【口コミ感想】映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

上映中おすすめの映画の感想・口コミ・評価評判・興行収入のエンジョイシネマ!

ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ感想】映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の評価評判

投稿日:


映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』口コミ感想ネタバレ 映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「全編iPhoneで撮影!」「ドキュメンタリーみたいな自然体の演技にも驚かされる!」「子ども達の友情に感動しました!」


上映中【2018年5月12日(土)公開】

 

全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』で注目を浴びたショーン・ベイカー監督による人間ドラマ。フロリダの安モーテルでその日暮らしの毎日を送る女性ヘイリーと6歳の娘ムーニーの身に起きる出来事を、現実離れしたパステルカラーの映像で映し出す。親子を見守るモーテルの管理人を名優ウィレム・デフォーが演じる-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

6歳のムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)は、フロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル“マジック・キャッスル”でママのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)と暮らしている。ある日、隣のモーテルに同年代の女の子ジャンシー(ヴァレリア・コット)が越してきたと聞くと、仲良しの男の子スクーティ(クリストファー・リヴェラ)たちとモーテルに向かい、彼女のおばあちゃんの車にいたずらをして大目玉をくらう。ムーニーたちはジャンシーを仲間に加え、安モーテルや土産物店が立ち並ぶハイウェイ脇のエリアを探索。マジック・キャッスルに戻ると入室禁止の部屋に忍び込み、モーテル中の電気をストップさせる。モーテルの管理人ボビー(ウィレム・デフォー)はムーニーたちを叱るが、子どもたちは悪びれる様子もない。ムーニーは失業したヘイリーを助けるため、ダイナーで働くスクーティの母アシュリーからワッフルをもらったり、教会のフードドライブで食料をもらったりしていた。次の仕事が見つからないヘイリーは、リゾートホテルの前でニセの香水を売り始める。ある日、ムーニー、スクーティ、ジャンシーは古い空き家だらけのエリアへ冒険に出かける。荒れた家で暖炉を見つけたムーニーは、ライターを持っていたスクーティに火を点けてほしいと頼む。3人は親には内緒の約束をして別れる。モーテルに戻ると、ヘイリーが火事に大はしゃぎしていた。スクーティの様子がおかしいことに気づいたアシュリーは真相を知り、ムーニーと遊ぶことを禁ずる。スクーティ親子の態度が変わったことに気づいたヘイリーはアシュリーを問い詰めるが、理由は分からない。モーテルに居住は許されないというルールのため、ヘイリーとムーニーは月1回、向かいのモーテルに滞在する。しかし10ドルの値上げを言い渡されトラブルに。行き場がなくなった二人を受け入れてくれたのは、ジャンシーのおばあちゃんだった。香水売りも取り締まられたヘイリーはある決意をする。

●キャスト●

ボビー ウィレム・デフォー
ムーニー ブルックリン・キンバリー・プリンス
ヘイリー ブリア・ヴィネイト
ジャンシー ヴァレリア・コット
スクーティ クリストファー・リヴェラ
ジャック ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

●スタッフ●

監督 ショーン・ベイカー
製作 ショーン・ベイカー 、 クリス・バーゴッチ 、 シン=チン・ツォウ 、 アンドリュー・ダンカン 、 アレックス・サックス 、 ケヴィン・チノイ 、 フランチェスカ・シルヴェストリ
製作総指揮 ダレン・ディーン 、 エレイン・シュナイダーマン・シュミット
製作補 ダニ・ジョンソン 、 サマンサ・クアン
脚本 ショーン・ベイカー 、 クリス・バーゴッチ

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ポスターがいい
アメリカの事をなにも知らないのでいまいち刺さらなかったです

 

◉あまり好きじゃないトピックだったのに、一気に魅入ってしまった。6歳児の視点で描いているのがまた新しい。
こういう世界観をこんな優しく包み込んでくれる映像にしてくれるなんてとても素敵です。
あとはもちろんウィリアムデフォー最高。

