【口コミ感想】映画『万引き家族』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

家族ドラマ

【口コミ感想】映画『万引き家族』の評価評判

投稿日:


映画『万引き家族』口コミ感想ネタバレ 映画『万引き家族』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「池脇千鶴のクソな演技が最高だった!」「松岡茉優と池松壮亮のシーンは、邦画映画史に残る名シーン!」「すべての人に観てほしい映画!」


上映中【2018年6月8日(金)公開】

 

「三度目の殺人」の是枝裕和監督長編14作目。東京の下町で、犯罪で生計を立てている貧しい一家。ある日、父・治と息子・祥太は万引きの帰り道、凍えている幼い女の子を見つけ、連れて帰る。体じゅうの傷から境遇を察した妻・信代は、家族として受け入れる。出演は、「美しい星」のリリー・フランキー、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の安藤サクラ、「ちはやふる」シリーズの松岡茉優、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の池松壮亮、「64 ロクヨン」前後編の緒方直人、「ちょっと今から仕事やめてくる」の森口瑤子、「あゝ、荒野」前後篇の山田裕貴、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『富美子の足』」の片山萌美、「今夜、ロマンス劇場で」の柄本明、「彼女の人生は間違いじゃない」の高良健吾、「怒り」の池脇千鶴、「海よりもまだ深く」の樹木希林。第71回(2018年)カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

再開発が進む東京の下町のなか、ポツンと残された古い住宅街に暮らす一家。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために“親子”ならではの連係プレーで万引きに励んでいた。その帰り、団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける。思わず家に連れて帰ってきた治に、妻・信代(安藤サクラ)は腹を立てるが、ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことから境遇を察し、面倒を見ることにする。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、JK見学店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが……。

●キャスト●

柴田治 リリー・フランキー
柴田信代 安藤サクラ
柴田亜紀 松岡茉優
4番さん 池松壮亮
柴田祥太 城桧吏
ゆり 佐々木みゆ
柴田譲 緒形直人
柴田葉子 森口瑤子
北条保 山田裕貴
北条希 片山萌美
川戸頼次 柄本明
前園巧 高良健吾
宮部希衣 池脇千鶴
柴田初枝 樹木希林

●スタッフ●

監督 是枝裕和
製作 石原隆 、 依田巽 、 中江康人
プロデューサー 松崎薫 、 代情明彦 、 田口聖
アソシエイトプロデューサー 大澤恵 、 小竹里美
脚本 是枝裕和

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『万引き家族』を観た人の感想、評価、口コミ

◉今、日本人が撮って海外で評価されたというのが、素晴らしい事実。
池脇千鶴の古い体制側的言葉が、意図的過ぎるように感じるが、それが現実なんだと思うと、本当にこの国は情けない。

 

◉とにかくキャスト陣の演技がみな一様に素晴らし過ぎる。
とくに安藤サクラ。ケイト・ブランシェットもそりゃ真似したくなりますわ。
それから松岡茉優、ほんとにいい女優だとつくづく思う。
リリーフランキーと樹木希林は言わずもな。

パルムドール繋がりでいえば「パリ・テキサス」を彷彿とさせるシーンがあって、ここの松岡茉優を観れただけで個人的に大満足。
家族って何だろうか。

 

◉この映画がもたらす涙は、辛く苦しい涙。
"家族"について、より、"人"について深く考えた映画でした。きつい映画です。
登場人物、ひとりひとりに自分を置き換えて見てしまうので、深く感情も入ります。

俳優というプレイヤーのスキルを最大家に引き出した是枝監督の采配ぶりにはパルムドール受賞も大いに納得。

もっとひねった、分かりにくい映画を予想してだけど違った。この映画は変化球ではなかった。
まるで大谷の160キロストレート。私の心にズバッと突き刺ささりました。
これは、凄い映画だ‼️

 

◉打ちのめされた。この家族に。
安藤サクラの母性。
リリーフランキーの父性。

そんな、あるはずのないものが胸を刺す。
情が通ったニセモノ。
「正しい人達」からの全否定に返す言葉もなく、悔し涙を流し、力無く笑う。
社会で生きることを学べなかった者たち。

不遇な子どもたちと出会い、昔の自分を重ね、彼等なりに護ろうとした。
まだ幼かった頃の自分が誰かにそうして欲しかったように。このまま自分みたいな人間になってしまわないように。
方法もわからないまま救おうとしていた。

