【口コミ感想】映画『モリーズ・ゲーム』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『モリーズ・ゲーム』の評価評判

投稿日:


映画『モリーズ・ゲーム』口コミ感想ネタバレ 映画『モリーズ・ゲーム』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「この映画はジェシカ・チャンスティン抜きでは語れない!」「最後のメッセージは個人的に好き!」「実話じゃないような波乱万丈物語!」


上映中【2018年5月11日(金)公開】

 

オリンピックを目指していたアスリートがセレブが集う高額ポーカールームの経営者に転身し、FBIに逮捕された。実在の女性モリー・ブルームが自らの波乱の日々をつづった回顧録を、脚本家のアーロン・ソーキンがメガホンを握り、映画化したスキャンダラスなドラマ。モリーを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

2002年、冬季オリンピック予選の最終戦。女子モーグル北米3位のモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は、五輪出場を目前にしていた。心理学教授の厳格な父親(ケヴィン・コスナー)のもと、幼い頃からひたすら練習を重ね、12歳の時の背骨の大手術からも復活したモリーだったが、その大会で松の枝にぶつかりスキー板が外れて転倒、怪我を負った彼女のアスリート人生は終りを迎えるのだった。その後、ケガから回復したモリーは、ロサンゼルスで1年間の休暇を取っていたが、バイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこは、ハリウッドスターのプレイヤーX(マイケル・セラ)、映画監督、ラッパー、ボクサーなど大金持ちの有名人ばかりが集まる場所であった。ゲームの参加費は1万ドル。一夜で100万ドルの金が動くスリリングな世界で、最高レベルの人々との交流に生き甲斐を見つけるモリーだったが、数年後、突然クビを言い渡されてしまう。モリーは秘かに練っていた計画を実行し、自ら経営する“モリーズ・ルーム”をオープン。その後、ニューヨークに拠点を移し、並外れた才覚によって新たなる伝説を築いていく。しかし、2012年、突如FBIに踏み込まれ、モリーズ・ルームは閉鎖。彼女は全財産を没収される。2014年、回顧録『モリーズ・ゲーム』を出版後、モリーは違法賭博運営の容疑で突然FBIに逮捕される。もう2年もやっていないと答えるモリーだが、令状を前に成す術もない。何人もの弁護士に断られたモリーは、チャーリー・ジャフィー(イドリス・エルバ)に弁護を依頼。ジャフィーは、タブロイド紙に載る“ポーカー・プリンセス”は自分向きの事件ではないと断るが、実際のモリーはタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知り、彼女の弁護を引き受けることを決意する……。

●キャスト●

Molly Bloom ジェシカ・チャステイン
Charlie Jaffey イドリス・エルバ
Larry Bloom ケヴィン・コスナー
Player X マイケル・セラ
Dean Keith ジェレミー・ストロング
Douglas Downey クリス・オダウド
Harlan Eustice ビル・キャンプ
Judge Foxman グレアム・グリーン

●スタッフ●

監督 アーロン・ソーキン
製作 マーク・ゴードン 、 マット・ジャクソン 、 エイミー・パスカル
原作 モリー・ブルーム
脚本 アーロン・ソーキン

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『モリーズ・ゲーム』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ジェシカ・チャステインは、いまいちばん好きな女優さんのひとりだ。出世作である「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012年)の頃から気になっていたのだが、去年公開されたジョン・マッデン監督の「女神の見えざる手」は、まさに彼女の魅力を十二分に生かした作品だった。強気で頭の切れる政治コンサルタントの役だったのだが、それだけでなく女性としての魅力もいっぱいで、知的なセクシーさを画面いっぱいに振りまいていた。この作品でも、「女神の見えざる手」以上の強気な演技を見せている。

 

◉豪華な舞台装置で描かれるポーカールームのシーンも観るべきもののひとつだろう。ゲームのシーンも過不足なく撮られており、それなりの見所もある。主人公の女性の光と影を見事に演じきっているジェシカ・チャステインのファッションも素晴らしい。まさにスキャンダルの渦中に投げ出された人間なのだが、注意深く人物を深く堀り下げ、通り一遍ではない深みのあるキャラクターとして描写している。好みの作品のひとつだ。

 

◉ひとりの強欲女性の成功と失墜までのヒストリーの映画かと勝手に思っていたら、
なんて素晴らしいファミリームービーだ。
過去と現在とどちらも目を離せない作りで、全く目が話させなかった。主要出演者3人が素晴らしい。

 

◉進めるところはテンポよく、魅せたいところはじっくりと緩急つけるやり方はうまい。
ずっと強かった父親が、最後に弱さを出すシーンよかったなあ。
でも私は女神の見えざる手のが好きかな。

 

◉わりと面白かった!最後の選択は間違ってなかったようにすごく感じました!
テンポも良く見てよかったです!