 

◉外の人間としてフロリダにイメージしていた開放感とか、カラフルでおしゃれな映像、子供たちの無邪気さとは裏腹に、見ててどんどん辛くなる作品。ディズニーワールドに足を運ぶミドルクラス以上であろう観光客たちを横目にその日その日を生き抜く姿は、不器用だけどパワフルでいとおしくなる。だからやっぱり展開がめちゃ辛い。いぶし銀ウィレム・デフォーの安定感。リネン係のおばちゃんのハグが泣けた。辛いけど愛情と優しさに満ちた映画。ラストは好き嫌い分かれそうだし、正直一瞬、あれ?って思ったけどじわじわグッときた。ショーン・ベイカー最高だ〜〜。

 

◉やっぱタンジェリンの監督か。
この監督も既に自身のスタイルを確立させてますね。
何から何までカラフルで画面全体がテーマパーク見たい。カメラワークやアングルも洗練されてるし。いやぁこれ凄い。
20代前半くらいのお母さんはタトゥーだらけにトラップとマリファナ、子供達は子供達で無邪気に叫びながらただひたすらにパワーを放出している。
子育てモノにありがちなのが自分のことを棚に上げて子供に厳しいパターンが殆どだけど今作は金銭が厳しくても落ち込むことなく泣く時は泣いてキレる時はキレて常に全力。
暴力シーンはあったけれど虐待とか行き場のないフラストレーションの暗い感情からじゃないんだよね。
ナプキンのシーンなんて最高!
ドキュメンタリーみたいな自然体の演技にも驚かされる。
間違いなく傑作だった。

 

◉街や建物がポップで可愛いらしいが内情は猥雑さと悪意を持たぬ子供達の奔放さで満たされてた。
舞浜までが遠かった事もあってか疲れた。

 

◉フロリダのディズニーワールドのすぐ隣にある、”掃き溜め”のような低所得者の集まるモーテル”マジック・キャッスル”に住む人々の生活を描いたモキュメンタリー風味ということが、特に現代アメリカが抱える貧困層の現実をさらに実感させてくれた。
人々が夢と魔法を感動に変えているその正に同じ区画で、明日の収入すらままならない人がいるというこのコントラストが強烈で、監督が意図するプロットにしてやられた。
凶暴で残酷なまでの現実感を忘れさせるかのようにオブラートに包んでいるのが、主人公たちの暮らす”マジック・キャッスル”モーテルの極彩色の外観である。
これはディズニーワールドも同様のロジックであるし、更にはこの映画のロジックにも繋がっていく方程式である。
更に映画を観進めていくと、フロリダという土地が如何にディズニーという企業と相互相反の関係であるかが分かる。

相互と書いたが、実際はディズニーはマジック・キャッスルの住人にとってプラスの影響を与えている訳ではない。
隣に住んでいるからといってディズニーワールドに入園できる訳でもなく、何かの恩恵がある訳でもない。

その辺も含め、とにかくこの映画には明るい要素が一つもない。
生活の混沌しかないのに明るく見えるし、何かポジティブさまで見えてしまう。
行き場のない虚脱感と極彩色という点で、個人的には「ムーンライト」と同じ方向性を感じた。

 

◉予告編でこの映画のことを知って、映像がすごく綺麗だったので見に行きました。その点は期待値通りでよかったです。パステル調の建物と裏腹に物語の内容を照らし合わせてるのかな?と思いました。物語前半はわくわくする感じがありました。モーテルが日本にはないので感覚を読み取るのがちょっとむずかしかったです。

評価が高い作品だと書いてあったので、あんまりにも期待してしまっていてラストが本当に残念でした。言語をちゃんと理解できてたらエンドロールのあとにすっきりした気持ちになれてたかもしれないので、2回目のときまた違った印象を受けるかもしれませんが、フロリダの社会問題が題材だけどこれが映画だということを頭の隅に置いてないとがっかりしちゃうかと思います。答えを求めちゃいけないなと思いました。

