【口コミ感想】映画『今夜、ロマンス劇場で』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

ラブストーリー

【口コミ感想】映画『今夜、ロマンス劇場で』の評価評判

投稿日:


映画『今夜、ロマンス劇場で』口コミ感想ネタバレ 映画『今夜、ロマンス劇場で』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ずっと可愛い、綾瀬はるかと坂口健太郎は、最強可愛いカップル!」「北村一輝のキャラが彼にどハマり!」「日頃の淀んだ気持ちをスッキリささてくれるとっても素敵な映画!」


上映中【2018年2月10日(土)公開】

 

モノクロ映画の中から現実世界へと飛び出したヒロインと、彼女に恋する映画監督志望の青年の淡い恋を描く、綾瀬はるか主演のロマンティックなラブストーリー。思いを寄せるが、人のぬくもりに触れると消えてしまうヒロインを前に困惑する青年を坂口健太郎が演じる。「テルマエ・ロマエ」シリーズなどコミカルな作風を得意とする武内英樹が監督を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で、一人の女性と出会う。彼女は、健司が長年憧れていたスクリーンの中のお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった。モノクロ映画の世界から飛び出した美雪が、カラフルな現実世界を体験していくなか、二人は次第に惹かれ合っていく。だが映画会社の社長令嬢・成瀬塔子(本田翼)も、健司に密かに思いを寄せていた……。

●キャスト●

美雪 綾瀬はるか
牧野健司 坂口健太郎
成瀬塔子 本田翼
後藤龍之介 北村一輝
山中伸太郎 中尾明慶
吉川天音 石橋杏奈
西岡德馬
本田正 柄本明
病室の老人 加藤剛

●スタッフ●

監督 武内英樹
製作 石原隆 、 堀義貴
プロデューサー 上原寿一 、 菊地美世志
アソシエイトプロデューサー 大澤恵 、 根本智史
脚本 宇山佳佑

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『今夜、ロマンス劇場で』を観た人の感想、評価、口コミ

最後の方は うるっときてしまうくらい
良いお話で、綾瀬はるかさんが着てる
お洋服とか髪型とか ほんとに可愛くて
骨格のバランスの良さが際立ってた(笑)

昭和レトロな雰囲気のあるお話は
毎回 色使いが素敵だな〜(#^.^#)

 

積み重なって積み重なって、後半、最後に、気持ちの波が押し寄せてきた…
そしてなんといってもキャストチョイスが最高可愛い…

 

前半は笑えるシーンがたくさんあって、後半はずっと泣いてました。観ながら、ローマの休日とニュー・シネマ・パラダイスを思い出してた。
まさかあんなに泣くなんて思ってなかったよ〜〜😭
衣装はきれいだし、深雪と健司が訪れる場所は色鮮やかで、2人のやりとりは微笑ましくて…自分の好きなものが詰まった映画だなあって思った。
また時間見つけて観にいきたいな!

 

テーマやストーリーはありきたりながら、役者の演技力や構成、演出が非常に丁寧に作られており、良質な作品となっていた。特にメルヘンな役にも関わらず、違和感のない演技をした綾瀬はるかさんはもちろんのこと、坂口健太郎さんもその演技を上手く受け入れており感動を演出していた。本田翼さんも登場シーンは少ないながら、第三者として引きの演技が出来ており、今までで一番印象が良かった。

 

最後消えないんじゃないかと思ってドキドキした。綾瀬はるかはキスNG?

 

鮮やかで綺麗でこういう雰囲気の映画かなり好き。会いたいと会いたいが重なると会えるんだなあ。素敵。だけど好きな人の幸せを願えるってもっと素敵。映画の持つ影響力ってすごいなあ。語彙力の欠如。

 

雑味なしのラブファンタジーって単純な話ではなくて、どうして、綾瀬はるかが映画の世界から飛び越してきたのか。その理由に凄く胸を締め付けられるし、考えさせられる。タイトルが今夜、ロマンス劇場で。ってタイトルの通り映画、劇場そのものについても触れていて凄く良かった。

あと、白黒の世界から飛び出して来たって設定だからか敢えてなのか、原色使いのあやの洋服が映画に映えていてそれも良かった。
とっても切ないんだけど、観終わったあと引きづらないし日頃の淀んだ気持ちをスッキリささてくれるとっても素敵な映画でした。

 

恋愛ものは普段あまり見なくて、坂口健太郎目当で見たんだけど見てよかったー‼
途中ポップコーン食べるのも忘れてた。最後良かった‼

 

ザ・邦画。薄ら寒い演技と謎のカット割りで眠いことこの上なし。もっとアップを取ってほしい。中途半端なサイズで物語が流れてしまっている。一番気になったのは、劇中内での映画が16:9だったり4:3でフィルムルックにしたり、どっちかにしてくれって思った。なんで彼女が消えるのかもわからないし、キャストだけで盛り上がってる感じがする。

 