 

◉とにかく速い。早い速い140分はまったく長さを感じさせないテンポのよい作品。

モリー・ブルーム(ジェシカ・チャンスティン)は元オリンピック候補スキーヤーだったが惜しくも選考会でのアクシデントで選手生命を絶たれてします。失意のうちに滞在したLAでひょんなことからポーカー賭博のマネージャーをやることになり、その才覚と知性でセレブを魅了しどんどんのし上がっていく。さてその先は??という話。ポーカーの専門知識はほとんど不要。多くのギャンブラーが堕ちていく様は非常にリアル。

この映画はジェシカ・チャンスティン抜きでは語れない。「女神の見えざる手」でも発揮された演技力が惜しげもなく披露され、とにかく早口のセリフ回しに魅了されます。ストーリーも過去と未来を行ったり来たりしますが、苦労なく付いていけるレベルです。終盤ではモリーのトラウマでもあった父娘の関係もクローズアップされるなど、映画の楽しみが十分に詰まった良い作品だと思います。

 

◉さすがアーロン・ソーキン監督なだけあってとにかく早い!ついていくのに必死😂

 

◉アーロン・ソーキンらしく、セリフはめちゃくちゃ多いけど、やたらテンポがいい。上映時間の長さは全く気にならない。
モーグルでの転落が、人生の転落のメタファーになってるのは分かりやすい。

 

◉序盤のテンポが良かったのが、後半は色んな出来事の触りだけザーっと流す実写化映画あるあるに

 

◉ポーカーわかんないからあんまついてけなかった。。

 

◉後半にかけてが良かった。かなり話すスピードが速くて字幕追うのが大変だった。
壮絶な人生。

 

◉モーグルオリンピック候補にもなったモリー・ブルームがポーカー運営で逮捕された実話。
若いのに、こんなに波乱に満ちた人生を送ってるなんて。。。

まさか、泣いてしまうとは。。。

140分という長尺だけど、テンポがよく物語の展開も飽きずに観られる構成。
冒頭のモーグルシーンのスピード感で一気に作品に引き込まれていく。

モリー役はジェシカ・チャスティン。
芯の通った女性像を美しく演じている。

印象に残るシーンは2つ。
まず、モリーと弁護士ジャフィー(イドリス・エルバ)のシーン。
会話の応酬に圧倒される!
そして、モリーの熱意でジャフィーの気持ちが動いてゆく様子に心強さを感じる。
もうひとつは、モリーとその父(ケヴィン・コスナー)のシーン。
時々入るモリーの回想シーン。
厳格な父と負けん気の強い娘。
ボタンの掛け違いが起きるのは普通だ。
最後の父との会話は涙無しには観れなかった。

諦めないモリーの姿勢はカッコ良いけど、こういう人生はあんまり送りたくはないなと思った。

 

◉どの分野に進んでも成功したであろう聡明な主人公が人生のところどころのわずかな出来事の影響で行き着く先が大きく変わっていく様子が面白い。
賭博は胴元が手数料取らなければ違法じゃない?作品中の説明に自分の理解が追いつけなかった、、、気になるからちょっと調べてみよう。

 

◉やや長く感じなくもないが、
最後のメッセージは個人的に好きです

スポンサーリンク

 

◉カットシーンに無駄が無く、題材としても悪くないのに、ラストが肩透かしと感じた。主人公の転落人生とめげずに筋を通す生き様、父親との確執、葛藤、でもなぜかこの映画にはわくわくさせるような化学反応から見放された。爆破するぐらいの反応があってもおかしくないのに

 

◉面白いけどちょっと疲れたな。
早口なセリフの応酬が良き。

 

◉アメリカのモーグルスキー選手だったモリー・ブルームは、選手としてのキャリアを終え、第2の人生を模索する中で、ポーカー・ゲームと出会う。それは華やかで破滅的な世界だった…

実話を基にした映画。
聡明なやり手の女性の知識の応酬だったり複雑な駆け引きが描かれ、結構早口でセリフ量が多い。ポーカーの世界、裏の世界を垣間見ることが出来る。
現在の逮捕後の裁判と、過去の振り返りが交互に描かれ、事の顛末と、彼女の行く末がテンポよく描かれる。