何故だろう。
フラッシュバックも説名台詞も一切使ってないのに、炙り出しのように人物の過去や背景が浮かび上がる。

是枝裕和監督は観客を信じている。
観客自身が生きてきた人生が、その記憶が、あえて描かなかった部分を補完して、
物語を完成させることを。こんなふうに映画をつくれる人は世界に何人もいない。

人目を憚るように生活する彼らの住処に聞こえる、花火大会の音。すぐ近くなのに観ることが出来ない。
それでも縁側に集まり狭い空を見上げて笑う「家族」に、目が潤んだ。

窃盗に年金の不正受給に児童虐待。
テレビやネットニュースで流れているうちは他人事だった。人間のクズが、と貶していればよかった。

この映画を見たとき、それらを掌に乗せられたような気がした。そして気付かされた。
そこにはビー玉を光に透かして、世界や宇宙を空想する子どもたちもいることを。

 

◉これはほんとにキャストの妙、
各世代の演技派、アベンジャーズ級。

リリーフランキーと樹木希林、
毎回こんな感じなのにやっぱり作品ごとに味が違うなあ。不思議だなあ。

 

◉前評判とはだいぶ違う感想を持ったなぁ。自分は万引きしないと生活できないほど貧しいと「思い込まされている」共同体の物語だと思った。そうしないと生きていけないという実態としての貧困よりも、そう思い込んでしまっている現代社会を生きる人間の心の貧しさが目につく映画だった。

役になりきる演者の演技の上手さが注目を集めているけど、現代社会を生きる人間もまさにそうだと思う。何者かになりきって行動し、注目を集めるのが上手い。弱い者も強い者もみんなそう。今の日本にあるのは、本当の自分を忘れて現代社会の構成員を演じきる人々のパルムドールな日常なのだ。‬

 

◉前に
「映画っていうのは問題提起をするもので、問題に対する答えを示すものではない」って言う誰かの言を聞いたことがあるんですが
この映画は正にそれ。

パルムドール受賞あたりから、見もしないで万引きを肯定的に描いてるとか、犯罪で繋がる家族とか気持ち悪いみたいな意見をSNSで見かけて嫌な気分になってたんだけど、これはそんな一元的な見方全くできない映画。

何かを肯定的、否定的に描くとかそんな次元は超えて、見る人によって写し鏡のように感じること、考えることが変わる作品になってると思う。これからも見るタイミング、見た人が置かれている状況、そして時代背景が変わるとまた違う側面を映し出していくんじゃないか。

僕も見ている間、
本当の家族じゃないけどでも楽しそうって思ったり、いや、でもやっぱりコレはいかん、コレは嫌だって思ったり色んなことを感じた。

それも是枝さんの術中にハマってるのかな。
日本の現在の社会の貧困問題の要素も描きつつ、この家族はただの被害者ではないという目線もしっかりあった。

そもそもみんなで鍋つついたり、割とビールガブガブ飲んでたり、
コロッケ買ったり、海水浴行ってたりしてたし、そんなめっちゃ切り詰めて生活してるわけじゃないし。

箸で人を指したり突っついたりとか、入れ歯無しでミカン舐ったり、生活必需品じゃないものを万引きしたり。見てるこっちがちょっと、え?ってなるような描写も多い。
祥太がはっきりと否定的な目線を大人たちに向けるシーンもあった。そのあと、妹をかばうために、自分が捕まる道を選ぶのも切ない。

いつも通り役者は全員凄まじい演技。
リリーフランキーはいつまでたっても貧乏臭さが抜けないというか、日本一貧乏が似合う俳優だと思う。あの全然立派じゃないけど、でも人好きする感じとかリリーさんならでは。一緒にいて楽しい人なんだけど、でも「周りにも自分にも優しい、というか緩い」人だから人生上手くいってないのかなってわかる、身につまされるキャラ造形。

希林さんはいつも通り安定の超親しみやすいクソババアって感じ。品行方正さ皆無だけど、優しくて、でもズルいっていうどこにでもいそうなババア像が完璧でした。

 

◉松岡茉優もさすが。若手筆頭の演技力。キャラ的には勝手にふるえてろと桐島で演じてた女子の中間くらいか。そして今作は松岡茉優の谷間が拝めるのでファン必見。是枝さんは女優をエロく撮るのも天才的。