 

◉丁度昨年、フロリダのディズニーワールドに観光に行きました。その時、日中のうだるような暑さに加えて、朝晩の異常な湿度の高さに驚かされました。本作にはその湿気の多い、重苦しい空気感が漂ってくるようなリアルさがありました。カラッとしたカリフォルニアのディズニーランドリゾートではなく、ウォルトディズニーワールドの近隣を舞台にしたからこその雰囲気で、感情を揺さぶられるとても良い作品でした。

モーテルを取り巻く人々の生活の中は不協和音に包まれており、何かを壊す音や、怒鳴り声など、その音は観ている私たちの耳に不快感や違和感を与えます。一方、ラストシーンのあと、スタッフロールで流れるウォルトディズニーワールドで集音してきたであろう環境音、人々の声や音楽は、雑多なのに不思議と調和し、あたたかく響きます。この時に、私たち(東京ディズニーリゾートのシネマイクスピアリで映画を観ている)は監督の言うモーテル生活者とディズニーワールドのゲストの二者の対比における『こちら側』にいるのだと気付くのです。それはまた、ヘイリーやムーニー、アシュリー達にとっての『奪う側』であることを意味しており、愕然とさせられました。

 

◉全体的にもっと説明的なシーンやセリフが少なくてもいいかなーという印象も受けましたが、ストーリーがしっかりあるし、ムーニーがジョンシーに助けを求めてからの流れは、ぐっと胸が詰まるような、素敵な展開でした。ただ、プロモーションにおいてはラストについてのいかなる言及も野暮だと思います。「こんな気持ちになるラストですよ」というようなコメントを映画のプロモーションに使うのやめて欲しいです。「全米が泣いた」的なね。いつまで日本はそういうプロモーションを続けるんでしょうか?

 

◉ウィレム・デフォー演じるモーテルの管理人ボビーだけは、そんな彼らに辟易しながらも優しくしてくれる数少ない人物だ。何気に彼らに味方し子供達に気を配り、同情してくれている人。彼の優しい眼差しと存在は救いである。とは言え、彼も思う所はあってもこの状況には何もできないのである。誰も彼らを助けてくれない。

ラストのあのシーンは近くても行けなかったあの場所へと、ほんの一時でも夢を見させてあげたいという優しさだろうか。
それともそうあってほしいという現実逃避なのだろうか・・・

 

◉すごい画作りが印象的な映画。
子供目線のカラフルで冒険的な世界と対照的に迫る悲惨な現実。

母親は腐っても母親。
子供と遊ぶ時だけは本当に無邪気に一緒に遊んでて、純粋にいいなと思った。

ラスト考えたけど
あれ以外思いつかないな。
よかったと思う。

 

◉キラキラした宝物の様な世界が画面一杯に広がっていて、ムーニーと一緒に冒険している様な気持ちになりました。
画面の鮮やかなブルーやピンクといった色彩からもワクワク感が伝わってきます。

スポンサーリンク

ただ、ムーニーの笑顔や画面の鮮やかさとは対比的に、母親の笑顔はどこか痛々しくも感じました。
大人の目線、子供の目線が交じり合って撮られており、それが現実社会の厳しさを炙り出していて、とても切ないですが、すごく心に残る一作です!
舞浜で観れたのも最高でした!

 

◉タンジェリンに引き続き、この監督作品はやっぱり好きだと確信。こども目線で物語が進行してくため、カメラアングルもこどもの背の高さ。昔はあんな風に世界のすべてが大きく見えてたな、となつかしい。
身の回りに起こる出来事も直接的な表現はせず、あくまでこどもの目線の中から観客に気づかせていく。この監督は、iphoneで全編撮影したり、SNSで素人を探してキャスティングしたり、実験的なことばかりしているけど、それでも作品として成立しているのは、演出力の賜物だと思う。すごい。