ただ、140分はちょっと長いかなぁ。
途中までは面白く見れたが、だんだん長さを感じてしまった。
ラストの父親との邂逅は良かったが、後半は少し盛り上がりにかけるか。

ジェシカ・チャスティンの美しさと頭の良さを堪能出来る映画だった。

 

◉ジェシカチャステインとイドリスエルバの熱演に尽きる。
強気で意識高い系で才覚と知性のある女性を演じさせたら、彼女の右に出るものはいないくらいその存在感に圧倒される。
今回彼女は、実在のモリーズブルームという人物を演じているのだが、華麗な経歴の持ち主で、沢山の選択肢があった中で敢えて彼女がポーカーゲームの世界に身を投じることで、若くして、波瀾万丈な人生を送ることになる。
勝ち負けの世界で、騙され、引きずり降ろされたり、危険な目に遭い、FBIから全財産没収されても、怯むことなく起き上がる。
終盤の方でケヴィンコスナー演じる父との会話には、ぐっとくる。
父娘の物語であり、揺るがない信念と何度でも這い上がろうとする彼女の姿には心を鷲掴みにされる。
ユーモアのある演出、現在と過去をうまく組み合わせて、テンポ良い展開で、グイグイ引き込まれるから、2時間20分があっという間に過ぎる。
映画前のトークショーでアンミカさんが人生は何度だってやり直しが効くと言っていたが、この映画も、失敗を幾度も重ねても終わりではないし、人生が続いていく限り何度でもチャンスがあるように思わせてくれる映画だ。

 

◉実話.彼女のたくましさと転落後に出会う人々の優しさがたまらん
演者同士の掛け合いが見応えありで舞台を見てるかのようだった.

 

◉モーグルの北米有力選手であったモリーは、挫折を味わいそのキャリアを絶った。
心機一転、法律家を目指すためLAへ引っ越してクラブでバイトを始める。そこで知り合った不動産業を営む男に声をかけられ、彼の事務所の手伝いとポーカー賭博の運営に携わることになる…

面白いんだけど、人にオススメできるかと言えばビミョー。
主役に共感できないんだよなぁ。
演技は素晴らしいのだけれど。
あとはやっぱり上映時間の長さ。140分は長い。実話ベースなので仕方ない面もあるけれど。

大阪商工会議所FM802試写会。大抜卓人とアンミカのトークショー付き。アンミカのこすり倒した貧乏話とマネーボールの監督は義兄だという話。

 

◉モリーズゲーム
とても面白かったです。

モリーの聡明さとプライドを見事に演じているジェシカチャステイン 素晴らしかったです。
自分が自分であろうとする姿勢に本当に惚れました

さらにモリーの弁護士のチャーリー・ジャフィ役のイドルスエルバ もう最高
我らがヘイムダルだしね!

そしてモリーのお父さん役はケビンコスナー。
前半はケビンコスナーがやらなくてもいいんじゃないと思ってましたが、後半お父さんがモリーに語るところはケビンコスナーが必要だったんだと納得。
モリーに惚れました。

 

◉ポーカーも法律もなんとなくしか分からないので充分に理解できたとは言いにくいけど、人間ドラマとしてみると結構集中して観れた。
ケヴィン・コスナー良い役!

 

◉ストーリーの展開も小気味よく、引き込まれていく。ゼロ ダーク サーティ、ミス スローンと共に、この作品にも彼女の良さが惜しみなく発揮されている。父親役のケビン コスナーも渋い。

 

◉物凄い会話量!壮絶で140分間飽きずに観てしまった。
モリーは人を狂わせるドラックのような存在だけど、知的で気高くて、不思議な魅力を持った女性だなぁ。破滅しても何度も立ち上がるモリーはタフすぎる。
ジェシカ・チャスティンが美しいし、妖艶なファッションがとにかく素敵で見惚れてしまった…。
『女神の見えざる手』シリーズ(?)の続編かと思うくらい、展開も鮮やかでヒロインに毒があってシビれる。

 

◉女神の見えざる手と同様、このような役をやらせたらジェシカ・チャスティン、今一番かも。ただ台詞のやりとりが早くて聞き取れない部分も多々でした。

 

◉久し振りの早口映画に、冒頭は字幕を追いまくり!
実にテンポ良く、歓喜と絶望が疾走して行きました。

色んな行き方があるものだと、観賞後シミジミ。
映画は人生の疑似体験ワールドです。

 