Valentineにピッタリの切なく可愛い映画でした
綾瀬はるかちゃんと坂口健太郎くんは、最強可愛いカップル!ずっと見てられる

全てはエンディングのために
え?タイタニック?
浅いようで深い泣けるストーリーでした

 

綾瀬はるかがずっと可愛い。北村一輝のキャラが彼にどハマりしていた。坂口くん可愛い優しい。
人のイヤな部分や駆け引きのない、優しさに溢れた映画。ほっこりする。
綾瀬はるかが全部可愛すぎるので、それだけでもスクリーンで観る価値が多いにアリ。

 

坂口さんが好きで観に行ったけど、綾瀬はるかが素敵すぎた…。

ストーリーとしては絶対にありえない内容やけど、そこを深く考えなければ純愛映画。
世の中には綺麗なものがたくさんあって、なんかほんとに自然と涙が溢れてくる映画やった…。切ないのにハッピーエンドなのも良い!すき!
あとセリフも本当に素敵!

自分もどっぷりハマる大好きな映画ができたらいいなあって思ったりした☺︎
でも隣のおじさんは寝てたから好き嫌いはあると思う!

 

カイロの紫のバラやカラー・オブ・ハートと
同じ映画からキャラクターが飛び出してくる系ですね

チャップリンの言葉だと言われる
もし本当のロマンスとめぐり逢えたら
きっとこの世界も映画みたいに輝いて見える

古き良き邦画の撮影現場、映画館が舞台

綾瀬はるかの
現実離れ、場違いな感じの色とりどりの衣装が良かった
が、懐かしさをアピールするなら
もっと昔の映画のネタを入れれば良かったかなと
ラブストーリーと言う事もあって観客の予想を裏切らない展開で、安心して観れる

もっと 攻めても良かったかと
ラスト ケンジの手を
しかし ケンジはすでに・・・みたいな
でも一番の感想は究極の2次元嫁だったね とw

スポンサーリンク

 

現代パートでのおじいちゃんが話し始めたときに、この人の過去が坂口健太郎なんだろうなっていうのはすぐに感じました。
綾瀬はるかが白黒から化粧をして色がついて現れたシーンは、自然と笑みがこぼれてしまう程本当に綺麗すぎて…
監督が、色を綺麗に撮ることと、今までで一番綾瀬はるかを綺麗に映すことを心掛けたと仰っていたけど、納得でした。
所々現代パートがあり、それがラストに向けての重要なシーンだったり…まさか看護師さんが言っていた孫が。そこからは涙が止まらなかったです。
笑いどころもあったり、本当に素敵な映画でした。

 

女優さんがきれいすぎて泣けたのは、初めてかもしれない。北村さんも良かったな。

 

綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんが初共演した本作では、テレビの普及で映画が斜陽化し始めた1960年代を背景にファンタジックにラブストーリーが展開されていく。
この作品で描かれる恋愛劇は、映画好きで監督になることをを夢見る青年・牧野健司とモノクロ映画から抜け出して来たヒロイン・美雪との間で繰り広げられるという童話やおとぎ話のような設定になっている。
だから、童話やおとぎ話のお姫様のように美雪には秘密があり、してはいけない制約がある。
このようにファンタジーの要素が強い本作だが、タイトルにあるように映画館が重要な舞台になっていたり、健司の仕事場である撮影所が当時の雰囲気そのままにスクリーンに蘇ったりして、映画そのものがモチーフになっている。
そこでは実在の人物をモデルに、当時の大スターを北村一輝さんが如何にもという感じで演じていて魅力的だ。
また、映画の様々なシーンにおいて過去の名作映画にオマージュを捧げていたり、本作の設定そのものがウディ・アレン監督の映画をモチーフにしたある作品を彷彿させる。
モノクロから総天然色になった映画の歩みと同様に、鮮やかな色に彩られた本作は映画愛に溢れ、その映画に対する純な思いが主人公たちの切なく美しい恋愛とリンクして心揺さぶられずにはいられない。

 

前半はなかなかつまらなかったけど、後半の展開はすごく良かった。感動した。
遠くから憧れているのと、近くにいるのでは見えてくるものがやっぱり違うし、近いのに近づけないもどかしさ、苦しさに心揺さぶられた。

 

話は王道だけど、思っていた以上に綺麗にまとめて結末まで持っていった印象。
途中で予想外な真実が明らかになったときは思わず手を打ちそうになった。

それにしても綾瀬はるかがとても綺麗。衣装もかわいいし、
坂口健太郎も本人のイメージにあったキャラクターでよかった。

 

普通に面白かったです!
きちんと質に見合うよう、ヒットして欲しい映画。

オリジナルのラブストーリーという点や、
映画のための映画という要素があり個人的にはとても好み。

ナラタージュに続き、それなりに年齢が上の人の鑑賞を視野に入れたラブストーリーになっていて、とても好感が持てました♪

ただ、冒頭5分で話の一番大事なオチが分かっちゃうのは残念…。
もう少し上手くオチのところまで気がつかない工夫をしてもらえてたら尚良し!という感じです。

坂口健太郎、いいよねぇ。
映画好きの青年って役がとってもしっくり来てる。

綾瀬はるか、ぴったり過ぎるくらいぴったりだこの役(笑)

