【口コミ感想】映画『ラスト・ホールド!』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

青春ドラマ

【口コミ感想】映画『ラスト・ホールド!』の評価評判

投稿日:


映画『ラスト・ホールド!』口コミ感想ネタバレ 映画『ラスト・ホールド!』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「7人の絆はすごく好きでした!」「何かに全力で向かっていきたくなる作品!」「ボルダリングって何だろう?って人が見るのには丁度良い映画!」


上映中【2018年5月12日(土)公開】

 

スポーツクライミングの種目であるボルダリングに挑む大学生たちを描く青春ストーリー。卒業を控えたボルダリング部の主将が廃部から逃れるためになんとか集めた個性豊かな部員たちと、日々の練習を通して絆を深めていくさまがつづられる。TVのバラエティ番組などでも活躍するA.B.C-Zの塚田僚一が映画初主演を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

取手坂大学4年生の岡島(塚田僚一)は卒業を間近に控え、部員が自分1人しかいないボルダリング部が廃部寸前となり焦っていた。存続に必要な最低人数は7人のため、新入生を6人勧誘することに。ようやく、河口(岩本照)、新井(深澤辰哉)、桃田(渡辺翔太)、高井戸(宮舘涼太)、桑本(佐久間大介)、中道(阿部亮平)を入部させるが、河口以外は初心者で、元ドラマーやゲームおたく、性格も一癖ある者ばかりだった。岡島はルールの説明や基礎練習から始める。目標であるインカレに出場し優勝するためには、強豪の昇竜大学に勝たなければならない。メンバーは個人選手権に出場し、個人戦で腕試しをすることに。しかし、決勝戦に残ったのは岡島と河口だけだった。河口は中学生のころは将来有望な選手だったが、ある事件をきっかけにボルダリングから遠ざかっており、このことを語ることなく、いまだに彼を苦しめていた。河口は最後のホールドに手を伸ばすことができず、岡島も負けてしまう。就職活動を控えた岡島は、これを最後に試合から引退することを決めていた。団体戦の登録人数は6人のため、あとを託して岡島は部を去る。負けたことに悔しさを覚えたメンバーは、団体戦に向けて自分の得意なことを活かして作戦を練ることに。励まし合いながら練習を重ね絆を強めていくメンバーたちだったが、大事な団体戦を前にある事件が起きる。

●キャスト●

岡島 塚田僚一
河口 岩本照
新井 深澤辰哉
桃田 渡辺翔太
高井戸 宮舘涼太
桑本 佐久間大介
中道 阿部亮平
永野宗典
駒木根隆介
勝村政信

●スタッフ●

監督 真壁幸紀
製作 高橋敏弘
プロデューサー 岡村紘野
脚本 川浪ナミヲ 、 高見健次
撮影 葛西幸祐
音楽 眞鍋昭大
主題歌 A.B.C-Z

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『ラスト・ホールド!』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ボルダリングって何だろう?って人が見るのには丁度良い映画だと思います……って言いたかった。
ボルダリングの何が楽しいのかを説明せず、辛さばかり誇張されてる印象。
ストーリーは幼稚。
倒すべき敵が居て、仲間と切磋琢磨して、失敗して、挫折して、でもなんだかんだ皆で頑張る。
何も驚きがないし演技も寒い。
笑いも寒い。

外岩で喧嘩して怪我して救急車呼ぶとか、ボルダリング界では絶対してはいけないことだし、ライバル高校を憎き相手として見ているのもボルダリングしている身としては疑問に感じる。
ライバル校の子達は長年頑張ってきたのに、初めて数ヶ月のボルダリング始めたばかりの奴らにとやかく言われる筋合いは無いだろう。
そして初めて数ヶ月の子達と、長年やってきたライバル校の子達がコンペで互角に渡り合うのも不自然。
他にもいろいろと納得できないところが多くあり、ボルダリング初心者にこの映画を入り口にしてほしくないと思った。

 