モーテルでその日暮らしを続ける母親は自由奔放、下品で、どうしようもなく自堕落。けれど、本質的には人間誰だって、彼女とそう変わらないんじゃないか。一晩38ドルのモーテルはずっと住むにはどう考えても割高だし、でもアパートを借りる信用は無い。彼女と同じように、先が見えない環境に生まれついて、そこから自力で這い出せる人ってどれだけいるだろう。

舞浜で試写会なんて遠いな、と正直思っていたけれど、観終わって納得。
イクスピアリの過剰な装飾が薄っぺらいハリボテに見え、悶々としながら帰宅した。次回作も早くみたい。
盗撮感たっぷりのラストシーンは、許可取ってるんだろうか…

 

◉題名のフロリダプロジェクトの意味を知りなるほど~と感心。
貧困などの社会問題のテーマに対する舞台設定がとても面白いと思った。

フロリダのディズニーランドの横にあるカラフルな安モーテルでその日暮らしをする親子。
そこは子供から見れば夢の国だけど、大人からすればより現実が際立つ場所のよう。

終始子供目線で描かれてるせいか、夢と現実の強すぎるコントラストに衝撃と共に共感を覚えた。
舞台設定や目線などを含めると、ラストも納得。とてもいい作品だと思いました。現実を見つめる大人役のウィレムデフォーの存在も良かった~!

 

◉キャストの演技、特にデフォー演じるモーテルの管理人は、立ち位置というか人間性がとても良かった!
こども達も演技してる感なくほとんど素のように感じた。

ラストシーンは、それまでだらだらとドキュメンタリーのように流れてたモーテルでの暮らしが一気にスピード感あるフィクションな映像に。
ラストシーンだけ監督変わった???

とこれを書いて、「あぁ、そういうことを表現したかったの?笑」と思ったけどどっちにしろ消化不良でした。
ポスターが一番素敵

 

◉子供の視点から描かれた、CGなしでも鮮やかで彩り豊かなモーテルを舞台に子供たちがまあはしゃぐはしゃぐ
懐かしい気分で子供たちを見てると境目がわからないぐらいゆーーっくり画面に影が落ちていって、ド印象的なラスト。ポスターのような鮮やかさだけでないところがむしろ心地いい。

 

◉ヘイリーとムーニーの可愛さ ★★★★☆ 4.0
ボビーのいい人っぷり ★★★★★ 5.0
色彩感 ★★★★★ 5.0
ストーリー ★★☆☆☆ 2.5
テンポ感 ★★☆☆☆ 2.5
考えさせられた度 ★★★☆☆ 3.5

予告編を見た時に「髪の毛がブルーの女の子が主役だ、見たい。」と思ったのがきっかけ(ひと月前まで私も髪の毛がブルーだったから勝手にシンパシー)
あとはウィレム・デフォー。

ほとんど前情報を入れずに観に行ったのだけど、好みが分かれる作品かな…
私的には「うーむ・・・🤔」だった。

私は【お母さんと娘の話】ていう視点で観ていたのだけど、【貧困】がテーマと後から知り、なるほどその視点で観たら見え方がまた違うだろうなと思ったので、もう1回見てみたい。

 

◉登場人物はみんなとてもチャーミングで魅力的。
母ヘイリーと娘ムーニーの世界を覗き見ていた訳だけど、2人の間に流れている時間がとても暖かくて、ヒリヒリした現実ですら2人の手にかかれば魅力的に見えてしまう。ヘイリーがすごく好きだったな。(ブルーヘア万歳!)