あと、ここ最近石橋杏奈が少し気になる。
でも今作みたいに無駄にアホっぽい感じの女性より、『泥棒役者』みたいなはっきりした役の方が合ってると思う。

 

王道のラブストーリーだけど泣けなかった(笑)
綾瀬はるかが映画の中から出てきたって設定だけど、そもそも人なのか亡霊なのか、その存在自体への疑問が拭えず、彼女が何をしても「まあこの世界の人じゃないしね」っと思ってしまい、あまり感情移入できなかったなあ。
あと、絶対『タイタニック』を意識してるだろ!ってところがあるんだけど、『タイタニック』の方が66兆2000億倍面白い(笑)

 

劇中劇だったり現代と過去パートの切り替えだったり、物語に入り込めない手法が多用されてて、途中まではイマイチ……だと思ってた。それが上手くラストに繋がっていて感動。
50年前のことは知らないけれど、自分の夢を追い、大切な人と暮らす古き良き時代だったんだろうなと思う。
当たり前の喜びや大切さが、触れられないという制限や違う世界の住人という特殊な設定があることによって強調される。二人はそれが続くからこそお互いをずっと大切にできたけど、普通は忘れてしまいがち。忘れないように大切に暮らしたいなぁ〜。
映画ファンによる、映画のための映画って感じでした。映画館で観れて良かった!!
大げさな演技がハマっていてキャストの皆さん素晴らしかった!!!

 

めっちゃ笑って泣いた!!
ローマの休日!ニューシネマパラダイス!!
古き良き時代の映画からインスピレーションを受けた素晴らしい恋愛ファンタジー作品。

 

青春★★
恋 ★★
エロ★★
サスペンス★★
ファンタジー★
総合評価:C

 

全部予想通りの展開なんだけど、最後うるっときてしまった。
綾瀬はるかの衣装がレトロで可愛かった〜

 

ファンタジーの矛盾とか気にせず入り込む事が出来れば最高のシネマ体験が出来るはずです。
スクリーンから出て来た人物なので台詞口調なのも日本人なのにプリンセスなのも綾瀬はるかだからこそ演じる事が出来たのではと思えました。
劇中の色使いも洒落ていましたし。
監督になる事を夢みて頑張っている坂口健太郎の好青年ぶりが好感度高し。
そしてハンサムガイの北村一輝が嫌な役だと思っていたら、どんなトラブルに巻き込まれても素晴らしきハンサムでした(笑)

 

とても面白かったです。
展開はコテコテなのに、魅入って泣いてしまった!

映画から現実世界に出てきたヒロイン
触れると消えてしまう

ここまで予告で明らかになっちゃってましたが、それを踏まえた上で良い意味に期待通りでした。
キャラが現実に…って、ディズニーの「魔法にかけられて」を思い出しますが、あそこまでコメディタッチではなく、切ない演出も多いです。
なかなか素直になれないヒロインですが、もとが映画の中から出てきたキャラなので、気丈に振る舞おうとする姿も、ステレオタイプなキャラ設定ゆえ…
という感じで進んでいきますが、後半の物語革新部分では、語られていなかった事情が急に被さってきて、途端に切ない感じになりました。

 

中盤はちょっと退屈になっちゃって、このままいってほんとに泣けるのか?と思いながら観てましたが、ラストはしっかり泣きました。
ハンカチのご用意を。

上映後も皆さん鼻をズルズルされていて、
「これからは旦那を大事にしようと思ったわ」という声も聞こえてきました(笑)

カップルや夫婦にオススメの作品です。

 

服の色合いが凄く好み。
隣の人の温もりに触れられないって言葉が
刺さった。
最後まできすしてほしくなかった。

 

ラストにむけての流れ、覚悟はしてましたが涙が止まりませんでした。
最後にケンジが、姫が一番求めていた温もりをプレゼントするくだり、必然の流れとはいえ、とても切ない。
本当に、最後の最後まで隣にいたんですね。
一番最後のシーンは、ケンジが書き加えたハッピーエンドということでしょうが、二つの虹に願いをかけた結果と信じたいものですね。

 

中だるみがあったり、話不足なところがあって途中眠くなってしまうところが何回かあったけれど、最後の展開には泣かされてしまったなぁ〜〜〜〜
綾瀬はるかの衣装さんとヘアメイクさんに拍手!!!!とっても素敵!!あの服の数々だけ集めて本にしてほしい。
綾瀬はるか自身もオードリーみたいな綺麗さを感じた。
映画の色味はもうすこし濃くても良かったかな〜〜。モノクロ映画とのコントラストがあってもよかったかも。
いやでも、ほんとに、結構ラストの展開は観てきた映画のなかでもトップによかった。すてき。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-ラブストーリー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.