◉A.B.C-Z 塚田僚一くん初主演映画。
若手ジャニーズと若手映画監督がタッグを組んで作られた、昨今珍しい映画オリジナルストーリーとなっております。

ボルダリングを題材にしているのですが、ボルダリングはアミューズメントとしての印象が強かったため、スポーツクライミングの視点で描かれていたのが新鮮でした。ボルダリングというスポーツに全く知識がない私には、初心者が挑戦するハードルをいい意味で下げて貰えて、競技としての参加は難しいですが、ボルダリングジムに行ってみたいな、楽しんでみたいな、といいきっかけを貰えました。

学生スポーツものといえばスラムダンクなど高校生部活動の印象が強いですが、今回の舞台は大学生部活というのもまた新鮮で、「就職活動」という現実が爪先の向こうに差し迫っている焦燥感が生々しく沁みてきました。

映画をグッと引き締める勝村政信さんもさすがの存在感で、物語の厚みをぐっと持たせてくれており、ただの若手ジャニーズのフレッシュ映画で終わらせない緊張感が素晴らしかったです。

昨今の映画業界は原作がないとなかなか作品を作れないと聞きますが、その中で映画オリジナル作品を打ち出せたのは、世間では揶揄されることも多いジャニーズ事務所の力があってこそだと思うので、事務所タレントに留まらず、各業界を盛り上げる一手を担ってくれることを期待しています。

真壁監督は「ボクの坊さん。」もそうでしたが、とにかく画が綺麗で、演者がアイドルということとスポーツクライミングの臨場感を同時に満たす演出が巧みに組み込まれていて、これからの作品も楽しみにしています!

 

◉並々ならぬ期待を抱いていた映画です。
何故か。
出演者のファン?違います。
監督のファン?違います。

ボルダリングが好きなんです!
何しろ僕の趣味は映画とボルダリングくらいしかないのですよ!

ボルダリングとは、クライミングの中でも、器具などを必要としない比較的低所を登る競技で、使うのはチョーク(滑り止め)と専用シューズだけ。それ以外は全て己が肉体だけが頼りの個人競技です。オリンピックの種目にもなり、知名度も高まりつつありますが、未だマイナースポーツに分類されますね。

① 課題(コース)によって触っていい場所(ホールド)は決まっている
② 上級の課題になると足も固定、ジムによっては全て固定
③ 上級になるほど、人間業では掴めないようなホールドが登場したり、無茶な体制を求められるので、様々な技が必須になる
④ 難解な課題をクリアーした(落とした)瞬間のアドレナリンは筆舌に尽くしがたい

例えるならば、とんでもない難易度のアスレチックを、何度も挑戦してクリアーするゲームと考えると良いかもしれません。

 

◉マイナースポーツなのだから、一般的に知られていないあるあるネタも楽しい要素なのにそれも無い。初心者は翌日は筋肉痛でドアも開けられないとか、謎の掛け声「ガンバ」や完登後のグーパン儀式だって、初心者は疑問に思うところ。

ボルダリング好きとしては、期待した要素は一切描かれず、ボルダリングが謎のスポーツのままスポ根に利用されたようで誠に遺憾。遺憾の意を表明する。

更にスポ根としてもテンプレ過ぎるし都合良すぎるしで楽しめない。演者も程よく大根。スポ根大根僕イケメンってか、やかましいわ。

通っているジム仲間にこの作品のこと宣伝してしまったが、とても勧められない…。
残念な結果になりました。登って鬱憤晴らしてきます。

スポンサーリンク

 

◉ダイアゴナル、フラッギング、ヒールフック、キョンといった代表的なムーブも説明なく、右手右足の法則さえも出てこない。部員のうち五人は初心者なのだから解説シークエンスを挟んで難しさや基礎知識を観客に伝える時間くらいあったはずだ。ゲームやってる場合か。唯一終盤で名前が出てきたムーブはフィギュア4。ほぼ全くお目にかからないマイナーな技、いつ練習したって言うんだ。僕は一度もナマで見たことないぞ。
こう言った技を初めて覚えて、今まで超えられなかった壁が登れる→ボルダリングって奥が深い、というシーンが一つくらい無いと、新参メンバーがボルダリングに魅了された理由がさっぱり分からない。何度も登攀しては落ち、試行錯誤の末、いよいよゴールを両手に収めた瞬間の電気が走るようなあの興奮を、もっとしっかり描いてくれよ!