ウィレム・デフォー(ボビー)は期待通りすごく良かった!!!
そこそこの年齢だろうにマッチョな点や適度な日焼けやしわが、ボビー自身そんなに裕福でないであろう肉体労働者という役柄にぴったりだった。優しい目がとても印象的。

予告編から際立っていたビジュアルの美しさは終始崩れることなく一貫して個性的でカラフル。

ちょっと私的に「うーん」だったのは、ストーリーとテンポ感。
前半少し話の進むスピードがゆっくりかなあ、と感じてしまったかも。そして、主人公2人が奮闘したり変わっていくのを期待して見てしまった分(なんて王道なと我ながら思うけど)、「え、そうなるの?!あーそうなっちゃったかあ。うーむ。」という感じだった。

 

◉カメラの位置が低くて子供目線で進んで行く
子供の見る世界はカラフル🌈貧困生活の中でも全て楽しいことに変えちゃう子供は天才です。
確かにマジカルエンドかもしれないですが、私はしっかり前振りがあってほっと心が温かくなるような、考えさせられるような粋な終わり方が好きなのでこれはどちらでもないなと。
ママ役の方インスタグラムでスカウトされたとは思えないほどの演技でまんまとイライラさせられた。ブルックリンプリンスちゃんはもうあれ素なのかな??本当に演技??汚い食べ方といい悪態のつき方といいすごく引き込まれた。

 

◉カラフルなフロリダの風景の描かれ方やカメラワークがとてもよく、その情景の香りや温度感まで伝わってくるようでした。
そしてなにより、最高のキャストにより魅力が最大化!
他にはないようなラストシーンやエンドロールのこだわりなど、大好きな作品です。

 

◉子どもの視点で描かれた、鮮やかな世界。
子どもは毎日の何気ないことも楽しめていいなーと思う。夢がある。
そして子どもの純粋な力強さを感じた。
この映画をヘイリーの視点で作ったらまた面白いものが出来そう。
ラストは少し物足りなかった。

 

◉スクーティイケメンすぎ(実際人生のほとんどモーテル暮らしらしい)
女の子達かわいすぎ
ママのヘイリー常にブリブリ
じぃちゃん代わりのボビー
ランドリーのおばちゃんのハグ泣けた。マリファナ貰えて良かったね笑

キャスティングが◎だった。
ドキュメント的な感じで撮るから苦手な人もいるかもしれない。賛否両論分かれそう。
“倒れても成長し続ける木”

 

◉大人たちからはモノクロームのように見える暗い状況も、子供達の純粋な目からは原色で、鮮やかで新鮮な世界なんだなぁ、と。
主人公の親子はとても困難な状況に置かれているのに、そういう映画にありがちな悲壮感はそれほど感じさせない描き方だった。

そしてなによりもウィレムデフォーの演技が素晴らしかった。あの優しい目!惚れ直しました!
ラストは確かに魔法って言えばまぁそうだけど自分的にはそんなに好きではなかったかな。

 

◉低予算ながらもアイディアとドラマチックな演出にやられました。
まずはキャスティングについてですが
名俳優デフォーの快演は言わずもがな
インスタグラムからの出演が決まった
ブリア・ヴィネイト。彼女は本当に
気高く美しいシングルマザーを演じてくれました。パンクロックな見た目通り
強気でどんなことにも決して退くことなく
立ち向かう。しかし繊細な目も併せ持っています。この二面性とある種の理想の
母親像が素晴らしくハマっていました。
こんなお母さんが近くに欲しかった‼︎
彼女から不器用なりの教育を受けたであろう天真爛漫なムーニー役を演じた
ブルックリン・キンバリー・プリンスも
3歳児から女優デビューしている天才子役ちゃん。顔から滲み出る愛嬌は
まさにムーニーのキャラクターそのもの
この家族の関係性と管理職を粛々と
こなしながらもユーモアを忘れずに
暖かい眼差しを送るホビー役のデフォー
これだけで何エピローグも観れちゃう
あとは目に付いた要素として
色彩ですな。監督曰く「サワーツイストの入ったブルーベリーアイスクリーム」
まさに濃い色彩を基調としたカラフルな
美術が美しく魔法となって包み込みます。
時を緩めていると時に顔を出す現実性や社会性がスパイスとなって現代ファンタジー
という世界観に陥れます。
ラストは切なくでも悲しくもない
清々しい彼女たちの今後が想像できる
快作でした。
虹を見上げるシーンと創意工夫がなされた子供達のイマジネーションが印象的
そんな映画。