◉面白かったです。
アランソーキンの脚本は秀逸。ソーシャルネットワークの時は笑いがない脚本でしたが、モリーズゲームは所々コメディになっており、非常にに良かったです。実際試写会でもみんな笑ってました。

主人公モリーが何故顧客の情報を渡さなかったのか、ポーカーの胴元を何故やめなかったのか、というミステリーと心理的な面を描いています。
少しポーカーの胴元をやめなかったという心理面に迫るところは描き方が荒かったかもしれません。
でも、最後ケビンコスナー演じる父親との和解のシーンはグッときました。

そして最後、モリーが事故を起こした大会のシーンに戻りますが、そこで試合の解説が流れます。モリーは復活を遂げると。

ラストはそれなりに清々しいのですが、同時にモリーの行動、考え、父親や家族との関係など、よくよく観て考えると、私達の日常でも誰かに対してしてしまっているのではないか、こういう考え方をしているのではないかと深く考えさせられる映画だと思います。

 

◉実話に基づいた、実話じゃないような波乱万丈物語。一人の人間の人生としてはあまりに「壮絶」。二人分の人生を生きたと言っていいほど濃密なのではなかろうか。

主演のジェシカ・チャステインさんは、それもまた試写会で観る機会のあった「女神の見えざる手」の主演だった方で、なかなか早めの再会となりました。というのも、「女神の見えざる手」を観たときが初見ながらにとても惹かれるキャラクターを演じられていて非常に魅力的でした。そのジェシカ・チャステインさんが主演ということで、今回の試写会に応募したという経緯なのでした。

元オリンピック選手がポーカールーム経営で成り上がろうとするお話で、違法なのか違法じゃないのかギリギリの世界を垣間見ることができて、背徳感でドキドキハラハラしながら観ている感じでした。ポーカー用語がちらほら飛び交うので、それが分かると登場人物たちが駆け引きがもう少し見てとれるのかもしれないです。作中で解説も特にしてくれないので、ちょっとだけポーカー情報を。「ナッツ」はその回で完成しうる最強の役を持つ手札のこと。そしてこの手札のことを「ハンド」と呼んでいた気がします。このあたりは本編中で普通に用語だけで登場して話が進んでいきます。

主人公は妖艶かつ気丈で強い意識高い系女性のため、常人離れしていて、共感の対象にはなりにくい。それでもジェシカ・チャステインが人間味いっぱいに演じ切ってくれるので、彼女の人生にくぎ付けの140分となりました。面白かったです。
◉『モリーズ・ゲーム』
アーロン・ソーキン氏の頭の中取って出し。
カメラワークに、カット割り、編集、音楽、スピードと情報量、嫌でも集中させられる。
個人的に、恐らく彼の感覚は言葉と音楽と音と視界が、明瞭なのにとても近い。

始まりの一音、そして画から、すべて彼の頭の中で見えている通りに、緻密に迎え入れられ、
例えば、心積もりなく、アクセル踏みっぱなしで練磨の運転で高速道路を走行されるような
透明な箱に入れられて崖を蹴り落されるような、
007もかくやという、オープニングに引きずり込まれる。
タイトル画で一息、これは映画だった、
アーロン・ソーキン氏の脚本で、そして監督作品だと座席に座り直させられる。

『ソーシャル・ネットワーク』『スティーブ・ジョブズ』を経ての彼の脚本である。
字幕を追うのがもったいない、本当にもったいない、
滴るような美を纏い、でもしなやかで聡慧を香らせた、ジェシカ・チャスティンの眼福といったら!
用意された衣装は60着!ああもう麗しい!!
弁護士役のイドリス・エルバとの画は、眼福の二乗。ゴージャスの二乗。演技も色気も二乗。

『見えざる女神の手』と、大きく分けて同じ箱に入る、
同系統の役・キャラクターなのではと懸念していたのだけど、
全く別の人間がスクリーンにいるので、安心して欲しいです。
これがまた、ジェシカさんが、
喋り方、声音(発音)、細やかな仕草、表情と
本人に寄せているのが、本当にすごい。

 

◉最後に、大したネタバレではないとは思いますが、
ディーン・キースがベーグルに文句をつけるときの台詞(本人の英語の発言の単語)を
気をつけて聞いて記憶しておくのをお勧めします。

劇場で、集中して、アーロン・ソーキン氏の運転するドライブへ乗せられるのは最高です。
最後に見える景色は裏切らないはず。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.