 

◉贔屓が入るのでレビューはどうしようかと思いつつも。。

ボルダリングに限らず何かを始めるきっかけはどこにでもある・・・
でいいのかな。
とはいえ、未知の世界ボルダリングが体力だけでなく頭脳戦でいろいろなジャンルがあることを知り2020年のオリンピックの楽しみが増えました。
ガンバ!

 

◉出演者と主題歌目当てで。
主演…には間違いないけど後半特に岡島の出番が少なめ?と思った。
7人の絆はすごく好きでした!

 

◉『ラストホールド』
前列で鑑賞したけどこの映画は前列で鑑賞するのいいな!視界の全てがスクリーンで世界にめちゃくちゃ入り込めた。

 

◉ラスト・ホールド!初日に鑑賞してきた!!
わかりやすい映画で、とても見やすかった!!主題歌最高すぎて、劇場で大音量で聴くりょうちゃんの声、最高すぎた☺️❤️

 

◉ラストホールド
明日観る予定だったけどたまらず今日も鑑賞!
クスッと笑って、手に汗握って…
塚ちゃん良かったよー!
A.B.C-Zの曲も映画館で流れて胸熱
future light 浴びてきた

 

◉ラスト・ホールド初日舞台挨拶鑑賞おわたー。
映画は中盤から泣きっぱなしだったんだが。恥ずかしいw

 

◉ストホールドして、映画終わって感動していたら
1つあけた隣の女の子も同じように感動してて
2人で感動のおかわり(笑)
だれかと感動を共有できるって素晴らしい✨

 

◉一生懸命な姿に感動!
頑張る姿がとてもカッコいいし素敵でした!
何かに全力で取り組むことの大変さが身にしみました。
どの世代の方も楽しめる、何かに全力で向かっていきたくなる作品です!

 

◉バカバカしくも熱い!
2020年東京オリンピックの正式種目となり今大注目のスポーツ、ボルダリング。その映画の主演にジャニーズ屈指の肉体派A.B.C-Z塚ちゃんこと塚田僚一さん、そしてジャニーズJr.のSnow Manも出演ときいて大変興味を持ちました。
始まって早々、ダンスとアクロバットで鍛えられたしなやかな筋肉を大画面で観れただけでもファンとしては大満足ですが、当て書きに近いそれぞれのキャラクターが面白く、アイドル青春映画特有のバカバカしさ、くだらなさ(褒めてます!)がふんだんに散りばめられいて、それでいて少しホロっとさせられる期待を大いに上回る良い作品でした。
何ヶ月も前からトレーニングを重ね、実際の大会さながらスタントなしで挑んだというボルダリングのシーン。胸を打つのは彼らの表情に嘘がないからでしょう。カメラを通して現場の熱も感じられるようで思わず力が入りました。

映画を観ると自然にルールも理解できますし、これからボルダリングを始めようと考えてる方にもオススメです。自分でもやってみたくなりました。

 

◉塚ちゃんとスノーマンが好きになる
登場人物一人一人のキャラクターがはっきり描き分けられていてわかりやすい。当て書きしてくださったとのこと、素顔の彼らを知ってもらうにも最適な映画です。またボルダリングの知識が一気にゲットできます。

 

◉青春っていいなぁ…
映画を通してボルダリングのことについて知れてよかったです。
競技になると試合前にコースを見てはいけないというのには
驚きました。(コースがあるのも初めて知りました)
体力勝負だと思っていたら、頭も使う競技だということ、
個人競技だと思っていたけれどチームワーク、周りの声に耳を
傾けることも大切なのだな、と思いました。
役者それぞれの普段のキャラクターが役に反映されている
ところもあるので、ファンの方はそこも面白いのかな?
劇中、ところどころで笑いが起きていました。
ファンでない方にはこういう子たちも、ジャニーズにはこんな子が
いるのだなと知って頂くにもちょうどいいですね。
もちろん、ジャニーズには全く興味無い方でもボルダリングに
絡めて出てくる7人それぞれが抱えている壁は誰もが
「あるある!」
と思うような壁なので親近感を感じられると思うし
それがひとつひとつクリアされ成長していく過程を見るのも
楽しいと思います。

 