子役もいつも通り是枝メソッドで本当に自然な演技。子役が変に声を張り上げたり、異常にハキハキ喋ったりする昨今の邦画のウンザリポイントがないだけで作品としての価値は1000円くらいアップしてると思うのは俺だけか?笑

そして本作のMVPは安藤サクラ。体つき込みの生々しい存在感や、涙の流し方、表情の微細さまで本当に凄い。取調べ受けながら思わず涙流すくだりは本当に自然すぎてギョッとしてしまったり。
凛ちゃんを可愛がったり、リリーフランキーに抱きついたりする時の動物的な、本能で愛してるって感じの表情やしぐさもぴったりだった。

 

◉終盤凛ちゃんが家に帰ってから実のお母さんに「ごめんなさいは?」って言われるんだけど、実は序盤に凛ちゃんが一家に迎えられてすぐ、お漏らしした時に安藤サクラにもっと軽いトーンで「ごめんなさいは?」って言われてるシーンがあって、さらっとシーンを呼応させてるのもさすがと思ったり。

で、全然綺麗事で終わらないラスト付近の展開もリアル。

スポンサーリンク

バスに祥太が乗ってからリリーフランキーがフレームアウトするまで振り返らない演出も抑制が効いてるし、
中盤で「自分で選んだ家族の方が絆強いんじゃない?」みたいなこと言ってた安藤サクラが、最後に祥太に実の親に関する情報を言うのも答えを一つに絞らないこの映画のスタンスが現れていたと思う。

バッドエンドというより宙ぶらりんエンド。これからの彼らの生き方でほんの少しだけ家族として暮らした日々の意味や価値も変わっていくだろう。
ちょっと気になったのは、みんな普通に街中で万引きの話しすぎじゃないかってところと、オーストラリア行ってるフリして家出って無理があるんじゃないかってところかな。

 

◉ネギのくだりに大笑い。
鑑賞!『誰も知らない』『そして父になる』『海街ダイアリー』へのカウンターって感じかな。良かったと思うけど、『海街ダイアリー』ほど正直乗れなかった感はある。

そして、松岡茉優はほんといい女優さんだなぁと、、、あと子役の演出うますぎというか、子役に違和感感じさせないのは是枝監督すごいよなほんま…
ちなみに、雪だるまのシーンの真上からの俯瞰ショットが『横道世之介』ぽいなって思ったんだけど、なるほど撮影が。

 

◉ドラマmotherに似た話し。誘拐が犯罪でありながら、母性が上回る。本作では、父が加わり一層家族増しなかんじ。と言っても偽りの家族ですが。血のつながりより強い絆を描きたかったんだろうな。

カンヌ用に置きにいった感じなので、
個人的には日本受けはあまりしない作品だと思う。

女の子の佐々木まゆが、ピッタリ役にハマってた。
悪くはないがとりたてて良くもない。

 

◉号泣してしまうのかなーと期待して観たけど、涙が出ることは無かった。
思ってたのとはちょっと違うかったかな。

でも、なんだろう。
観終わった後、心に何か打ち付けられたような気分になった。
上手く説明できないけど、この映画に心を打たれたことは確かだった。

家族ってなんだろう。
本当の繋がりってなんだろう。
この人達は犯罪で繋がっている家族。
それって虚妄にまみれた繋がりのようだけど、それでもあの家族は確かに幸せを感じていたと思う。
見えない、音だけの花火を楽しそうに「見ていた」シーン、本物の繋がりがある人達でしかああは盛り上がらないんじゃないかなあ。

凡人にはちょっと難しかった。
完全には良さは理解出来なかった。
でも、色々考えさせられたし、心を打たれた映画ってのは間違いない。
「賞をとってる映画だから凄いに違いない」というバイアスがかかってる気もするけど笑

 

◉ぬるっとした気持ちになる映画だった
さらさらしてるでもなく、ねちょねちょしてるでもなく、でもなんかなんか気持ち悪いみたいな…

 

◉とても温度の高い映画だと思いました。
そして「難しかった」とも思いました。

でもそれは、
ただじっと座って、
セッティングされて起承転結を見るのではなく、
どういうことなんだろう、
これでいいのだろうか、と
自分で考えながら見る難しさでした。

もっともっと大人になってから、
もう一度見直してみたいです。

 