 

◉ムーニーはもうムーニーそのもので、天才子役ではなくて素なんだろう。
泣いたり怒ったりも全部偽りのない表情で夢中で君を見ていたよ。

定職に就けない、家がない、この生活から抜け出せない、ダメな親と暮らしているのに悲哀のかけらもない。
今は楽しくてもいつか魔法はとけるんだよ。
その現実をよくわかっているのがアシュリー。不安でたまらない中、子供との生活を守ろうと、そのナーバスさがムーニーの母・ヘンリーと対照的。

ラスト85秒の魔法は確かにかかった。

あとカメラワーク好き!
下から広い空見上げる感じとか、タバコを吸っているボビーの横で花火の音だけ聞こえる夜空とか、個性的な店舗の前を真っ直ぐ歩くとか。
そこに飾り気のない音楽が聞こえてくる。

この映画は飛び込んだもの勝ちだ。
にしても、子供たちは元気で暑い中基本走り回ってばかり。そんな中で、ムーニーがおんぶしてもらうちょっと甘えたところがじんわりと。

 

◉ポスター見てハッピーな映画かと思ってたけど暗い話だった。

ただ、基本的に無邪気な子供目線で描いてて、あんまりそれを感じさせないようになってる。
フロリダのカラフルな街とか親子で仲良い感じとかすごい楽しい。

でも逆にどういう気持ちで見ればいいのかわからないという感じもした。
淡々としてて大きな盛り上がりもないけど、ウィレム・デフォーの演技が最高!ラストシーンも嫌いじゃない!笑

 

◉まるで少女のような奔放な母
同じ境遇の友だち
憎めない安モーテルの管理人
遊園地のような看板
分け合うソフトクリーム
バスタブに響く音楽

6歳の女の子目線で
カラフルに描かれるひと夏
派手な街並みと対照的な
その日暮らしの生活
そんな事を感じさせない
子どもたちの元気っぷりが
スクリーンからはみ出そう

ドキュメンタリーみたいな家族は
近くにいられると迷惑だけど
観てるうちにどんどん引き込む
吸い込まれてく 余韻がすごい残る
まるで魔法だったのかも知れない

観る人によって解釈が違ってきそう
好き嫌いのとても分かれる
作品だと思います…

 

◉パステルパープル色のモーテルの良さを200パーセント引き出した映像が美しい。
その他の夕景や夜景も光の具合が綺麗だし、子供たちが遊んでいる何気ないシーンの色合いがとんでもなくお洒落で可愛い。
それだけでもスクリーンで観る価値があると思う。
この夢の国のような色合いは、娘のムーニーから見た、彼女自身の生きる世界そのものなんじゃないかと思った。

娘と母のその日暮らしの生活は貧しくも楽しい。でも救いのない日常の繰り返しには違いない。
そんな現実の中でも娘にとっては幸せな夢の国なんだってことを感じさせられた。

ラストシーン、なんて可愛くて切ないんだろう。

 

◉ウォルトディズニーワールドがあるフロリダが舞台ということもあり、衣装や町並みはとてもポップでかわいかったです。それに対して話の内容はとても現実的で辛かったです。
最後のシーンは好き嫌い分かれると思いますが、子ども達の友情に感動しました。

 

◉フロリダディズニー近くの貧しいモーテルで暮らす光と影を表した作品。

ムーニーら子供達のいたずらや母親の無責任さに時々イラッとすることもあったが、それ以上に素人と無名の役者さんをキャストしたことで、リアリティ感があり新鮮味がありました。その中でも名俳優ウィレムデフォーが演じるボビーは、ところどころでその演技力を発揮し、観ていて面白かったです。

映画終盤では、毎日はしゃぎ回って明るかったムーニーが助けを求め涙するシーンは凄く印象的で、周りの人も何人か涙していました。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.