◉出演者の個性が輝く作品
監督さんが当て書きで作ったと仰る通り、7人が同じ大学に居たらこんなやり取りをするんだろうな~と入り込みやすいキャラクター設定になっています。ボルダリングを題材とした映画ですが、ボルダリングの知識が全くなくても楽しめます。随所に笑いもあり、とてもテンポの良い見やすい作品でした。

ただひとつ、顔のアップが多すぎるのが気になりました。ファンなので私はよかったのですが、普通のお友達を連れて行くのは恥ずかしい映画かなぁ…と思います。かっこいい担当くんを観たい人だけに向けた映画です。

 

◉ボルダリングの知識がなくてもとても楽しく、あっという間の1時間半でした。
出演者の方それぞれに見せ場もあり、ファンの方はもちろんファンじゃない方にも興味を示して頂けるであろうかっこいい描写でした。

個人戦のイメージが強いですが、グループ戦もあるということを今回知りとても勉強になりました。
オリンピック競技に決定しているということで、2020年のオリンピックが今から楽しみです。

 

◉掴め!ラストホールド!
この言葉の意味がわかりました!
笑えるシーンが多くとても楽しめます。
ボルダリングのルールも分からず見ましたが、ただ登るだけではないのですね。意外に深いな~という印象でした。
私は出演者のファンですが、それぞれの性格を活かしたキャラ設定になっている気がしました。登場人物のキャラがはっきりしているので、ファンの方もそうでない方も面白いと思います。
公開されたらまた劇場に足を運びたいと思います。

 

◉ボルダリングに無知でも面白い!
廃部寸前のボルダリング部をなんとか救おうと奮闘する主将と、部活に誘われ入部する新入生6人が次第にボルダリングの楽しさに目覚めていく姿が描かれています。

個性の強い7人それぞれのキャラと「どうやって目の前のボルダリングをクリアするか」ということがリンクしており、見ているこちらも段々と競技の魅力に気付かされる展開でした。
7人全員スタントなしでボルダリングに挑んだとのことで、大会のシーンは迫力満点です。仲間になった気分で手に汗を握り、「ガンバ!」と思わず声を出したくなるほど気持ちが入り込みました。

ボルダリングのルールもストーリーの中でナチュラルに分かりやすく紹介され、試合開始直前までルートは出場者に発表されないことや身体だけでなく頭も使う奥深い競技であることなど、この映画を通して初めて知ることが多く、2020年オリンピックの前に良い勉強になりました。

 

◉こころの変化
ボルダリングを通して、変わっていく
一人一人の心や、仲間の団結力。
共に成長し、深まっていく
絆に感動できる映画だった。

日常の生活の中でもおこりうる人生の壁。
あきらめない気持ちさえもっていれば
どんな壁でも乗り越えられると、
どストレートに伝えてくれる。

笑いもあり、最初から最後まで楽しかった。
ボルダリングの経験はないが、登りきった時の達成感も気持ち良さそうで、ボルダリングも
体験してみたくなった。

 

◉青春映画でした!
ラスト・ホールド!は廃部寸前の大学のボルタリング部の話です。
ボルタリング部を廃部にさせないために立ち上がる主人公にはSASUKE等でもお馴染みの運動神経抜群のA.B.C-Z塚田僚一さん、その大学のボルタリング部に誘われるのが、こちらもアクロバットを売りにするジャニーズJr.のSnow Manの面々。個々の運動神経の良さでスタントマンを使わずにボルタリングのシーンをこなします。
本当にボルタリングをしているため、その画面の熱気は一つのショーのように思いました。
笑いあり、男同士の絆あり、エンターテイメントな映画だと思います。
上演時間は90分とコンパクトになっているため、疾走感もあり、ダレることなく最後にはスカッとしたきもちで席を立てると思います。
アイドル映画と侮るなかれ、スポーツの熱さと人間の熱さが込められた、思わず座席で自分も壁を乗り越える勇気を受け取られるような、そんな映画でした。

 

◉【ラストホールド 完】
観た時に、「青い!恥ずかしい!」となるかもしれない。
いや、なるべきだと思う。

ボルダリングの人気が沸騰中であるように、
塚田君、Snow Man、他キャスト、急上昇している今の彼らを是非、見逃さないで欲しい。
登っている時が一番面白いんだから。

 

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.