◉正しいことが必ずしも「しあわせ」とは限らないし
そもそも「正しい」って何なん?
というビッグ・クエスチョンを
『誰も知らない』の柳楽少年を彷彿とさせる翔太の目が、松岡茉優の目が、安藤サクラの目が、投げかけてくる。

「しあわせ」のように見えたものは束の間、崩壊していく終盤の揺らぎに法に基づきすかさず亀裂をいれてくる質問責め、池脇千鶴のイヤ〜な正義感。
だらしなさと優しさの紙一重、人道的にアリだとしても法的には犯罪と断罪されることの多さよ。
それぞれが自己満足的に足りないものを補い合えていた絶妙なバランスの脆さは、オトナも子供も承知の上、寧ろ子供のほうがより敏感に感じ取っていて、だからこそ「お父さん」「お母さん」なんて容易く呼べないし、本当は学校に行きたいし万引きだってしないでいられるほうがいいし金がないことの悲惨さっていうのはもう本当に目を背けたくなる。

それでも、トウモロコシ食べながら音だけ聞いてる花火大会を見上げる縁側、電車で出掛けた海🏖楽しかった時間はかけがえのないもの。

俳優さんが全員素晴らしい化学反応を起こす是枝メソッド本当に素晴らしい。ひとつの集大成ですね。
是枝監督、次回作はフランスですかぁ🇫🇷

 

◉感想として思いつくものが、ことごとく言葉足らずに思えてしまうレベルで、すべてが詰まっている、すべての人に観てほしい映画でした。
とにかく、平成のうちに、観てください。

 

◉家族の成り立ちにおいて血とかDNAとかは重要ではないんだな、と改めておもいます
池脇千鶴のクソな演技が最高だった!

 

◉最近の虐待の件も頭に浮かび、家族のカタチについて考えてしまいました。
いい意味で裏切られた作品でした。

 

◉『誰も知らない』『海街diary』でメガホンを撮った是枝裕和監督の最新作。
前作『三度目の殺人』が個人的にはもう一つだったのだが、
本作はカンヌ国際映画祭においてパルムドールを日本人では21年ぶりに受賞しただけあって素晴らしい作品。

まず
「各世代を代表する女優」の
「樹木希林・安藤サクラ・松岡茉優」
が抜群なので、それだけで観る価値を感じてしまう。

「男は足を怪我」
「女は腕の火傷」

同じ傷を負う家族の描き方も秀逸で、
「是枝監督作品の中での集大成な作品」
に仕上がっていると感じた一本!

 

◉安藤サクラの涙には
こちらの涙も搾り取られました。
反論なんて一言も述べず
対面に座ったあの女をボコボコに
打ちのめすほどの母性がそこに溢れていました。

 

◉是枝さんの作品は、性善説に基づいて構成されている。相対的な悪は存在しても絶対悪は存在せず、物語を進めていく。
最終的には救いとなる部分を抽出して眼前に提示してくる。ただそれは最終的にであり、過程には悲しく苦しいことが多くあることも明白に示す。描写方法と同様に、物語にも確かなリアリティがある。
おそらく、そのせいで鑑賞後にはほっとすると同時になんとも言い表せない感情に浸らせてくれる。
幸せだがなんだか辛い、泣けてくるがなんだか安心する。
今回も例に漏れず期待通りの映画でした。

松岡茉優と池松壮亮のシーンは、邦画映画史に残る名シーンだと思います。

 

◉血が繋がってなくても幸せになれる。それを証明したあとの結末が不条理だけど、リアルでよかった。
たまに否定的なコメントを聞いたりするけど、日本がどうとか万引きがどうとか、そこが主題ではないので、相当うがった見方をしなければ、いい映画だと思うのだが、、、。

日本の湿気が画面からむんむんに伝わってきて、カメラワークやプロップも秀逸。
ハリウッドでリメイクするなら女優はウィノナに。

 

◉個人的に是枝監督の作品はどの作品も外れないけど、今まで観た是枝監督作品で1番好きかもしれない。

家族ってなんだろう。幸せってなんだろう。普通ってなんだろう。監督からさまざまな問題提起がされている。
とあるシーンからすごく刺さって涙がとまらなくなってしまった。
幸せならそれでいいっていうのはどこか綺麗事であって、やっぱり幸せってある程度の常識やお金がないと成り立たないものであって。でも、それでも人間だから人の温もりを求めてしまうし、当の本人が良ければそれで良いんじゃないかと思うけど…
私なんかの語彙力ではまとまらない。。
ただただリアル。キャスト陣の演技が心から素晴らしいのも、そう思える一つの理由。誰が1番か選べない。役者ってすごい。みんなナチュラル。セリフではない、感情の動きの表現もうまい。
バスのシーンで振り返った先を敢えて写さない演出、良かった。リリーフランキーと安藤サクラのセリフ、花火のシーンも良かった。カメラワーク良き…

