによる恋愛ミステリーは、我々が心の隅にある暗部を照らす鏡のような作品だと思う。

 

小説・ドラマ共に未読未見で観ました。

青春ものかコメディー作品と思ったら、違ってました。
ラストに監督の主張が込められていたのですが、かなり重い内容で、すべてを理解できずに残念でした。
二人の主役は生き方も考え方も全く逆で、しかし結果は一緒(ともに落選)。
結局、人生をどのように捉えて生きていくのかは、人それぞれといことでしょうか。

岡田将生さんの演技はよかったです。

 

小説未読 & ドラマも未見。

正直何が伝えたかったのかすら分からずの126分は退屈で長過ぎる。。。
伊藤君も中途半端に痛い?が、それ以上に周りの女子が痛過ぎる。伊藤君がまともに思えるほど。。。いや、伊藤君はまともだわ。

まあ、結論から言うと全てが中途半端。ネタバレになると嫌だから明言しないが、何のオチも無い話しに付き合わされた感だけが残る。。。
それなりの予算を貰って製作している?作品なんだろうから、もう少し何とかならなかったのだろうか?

夏帆の無駄遣い!

 

ダメだろ!
こんなつまらない内容なのに2時間以上尺取るとか...

伊藤くんよりもむしろ周りの女どもが痛いし、言ってしまえば、映画全てが痛い。
で、劇中TVシリーズのシナリオ書く過程が延々と描かれるのが本編の大半を占める訳だが、そのシナリオは劇中でもボツになると言うオチ。
と、言うことは、我々は2時間終始TVシリーズにもならないボツネタを延々と見せられていると言うことになるわけで....

 

小説・ドラマ共に拝見済みです。

ん〜〜
なんだかあっさりしすぎたような、、

岡田将生さんの演技はすごかった。本性?ってくらいにクズ感醸し出してました。女優さんはエライザさんが良かった。
頑張る女たちのこれからについてもっと映して欲しかったです。原作者の柚木麻子さんらしい作品になったはず。
小説のクライマックスシーンも入れて欲しかったな。。

 

伊藤くんがとてもとても酷い男かと思っていたら、そうでもなかったので拍子抜けしました。
ゆとり世代や草食系男子と呼ばれる男性のあまり宜しくない部分を掻き集めて誇張したのが伊藤くん、という印象を受けました。
精神が幼く、他人の気持ちや善悪よりも自己の好奇心の赴くままに実験しつつ、けれどやはり幼いので流されてしまったり傷ついてしまったり。
A〜DがEでもあるように、伊藤くんの痛い部分も今どきの男性なら誰しも持っている一部だと思いました。

 

岡田将生演じる伊藤くんは、ん?という様な、考えが異様過ぎてイライラするというより、かえって冷めて観れました。
エライザと夏帆の演技が素晴らしく、彼女達の代表作になると思います。
結果、伊藤くんをきっかけにA〜Eの女性が自分を見つめ直せて良かったのでは?

 

観終わった直後の感想としてはつまらなかった...。無駄に長い。退屈。
岡田将生さん演じる伊藤くんはやっぱり痛い男だったけれど、顔がいいから普通にまぁ格好良い... ドラマのようにそれぞれの伊藤くんを違う人が演じている方が面白かったです。伊藤くんよりも矢崎さんにイライラしてしまいました( ; _ ; ) うーん、映画化する意味...。
大好きな田中圭さん、池田エライザさんはやっぱり良かった! 田中圭さんは格好良いし、池田エライザさんはいつみても可愛い♡ 志田未来さんもさすがのお芝居で可愛かったです( *´꒳`*) あと主題歌も良かったです。

 

人間関係のエコシステムの崩壊のさまは見ていて楽しかった。
が、作劇のつまらなさが異常。テンポの悪さが際立ちすぎて、長尺がひたすらに退屈だった。

 

こんなにもバカでクズな女たちに、共感してしまうところがある。
痛いなあ、と思う。

岡田将生、よいですね〜
自信過剰で、自分に酔っていて、最低で、クズで気持ち悪い!

 

岡田将生ファンとしてはファンでも気持ち悪いと感じるほどの演技力、そしてかっこよさと可愛さを兼ね備えた岡田将生の魅力が詰まった映画

映画好きとして観るとイマイチ。
特に音が、、、
普通なら録音が下手くそだと平面に、2次元に聞こえるのに対し、こちらの映画だと宇宙空間のように音が散らばりすぎて不自然でした。
いきなり声が大きかったり、意味のわからないところから音が聞こえたり、録音部にイライラしてしまいました。

 

主題歌が素晴らしい!
人生につまづいた時、苦しい時、そんな時の応援歌になるような、そして作品で描かれている誰もが持っている小さなプライドについてを歌っているような、テーマそのものの音楽でとてもよかったです!

 

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.