場面転換のぶつ切り感は多少気になったし説明欲しい箇所もあるけど、タイトル直訳出来る話じゃない。素晴らしかった。
自分は家族に恵まれていて幸せだと思う。

 

◉役者は申し分のない演技だし、子役も凄い。
家族って何?絆って何?親って?むしろ血縁者じゃないからうまくいってるのかもしれない。

『誰も知らない』に空気感は似てる。花火も見えない端くれにひっそり住む人々。いかにもカンヌが好きそうなテーマと世の中へのアンチテーゼ。
ただ、ちょっと期待しすぎていたかもしれない。予告編が良すぎた。

 

◉是枝監督がこれまで取り組んできたテーマの集大成的な作品。もともと世界的な評価の高い監督さんですが、この作品でカンヌのパルムドールを受賞したのは納得です。
世の中にある、「良き事」とは果たして本当に良い事なのか?家族って、血の繋がりだけで果たして幸せなのだろうか?といったテーマが、1つの「家族」を通じて描かれています。この家族が社会からすれば到底褒められたものではないのに、なぜかあったかくて、凄く幸福な気持ちにさせられました。反面、血が繋がっている少女の家族場面は暗く、見てるのも辛かったです。現実社会ではもっともっと厳しいけど。
一度見ただけでは、この作品が訴えていることの半分も理解できていないので、何度も見返そうと思います。
※感想ではないですが、「万引き家族」という題名だけで、いわれのない批判を日本人自身がやっているのをみると悲しい気分になりました。しかしながら、その事がかえって監督の提示している今の日本の社会をあぶり出してしまっているのはなかなか興味深かったです。

 

◉リリーさんと安藤さん、樹木さんが素晴らしすぎて感動!

もちろん松岡さんも池松さんも
子役ちゃんもステキで
なんか考えさせられる
カンヌ的映画でした。

あと、柄本さんの使い方。反則。
さいこーかよ。👏

 

◉是枝作品の集大成といえばそうだけど、その分どの作品にも似てる感じでなんとなくエッジが効いてなかったような。安藤サクラのシーンはどれも好き。この生々しさは他の女優ではなかなか出せないと思う

 

◉是枝監督からの問題提起、ドンッ!!て感じだった。
親は選べないし、自分で産みたくても産めないかもしれないし、親から逃げる子供がいたり、子を捨てる親がいたり、一緒にいる家族でも何でもありでもないだろうし、
血が繋がってても繋がってなくても、家族の絆ってなんだろうとか、自分の家族のことを考える映画であった。

 

◉家族とは?名前とは?役割とは?後半になるにつれて色んな疑問が苦しく迫って来る。毎回、これからどうなんの?と思った直後に終わってしまう是枝作品。あんまり考えられない人間なのでいつも唸ってしまうんだけど、今作はわりとストンと静かに納得。
ベランダに締め出されて立つ気力もなかったじゅりが、外の世界を知り、花火の音が聞こえたら上を見ることを学ぶ。そして最後は自ら何かに反応して立ち上がる。そんな彼女の視線の先には希望が見えた。がんばれ、りんちゃん。
人間関係を示す食事シーンや家の作り、環境の描き方がとても丁寧。季節と共に暮らす日本人らしさがさらりと伝わってくる。何だろう、海街diaryほど厭らしくない自然さで笑。
鍋からそうめん、海と花火から雪だるま。じゅりの前に立ちはだかるベランダの壁と、開けっぴろげな縁側の対比。全てよき。これぞ邦画。

✳︎先週早稲田の授業を受けて、ゲストの松岡茉優が「安藤サクラは全女優にとって絶望的な存在」と言っていたのが死ぬ程わかった。あれは演技を越えていた。とても30過ぎには見えない。すげー女優だ、末恐ろしい。✳︎

 

◉やってることも伝えたいこともわかる。
作品としても丁寧に作られてて、松岡茉優のことめっちゃ好きなのもわかる。
でも私はこの映画は嫌いだなと思った。
ラストが狡い。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-家族ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.